2015 車載用センサデバイスのマーケット分析

環境規制・低燃費化に対応するために、車両1台当たりに搭載されるセンサの数は増加傾向にある。さらに、エアバッグ/ESCが中心であった安全装備についても、ADAS(先進運転支援システム)の登場により、レーダやカメラの採用が進展している。本調査レポートでは、パワートレイン、シャーシ、セイフティ、ADAS別に搭載されているセンサの市場動向と予測、技術トレンド、メーカシェアなどを明らかにし、車載用センサデバイスの世界市場の最新動向を調査分析した。

発刊日
2015/07/31
体裁
A4 / 182頁
資料コード
C57108900
PDFサイズ
13.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:車載用センサデバイスについての現状の市場動向を明らかにするとともに、将来の車載用センサデバイスの可能性を分析し、市場規模を予測する。
調査対象:各種車載用センサデバイス、搭載システム
調査方法:面談取材、電話ヒアリング、文献調査
調査期間:2015年4月~2015年7月

調査結果サマリー
Close

車載用センサの世界市場に関する調査結果2015
 ~環境規制・低燃費、安全を軸に、車載用センサの世界市場は2020年に3兆円突破を予測~
・2014年における車載用センサの世界市場は、前年比26.8%増となる2兆2,543億円
・2020年における車載用センサの世界市場は、環境規制や燃費向上、
 ADASの普及拡大などがプラス要因となり3兆1,487億円に達すると予測
・ADAS向けセンサの伸びが最も大きく、2020年の市場規模は9,094億円、
 2014年から2020年までの年平均成長率は20.5%に達すると予測
 

資料ポイント
Close

  • 車載用センサデバイスを製品別に、2014年の市場規模/メーカシェア、技術トレンド、サプライチェーンを分析
  • 2014年~2020年におけるワールドワイドの市場規模を数量ベースで予測
  • ワールドワイドのセンサ市場全体については、2014年~2020年までを金額ベースで予測
  • 主要センサメーカ13社の製品情報と開発動向、今後の事業戦略などを記載

資料概要
Close

第1章 車載用センサデバイスの概要
第2章 パワートレイン用センサの市場動向と予測
第3章 シャーシ/セイフティ用センサの市場動向と予測
第4章 ADAS用センサの市場動向と予測
第5章 注目メーカの事業戦略

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果サマリー

第1章 車載用センサデバイスの概要

1.車載用センサの種類と概要
  (1)パワートレイン
    センサの種類と搭載用途
    各国の省エネ・環境規制
  (2)シャーシ/パッシブセイフティ
    センサの種類と搭載用途
    エリア別EPSの市場規模と予測
    タイプ別エアバッグモジュールの市場規模と予測
  (3)ADAS(先進運転支援システム)
    センサの種類と搭載用途
    各国のADASに対する安全基準・法制化
    国内におけるADASの装着動向
    ADAS用前方検知センサの性能比較
  (4)ボディコントロール
    センサの種類と搭載用途
    オートハイビームの動向
    駐車支援視システムにおけるセンサの搭載動向
  (5)HV/EV
    センサの種類と搭載用途
    HV/EV用電流センサの概要
    HV/EV用モータ向け角度センサ
2.車載用センサの搭載個数推移
3.車載用センサの世界市場規模予測

第2章 パワートレイン用センサの市場動向と予測

1.エンジン用圧力センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア
2.スロットルポジションセンサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア
3.クランクポジションセンサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア
4.カムポジションセンサ
  (1)採用動向と市場規模予測
5.トランスミッション回転センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア

第3章 シャーシ/セイフティ用センサの市場動向と予測

1.EPS用トルクセンサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)検知方式別シェア
  (3)メーカシェア
2.ESC用ステアリングアングルセンサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)検知方式別シェア
  (3)メーカシェア
3.ABS/ESC用車輪速センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)検知方式別シェア
  (3)メーカシェア
4.ESC用圧力センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア
5.ESC用加速度/角速度センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア(加速度センサ)
  (3)メーカシェア(角速度センサ)
6.エアバッグ用加速度センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)サテライトセンサと通信プロトコル
  (3)メーカシェア
7.TPMS用圧力センサ
  (1)採用動向と市場予測
  (2)メーカシェア

第4章 ADAS用センサの市場動向と予測

1.ADASの市場概況
  (1)OEMの搭載状況
  (2)ADAS用センサの参入メーカ分類
2.76/77GHzミリ波レーダ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)サプライチェーン
  (3)メーカシェア
3.24GHzレーダ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)サプライチェーン
  (3)メーカシェア
4.赤外線レーザ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)サプライチェーン
  (3)メーカシェア
5.ADAS用カメラ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)サプライチェーン
  (3)メーカシェア
6.駐車支援用カメラ
  (1)採用動向と市場規模推移
  (2)メーカシェア
7.ナイトビジョン
  (1)採用動向と市場規模予測
8.超音波センサ
  (1)採用動向と市場規模予測
  (2)メーカシェア

第5章 注目メーカの事業戦略

1.デンソー
  車載用センサ事業はシェア拡大
  TOYOTA Safety Sense Pにミリ波レーダとカメラを供給
2.Bosch
  2013年に最新のESC用複合センサを製品投入
  2014年はミリ波レーダを100万個以上出荷
  2015年にADAS用ステレオカメラの採用スタート
3.Continental
  ADAS用センサの2014年の出荷数量は前年比2倍以上に拡大
  赤外線レーザ/カメラ一体型MFLがToyota Safety Sense Cに採用
  ステレオカメラがM-BenzのRader Safety Packageに採用拡大
4.Sensata Technologies
  APTの出荷数量は堅調に拡大
  MSGはエンジン制御、ブレーキ向けが好調に推移
5.NXP semionductors
  新プロセスによる回転系AMRセンサを2015年よりサンプル出荷
  79GHzミリ波レーダ向け送受信チップを開発中
6.Infineon Technologies
  車載用磁気センサとしてホールIC、GMRを出荷
  MEMS圧力センサの出荷が堅調に拡大
  SiGeミリ波レーダ用チップの第2世代を供給開始
7.Freescale Semiconductor
  第3世代ミリ波レーダ用チップセットを発表
  2015年に画像処理向けSoC S32Vシリーズを発表
8.Mobileye
  2015年よりEyeQ3の採用がスタート
  OEM3社の自動運転システムにEyeQチップが採用予定
9.Panasonic
  ESC向け角速度センサはワールドワイドシェアトップ
  AMRを採用したステアリングアングルセンサが好調に推移
10.Murata Electronics Oy
  ESC向けコンボセンサの出荷数量が拡大
11.TRW
  EyeQ3チップを搭載したS-Cam3の投入を2015年に予定
12.Autoliv
  24/25GHzレーダの出荷数量が400万個に拡大
13.Hella
  独自技術CIPOSが車載向け回転・位置センサで拡大中
  EPS向けトルク/アングル一体型センサTASを出荷

図1 パワートレイン用センサの種類と用途
図2 パワートレイン用センサの概要とエンジンECUブロック図
図3 国別のCO2排出量規制量
図4 セイフティシステムの変遷
図5 エアバッグのタイプ別市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図6 フロント/サイド/リアのADAS機能とセンサデバイスの種類
図7 EuroNCAPのADAS関連の概要
図8 日米欧におけるESC/ADASの基準化動向
図9 主機モータ用レゾルバ外観
図10 車載用センサの搭載個数推移(1980~2020CY ミドル/ラグジュアリー)
図11 車種別センサ搭載個数比較(2014年 車両タイプ別)
図12 車載用センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 金額ベース)
図13 車載用センサ市場の分野別構成比推移(2014~2020CY WW)
図14 エンジン制御用圧力センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図15 エンジン制御用圧力センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図16 スロットルポジションセンサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図17 スロットルポジションセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図18 クランクポジションセンサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図19 クランクポジションセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図20 カムポジションセンサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図21 エンジンとトランスミッションの統合制御
図22 トランスミッション用センサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図23 トランスミッション用センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図24 EPS向けトルクセンサのシステム概要と外観(C-EPS)
図25 ホールICによるステアリングトルクの検出構造
図26 ステアリングトルクセンサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図27 EPS用トルクセンサの検知方式別シェア(2014CY WW 数量ベース)
図28 EPS用トルクセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図29 JTEKTが開発したトルクセンサ/モータ回転角センサによる絶対舵角検出
図30 ステアリングアングルセンサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図31 ステアリングアングルセンサの素子タイプ別構成比(2012CY WW 数量ベース)
図32 ステアリングアングルセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図33 ABS用車輪速センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図34 ABS/ESC用車輪速センサの検知方式別シェア(2014CY WW 数量ベース)
図35 ABS/ESC用車輪速センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図36 ESCの構造と圧力センサの搭載箇所
図37 ESC用圧力センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図38 ESC用圧力センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図39 ESC向け加速度/角速度センサのシステムブロック図
図40 ESC用加速度/角速度センサの流通経路の変遷
図41 ESC用加速度/角速度センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図42 ESC用加速度センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図43 ESC用角速度センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図44 エアバッグECUのシステムブロック図(上図:DSI、下図:PSI5)
図45 エアバッグ用センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図46 エアバッグ用加速度センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図47 Schrader ElectronicsのTPMS送信モジュール(右図:圧力検知部)
図48 Schrader ElectronicsのTPMS送信モジュールの変遷
図49 TPMS用センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図50 TPMS用圧力センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図51 富士通研究所が試作したCMOSプロセスによる送受信チップ
図52 ミリ波レーダの市場規模予測(2013~2020CY  WW 数量)
図53 ミリ波レーダのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図54 24GHzレーダの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図55 24GHzレーダのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図56 赤外線レーザの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図57 赤外線レーザのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図58 ADAS用カメラ市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図59 ADAS用カメラのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図60 ADAS用カメラのメーカシェア(2014CY WW Tire1 数量ベース)
図61 駐車支援用カメラの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図62 リアビューカメラのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図63 サランドビューカメラのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図64 ナイトビジョンのシステム構成
図65 ナイトビジョンの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
図66 超音波センサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
図67 超音波センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
図68 デンソーのセンサの製品種類と構造
図69 24GHzレーダのSRR320と搭載事例
図70 MFLを採用したToyota Safety Sense C
図71 NXPセミコンダクターズのV2X向けチップセット
図72 MRD2001とMPC577xKによるシステム・インテグレーション
図73 MPC577xKの処理の流れ
図74 S32V23xシリーズのシステム対応
図75 画像処理向けSoC S32V234のブロック図
図76 Mobileye社のEyeQ3のスペック
図77 自動運転システム用複眼カメラ
図78 Autoliv製24GHzレーダ(左:第1世代、右:第2世代)
図79 CIPOSの搭載事例(左図:スロットルバルブ、右図:アクセルペダル)

表1 シャーシ/パッシブセイフティ用センサの種類と用途
表2 EPSのエリア別市場規模予測(2012~2013CY WW 数量ベース)
表3 エアバッグのタイプ別市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表4 ADAS用センサの種類と用途
表5 日米欧ESC/ADASの基準化動向
表6 ADASの装着動向
表7 ADAS用前方検知センサの性能比較
表8 ボディコントロール用センサの種類と用途
表9 GENTEXのSmart Beamの採用OEMと車種
表10 駐車支援システムにおけるセンサの搭載個数(カメラ、超音波センサ)
表11 HV/EV用センサの種類と用途
表12 車載分野における電流センサ装着箇所とその方式
表13 磁気式モータ角度センサの検出方式別比較
表14 車載用センサの搭載個数推移(1980~2020CY ミドル/ラグジュアリー)
表15 車種別センサ搭載個数比較(2014CY 車両タイプ別)
表16 車載用センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 金額ベース)
表17 車載用センサ市場の分野別構成比推移(2014~2020CY WW)
表18 エンジン制御用圧力センサの種類の圧力レンジ
表19 エンジン制御用圧力センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表20 エンジン制御用圧力センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表21 スロットルポジションセンサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表22 スロットルポジションセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表23 クランクポジションセンサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表24 クランクポジションセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表25 カムポジションセンサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表26 トランスミッション用センサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表27 トランスミッション用センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表28 EPS用トルクセンサの方式と特徴
表29 EPS用トルクセンサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表30 EPS用トルクセンサの検知方式別シェア(2014CY WW 数量ベース)
表31 EPS用トルクセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表32 ステアリングアングルセンサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表33 ステアリングアングルセンサの素子タイプ別構成比(2014CY WW 数量ベース)
表34 ステアリングアングルセンサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表35 ABS用車輪速センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表36 ABS/ESC用車輪速センサの検知方式別シェア(2014CY WW 数量ベース)
表37 ABS/ESC用車輪速センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表38 ESC用圧力センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表39 ESC用圧力センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表40 ESC用加速度/角速度センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表41 ESC用加速度センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表42 ESC用角速度センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表43 エアバッグECUの仕様とサテライトセンサメーカ
表44 エアバッグ用センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表45 エアバッグ用加速度センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表46 TPMS用センサの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表47 TPMS用圧力センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表48 日系OEMのADAS搭載状況
表49 海外OEMの搭載状況
表50 Tier1メーカとADAS用センサ製品ラインアップ(●量産 ○開発中)
表51 ミリ波レーダの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表52 ミリ波ユニットのサプライチェーン相関図(2014~2015年)
表53 ミリ波レーダのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表54 24GHzレーダの認可動向
表55 24GHzレーダの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表56 24GHzレーダのサプライチェーン
表57 24GHzレーダのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表58 赤外線レーザの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表59 赤外線レーザのサプライチェーン
表60 赤外線レーザのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表61 主要メーカ別ADAS用カメラの製品スペック
表62 ADAS用カメラ市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表63 ADAS用カメラのサプライチェーン
表64 ADAS用カメラのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表65 ADAS用カメラのメーカシェア(2014CY WW Tire1 数量ベース)
表66 駐車支援用カメラの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表67 リアビューカメラのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表68 サランドビューカメラのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表69 ナイトビジョンのシステム比較
表70 ナイトビジョンの市場規模予測(2014~2020CY WW 数量ベース)
表71 超音波センサの市場規模予測(2013~2020CY WW 数量ベース)
表72 超音波センサのメーカシェア(2014CY WW 数量ベース)
表73 デンソーのToyota Safety Sense P向けミリ波レーダとモノカメラ
表74 BoschのADASセンサの採用OEM
表75 Boschのミリ波レーダの製品ラインアップ
表76 Continentalのミリ波レーダユニットの世代別性能比較
表77 ContinentalのADAS用カメラ
表78 NXPセミコンダクターズにおけるAMRセンサの搭載事例
表79 Infineon Technologiesにおける磁気センサと搭載箇所
表80 MobileyeのEyeQシリーズの概要
表81 Panasonicのステアリングアングルセンサの変遷
表82 Murata Electronics Oyの加速度センサコンボセンサ製品ラインアップ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。