2016年版 クレジットカード市場の実態と展望

カード業界は、2020年に向けたキャッシュレス化への取組みを一層強化している。2020年に向けて、訪日外国人の増加が予想されており、決済における訪日外国人の利便性の向上がテーマとなっている。それに向けて、決済インフラをどのように整備していくか、がまさに議論されている。また、海外では、スマートフォンの台頭により、スマートフォンを活用した決済ソリューション「Apple Pay」や「Alipay」「WeChat Payment」などモバイル決済が展開されており、クレジットカード会社の役割が変化していくことが予測される。本調査レポートでは、カード会社の取組みを網羅的に把握することで、2020年に向けたキャッシュレス化の推進に対する課題を分析し、決済インフラのあり方を展望した。

発刊日
2016/09/30
体裁
A4 / 379頁
資料コード
C58114300
PDFサイズ
3.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:クレジットカード市場について、主要クレジットカード発行会社の戦略・取組み・実績などを詳細に調査し、動向や課題などの実態を把握するとともに今後の市場動向を展望する。
調査対象企業:カード発行会社及びアクワイアリング会社
調査方法:直接面接取材を主体に、一部アンケート調査を併用
調査期間:2016年6月~2016年9月

資料ポイント
Close

  • 2020年に向けたインフラ整備が本格化
  • Apple Payに加え、AlipayやWeChat Paymentなどの普及の可能性
  • 新決済サービスの動向について網羅的に調査

資料概要
Close

第Ⅰ章 総論
第Ⅱ章 主要カード発行会社のカード事業実績
第Ⅲ章 業態・出資母体別の動向分析
第Ⅳ章 商品・サービス、新決済サービスの動向
第Ⅴ章 新決済サービスの動向分析
第Ⅵ章 主要カード会社の実態と戦略

リサーチ内容

■掲載内容

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.クレジットカード市場の実態
  1.1 クレジットカードを取り巻く環境
    1.1.1 東京オリンピックをはじめとした大規模イベントの開催
    1.1.2 Apple Payの日本展開
    1.1.3 IC化の推進
    1.1.4 テクノロジーを活用した金融サービス(FinTech)の台頭
    1.1.5 集客ツールと連携した決済サービス
    1.1.6 認証方式の多様化
  1.2 市場規模
    1.2.1 ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
    1.2.2 ショッピング取扱高シェア(イシュアベース)
    1.2.3 カード発行会社の業績推移
    1.2.4 楽天カードの拡大
    1.2.5 ショッピング・リボ払いの実績動向
    1.2.6 キャッシングの実績動向
2.市場展望
  2.1 ショッピング取扱高予測
  2.2 コンタクトレス決済市場予測

第Ⅱ章 主要カード発行会社のカード事業実績

1 営業収益
2 経常利益
3 当期純利益
4 有効会員数
5 稼動会員比率
6 Web会員数
7 会員属性(2015年度)  
8 カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計)
9 カード取扱高(ショッピング)
10 カード取扱高(キャッシング)
11 ショッピングリボ・分割払い残高
12 キャッシング残高
13 貸倒引当金残高
14 利息返還損失引当金残高
15 ポイント引当金残高
16 カード事業の営業収入比率(2015年度)

第Ⅲ章 業態・出資母体別の動向分析

1 銀行系、独立系カード会社
  1.1 銀行系、独立系カード会社
  1.2 銀行系、独立系カード会社の特徴、強み
    1.2.1 三菱UFJニコスの特徴、強み
    1.2.2 三井住友カードの特徴、強み
    1.2.3 JCBの特徴、強み
    1.2.4 クレディセゾンの特徴、強み
    1.2.5 セディナの特徴、強み
  1.3 業績動向
  1.4 基本戦略
2 信販系カード会社
  2.1 主要信販系カード会社
  2.2 主要信販系カード会社の特徴、強み
  2.3 業績動向
  2.4 基本戦略
3 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニ)
  3.1 主要流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニエンスストア)
  3.2 流通系カード会社(GMS、スーパー、コンビニエンスストア)の特徴、強み
  3.3 業績動向
  3.4 基本戦略
4 流通系カード会社(百貨店)
  4.1 流通系カード会社(百貨店)一覧
  4.2 流通系カード会社(百貨店)の特徴
  4.3 業績動向
  4.4 基本戦略
5 自動車メーカー、交通系カード会社
  5.1 自動車メーカー、交通系カード発行会社
  5.2 自動車メーカー、交通系カード会社の特徴、強み
  5.3 基本戦略
6 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社
  6.1 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社一覧
  6.2 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社の特徴、強み
  6.3 オンラインモール、通信キャリア、IT系カード会社の基本戦略

第Ⅳ章 商品・サービス、新決済サービスの動向

1 ポイントプログラムの動向
2 情報システム投資とプロセシングの動向
  2.1 情報システム投資の動向
  2.2 プロセシングの動向

第Ⅴ章 新決済サービスの動向分析

1 日本におけるコンタクトレス決済の動向
  1.1 日本でApple Payの対応開始へ
  1.2 日本におけるApple Payの概要、特徴
  1.3 クレジットカードイシュアにおけるApple Payの対応状況
  1.4 iDの概要
  1.5 QUICPayの概要
  1.6 Visa payWave
  1.7 Mastercard コンタクトレス
2 海外における非接触IC規格(NFC)の動向
  2.1 アメリカにおけるNFCの展開動向
  2.2 アメリカにおけるApple Payの動向
    2.2.1 Apple Payの概要
    2.2.2 Apple Payの利用可能場所
    2.2.3 Apple Payのビジネスモデル
  2.3 英国におけるペイメントの動向
    2.3.1 英国におけるキャッシュレス決済の市場規模
    2.3.2 コンタクトレス決済の動向
    2.3.3 英国におけるコンタクトレス決済市場規模推移
3 主要カード会社のDCCに関する取組み
  3.1 三菱UFJニコスのDCCへの取組み
  3.2 三井住友カードのDCCへの取組み
    3.2.1 外貨建てカード決済サービスへの取組み
    3.2.2 グローバルECアクワイアリング支援サービス
  3.3 ジェーシービーの多通貨決済に関する取組み
  3.4 ユーシーカードのDDCへの取組み
4 主要カード会社のCLOやデータ分析への取組
  4.1 三井住友カードのCLOに関する取組み
  4.2 ジェーシービーのデータ活用に関する取組み
    4.2.1 インバウンドに関するデータ活用
    4.2.2 JTR(JCB TARGETING RESEARCH)  
  4.3 クレディセゾンのCLOやデータ分析に関する取組み
  4.4 ジャックスのCLOに関する取組み
5 カード会社のFinTechに関する取組、考え方
  5.1 三菱UFJニコスのFinTechに関する取組み、考え方
    5.1.1 スタートアップとの連携に関して
  5.2 三井住友カードのFinTechに関する取組み、考え方
    5.2.1 Stripeとの提携に関する動向
    5.2.2 Squareとの提携に関する動向
    5.2.3 配車アプリに関する取組み
    5.2.4 BtoBに関する見解
    5.2.5 ビッグデータやAIの活用
  5.3 ジェーシービーのFinTechに関する取組
    5.3.1 シリコンバレーオフィスの開設
    5.3.2 ハッカソンへの参画
    5.3.3 生体認証決済の推進
  5.4 クレディセゾンのFinTechに関する取組み
    5.4.1 国内外のFinTech領域のベンチャー企業と相次いで資本・業務提携
    5.4.2 コーポレートベンチャーキャピタルを設立しベンチャー投資を加速
  5.5 オリエントコーポレーションのFinTechに関する考え方
  5.6 ユーシーカードのFinTechに関する考え方
  5.7 ライフカードのFinTechに関する取組み
6 主要カード会社のAlipay、WeChat Payに関する取組み、考え方
  6.1 クレディセゾンのAlipayやWeChat Payに対する考え方
  6.2 オリエントコーポレーションのAlipayへの取組み
  6.3 ライフカードのAlipayやWeChat Payに関する考え方
  6.4 アプラスフィナンシャルのWeChat Payに関する取組み
  6.5 ユーシーカードのAlipayやWeChat Payに関する考え方

第Ⅵ章 主要カード会社の実態と戦略

1.三菱UFJニコス
2.三井住友カード
3.クレディセゾン
4.JCB
5.楽天カード
6.イオンフィナンシャルサービス
7.トヨタファイナンス
8.NTTドコモ
9.セディナ
10.オリエントコーポレーション
11.ジャックス
12.エムアイカード
13.セブン・カードサービス
14.髙島屋クレジット
15.UCS
16.ライフカード
17.アプラスフィナンシャル
18.ポケットカード
19.東急カード
20.ワイジェイカード
21.ゆめカード
22.ユーシーカード

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。