2016年版 外食産業マーケティング総覧

外食産業は今、再び変革期を迎えようとしているとみられる。そして、そのような状況の下、どのような形で商品やサービスを提供していくかという方向性の検討についても、今まで以上に消費者の要望を的確に捉え、適切なマーケティングが必要となってくると考えられる。

発刊日
2016/07/25
体裁
A4 / 706頁
資料コード
C58103200
PDFサイズ
8.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:主要チェーン企業詳細個票(各業態の主要チェーン企業46社)、有力企業調査個票(店舗末端売上高30億円以上の有力企業316社)
調査方法:主要チェーンはヒアリング、有力企業はアンケートをベースにそれぞれ調査を行っている。有価証券報告書等、公開データからも引用している。いずれについても、一部不明な企業、もしくは項目については、矢野経済研究所の推計も含んでいる。
調査期間:2016年4月~2016年6月

資料ポイント
Close

  • 市場規模、ランキング、シェア等を業態別に掲載。業態ごとの市場動向、有力企業の事業戦略、将来予測を展望する
  • 主要チェーン企業46社の詳細調査個表を掲載。業績推移、店舗数推移、新規出店予定店舗数、業態別店舗展開状況、業態別店舗売上高、出店戦略、業態開発、メニュー開発等の戦略を収録
  • 有力企業316社の調査個表を掲載。業績・店舗数推移、新規出店予定、業態別店舗展開状況、業態別店舗売上高などを収録。主要企業を網羅した掲載社数と充実した掲載内容
  • 株式上場企業97社の経営データを独自分析。成長性の高い企業、高収益体質の企業は?今後の外食企業の方向性を占う経営指標

資料概要
Close

Ⅰ.外食産業の市場動向
Ⅱ.株式上場企業の経営データ分析
Ⅲ.有力企業調査個表

リサーチ内容

■掲載内容

本書のポイント

Ⅰ.外食産業の市場動向

1.外食産業の市場動向
  (1)総市場の推移
    ・4期連続で市場は拡大するも、伸び率は鈍化傾向強まる
  (2)外食産業の市場動向
    ・プラス成長維持するも減速感強まり、業態により明暗分かれる
    ・値上げが客離れに追い討ち、ファストフード、居酒屋など苦戦続く
    ・高額メニューでファミレス、回転すしなど好調
    ・コーヒー人気の高まりとくつろぎの空間でフルサービス型カフェが人気に
    ・肉食ブームで焼肉、しゃぶしゃぶ、とんかつなど専門業態が堅調
    ・「ちょい飲み」が人気に、多様な業態に広がる
    ・シニア層、3世代需要などの取り込みに動く外食業界
    ・値上げ戦略転換、低価格志向再び強まる
    ・コーヒー、チキンに続きドーナツも、コンビニの脅威さらに高まる
    ・原材料価格、人件費など高騰が大きな経営圧迫要因に
    ・アジア中心に出店拡大、あらゆる事業者が海外目指す
  (3)外食産業関連統計の動向
    ・営業施設数の減少傾向続く外食産業
    ・外食に関する消費支出の動向
2.業態別の市場動向
  (1)洋風ファストフード
    ・マックの業績低迷続く一方、堅調に推移するチェーンも
  (2)和風ファストフード
    ・再び強まる低価格志向と和食ブームの追い風で持ち直す
  (3)ファミリーレストラン
    ・高級メニューで堅調維持するも、低価格志向にも対応の動き
  (4)すし、回転すし、宅配すし
    ・高級業態模索続く一方、100円メニューにも再び注力
  (5)居酒屋、パブ、ビアレストラン
    ・回復の糸口見出せず、縮小続く居酒屋市場
  (6)ディナーレストラン
    ・再び高価格業態で客離れ起こるも、ハレの日需要などが増加
  (7)中華レストラン、ラーメン店
    ・市場は堅調維持するも、チェーンによって明暗分かれる
  (8)うどん・そば店
    ・引続き「丸亀製麺」がけん引するも、市場は減速傾向
  (9)カフェ
    ・コーヒー需要の拡大とフルサービス型カフェの復権で市場拡大
  (10)焼肉店
    ・シニアや3世代利用が増える、「肉食ブーム」も後押し
  (11)ピザ・パスタ店、宅配ピザ
    ・頭打ち傾向が続くピザ・パスタ専門業態
  (12)その他の専門料理店・一般食堂など
    ・専門性の高い業態が好調に推移、他業態からの転換増える
  (13)持ち帰り弁当・惣菜店
    ・節約志向に加え内食傾向も追い風、中食市場の拡大続く
  (14)その他の業態の飲食店

Ⅱ.株式上場企業の経営データ分析

1.調査実施要領
2.97社の合計経営指標
3.業務別経営指標
4.企業別経営指標
  <①洋風ファストフード6社>
  <②和風ファストフード10社>
  <③ファミリーレストラン24社>
  <④回転すし・宅配すし・持ち帰りすし8社>
  <⑤居酒屋17社>
  <⑥レストラン・日本料理店18社>
  <⑦ラーメン店9社>
  <⑧持ち帰り弁当・惣菜店5社>
5.業務別主要経営指標
6.主要経営指標企業別ランキング

Ⅲ.有力企業調査個表

1.主要チェーン企業詳細個表
  (1)洋風ファストフード
    ①日本マクドナルドホールディングス
    ②モスフードサービス
    ③日本KFCホールディングス
    ④ダスキン
  (2)和風ファストフード
    ①吉野家ホールディングス
    ②ゼンショーホールディングス
    ③松屋フーズ
    ④壱番屋
    ⑤大戸屋ホールディングス
    ⑥フジオフードシステム
  (3)ファミリーレストラン
    ①すかいらーく
    ②ロイヤルホールディングス
    ③セブン&アイ・フードシステムズ
    ④サイゼリヤ
    ⑤ジョイフル
    ⑥サンマルクホールディングス
  (4)回転すし
    ①あきんどスシロー
    ②くらコーポレーション
    ③元気寿司
    ④カッパ・クリエイト
  (5)居酒屋、パブ、ビアレストラン
    ①モンテローザ
    ②ワタミ
    ③コロワイド
    ④大庄
    ⑤チムニー
  (6)ディナーレストラン
    ①木曽路
    ②梅の花
    ③WDI
  (7)中華レストラン・ラーメン店
    ①王将フードサービス
    ②幸楽苑ホールディングス
    ③ハイデイ日高
    ④リンガーハット
  (8)うどん・そば店
    ①トリドール
    ②はなまる
    ③グルメ杵屋
  (9)カフェ
    ①スターバックスコーヒージャパン
    ②ドトールコーヒー
  (10)焼肉店
    ①レインズインターナショナル
    ②あみやき亭
    ③物語コーポレーション
  (11)ピザ・パスタ店、宅配ピザ
    ①フォーシーズ
    ②日本レストランシステム
  (12)持ち帰り弁当・総菜店
    ①ロック・フィールド
    ②柿安本店
    ③オリジン東秀
    ④プレナス
2.有力企業調査個表
アークミール、アークランドサービス、アールアンドケーフードサービス、アールティーコーポレーション、アールディーシー、アオキーズコーポレーション、アサヒフードクリエイト、アジアル、アスラポート・ダイニング、アトム、アミノ、アレフ、アントワークス、あさくま、秋吉グループ本部、味の民芸フードサービス、安楽亭、イーケーシー、イートアンド、イオンイーハート、イズミフードサービス、イタリアントマト、イデア、イデアプラス、いいなダイニング、一休、一丁、一蘭、一六堂、井筒まい泉、ウエスト、ヴィアホールディングス、ヴィアン、ヴィドフランス、うかい、歌行燈、SFPダイニング、エー・ピーカンパニー、エスワイフード、エムグランドフードサービス、江戸一、オーイズミダイニング、オーイズミフーズ、オーディンフーズ、オレンジフードコート、おいしい約束、扇屋コーポレーション、大阪フード、荻野屋、小田急レストランシステム、音羽、カーディナル、カネ美食品、カフェカンパニー、カルラ、かに道楽、かもんフードサービス、かんなん丸、がんこフードサービス、家族亭、関門海、KIDSHOLDINGS、キタカタ、キャニー、キリンシティ、きちり、ぎょうざの満州、北一食品、京樽、喜代村、際コーポレーション、近鉄リテーリング、牛繁ドリームシステム、餃子計画、銀座アスター食品、銀座ルノアール、クリエイトレストランツホールディングス、グラノ24K、グリーンズプラネット、グリーンハウスフーズ、グローバルダイニング、グロービートジャパン、沓間水産、KRフードサービス、京阪レストラン、ココスジャパン、コムライン、コメダホールディングス、古市庵、康正産業、神戸屋レストラン、甲羅、小僧寿し、五苑マルシン、五味八珍、subLime、サイプレス、サガミチェーン、サザビーリーグ、サッポロライオン、サトレストランシステムズ、サニーフーヅ、サンエー、サンフードシステム、サンライズサービス、サンローリー、さわやか(ファミリーレストラン)、さわやか(多業態)、札幌海鮮丸、札幌開発、札幌かに本家、三光マーケティングフーズ、三宝、JR九州フードサービス、JBイレブン、シカゴピザ、シャノアール、シャボンドゥ、ジーテイスト、ジーフード、ジェーシーコムサ、ジェイアール東海フードサービス、ジェイアール西日本フードサービスネット、ジェイアール東日本フードビジネス、ジェイアンドジェイ、ジェイグループホールディングス、ジョリーパスタ、ジローレストランシステム、重光、重光産業、芝寿し、秀穂、庄屋フードシステム、白ハト食品工業、心斎橋ミツヤ、聚楽、叙々苑、スープストックトーキョー、スイートスタイル、スエヒロレストランシステム、スガキコシステムズ、ストロベリーコーンズ、すぎのや、寿司田、ゼストクック、ゼットン、ゼネラルオイスター、ゼンショク、せんざん、西洋フード・コンパスグループ、タニザワフーズ、タリーズコーヒージャパン、ダイタンフード、ダイナック、ダイム、ダイヤモンドダイニング、ダイワエクシード、だん家、太鼓亭、太陽エンタープライズ、田部、玉寿司、チタカインターナショナルフーズ、ちよだ鮨、力の源カンパニー、知久、千房、銚子丸、つばめ、つぼ八、築地すし好、築地寿司清、綱八、テラケン、テンアライド、テンコーポレーション、デリカスイト、天一食品商事、トマトアンドアソシエイツ、トラジ、トリコロール、ドミノ・ピザジャパン、ドリームリンク、ドンク、とり鉄、とんでん、どさんこ、東急グルメフロント、東京一番フーズ、東京會舘、東天紅、東武食品サービス、東和フードサービス、豊田、鳥貴族、道とん堀、なか卯、なだ万、中村屋、南国酒家、南部家敷、ニユートーキヨー、ニューミュンヘン、ニラックス、にっぱん、西鉄プラザ、日本サブウェイ、日本ヒュウマップ、日本レストランエンタプライズ、人形町今半、ハークスレイ、ハチバン、ハブ、バルビバーニ、パートナーズダイニング、はま寿司、華屋与兵衛、浜木綿、早野商亊、阪急産業、阪急阪神レストランズ、半田屋、馬車道、坂東太郎、B-Rサーティーワンアイスクリーム、ヒライ、ビーワイオー、ビッグボーイジャパン、ピーシーエス、ピエトロ、ひな野、ひらまつ、広越、フーズネット、フードワークス、ファーストキッチン、ファイブスター、フアストフードサービス、フェニックス、フクナガ、フジタコーポレーション、フジファミリーフーズ、フライングガーデン、フレッシュネス、フレンドリー、フロジャポン、ブラスアンドカンパニー、ブロンコビリー、プライムリンク、プロントコーポレーション、ふじや、藤一番、富士達、不二家フードサービス、ペッパーフードサービス、ペルゴ、平城苑、聘珍樓、ホットランド、ホリイフードサービス、ポールスター、ポケットフーズ、ポッカクリエイト、ポポラマーマ、ポムフード、豊創フーズ、蓬莱、穂波、本家かまどや、本家さぬきや、マリノ、マリンポリス、マルシェ、マルハンダイニング、曲田商店、丸千代山岡家、万世、Misumi、三笠会館、三ツ星レストランシステム、三本コーヒー、三ツ和、美濃吉、美濃吉食品、美々卯、三好野本店、麦の穂、名鉄レストラン、麺食、元廣、ヤマト、焼肉の牛太、山田食品産業、大和フーヅ、UG宇都宮、ユーアールエー、ユーシーシーフードサービスシステムズ、ゆで太郎システム、ヨシックス、養老乃瀧、横綱、ライドオンエクスプレス、ライフフーズ、ラムラ、利休、理想実業、REGAO、レッドロブスタージャパン、ロッテリア、ワイエスフード、ワイズテーブルコーポレーション、ワンダーテーブル、ワンダイニング、若菜、和幸、和幸商事、

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。