コンパニオンアニマル化で創出される注目ペット市場の展望 ~日常ケアからペットテック(ペット×IT)まで~

ペットのコンパニオンアニマル化が進み、家庭におけるペットとの暮らしが変化。各社が啓蒙活動に注力し潜在需要を掘り起こしている「日常ケア用品」、ペットの飼育環境変化で需要が拡大している「お出かけ用品」について、各社の商品動向やPR活動などについて調査。
また、ベンチャー企業から大手企業まで新規企業が参入する「ペットテック」の市場は、近年動き始めたばかりで注目されており、参入プレイヤーへの面談調査で今後の方向性や可能性を調査・分析した。

発刊日
2019/09/下旬
体裁
A4 / 約100頁
資料コード
C61109200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • ペットはコンパニオンアニマル化が進み、人との関り方や、家庭での位置づけが変化している。
  • ペットの室内飼いが一般化し、衛生面への配慮、高齢ペットのおむつ使用など、日常ケア用品は各メーカーの啓蒙活動を通して広がっている。
  • ペットを受け入れる施設の増加や、夏季の熱中症対策、災害時の避難に備えて、ペット用のお出かけ用品市場が伸長している。
  • 画像認証や人工知能の技術が実用レベルになり、ペットテック(ペット×IT)商品が登場し始めている。
  • ペット市場の中でも今後の伸長が期待されるカテゴリに注目し、各社の商品やサービスの動向を明らかにした。
  • また、IoTの技術によるペットテックが、今後のペット市場に何をもたらすかを調査・分析した。

資料概要
Close

第1章 市場動向と展望
第2章 個別企業の動向

リサーチ内容

2019年9月3日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査結果のポイント

1)市場動向
2)企業動向
3)将来展望

第1章 市場動向と展望

1.ペット日常ケア市場
  1)ペット日常ケア用品市場の現状
  2)ペット日常ケア用品の市場規模と推移
  3)ペット日常ケア用品のカテゴリ別市場規模シェア
  4)ペット用おむつ
    ①市場概況
    ②主要企業動向
    ③今後の市場見通し
  5)シャンプー・リンス類
    ①市場概況
    ②主要企業動向
    ③今後の市場見通し
  6)デンタルケア用品(フード及びガム等のトリーツ類は除く)
    ①市場概況
    ②主要企業動向
    ③今後の市場見通し
  7)ウェットティッシュ
    ①市場概況
    ②主要企業動向
    ③後の市場見通し
2.ペットお出かけ用品市場
  1)ペットお出かけ用品市場の現状
  2)ペットお出かけ用品の市場規模と推移
  3)ペットお出かけ用品のカテゴリ別市場規模シェア
  4)市場動向
  5)ペットお出かけ用品市場の参入企業動向
3.ペットテック市場
  1)ペットテックの市場概況
  2)ペットテックの市場規模推移
  3)ペットテックのカテゴリ別市場規模シェア
  4)ペットテック市場参入の企業動向
  5)ペット用マイクロチップの市場
  6)ペットテックがペット市場に与えるインパクト
  7)ペットテックの乗り越えるべき課題

第2章 個別企業の動向

第一衛材株式会社
  会社概要
  商品展開概要
  業績概況
  注目商品
  その他の商品
  商品施策
  広告宣伝・販促活動
  販売チャネル戦略
  今後のペット関連事業の方向性

トーラス株式会社
  会社概要
  商品展開
  業績概況
  売上好調な商品
  その他の主な商品
  商品施策
  広告宣伝・販促活動
  今後のペット関連事業の方向性

ライオン商事株式会社
  会社概要
  ペットフード・ペット用品の展開商品
  業績概況
  注目商品
  新商品・リニューアル品
  商品施策
  商品カテゴリーにおける注目分野・注力分野
  広告宣伝・販促活動
  販売チャネル戦略
  今後のペット関連事業の方向性

株式会社GMPインターナショナル
  会社概要
  商品特徴
  ペットカート事業展開の背景
  注目商品
  販売
  販促
  メンテナンス
  今後の市場の可能性

株式会社ホンダアクセス
  会社概要
  ペット用品事業展開の背景
  商品展開と特徴
  ペット関連用品販売における課題
  ペット関連用品の位置づけ

株式会社オープンストリーム
  会社概要
  商品(サービス)概要
  きっかけ
  商品の開発・仕様
  販売について
  次期モデルの仕様・可能性について

東京電力エナジーパートナー株式会社
  会社概要
  ペット市場参入の背景
  商品(サービス)概要
  アプリの機能について
  カメラ仕様について
  販売促進
  今後の開発方向性と可能性
  ユーザーについて
  今後の事業展開の可能性と目標

Tomofun株式会社
  会社概要
  商品の概要
  事業体制と販売状況
  マーケティング戦略
  ユーザー属性と特徴
  今後実現していく機能・可能性

NITTOKU株式会社
  会社概要
  商品(サービス)概要
  マイクロチップ装着による効果
  マイクロチップ装着によるリスク
  マイクロチップの義務化
  マイクロチップの登録情報を管理する団体
  PR関係
  マイクロチップの独自技術と今後の可能性
  今後のマイクロチップの方向性
  今後の取り組みと迷子ペット捜索におけるIoT技術応用の可能性

株式会社ハチたま
  会社概要
  商品開発の経緯
  商品の概要と特長
  商品の販促手法
  事業の目的など

パナソニック株式会社
  会社概要
  ペット見守りカメラを発売した経緯
  商品の概要と特長
  販売と販売促進について
  今後の事業性について

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。