2019年版 高機能包装材料市場の展望と戦略

軟包装はこれまで、基材、バリア層、シーラント層など各種フィルムの高機能化と、これら複数の材料を組み合わせるコンバーティングにより多種多様な機能を持つ包装材料を実現してきました。しかし、近年の海洋プラスチック問題に端を発する世界規模での環境問題意識の高まりや、フードロス削減、人手不足解消などの社会的要請が強まる中で、ユーザーサイドでは包装の設計・構成そのものを見直す動きも出て来ています。包材メーカーにはバリアや易開封といった従来からある性能の向上に加え、薄肉化やモノマテリアル化、レトルトと冷凍・低温輸送対応の両立など、市場とユーザーの要請に応える製品の開発と提案をいかに進めて行けるかが問われています。
今回の調査では、各種パウチやラベル用シュリンクフィルムなどの軟包装と、そこに使用される基材、シーラントフィルム、バリアフィルムなどの高機能包装材料にフォーカスし、高機能包装材料の現状と新たな製品の開発動向に加え、参入メーカー各社の展望と戦略など、最新の状況を分析・考察して参ります。

発刊日
2019/03/下旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C60125500
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

2019年3月7日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

<調査対象品目>
包材用バリアフィルム(アルミ蒸着フィルム、透明蒸着フィルム、ONy系フィルム、EVOH系フィルム)
基材フィルム(PET、ONy、OPP)
シーラントフィルム(L-LDPEフィルム、CPP)
イージーピールフィルム
パウチ包装
シュリンクフィルム、等

<調査対象企業>
凸版印刷、大日本印刷、サンエー化研、東洋紡、三菱ケミカル、東レフィルム加工、フタムラ化学、クラレ、三井化学東セロ、ユニチカ、グンゼ、興人フィルム&ケミカルズ、サン・トックス、DIC、日本製紙、他

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。