2018 CtoC(個人間取引)マーケットの現状と展望

CtoC(個人間取引)ビジネスに特化した矢野経済研究所の新規市場調査資料。フリマアプリなど注目の新興ネット市場から、バザーなどリアル市場まで幅広く調査。

発刊日
2018/04/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C59124400
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、「お問い合わせ」からご請求ください。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 国内CtoCビジネス関連市場を網羅的に分析。
  • インターネット市場では、ファッション商品や家電などの物品売買、稽古・習い事や家事代行などのサービス取引など、物販市場7分野、サービス市場8分野(予定)におけるCtoCサービス提供企業、市場動向を調査する。
  • CtoC市場への参入により事業拡大を図る小売・サービス事業者の動向も分析。消費者によるCtoCの利用拡大の流れから、新規参入各社が期待するビジネス上のメリットを探る。
  • CtoC企業の調査に留まらず、既存の小売流通・サービス流通市場へCtoCビジネスが及ぼす影響を分析。
  • 流通市場の全体傾向に加え、商品・サービスの分野別にもCtoCビジネスが及ぼす影響を調査。各市場の商品流通や消費者需要でCtoC流通の拡大に伴う変化を探る。
  • 分野別市場分析では、買取・下取りサービス強化のような、CtoC流通の拡大に対する各種小売・サービス事業者側の反応もまとめる。

リサーチ内容

2018年1月18日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 総論:国内CtoC市場動向

1.CtoC市場の定義
2.国内CtoC市場の現状・市場規模
  (1)国内CtoC市場規模推計
  (2)CtoC関連ビジネスモデル
    ・フリマアプリ、サイト
    ・オークション
    ・スキル販売サイト 他
3.市場のトピックス、法改正・税制動向
4.CtoC市場の有力プレイヤー動向
5.小売・流通におけるCtoC市場の影響予測
  (1)BtoC型ビジネス企業の参入動向
  (2)消費者のサービス利用意向の変化
6.海外CtoCビジネスの動向、先行事例
  (1)有力プレイヤー、新規参入企業事例
  (2)海外の規制動向
7.市場の将来展望・課題
  (1)市場の問題点・課題(法規制、競合市場等)
  (2)参入企業・サービスの展望
  (3)今後の市場予測

第2章 物販型CtoCマーケット

1.ファッション商品マーケット
2.家電類マーケット
3.中古車(車両・バイク)マーケット
4.家具・インテリアマーケット
5.美術品マーケット
6.ハンドメイド品マーケット
7.趣味用品マーケット
8.その他マーケット
  書籍・ソフト類、育児用品、スポーツ用品 他

<分野別調査内容>
  (1)全体市場動向及びCtoCの影響力
  (2)参入プレイヤーの動向
  (3)CtoCビジネスの将来予測

第3章 サービス型CtoCマーケット

1.家事・ベビーシッターマーケット
2.宿泊施設マーケット(民泊)
3.物件・スペース賃貸マーケット
4.IT・動画関連マーケット
5.旅行関連マーケット
6.教育関連マーケット
7.稽古・習い事関連マーケット
8.健康・美容関連マーケット
9.その他マーケット
  ブライダル、占い、写真撮影、荷物配達 他 

<分野別調査内容>
  (1)全体市場動向及びCtoCの影響力
  (2)参入プレイヤーの動向
  (3)CtoCビジネスの将来予測

第4章 レンタル型CtoCマーケット

各種個人間レンタルサービス ファッション商品、自動車 他
  (1)全体市場動向及びCtoCの影響力
  (2)レンタルサービスにおける課題
  (3)参入プレイヤーの動向

第5章 CtoC関連事業の展開企業一覧

メルカリ、楽天など、現在CtoCビジネスを展開している国内企業の一覧を掲載。
  ・企業概要
  ・展開するCtoC関連サービスの分類、動向
  ・サービスの収益モデル
  ・他社と比較したサービスの強み・特徴など

約20社分の有力企業個票、国内外100社以上の企業リストを掲載予定。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。