2015-2016 車室内・乗員検知システム/センサデバイスの市場展望

本調査レポートでは、乗員検知システムを大きく3つの分野に分けて調査・分析を実施。自動運転の普及と高度化にともない搭載が期待されているドライバーモニタリングシステムを中心に市場規模予測をおこない、各OEM、Tire1/Tire2メーカの取り組み動向について記載。さらに、すでに米国市場において普及が進んでいるエアバッグ用乗員検知センサ、義務化が検討されているアルコール検知システムも取り上げ、今後の普及可能性や技術動向、2015~2025年までの世界市場規模を予測。

発刊日
2015/11/30
体裁
A4 / 101頁
資料コード
C57119300
PDFサイズ
12.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:乗員検知と車室内センシングにおける開発動向、搭載車の販売動向、技術動向を踏まえ、関連デバイスの市場展望を俯瞰する
調査対象:乗員検知と車室内センシングの販売動向、採用動向、技術動向
調査対象先:センサメーカ、自動車システムメーカ、自動車メーカ 等
調査方法:面接取材、電話ヒアリング、文献・論文検索等の周辺調査
調査期間:2015年7月~2015年11月

調査結果サマリー
Close

乗員検知システム世界市場に関する調査結果2015
 ~ドライバーモニタリングシステムが市場を牽引し、乗員検知システム世界市場の拡大を予測~
・2015年の乗員検知システム世界市場は、前年比10.5%増となる819億4,200万円の見込
・2025年における乗員検知システム世界市場は、自動運転関連のシステムが市場を牽引し、2,628億7,400万円になると予測
・乗員検知システムのうち、自動運転関連のシステム世界市場の2014年から2025年までの年平均成長率は21.7%に達し、2025年の同市場規模は1,389億8,500万円になると予測

資料ポイント
Close

  • 乗員検知システムを自動運転、エアバッグ、アルコール検知別に世界市場を予測(2015~2025年)
  • ドライバーモニタリングシステム(DMS)の世界市場を2015年から2025年まで予測
  • 各OEM、Tire1/Tire2メーカ別に、乗員検知システムの最新動向を記載
  • エアバッグ用乗員検知システムを検知方式別に世界市場を2025年まで予測

資料概要
Close

Ⅰ 車室内・乗員検知システムの市場概要
Ⅱ アプリケーション別市場動向
Ⅲ 自動車メーカの搭載動向
Ⅳ Tire1/Tire2メーカの製品動向
Ⅴ アフターマーケット/その他

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果サマリー

Ⅰ 車室内・乗員検知システムの市場概要

Ⅰ-Ⅰ 乗員検知システムの総市場規模予測
Ⅰ-Ⅱ 自動運転関連の市場規模予測
Ⅰ-Ⅲ エアバッグ関連の市場規模予測
Ⅰ-Ⅳ その他市場概要

Ⅱ アプリケーション別市場動向

Ⅱ-Ⅰ ドライバーモニタリングシステム(DMS)
  Ⅱ―Ⅰ-Ⅰ 自動運転システムとDMS
  Ⅱ―Ⅰ-Ⅱ 自動運転システムの開発動向
  Ⅱ―Ⅰ―Ⅲ ドライバーモニタリングシステム(DMS)の概要
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅳ ドライバーモニタリングシステムの市場動向と予測
Ⅱ-Ⅱ エアバッグ用乗員検知センサ
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅰ エアバッグモジュールの市場規模予測
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅱ 乗員検知センサのタイプ別分類と技術動向
    ・静電容量センサ
    ・ひずみゲージ
    ・ホールIC
    ・感圧センサ
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅲ 乗員検知センサの市場動向と予測
    ・体格検知センサの市場規模予測(エリア別、2014~2025CY)
    ・センサタイプ別構成比
    ・エアバッグ用乗員検知センサのコスト動向
Ⅱ-Ⅲ アルコールインターロック
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅰ システム概要
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅱ 市場動向と予測
    ・米国
    ・フランス
    ・スウェーデン
    ・フィンランド
    ・日本
  Ⅱ-Ⅲ-Ⅲ 価格動向/開発動向

Ⅲ 自動車メーカの搭載動向

トヨタ自動車
日産自動車
日野自動車
Volkswagen
Volvo/Volvo Truck
OPEL
GM
M-Benz
Ford/MIT
Juguar・LAND ROVER

Ⅳ Tire1/Tire2メーカの製品動向

デンソー
アイシン精機
日本精機
豊田合成
オムロン
TAKATA
Continental
BOSCH
Valeo
村田製作所
フジクラ
京セラ
太陽誘電
eyeTracking
STMicroelectoronics
Intel
Guttersberg Consulting
Melexis

Ⅴ アフターマーケット/その他

東海電子
ACS
JUKI/デルタツーリング
富士通
ATR(国際電気通信基礎技術研究所)
秋田貿易
Draeger
Eyeris Technologies

図表目次
図1 乗員検知システムの総市場規模予測(2014~2025CY WW 金額ベース)
図2 乗員検知システムの構成比予測(2014~2025CY WW)
図3 自動運転関連の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 金額)
図4 エアバッグ関連の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 金額)
図5 その他市場の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 台数)
図6 SAEによる自動運転の定義
図7 自動運転モードの動画投稿
図8 自動運転システムとDMSの普及時期
図9 ドライバーモニタリングシステムの概要
図10 HAVEit concept of driver monitoring to ensure driver engagement
図11 自動運転関連の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 台数)
図12 エアバッグモジュールの市場規模予測(2012~2020CY WW エリア別 数量)
図13 エアバッグモジュールの市場規模予測(2012~2020CY WW タイプ別 数量)
図14 静電容量センサによる乗員検知のイメージ
図15 Bosch「iBolt」の装着図
図16 感圧センサ(スイッチタイプ)の構造・原理
図17 エアバッグ用体格検知センサの市場規模予測(2014~2025CY WW 台数)
図18 エアバッグ用体格検知センサのタイプ別構成比(2015CY WW 装着台数)
図19 アルコールインターロックシステム概要
図20 アルコールインターロックの市場規模予測(2014~2025CY WW 装着台数)
図21 DADSSプログラムのロードマップ
図22 DADSSプログラムのアルコール検知システム
図23 アルコール検知用センサの比較
図24 LEXUS用アイシン精機製ドライバーモニタリングシステム
図25 日産自動車が開発した飲酒撲滅コンセプトカー
図26 Volkswagenが開発したステアリングによる乗員検知システム
図27 Volvoに搭載されているDAC
図28 Volvoが開発した赤外線カメラによる乗員検知システム
図29 Opel/Vauxhallが開発した乗員検知によるヘッドライト制御システム
図30 Cadillacで採用されているセーフティ・アラート・ドライバーシート
図31 Cadillac CT6に採用予定のリアビューカメラを利用したルームミラー
図32 M-BenzのATTENTION ASSISTの表示画面
図33 Fordが開発した心拍数モニタリングシート
図34 Juguar・LAND ROVERが開発しているDMS
図35 Densoが開発した近赤外線LEDによる乗員検知システム
図36 Densoが開発したHUDシステム
図37 シートベルトリマインダ用乗員検知センサ
図38 シートベルト連動座面センサとシートレールセンサ
図39 アイシン精機製体重検知センサ
図40 インテリジェントヘッドレストに採用された静電容量センサ
図41 LexusGS用アイシン精機製ドライバーモニタリングシステム
図42 日本精機製HUDシステム
図43 豊田合成製ステアリングワーニングシステム(LDW用)
図44 オムロン製ドライバーモニタリングシステム
図45 タカタがシーイングマシーンと行動開発中のドライバーモニタリングシステム
図46 Continental製DMS
図47 Cadillac STSに搭載されているDMS
図48 Continental製ヘッドアップディスプレイと次世代HMI
図49 BoschのDMSとステアリングアングルセンサ
図50 Valeo製ドライバーモニタリングシステム
図51 村田製作所によるモーションセンシングイメージ
図52 村田製作所によるフィードフォワードハプティクス
図53 京セラによるHaptivityのデモ
図54 太陽誘電が開発した居眠り検知用着座センサ
図55 eyeTrackingのドライバーモニタリングシステム
図56 高度運転支援インターフェイスとDMS用カメラ
図57 HUD用ピコプロジェクター
図58 HUDのアイコン画面
図59 Intelによるアイトラッキングシステムのデモ(CES2015)
図60 Guttersberg Consulting社製のインテリジェントステアリングホイール
図61 MLX75023センサーの付加機能とイメージ
図62 ALC-ZEROのハードウエア
図63 ALC-ZEROに同梱されるソフトウエア画像
図64 スリープバスターの体表脈波検知センサー
図65 スリープバスターの警告画像
図66 FUJITSU Vehicle ICT FEELythmの概要
図67 ドライバー教育用乗員検知用ジャイロセンサ
図68 アルコールインターロックPRO
図69 Deep Learningによる顔認証

表1 乗員検知システムの概要
表2 乗員検知システムの市場規模とCAGR
表3 乗員検知システムの総市場規模予測(2014~2025CY WW 金額ベース)
表4 乗員検知システムの構成比予測(2014~2025CY WW)
表5 自動運転関連の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 金額)
表6 エアバッグ関連の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 金額)
表7 自動車メーカ各社のドライバーモニタリングシステムの概要
表8 自動運転関連の乗員検知システム市場規模予測(2014~2025CY WW 台数)
表9 エアバッグモジュールの市場規模予測(2012~2020CY WW エリア別 数量)
表10 エアバッグモジュールの市場規模予測(2012~2020CY WW タイプ別 数量)
表11 カーメーカにおける自動運転車両開発動向
表12 体格検知用着座センサの特徴比較
表13 エアバッグ用体格検知センサの市場規模予測(2014~2025CY WW 台数)
表14 エアバッグ用乗員検知センサの方式別コスト動向(車両1台あたり)
表15 アルコールインターロックの運用フロー
表16 アルコールインターロックの規制動向
表17 アルコールインターロックの市場規模予測(2014~2025CY WW 装着台数)
表18 ACS社の商品ラインナップと対応マーケット

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。