2016年版 高齢者住宅市場の徹底研究

高齢化が急速に進展する我が国において、避けて通れない高齢者住宅のあり方及び課題、今後の市場性などを分析することによって、今後業界構造の変革を余儀なくせまられる住宅業界及びその関連産業において注力すべき点について示唆した。

発刊日
2016/03/28
体裁
A4 / 328頁
資料コード
C57126300
PDFサイズ
11.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象市場:(1)高齢者住宅業界(2)高齢者施設業界(3)介護業界(4)関連業界など
調査対象エリア:日本国内
調査対象企業:高齢者住宅・施設参入企業、その他の関連企業
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2016年1月~2016年3月

資料ポイント
Close

  • 高齢者住宅が注目される背景、市場環境など
  • 高齢者住宅のコンセプト、取り組み状況
  • 種類別高齢者住宅のトレンド、市場展望
  • 高齢者住宅需要の動向
  • 主要参入メーカーの事業戦略
  • 今後注力される有望マーケット、今後の中期展望  など

資料概要
Close

総論
第1章 高齢者住宅市場の環境変化と需要見通し
第2章 高齢者住宅・施設のトレンドと市場展望
第3章 高齢者住宅の需要動向と居住者の志向性
第4章 介護業界の市場動向と展望
第5章 主要住宅メーカー、施設運営企業の事業戦略
第6章 主要企業の事例研究

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

総論

◆高齢者住宅市場の体系図
◆各種高齢者住宅の特徴と最近の傾向
◆高齢者住宅の運営ノウハウ
◆事業化のポイントと差別化戦略
◆医療機関の高齢者住宅事業
◆介護事業の新ビジネスモデル
◆高齢者住宅に注力する建築会社
◆参入企業の事業展開の特徴
◆主要各社の運営実績
◆高齢者住宅事業の課題
◆高齢者住宅の事業性評価
◆高齢者住宅における建材開発の動向
◆今後注目される地域密着サービス
◆高齢者住宅事業者の方向性
◆シルバービジネスの方向性
◆高齢者住宅市場への提言

第1章 高齢者住宅市場の環境変化と需要見通し

1.高齢者住宅の分類と考え方
  (1)高齢者住宅の定義
  (2)高齢者住宅の種類
  (3)高齢化住宅の比較分析
  (4)米国の高齢者住宅
2.高齢者住宅市場を取り巻く環境変化
  (1)2016年度における住宅・不動産関連の重点施策
  (2)少子高齢化による高齢者住宅への影響
  (3)改正建築基準法の影響
  (4)医療費抑制の影響
  (5)注目されるスマートウェルネス住宅・シティ
  (6)日本版CCRCの導入構想
  (7)アジアの高齢者住宅市場
3.高齢者住宅のストック数
4.少子・高齢化の現状
  (1)高齢化の動向
  (2)高齢者の世帯構成推移
  (3)配偶者別にみた高齢者の割合
5.高齢者人口・世帯数の将来推計
  (1)高齢化の展望
  (2)地域別に見た高齢化の見通し
  (3)家族類型別高齢世帯数の将来予測
  (4)単身高齢者の将来予測
  (5)認知症高齢者の将来推計
  (6)高齢者人口比率の国際比較
6.高齢者の経済状況
  (1)高齢者世帯の所得
  (2)一世帯当たりの経済状況
  (3)高齢者世帯の貯蓄
7.高齢社会対策関係予算
8.今後の需要見通し

第2章 高齢者住宅・施設のトレンドと市場展望

1.種類別高齢者住宅のトレンド
  (1)有料老人ホーム
  (2)サービス付き高齢者向け住宅
  (3)グループホーム
  (4)ケアハウス
  (5)シニア向け分譲マンション
  (6)介護保険施設
  (7)小規模多機能型居宅介護施設
2.高齢者住宅事業の新しい展開
  (1)空き家の活用
  (2)病院不動産を対象にしたヘルスケアリート
  (3)ヘルスケアリートの可能性
  (4)注目される日本独自のCCRC
3.参入プレーヤーの事業戦略
  (1)主な参入企業の特徴
  (2)高齢者住宅における参入企業の動向
  (3)高齢者ビジネスのFC戦略
  (4)入居者の囲い込み問題による影響
4.新規参入企業の事業展開
  (1)高齢者ビジネスの新規参入動向
  (2)鉄道業界の高齢者住宅事業
  (3)中国・アジア市場における高齢者ビジネス
5.高齢者住宅の市場展望

第3章 高齢者住宅の需要動向と居住者の志向性

1.高齢者の居住状況
  (1)高齢者世帯の居住形態
  (2)住宅の建て方・所有の関係
  (3)居住状況
  (4)高齢者等のための設備工事
  (5)高齢者等対応の設備状況
  (6)高齢者の住環境
2.高齢者の志向性
  (1)高齢者の生活ニーズ
  (2)アクティブシニアの志向性
  (3)健康長寿の住まい
  (4)施設サービス及び保険外サービスの利用意向
  (5)今後のシニア世代のニーズ
3.高齢者住宅の市場ポテンシャル
  (1)入居者層別の事業性
  (2)期待される多世代共生型シェアハウス
  (3)ショートステイ型高齢者住宅の可能性
4.高齢者の住み替え需要
  (1)住み替えのニーズ
  (2)東京圏の高齢化
  (3)高齢者住宅への転居に関するキー
5.有料老人ホームにおける入居者の状況
6.今後の高齢者住宅のニーズ

第4章 介護業界の市場動向と展望

1.高齢者介護の業界動向と市場環境
  (1)在宅系介護サービスの事業概要
  (2)介護業界の動向
  (3)介護報酬改定の影響
  (4)「2025年問題」の概要
  (5)急増する認知症
  (6)ショートステイの活用
  (7)新しい総合事業
2.介護サービスの市場動向
  (1)介護サービス事業所・施設数の推移
  (2)介護保険サービスの需給実態
  (3)要介護度別認定者数の推移
  (4)介護サービス利用者数の推移
  (5)介護保険サービスの利用状況
  (6)介護保険外サービスの動向
  (7)介護サービスの市場規模と見通し
3.参入企業の動向と事業概要
  (1)介護業界への新規参入
  (2)異業種の参入動向
  (3)ドラッグストアなど小売業の介護事業
  (4)介護分野におけるベンチャー企業の動向
  (5)保険会社が介護事業を拡大
4.主要各社の事業拠点数
  (1)デイサービス拠点
  (2)訪問介護拠点
  (3)ショートステイ床数
  (4)小規模多機能型居宅介護拠点
5.介護ビジネスの実態と事業戦略
  (1)介護ビジネスの動向
  (2)介護ビジネスの経営実態
  (3)介護事業の収益性
  (4)主要介護事業者の事業戦略
  (5)介護事業者のアジア進出
  (6)介護ロボットの動向
6.介護業界の課題
7.介護市場の方向性

第5章 主要住宅メーカー、施設運営企業の事業戦略

1.高齢者住宅への取り組み及び参入経緯
2.事業展開の特徴
3.ハウスメーカーの事業戦略
4.デベロッパーの事業戦略
5.商品企画戦略
6.営業・販売戦略
7.現状の問題点・課題
8.今後の事業展開及び注力分野
9.今後の市場見通し

第6章 主要企業の事例研究

①積水ハウス株式会社
②大和ハウス工業株式会社
③ミサワホーム株式会社
④パナホーム株式会社
⑤住友林業株式会社
⑥積水化学工業株式会社
⑦株式会社メッセージ
⑧株式会社ベネッセホールディングス
⑨株式会社ニチイ学館
⑩株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ
⑪株式会社学研ホールディングス
⑫株式会社ツクイ
⑬株式会社ウチヤマホールディングス
⑭株式会社シダー
⑮株式会社ケア21
⑯株式会社チャーム・ケア・コーポレーション

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。