2018年版 車載ディスプレイ部材関連市場の展望と戦略

自動車のエレクトロニクス化の進展に伴い、車載ディスプレイはカーナビのほかにDAやRSE、クラスター、リアビューミラー、HUD等の用途へと利用が拡大し、ディスプレイ保護やデザイン性向上等から前面板の需要が拡大している。また最近では、自動車のコックピットのデザイン変化に伴い、曲面あるいは異形形状の前面板の搭載が進んでおり、採用状況や開発動向等が注目されている。さらには、曲面・異形形状の前面板とディスプレイを貼合する透明光学充填剤、映り込み防止や低反射等の表面処理、操作UIであるタッチパネル等の車載ディスプレイ関連部材についても注目度が高まっている。
今回の調査では、最も注目度の高い車載用前面板と加飾フィルムを含む車載用光学フィルム、OCA・OCR、タッチパネル等の車載ディスプレイ用関連部材を取り上げ、主要部材の現状と開発動向に加え、参入メーカーの事業戦略と今後の展望についてまとめる。

発刊日
2018/06/下旬
体裁
A4 / 約150頁
資料コード
C60105300
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2018年5月22日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

<調査対象品目>
車載用前面板(ガラスカバー・樹脂カバー)、透明光学充填剤(OCA・OCR)、加飾フィルム等の車載光学フィルム、車載タッチパネル、その他

<調査対象企業>
AGC旭硝子、日本電気硝子、三菱ガス化学、クラレ、住友化学、帝人、名阪真空、EnFlex、i-componets、NISSHA、吉田テクノワークス、パナソニック、ホシデン、双葉電子、Innolux、AUO、Dongwoo Finechem、、旭化成ワッカーシリコーン、ヘンケル、ネクスティエレクトロニクス 等

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。