2018 CtoC(個人間取引)マーケットの現状と展望

CtoC(個人間取引)ビジネスに特化した矢野経済研究所の新規市場調査資料。フリマアプリなど注目の新興ネット市場を商品・サービス分野別に幅広く調査。

発刊日
2018/04/27
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C59124400
PDFサイズ
10.6MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートでは、日本国内におけるCtoCマーケットに関しての調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
①CtoCマーケットの実態と展望 ②CtoCビジネス企業の動向
調査対象:①日本国内でCtoCサービス展開している企業 ②海外でCtoCサービス展開している企業 ③ ①、②以外でCtoCビジネスに関連した周辺企業
調査対象企業数:国内参入106社、海外企業25社※海外企業は国内参入として取り上げている事業者も含む。
調査方法:面接取材、電話取材及び公的データ収集などの文献調査
調査期間:2018年1月~2018年4月

調査結果サマリー
Close

CtoC(個人間取引)市場に関する調査を実施(2018年)
拡大続くCtoC(個人間取引)市場で、物販分野は1兆円台規模も視野に

資料ポイント
Close

  • 国内CtoCビジネス関連マーケットを網羅的に分析。
  • CtoCビジネスの物品売買マーケットにおけるファッション商品や家電などの商品別分野、個人へのサービス依頼マーケットにおける家事代行や教育・生涯学習などのサービス別分野で市場を分類。物販市場9分野、サービス市場8分野におけるCtoCサービスの現状、市場動向を調査する。
  • CtoCマーケットへの参入により事業拡大を図る小売・サービス事業者の動向も分析。消費者によるCtoCサービス利用拡大の流れから、参入各社が期待するビジネス上のメリットを探る。
  • CtoCビジネス事業者の動向のみの調査に留まらず、既存の小売流通・サービス流通市場へCtoCビジネスが及ぼす影響も探る。
  • 商品・サービスの分野別にもCtoCビジネスが及ぼす影響を調査。各市場の商品流通や消費者需要でCtoCマーケットの拡大に伴う変化を探る。

資料概要
Close

第1章 総論:国内CtoCマーケット動向
第2章 物販分野 CtoCマーケット動向
第3章 サービス分野 CtoCマーケット動向
第4章 CtoC関連事業の展開企業一覧

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 総論:国内CtoCマーケット動向

1.国内CtoCマーケットの現状
  (1)昨今注目されるCtoCマーケットとは?
  (2)CtoCマーケットの主な分野とサービス
  (3)CtoCビジネス事業者のビジネスモデル
  (4)BtoCビジネス事業者の参入
  (5)CtoCサービスの課題
  (6)国内CtoCサービスのマーケットサイズ算出・予測
2.CtoCビジネス事業者の戦略動向
  (1)商品・サービス戦略
  (2)プロモーション戦略
  (3)物流戦略
  (4)大手サービス事業者の戦略
3.海外CtoCビジネスの動向
  (1)海外におけるCtoCマーケット及び有力プレイヤーの動向
  (2)海外大手CtoCビジネス事業者の動向
4.法律・税制動向
  (1)CtoCマーケットにおける法律上の課題
  (2)CtoCマーケットにおける税制上の課題
  (3)海外における事例
5.国内CtoCマーケットの今後の展望
  (1)今後のCtoCマーケットにおける影響要素
  (2)各分野におけるCtoCマーケットの将来予測(中期的マーケットサイズ予測)

第2章 物販分野 CtoCマーケット動向

1.ファッション商品CtoCマーケット
  (1)ファッション商品マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)ファッション商品CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
2.家電・通信機器・情報端末CtoCマーケット
  (1)家電・通信機器・情報端末マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)家電・通信機器・情報端末CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
3.中古車CtoCマーケット
  (1)中古車マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)中古車CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
4.ホームファッション商品CtoCマーケット
  (1)ホームファッション商品マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)ホームファッションCtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
5.ハンドメイド品CtoCマーケット
  (1)ハンドメイド品マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)ハンドメイド品CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
6.エンタメ商品CtoCマーケット
  (1)エンタメ商品マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)エンタメ商品CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
7.ベビー・キッズ商品CtoCマーケット
  (1)ベビー・キッズ商品マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)ベビー・キッズ商品CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
8.スポーツ用品CtoCマーケット
  (1)スポーツ用品マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)スポーツ用品CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
9.物品レンタルCtoCマーケット
  (1)物品レンタルマーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)物品レンタルCtoCサービスが定着しない背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測

第3章 サービス分野 CtoCマーケット動向

1.旅行・宿泊(民泊)CtoCマーケット
  (1)旅行・宿泊(民泊)マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)旅行・宿泊(民泊)CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
2.スペースシェアCtoCマーケット
  (1)スペースシェアマーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)スペースシェアCtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
3.カーシェアリングCtoCマーケット
  (1)カーシェアリングマーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)カーシェアリングCtoCマーケットの現状
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
4.家事代行・ベビーシッターCtoCマーケット
  (1)家事代行・ベビーシッターマーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)家事代行・ベビーシッターCtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
5.教育・生涯教育CtoCマーケット
  (1)教育・生涯学習マーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)教育・生涯学習CtoCマーケット拡大の背景
  (3)参入プレイヤーの動向
  (4)マーケットの課題及び今後の予測
6.その他スキルシェアサービスCtoCマーケット
  (1)その他スキルシェアサービスマーケットにおけるCtoCサービスの現状
  (2)参入プレイヤーの動向
7.その他CtoCサービス(クラシファイドサービス)
  (1)クラシファイドサービスの現状
  (2)参入プレイヤーの動向
  (3)サービスの課題及び今後の予測

第4章 CtoC関連事業の展開企業一覧

akippa株式会社、株式会社アクティブソナー、株式会社アグリメディア、株式会社アズーム、株式会社AsMama、株式会社アスラボ、株式会社amarico、アリババ株式会社、株式会社アルファフェニックス、株式会社Ancar、イーベイ・ジャパン株式会社、株式会社IDOM、Uber Japan株式会社、Airbnb Japan株式会社、株式会社A Inc.、ecbo株式会社、株式会社エニタイムズ、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社エボラブルアジア、CARNNY株式会社、カウ株式会社、株式会社カカクコム、株式会社カスタムジャパン、株式会社ガプスモバイル、ギークス株式会社、株式会社キッズライン、株式会社キッチハイク、株式会社キャリーオン、Cansell株式会社、株式会社グッドタイミング、株式会社クラウドワークス、株式会社クリーマ、クルーズ株式会社、株式会社グローバルウェイ、株式会社ココナラ、株式会社コメ兵、GMOカーズ株式会社、GMOペパボ株式会社、CBcloud株式会社、株式会社シェアのり、株式会社シェアリングサービス、株式会社ジモティー、株式会社狩猟社、株式会社ジラフ、株式会社Stardust Communications、株式会社STANDING OVATION、株式会社ステイト・オブ・マインド、ストリートアカデミー株式会社、株式会社スペイシー、株式会社スペースマーケット、スマートシッター株式会社、株式会社ZERO TO ONE、株式会社SENSATION、セントワークス株式会社、株式会社ソウゾウ、株式会社ダイバージェント、タイムズ24株式会社、株式会社タスカジ、株式会社Tadaku、株式会社ディー・オー・エム、株式会社DMM.com、株式会社デイトナ、株式会社東急ハンズ、株式会社DogHuggy、とまれる株式会社、豊田通商株式会社、株式会社トラベロコ、株式会社trunk、株式会社トリスタ、日本エンタープライズ株式会社、日本途家株式会社、軒先株式会社、株式会社ノジマ、株式会社notteco、株式会社Huber.、Hamee株式会社、株式会社バリューラック、株式会社ビートファスト、ピクシブ株式会社、株式会社ビザスク、株式会社ビビッドガーデン、Pinkoi Japan株式会社、ファイブゲート株式会社、株式会社Fablic、フェイスブック ジャパン株式会社、Photolyst株式会社、株式会社フラミンゴ、株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社HORNET、HomeAway株式会社 日本支社、株式会社ポケットマルシェ、株式会社マチマチ、株式会社マナボ、株式会社メルカリ、株式会社mojax、モノオク株式会社、株式会社モバオク、ヤフー株式会社、株式会社ライフシェアワークス、ラクサス・テクノロジーズ株式会社、楽天株式会社、株式会社RASCAL’s、株式会社ラブグラフ、ランサーズ株式会社、67andパートナーズ合同会社

 

 

 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。