2018年版 非破壊検査市場の現状と将来展望

発刊日
2018/06/上旬
体裁
A4 / 約150頁
資料コード
C60101700
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

人手不足がもたらすインフラ崩壊の端緒
先進非破壊検査技術の進展チャンス到来

  • 社会資本が「スクラップアンドビルド」から「ストックマネジメント」に変化する潮流から業界動向の風向きを探る
  • トンネル崩落事故はもう二度と起こらないのか。ドローン、AI、IoTなど先端技術のビックウェーブはどこまで来ている?
  • 人海戦術の検査業務からの脱却へ。先進技術による業務改善の進捗を明らかに!
  • 機器、装置のニーズに迫る、開発方針はお手軽・即時性だけじゃない
  • 技術者の高齢化により後継者問題顕在化!各社の定着への差別化がキーポイント
  • 止められないプラント!重なる定期メンテナンス!働き方改革は現場をどう変えるか

リサーチ内容

2018年5月17日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 非破壊検査市場の現状と将来展望

1.装置・機器市場(世界、日本) 2015-2024年、金額ベース
2.受託業務市場(世界、日本) 2015-2024年、金額ベース

第2章 非破壊検査機器・設備企業の現状と将来展望

1.検査技術別市場規模(日本)
  (1)表面欠陥検査
    MT(PT/VT)(磁粉・浸透・目視)
    ET(過電流探傷)
  (2)内部欠陥検査
    RT(放射線浸透)
    UT(超音波部門)
    LT(レーザー試験)
  (3)その他検査
    SM(ひずみ)
    AE(アコースティック/エミッション、)
    IRT(サーモグラフィ試験、)
    AT(音響試験)
2.各社の技術開発動向
3.新規技術(ドローン、AI、中性子、μ波、テラヘルツ波等)に対する取り組み

第3章 受託業務企業の現状と将来展望

1.需要分野別市場規模(日本)
  (1)電力・ガス
  (2)土木・建築
  (3)化学・石油
  (4)鉄鋼
  (5)造船・重機
  (6)重電・機械
  (7)その他
2.従業員の定着に対する取り組みや研修などについて

第4章 非破壊検査市場関連プレーヤー動向

<外郭団体>
  国土交通省(国総研)
  一般財団法人電力中央研究所
  一般財団法人発電設備技術検査協会

<装置・機器企業(商社含む)>
  ポニー工業株式会社
  株式会社島津製作所
  オリンパス株式会社
  ジャパンプローブ株式会社

<受託業務企業>
  株式会社ニチゾウテック
  株式会社IHI検査計測
  栄進化学株式会社
  中外テクノス株式会社
  株式会社ジャスト、他

■調査対象組織

国土交通省、一般財団法人電力中央研究所、一般財団法人発電設備技術検査協会、一般社団法人日本非破壊検査協会、一般社団法人日本非破壊検査工業会、一般社団法人日本分析機器工業会、一般財団法人首都高速道路技術センター、ポニー工業株式会社、株式会社島津製作所、オリンパス株式会社、東芝ITコントロースシステム株式会社、日本マテック株式会社、GEインスペクション・テクノロジーズ・ジャパン株式会社、栄進化学株式会社、株式会社KJE、株式会社サンコウ電子研究所、ソニック株式会社、本多電子株式会社、株式会社シーエックスアール、パナソニック株式会社、マークテック株式会社 、富士フイルム株式会社、ジャパンプローブ株式会社、株式会社リガク、KEYTEC株式会社、株式会社JMC、日本フィジカルアコースティクス株式会社、エクスロン・インターナショナル株式会社、非破壊検査株式会社、日本工業検査株式会社、日本非破壊検査株式会社、新日本非破壊検査株式会社、株式会社検査技術研究所、東亜非破壊検査株式会社、株式会社ニチゾウテック、株式会社IHI検査計測、株式会社ウィズソル、中外テクノス株式会社、株式会社ジャスト、株式会社京浜コーポレーション、株式会社日立パワーソリューションズ、日鋼検査サ-ビス株式会社、JFEエンジニアリング株式会社、JFEテクノリサーチ株式会社 他

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。