2019年版 病院グループの将来展望

本調査レポートでは変貌を遂げるわが国の医療提供体制において、民間の病院グループがどのような戦略を打ち立て実行し経営の持続性を維持していくのかなど、新たな動向を分析しております。また、わが国で唯一の民間の病院グループの状況について調査・分析を行った資料で、グループ別の収益ランキングなども全国からデータを収集・集計し、作成しております。これからの医療提供体制の変貌を予想する参考資料として活用されることをお薦めいたします。

発刊日
2019/09/下旬
体裁
A4 / 約450頁
資料コード
C61109900
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 主要民間病院グループの事例研究
  • 病院の決算書からみた民間病院グループの実態
  • わが国における今後の民間病院グループの持続形態と発展のポイントについて分析
  • 全国の民間病院グループのプロフィール、グループ施設、グループ医療法人収支、等

リサーチ内容

2019年9月9日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 令和の時代の医療提供体制

増加する社会保障費
  ・過去最大を更新する概算要求額
  ・自然増は5,300億円を見込む
2040年の社会保障の姿
  ・人口減少と高齢社会
  ・社会保障制度の目標は2025年から2040年へ
  ・2040年度の医療介護給付費94兆円
  ・さらなる消費税増税はあるのか
  ・医師の働き方改革は医療提供体制再構築の時限爆弾か
地域医療連携推進法人制度の今後
  ・現状をどう評価すべきか
  ・広がりは限定的
介護医療院は看取りの主役となり得るのか
  ・2020年度末までに10万床移行の予測は実現するのか
  ・看取りの主役になり得るのか
病院グループの現状と課題
  ・拡大より現有体制の体質強化を最優先、法人数は集約化
  ・主体はブロック展開、地域社会を重視
  ・病院グループと地域医療連携推進法人
  ・医師の働き方改革に即応する病院グループ
  ・病院グループは進化の途上にある

第2章 2016~2017年度決算書から見る病院グループの実態と傾向

1.2017年度決算比較ランキング
  (1)事業収益(医業収益・売上)上位100医療法人
  (2)事業利益上位100医療法人
  (3)経常利益上位100医療法人
  (4)総資産上位100医療法人
  (5)純資産上位100医療法人
  (6)純資産比率の高い100医療法人
  (7)グループ内の医療法人事業収益・事業利益・経常利益・総資産・純資産単純合算
2.上位100医療法人2016年度・2017年度推移
  (1)事業収益(医業収益・売上)上位100医療法人(単位:百万円)
  (2)事業利益上位100医療法人(単位:百万円)
  (3)経常利益上位100医療法人(単位:百万円)
  (4)総資産上位100医療法人(単位:百万円)
  (5)純資産上位100医療法人(単位:百万円)

第3章 病院グループの事例研究

葵会グループ、上尾中央医科グループ、IMS(イムス)グループ、カマチグループ、亀田グループ、北九州病院グループ、キャピタルメディカグループ、武田病院グループ、徳洲会グループ、南東北病院グループ

第4章 関連資料 病院グループ個票

※名称から「グループ」「医療法人」等省略
(医)真仁会、全日本民主医療機関連合会、田岡グループ、シーエムエス、タナカメディカルグループ、(医)聖十字会・(医)緑水会・(医)ちゅうざん会、ひろせ会、ユカリアグループ、青山メディカルグループ、愛正会グループ、(医)杏林会、武田病院グループ、ホロニクスグループ、スミレ会グループ、平成医療福祉グループ、徳洲会グループ、(医)永寿会・(福)永寿会、セコムグループ、戸田中央医科グループ、医療介護グループひかり会、友紘会グループ、良秀会グループ、横浜メディカルグループ、健生会・回生会・春水会、ふれあいグループ、新仁会グループ、東朋グループ、菊郷会、(医)純正会・橘会グループ、(医)宮本会・(医)藤民病院・(医)宮本病院、協和会グループ、健育会グループ、藍野グループ、錦秀会グループ、福島病院グループ、メディカルシステムグループ、ケイメイグループ、敬愛会グループ、南東北グループ、伯鳳会グループ、互舎会、光輝会・香流会・石州会、聖光会グループ、上尾中央医科グループ、すずかけグループ、(医)済世会、桜十字グループ、IMS(イムス)グループ、山西会グループ、慈恵会グループ、(医)篠田好生会、(医)若葉会グループ、(医)寿人会・(医)寿人堂、(医)十全会、(医)尚生会グループ、昭和会、近森会グループ、(医)新光会、(医)新都市医療研究会「君津」会・(医)新都市医療研究会[関越]会、(医)生生会・(医)親和会、(医)仁愛会、(医)仁心会、水の木会、(医)翠十字・(医)翠十字会、長岡医療と福祉の里、(医)成晴会・(医)成雅会・(医)成康会・(福)つつみ会、葵会グループ、清水病院グループ、牧ヘルスケアグループ、(医)和同会グループ、聖隷福祉事業団グループ、くじらグループ、積善会、(医)碩済会(医)洗心会、(医)朝日野会・(医)蘇春堂、相生会グループ、ポローニア メディカル グループ、亀田メディカルセンターグループ、(医)藤井会、(医)篤友会、麻生グループ、北九州病院グループ、(医)宝山会、大坪グループ、(医)大生会、北武グループ、立川メディカルセンターグループ、緑山会グループ、偕行会グループ、新富士病院グループ、国際医療福祉大学・高邦会グループ、(医)社団城南会、景星会グループ、(医)健仁会・(医)踏青会・(医)つくば健仁会・(医)積愛会、(医)社団綾和会、医聖会グループ、栄宏会、永生会グループ、苑田病院グループ、(医)社団回心会・青秀会グループ、(医)社団嬉泉会、研精会、元生会、翔嶺館グループ、藤和グループ、(医)財団河北総合病院、慈誠会グループ、順心会グループ、常仁会グループ、藤聖会グループ、翠会ヘルスケアグループ、(医)社団生和会、(医)社団聖仁会、(医)誠広会グループ、静和会グループ、浅ノ川グループ、(医)社団双愛会、(医)正志会・(医)直和会、(医)社団八洲会、(医)社団鵬友会、(医)明徳会、明日佳グループ、友愛病院会グループ、(医)友志会・(医)駿仁会・(福)延寿会、洛和会ヘルスケアシステム、カマチグループ、(医)社団和風会、(医)財団仁医会、(医)澄心会、ひかりメディカルグループ、愛仁会グループ、(医)宝美会・浜名会グループ、(医)福友会、豊田会グループ、和仁会グループ、(財)湯浅報恩会、(財)杏仁会、(一財)法人甲南会、とちぎメディカルセンター、(財)大原綜合病院、(社)慈恵会・(福)敬仁会、藤元メディカルシステム、(社)日本海員掖済会、(社福)旭川荘、公益財団法人慈愛会、(財)東京都保健医療公社、(財)磐城済世会、(財)復康会グループ、(財)山梨厚生会グループ、公益財団法人正光会、望星第一グループ、ジャパンメディカルアライアンスグループ、加納岩グループ、恵和会、敬和会、(社医)孝仁会、(医)康和会、(医)弘道会グループ、春回会、(社医)城西医療財団グループ、仁生会グループ、生長会グループ、青洲会グループ、美杉会、(社医)母恋、(医)里仁会、きつこう会グループ、杏嶺会グループ、(社医)延山会、(医財)白十字会グループ、信愛会グループ、(社医)仁厚会、(社医)峰和会グループ、(社福)毛呂病院グループ、(社福)三篠会、江戸川病院グループ、厚生院グループ、(社福)聖テレジア会、社団医療法人啓愛会

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。