2020年版 アフェレシスに関する市場動向調査

アフェレシス市場は、適応疾患が難病患者と限定される市場となっており、近年は分子標的薬や抗体医薬による薬物治療の攻勢等もあり、市場伸長が見込みにくい状態が継続している。そのなかで参入メーカー各社は継続して更なる適応疾患の拡大、海外エリア拡大等を図っている。本市場は国内メーカーの独占市場であり、新規参入が困難である中、アフェレシス関連市場へ海外メーカー参入の動きもみられている。
このような状況を踏まえ、アフェレシス市場の今後の見通し、将来展望を焦点に、市場動向、品目別動向、参入企業動向などについて総合的に調査・分析する。

発刊日
2020/03/30
体裁
A4 / 120頁
資料コード
C61123000
PDFサイズ
8.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

385,000
350,000
35,000
385,000
350,000
35,000
418,000
380,000
38,000
770,000
700,000
70,000
803,000
730,000
73,000
1,155,000
1,050,000
105,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査品目:①血漿分離器 ②血漿成分分離器 ③選択的血漿成分吸着器 ④吸着式血液浄化用浄化器 ⑤血球細胞除去用浄化器 ⑥腹水ろか器 ⑦持続緩徐式血液濾過器 ⑧血液浄化装置
調査方法:直接面談調査、文献やその他の情報収集による複合調査
調査期間:2019年12月~2020年3月

調査結果サマリー
Close

アフェレシス市場に関する調査を実施(2020年)
2019年の国内アフェレシス(7品目)市場規模は前年比0.3%減の174億円
~国内市場は成熟しているものの、持続緩徐式血液濾過器および腹水濾過器などの患者数や適応例が増加の見込~

資料ポイント
Close

  • アフェレシスに関するの8つの市場を分析
    【調査対象品目】①血漿分離器 ②血漿成分分離器 ③選択的血漿成分吸着器 ④吸着式血液浄化用浄化器 ⑤血球細胞除去用浄化器⑥腹水ろか器 ⑦持続性緩徐式血液濾過器 ⑧血液浄化装置
  • 各調査対象品目ごとの市場規模、メーカーシェアを算出
  • 2022年までの市場規模を予測
  • 前回版との違い
    2019年10月の償還価格改定、2020年度診療報酬改定、一部企業の事業撤退、新製品の上市による影響等

資料概要
Close

第1章 アフェレシス市場の概況
第2章 品目別動向
第3章 有力企業動向

リサーチ内容

調査のポイント

(1)市場規模推移予測(2015年~2022年)
(2)品目シェア(2019年)
(3)メーカーシェア(2019年)

第1章 アフェレシス市場の概況

1.アフェレシス市場の実態
 (1)市場の現状
 (2)市場の課題
  ①保険適応の制限
  ②分子標的薬や抗体医薬による薬物治療の攻勢
   ・関節リウマチ
   ・消化器疾患
   ・高脂血症
   ・NDBからみるアフェレシス実施数
  ③アフェレシス治療が可能な医療施設環境の整備と専門医の育成
  ④先進医療と次世代アフェレシス治療の創出
 (3)対象疾患の現状
 (4)適応疾患の動向
   ・肝疾患
   ・腎疾患
   ・免疫疾患
   ・高脂血症
   ・神経疾患
   ・血液疾患
   ・救急・救命
   ・移植
   ・腸疾患
 (5)参入メーカー

第2章 品目別動向

1.血漿分離器
 (1)血漿分離器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
2.血漿成分分離器
 (1)血漿成分分離器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
3.選択的血漿成分吸着器
 (1)選択的血漿成分吸着器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
4.吸着式血液浄化用浄化器
 (1)吸着式血液浄化用浄化器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
5.血球細胞除去用浄化器
 (1)血球細胞除去用浄化器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
6.腹水濾過器
 (1)腹水濾過器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
7.持続緩徐式血液濾過器
 (1)持続緩徐式血液濾過器の概要
 (2)製品一覧
 (3)製品特性
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア
8.血漿浄化装置
 (1)市場の現状
 (2)市場の課題
 (3)メーカー別製品一覧
 (4)市場規模推移
 (5)メーカーシェア

第3章 有力企業動向

旭化成メディカル
カネカメディックス
川澄化学工業
JIMRO
東レ・メディカル
日機装
日本ライフライン
ニプロ
バクスター

図表目次

【第1章】
図表1-1 アフェレシス市場の概要
図表1-2 指定難病一覧
図表1-3 アフェレシス取扱主要メーカーと製品名
図表1-4 2020年度診療報酬改定における算定要件の変更
図表1-5 アフェレシスに関する償還価格改定
図表1-6 「American Society for Apheresis 2016」によるアフェレシス推奨度
図表1-7 アフェレシス治療の適応疾患に対する主な薬物治療
図表1-8 主な抗リウマチ薬の売上高推移
図表1-9 関節リウマチ治療薬の主なバイオシミラー上市状況
図表1-10 抗リウマチ薬の開発状況
図表1-11 潰瘍性大腸炎適応薬の上市・開発状況
図表1-12 クローン病適応薬の開発状況
図表1-13 主なPCSK9阻害剤、MTP阻害薬
図表1-14 成人(15歳以上)FHヘテロ接合体治療のフローチャート
図表1-15 成人(15歳以上)FHホモ接合体治療のフローチャート
図表1-16 高脂血症用剤の推移(数量・金額)
図表1-17 脂質異常症の患者数推移
図表1-18 アフェレシス実施数(入院)
図表1-19 アフェレシス実施数(外来)
図表1-20 アフェレシスに関する先進医療
図表1-21 アフェレシス治療と保険適応一覧
図表1-22 主な指定難病受給者証所持者数
図表1-23 疾患別アフェレシス手法の分類
図表1-24 アフェレシス取扱主要メーカーと製品名

【第2章】
図表2-1 血漿交換療法の概要
図表2-2 血漿分離器 製品一覧
図表2-3 血漿分離器 製品特性
図表2-4 血漿分離器 製品詳細
図表2-5 血漿分離器 市場規模推移:2015年~2022年
図表2-6 血漿分離器 メーカーシェア:2019年
図表2-7 血漿成分分離器 製品一覧
図表2-8 血漿成分分離器 製品特性
図表2-9 血漿成分分離器 製品詳細
図表2-10 血漿成分分離器 市場規模推移:2015年~2022年
図表2-11 吸着療法(血漿吸着法)の概要
図表2-12 選択的血漿成分吸着器 製品一覧
図表2-13 選択的血漿成分吸着器 製品特性
図表2-14 選択的血漿成分吸着器 製品詳細
図表2-15 選択的血漿成分吸着器の市場規模推移:2015年~2022年
図表2-16 選択的血漿成分吸着器 メーカーシェア:2019年
図表2-17 吸着療法(血液吸着法)の概要
図表2-18 吸着式血液浄化用浄化器 製品一覧
図表2-19 吸着式血液浄化用浄化器 製品特性
図表2-20 吸着式血液浄化用浄化器 製品詳細
図表2-21 吸着式血液浄化用浄化器 市場規模推移:2015年~2022年
図表2-22 吸着式血液浄化用浄化器 メーカーシェア:2019年
図表2-23 白血球系細胞除去療法の概要
図表2-24 血球細胞除去用浄化器 製品一覧
図表2-25 血球細胞除去用浄化器 製品特性
図表2-26 血球細胞除去用浄化器 製品詳細
図表2-27 血球細胞除去用浄化器 市場規模推移:2015年~2022年
図表2-28 血球細胞除去用浄化器 メーカーシェア:2019年
図表2-29 難治性腹水症に対する各種治療
図表2-30 腹水濾過・濃縮器 製品一覧
図表2-31 腹水濾過・濃縮器 製品特性
図表2-32 腹水濾過器の市場規模推移:2015年~2022年
図表2-33 CRRTのモード
図表2-34 血液透析との比較
図表2-35 持続緩徐式血液濾過器 製品一覧
図表2-36 持続緩徐式血液濾過器 製品特性
図表2-37 持続緩徐式血液濾過器の市場規模推移:2015年~2022年
図表2-38 持続緩徐式血液濾過器のメーカーシェア:2019年
図表2-39 血液浄化装置 メーカー別主要製品一覧
図表2-40 血液浄化装置 製品詳細
図表2-41 血液浄化装置 市場規模推移:2015年~2022年
図表2-42 血液浄化装置 メーカーシェア:2019年

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

385,000
350,000
35,000
385,000
350,000
35,000
418,000
380,000
38,000
770,000
700,000
70,000
803,000
730,000
73,000
1,155,000
1,050,000
105,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。