2020年版 ものづくり向け非破壊検査機器市場の現状と展望

発刊日
2020/03/上旬
体裁
A4 / 約100頁
資料コード
C61121100
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 技術進歩が現場の認識を変える
  • “つくる”と“みる”が完全な一対となる日へ脈打つ
  • タイトなタクトタイムに合わせ、より高速な画像検査を各社が求める
  • 取得画像のAI・機械判定の普及が進む、ベテラン検査担当の目を超える要素を明らかに
  • 抜き取り検査から全数検査へ、会社の数だけ存在する品質基準にカスタマイズで対応
  • マイクロスケールからナノスケールを経てその先まで、止まらない超微細の要求
  • 良否判定だけでなくVA/VEのニーズも、IoT・Industry4.0のビッグウェーブに便乗
  • アフターサービスも重要ポイントに!場所や人数、能力だけでなく、部品や代替機の準備も

リサーチ内容

2020年1月24日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 ものづくり向け非破壊検査機器の現状と展望

第2章 ものづくり向け非破壊検査機器検査種類別状況

1.RT
2.UT
3.MT
4.PT
5.ET
6.その他

第3章 ものづくり向け非破壊検査機器ユーザーカテゴリー別状況

1.自動車
2.航空・宇宙
3.電子機器
4.複合材料
5.その他

第4章 非破壊検査機器企業動向

1.GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ株式会社
2.株式会社島津製作所
3.株式会社リガク
4.エクスロン・インターナショナル株式会社
5.メディエックステック株式会社
6.東芝ITコントロールシステム株式会社
7.株式会社ユニハイトシステム
8.富士フイルム株式会社
9.ノードソン・アドバンスド・テクノロジー株式会社
10.ポニー工業株式会社
11.本田電子株式会社
12.株式会社IHI検査計測
13.栄進化学株式会社
14.株式会社タセト
15.日本電磁測器株式会社
16.マークテック株式会社
17.オリンパス株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。