2019 流通小売市場白書

2018年の国内小売市場規模は134兆円となり、2016年から3年連続拡大基調が続いています。しかしながら、人々の消費傾向やライフスタイルは年々変化しており、流通小売業も変化を求められています。少子高齢化の加速やEC事業者の台頭による環境変化に伴い、デジタル活用による店舗戦略、狭商圏をターゲットとしたドミナント戦略の強化、グループ統合やサプライチェーン再構築による組織力の基盤強化など、各社で様々な戦略で打ち出される中、「業種や業態」の垣根は無くなりつつあり、競争環境は激化しています。
本調査レポートは、第19版の年次レポートです。総論編、業種業態編の二部構成で、変化を続ける流通小売市場の構造・動向・調査分析を行い、市場の「今」を読み解きます。

発刊日
2019/02/22
体裁
A4 / 504頁
資料コード
C60123400
PDFサイズ
10.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

149,040
138,000
11,040
149,040
138,000
11,040
181,440
168,000
13,440
298,080
276,000
22,080
330,480
306,000
24,480

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 流通小売市場の構造・動向・調査分析報告(年次レポート第19版)。
  • 業種業態(GMS、SM、百貨店、CVS、通信販売、DgS、家電量販店、HC、専門店・FC、SC・アウトレット、CO)ごとに最新動向、市場概況、有力プレイヤー、今後の市場予測を展開。
  • 「家電量販市場」の章を新たに新設!
  • 流通小売市場の有力プレイヤーにアンケート調査を実施。

資料概要
Close

Ⅰ.総論篇
Ⅱ.業種業態篇

リサーチ内容

Ⅰ.総論篇

第1章 2018-19年流通小売最新動向
 1.2018年の流通小売市場
  (1)2018-2019年の国内小売市場規模と推移
  (2)業態別の市場規模推移
 2.各業態別の動向
   業種・業態別 流通小売市場の現況と将来予測一覧
第2章 業界再編とグループ、PB動向
 1.業界再編の動き
  (1)2018-2019年の流通小売の業界再編動向
  (2)流通小売グループの現状と動向
    ①主要共同仕入・協業グループ
    ②大手小売グループ
    ③食品スーパーの企業グループ
    ④ホームセンターの企業グループ
    ⑤ドラッグストアの企業グループ
 2.プライベートブランド(PB)市場の拡大と進展
  (1)小売系PBのPICK UP
  (2)流通大手2大PBの動向
第3章 ネットサービス、共通ポイント
 1.ネットサービスの活用~実店舗とEC連動への取り組み
 2.ポイントサービス市場の動向
第4章 流通小売企業の物流動向
 1.小売業における物流コスト
 2.小売業各社の物流動向
 3.今後の小売業の物流拠点動向
第5章 世界小売企業動向、日系小売企業の海外戦略
 1.小売企業のグローバル戦略 2018-2019年最新動向
 2.海外小売市場と日本企業の世界での位置づけ
  (1)世界経済の成長率と見通し
  (2)世界の小売 上位企業動向
 3.外資系流通企業の日本市場での動向
  (1)対日進出企業・撤退企業の変遷
  (2)ウォルマート・ストアーズ(ウォルマート・ジャパン)の動向
  (3)コストコ(コストコホールセールジャパン)の動向
  (4)メトロ(メトロキャッシュアンドキャリージャパン)の動向
  (5)アマゾン・ドット・コム(アマゾンジャパン)の動向
 4.日本の小売業各業態の海外進出動向
  (1)日本小売企業の海外市場への進出状況
  (2)コンビニエンスストアの海外進出
  (3)GMSおよび百貨店の海外進出
  (4)専門店の海外進出
 5.グローバルに見たネット通販市場
  (1)日・米・中の越境EC市場
  (2)世界のBtoC EC市場

Ⅱ.業種業態篇

第1章.GMS(総合小売店)
 1.GMS市場 最新動向
 2.GMS市場の概況
  (1)GMS市場規模推移
  (2)GMS市場の構造と動向
 3.大手・中堅GMSの個別動向
  (1)イオングループ[イオンリテール、他]
  (2)セブン&アイ・ホールディングス[イトーヨーカ堂]
  (3)ユニー・ファミリーマートホールディングス
  (4)イズミ
  (5)平和堂
  (6)フジ
第2章.食品スーパー
 1.食品スーパー 最新動向
 2.食品スーパー市場の概況
  (1)食品スーパー市場規模推移
  (2)食品スーパー市場の構造と動向
 3.大手・中堅食品スーパーの個別動向
  (1)ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス
  (2)ライフコーポレーション
  (3)アークス
  (4)ヨークベニマル
  (5)ヤオコー
  (6)マックスバリュ西日本
  (7)オークワ
  (8)アクシアル リテイリング
  (9)いなげや
  (10)ベルク
  (11)バローホールディングス
  (12)マックスバリュ東北
 4.今後の展望・予測
第3章.百貨店
 1.百貨店市場 2017~2018年最新動向
 2.百貨店市場の概況
  (1)百貨店市場規模推移
  (2)商品別売上高
  (3)百貨店の変化
  (4)インバウンドの動向
  (5)百貨店市場の構造と動向
 3.大手百貨店グループの動向
  (1)三越伊勢丹ホールディングス
  (2)J.フロントリテイリング
  (3)髙島屋
  (4)そごう・西武
  (5)エイチ・ツー・オーリテイリング
 4.百貨店市場の地域別動向
  (1)地域別売上高の推移
  (2)主要都市の動向
   (ⅰ)札幌
   (ⅱ)仙台
   (ⅲ)東京
   (ⅳ)横浜
   (ⅴ)名古屋
   (ⅵ)京都
   (ⅶ)大阪
   (ⅷ)神戸
   (ⅸ)広島
   (ⅹ)福岡
第4章.コンビニエンスストア(CVS)
 1.CVS市場 最新動向
 2.CVS市場の概況
  (1)CVS市場規模推移
  (2)CVS市場の構造と動向
  (3)大手3社のキャッシュレス決済対応
 3.CVSの個別動向
  (1)セブン-イレブン・ジャパン
  (2)ローソン
  (3)ファミリーマート
 4.今後の展望・予測
第5章.通信販売(ネット・TV・カタログ)
 1.通信販売市場 最新動向
 2.通信販売市場の概況
  (1)インターネット通信販売市場規模推移(※一般消費者向け物販系分野)
  (2)通信販売市場の構造と動向
  (3)カタログ・テレビ通信販売市場の個別動向
  (4)生協宅配市場の個別動向
  (5)インターネット通信販売(EC)市場の個別動向
  (6)運営企業の属性別インターネット通信販売市場動向
    ①カタログ通販
    ②TV通販
    ③百貨店
    ④スーパー(ネットスーパー)
    ⑤コンビニエンスストア
  (7)商品ジャンル別インターネット通信販売市場動向
    ①家電・PC
    ②書籍、映像・音楽
    ③食品、飲料・酒類
    ④医薬・化粧品
    ⑤雑貨、家具・インテリア
    ⑥衣類・服飾雑貨
    ⑦スポーツ
  (8)ネット通販売上高一覧(上位100社)
 3.大手通信販売事業者の個別動向
  カタログ通販
  (1)千趣会
  (2)ベルーナ
  (3)ニッセンホールディングス
  テレビ通販
  (1)ジャパネットたかた
  (2)ジュピターショップチャンネル
  (3)QVCジャパン
  百貨店・GMS・CVS
  (1)髙島屋
  (2)セブン&アイ・ホールディングス
  インターネット通信販売
  (1)アマゾン
  (2)ZOZO
  (3)ヨドバシカメラ
  (4)オイシックス・ラ・大地
 4.モバイルコマース
 5.CtoCネット取引
 6.今後の展望・予測
第6章.ドラッグストア
 1.ドラッグストア市場 最新動向
 2.ドラッグストア市場の概況
  (1)ドラッグストア市場規模推移
  (2)ドラッグストア市場の構造と動向
 3.大手ドラッグストアの個別動向
  (1)ウエルシアホールディングス
  (2)ツルハホールディングス
  (3)サンドラッグ
  (4)マツモトキヨシホールディングス
  (5)コスモス薬品
  (6)スギホールディングス
  (7)ココカラファイン
  (8)カワチ薬品
 4.今後の展望・予測
第7章.家電量販店
 1.家電量販店 最新動向
 2.家電量販店市場の概況
  (1)家電量販市場規模推移
  (2)家電量販市場の構造と動向
 3.大手・中堅家電量販市場の個別動向
  (1)ヤマダ電機
  (2)ヨドバシカメラ
  (3)ケーズホールディングス
  (4)エディオン
  (5)ビックカメラ
  (6)上新電機
 4.今後の展望・予測
第8章.ホームセンター
 1.ホームセンター市場 最新動向
 2.ホームセンター市場の概況
  (1)ホームセンタ―市場規模推移
  (2)ホームセンター市場の構造と動向
 3.大手・中堅ホームセンター運営企業の個別動向
  (1)カインズ
  (2)コメリ
  (3)コーナン商事
  (4)ナフコ
  (5)LIXILビバ
  (6)DCMホールディングス
 4.今後の展望・予測
第9章.専門店・FCチェーン
 1.専門店・FC市場 最新動向
 2.専門店・FC市場の概況
  (1)専門店市場の構造と動向
   1、全体動向
   2、専門店業種別動向
    ①アパレル専門店
    ②総合ディスカウントストア
    ③書籍・文具、楽器・CD専門店
    ④スポーツ・アウトドア用品専門店
    ⑤100円ショップ
    ⑥家具・インテリア・生活雑貨専門店
    ⑦靴専門店
    ⑧メガネ専門店
    ⑨中古品販売店
  (2)FC市場の概況と市場規模
 3.大手・中堅専門店の個別動向
  (1)衣料関連
    ①ファーストリテイリング(ユニクロ、ジーユー)
    ②しまむら
    ③ユナイテッドアローズ
    ④ワークマン
    ⑤アルペン
  (2)格安販売小売関連
    ①パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
    ②大創産業
  (3)書籍・文具、楽器・CD専門店、中古品販売関連
    ①紀伊國屋書店
    ②ゲオホールディングス
  (4)家具・インテリア・生活雑貨関連
    ①ニトリホールディングス
    ②良品計画
 4.今後の展望・予測
第10章.ショッピングセンター、アウトレットモール
 1.ショッピングセンター市場 2017-2018年最新動向
 2.ショッピングセンターの現状と市場推移
  (1)2017年~2018年のショッピングセンター市場の直近動向
  (2)2018年上期の新設ショッピングセンター動向
 3.国内SC全体の現況
  (1)国内SCの現況
  (2)店舗面積別SC数
  (3)地域別SCの売上動向
  (4)SCの売上効率
 4.ショッピングセンター業態別動向
  (1)都心型複合商業施設
  (2)ファッションビル・駅ビル
  (3)モール型ショッピングセンター
 5.トラフィックチャネル(駅ナカ・駅チカ、空港、市中免税店)PA)
  (1)駅ナカ・駅チカ
  (2)空港ターミナル・市中免税店
 6.アウトレットモールの現状
  (1)日本のアウトレットモール現況
  (2)アウトレットモール市場の動向
  (3)アウトレットモール主要2社の動向
 7.アウトレットモール業界の今後の課題
第11章.生活協同組合
 1.生活協同組合 最新動向
 2.生活協同組合の市場概況
  (1)生活協同組合の市場規模推移
  (2)生活協同組合の市場構造と動向
  (3)ポイントカード戦略
 3.大手生活協同組合の個別動向
  (1)コープみらい
  (2)コープさっぽろ
  (3)コープこうべ
  (4)ユーコープ
 4.今後の展望
第12章.巻末資料
 1.流通小売市場有力プレイヤーの動向 ~アンケート調査結果~
 2.小売企業売上高ランキング(1,000社)
 3.都道府県別 業態別 主な店舗数

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

149,040
138,000
11,040
149,040
138,000
11,040
181,440
168,000
13,440
298,080
276,000
22,080
330,480
306,000
24,480

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。