2019 自治体向けソリューション市場の実態と展望

東日本エリアの全自治体に対するアンケート調査を実施。基幹系(住民向け)システム/内部情報系システム/現場向けシステムを包含した自治体ソリューションの現状と将来展望。

発刊日
2019/05/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C60117200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2019年4月26日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

●主要ベンダー取材及び自治体アンケートから、当該市場を構造的に把握!
ベンダー調査23社/東日本エリアでの全自治体アンケート

●自治体ソリューション及び自治体クラウド市場規模予測(2017~2023年度予測)
自治体ソリューションマーケットは頭打ち/2017年度以降では6,200~6,300億円での微減基調を見込む
自治体クラウドマーケットは2023年度に向けて拡大基調/その後も大都市部で需要喚起が期待される

●ベンダー調査(ヒアリング項目)
<企業概要>
プロフィール、自治体向けソリューション導入実績、人口規模別売上高内訳/エリア別売上高内訳、自治体向けソリューションへの取組み体制、自治体向けソリューション導入実績
<事業動向>
市場概要、ターゲットと営業スタイル、自治体向けソリューションと注力サービス、クラウドソリューションへの取り組み、防災・災害対策関連ソリューションへの取り組み、BPOサービスへの取り組み、他社との差別化ポイント、アライアンス戦略、課題及び解決の方向性、市場の将来展望、今後の事業展開

●<テーマ研究> 東日本エリアの全自治体調査(調査対象856団体)
・基幹システムの運用状況
・内部情報系システムの運用状況
・現場系システムの運用状況
・基幹系システムの満足度
・データセンターの所在地に対する要望
・今後のクラウド活用に対する考え方
・BPO(印刷アウトソーシング)の実施状況
・幹事自治体/協議会調査結果から

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。