2019 UPS市場の現状と将来性

UPSを対象に、その市場規模やメーカシェア、技術開発、参入メーカの取り組み実態、課題・問題点等を把握し、将来の市場規模や展開動向等を展望する。

発刊日
2019/02/27
体裁
A4 / 129頁
資料コード
C60122800
PDFサイズ
1.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象先:UPS(瞬低補償装置を含む無停電電源装置)を生産する、もしくは販売元となっており、国内市場に参入している企業等
調査方法:直接面接取材を中心に電話ヒアリング、周辺取材も行う。尚、公表されている資料やデータ、研究成果、社内データ・資料、新聞記事等も参考にしている。
調査期間:2018年12月~2019年2月

調査結果サマリー
Close

UPS市場に関する調査を実施(2019年)
既存需要は堅調ながら、不安材料もあるUPS市場

資料ポイント
Close

  • UPS需要は、クラウドコンピューティングの普及に伴う大型データセンター向けのニーズは高まる。新設データセンターでは、500kVA機以上に出荷の中心は移る
  • データセンター新設は、国内企業だけでなく、海外企業の案件も増加。これに伴い、外資系UPSメーカの指名買いも増加する。配電盤や工事管理までカバーする体制を構築する代理店も現れ、競争力にも変化
  • 東京オリンピック・パラリンピック開催に伴うUPSの特需は確認できない。ピンポイントで、競技場新設に伴う設備や監視システムなどの需要はあろうが、全体を押し上げるほどの規模にはない
  • クラウド化によって、企業内サーバルームの減少傾向を指摘する声は多い。それは小容量UPSの需要減少に直結する。しかし、メーカによってその影響に差がある
  • UPS製品については、SiCの採用や3レベルインバータの採用で、効率向上を図る例は散見される。特に大容量機に顕著となるが、大型データセンター向けでどこまで支持を得られるのかは不明
  • LiB採用も増えつつある。小型軽量化と長寿命をメリットに掲げるが、一方で鉛蓄電池に比べ2倍以上の価格差は縮まっていない。コストメリットはまだ浸透していない
  • データセンター新設はまだしばらく期待できるが、その先はどうなるのか。既存需要はこれからも継続はするが、成長性の点で期待できない。UPSと組み合わせる機器・装置の開拓がこれからの勢力図を決定付ける
  • これからのUPS市場で注目されるのは、IoTの普及やキャッシュレス化の推進、仮想化技術の進展等などがあり、情報量と端末機器の拡大は期待できる。しかし、それがUPS需要にどう結び付くのかは明確には見えてこない
  • 新規需要開拓に向けて、踊り場に差しかかるUPS市場。将来を見越したUPSメーカの模索はこれから正念場を迎える

資料概要
Close

第1章 UPS市場の現状
第2章 UPS市場における注目動向
第3章 主要参入企業の取り組み実態
第4章 UPS市場の将来展望

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 UPS市場の現状

1.大きな変化はない参入メーカの顔ぶれ
2.総市場規模推移
  (1)減少続く数量ベースの市場規模。3kVA以下帯の動向に左右される
  (2)各容量帯が伸び悩む容量ベースの市場規模。2018年度に100kVA以上帯は拡大
  (3)100kVA以上帯で拡大が期待できる金額ベースの市場規模。外資系がカギを握る
3.数量ベースのメーカシェア推移
  (1)シュナイダーとOSSが二強の3kVA以下帯シェア。そのシェア差は縮まる
  (2)大口ユーザや用途を確保するメーカが強い4~9kVA帯シェア。大きな変化はない
  (3)量産品を扱うメーカが上位にくる10~99kVA帯
  (4)重電メーカ4社が強い100kVA以上帯メーカシェア、外資系メーカの躍進に注目
4.容量ベースのメーカシェア推移
  (1)GSユアサ、山洋電気が上位にくる10~99kVA帯
  (2)大手重電メーカ4社が強いが、外資系メーカの躍進が注目される100kVA以上帯
5.金額ベースのメーカシェア推移
  (1)2018年度はシェア差が縮まるシュナイダーとOSS。3kVA以下帯の構成に変化なし
  (2)数量ベースと変わらない4~9kVA帯シェア
  (3)受注生産品を扱うメーカが上位にくる10~99kVA帯のシェア
  (4)国内重電4社が上位を占めるが、外資系メーカが躍進する100kVA以上帯

第2章 UPS市場における注目動向

1.メーカ差が見られない製品仕様。決定的な性能差は出せない給電方式や出力波
2.大容量機の付加価値は高効率と長寿命がポイント。ただ、コストとの兼ね合いによる
3.LiB採用は進む。高まるコストに対し、メリットのユーザ理解が求められる
4.(大型)データセンター向けが好調。どの需要分野も堅調であるが、成長材料が見えない
5.なかなか見えてこない新規需要。積極的な用途開拓も進んでいない

第3章 主要参入企業の取り組み実態

1.オムロン ソーシアルソリューションズ(株)
2.(株)GSユアサ
3.ダイトロン(株)
4.東芝インフラシステムズ(株)
5.東芝三菱電機産業システム(株)
6.DKSHジャパン(株)
7.富士電機(株)
8.(株)明電舎
9.(株)ユタカ電機製作所
10.その他企業

第4章 UPS市場の将来展望

1.どの容量帯でも、目に見える新規需要はまだ不明。組み合わせる機器の開拓がカギ
2.大型データセンターとIoT普及が変動要因。大きな変化は見込めない需要分野別展望
3.日系メーカ、外資系メーカともに一長一短がある。ユーザへの提案が次世代を作る
4.LiBの低価格化に向けて、中古LiBのリユースはまだ実現性が見えない
5.縮小が避けられない市場規模予測。新規需要開拓が成長のカギを握る

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。