2020年版 放射線治療市場の中期展望

がん対策基本法(2006年)、放射線治療機器緊急整備事業(2008年)、がん対策推進基本計画(2012~現在は第三次が進行中)などの国策により、放射線治療機器の普及と治療実績は、がん診療連携拠点病院や大学病院を中心に格段に成長してきている。また、新聞雑誌の他、ドラマや情報番組によってIMRT、IGRT、VMATの高度放射線治療や陽子線・重粒子線治療施設などの知識保有が増え、自ら治療選択の意思をもって、嘆願する患者も増えている。
しかし、実際に治療を行っている施設をみると、がん診療連携拠点病院として放射線治療を始めたものの、放射線治療医、医学物理士、品質管理士など専従スタッフの確保の問題、がん放射線療法認定看護師の確保・育成の問題など、さらに、地方においてはがん患者の確保・治療件数の問題などの難題と抱えながら、稼働している施設も少なくない。
こうした中、がん予防、がん医療の充実(がんゲノム医療、希少がん、がん登録等)、がんとの共生(緩和ケア等)を含めた第三期がん対策推進基本計画が2018年より実施され、2020年の中間報告を経て、2023年からの第四期がん対策推進基本計画の策定の時期となっている。
そこで、弊社では2008、2012、2017年版に続く第四弾として「2020年版」の放射線治療市場に絞ったマーケットレポートを企画し、放射線治療施設に対するアンケートを中心に放射線治療の現況と現状の問題点を総括するとともに、放射線治療市場を中期的に捉え、放射線治療市場に参入している企業様の経営戦略の一助になるべく、企画編集してまいります。

発刊日
2020/03/中旬
体裁
A4 / 約400頁
資料コード
C61125300
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

385,000
350,000
35,000
385,000
350,000
35,000
418,000
380,000
38,000
770,000
700,000
70,000
803,000
730,000
73,000
1,155,000
1,050,000
105,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 放射線治療施設に対するアンケート調査を実施
    ・約900施設 → 回収150~180件を想定
  • 放射線治療器の施設状況を徹底分析
    ・第四弾をいかして、3年間、10年間の継続機器を明記。次の更新機器を分析
  • 注目を集める粒子線治療施設を中心に取材調査を実施
    ・大阪陽子線治療クリニック、広島がん高精度放射線治療センターハイプラック、永守記念最先端がん治療研究センター、関西BNCT共同医療センター、山形大学医学部東日本重粒子センター、他
  • 放射線治療市場を徹底分析
    ・市場規模推移、都道府県別がん患者と放射線治療器、参入企業の実態、患者固定や線量分析分野も追求
    ・放射線治療のセンター化の拡大、がんゲノム医療の現状などを分析
  • 放射線治療施設個票を掲載
    ・放射線治療施設、全施設掲載(矢野経済研究所確認分)

リサーチ内容

2020年2月4日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 放射線治療市場の実態

1. 放射線治療の概略
2. 放射線治療の市場動向
(1)放射線治療機器市場の動向
 ●外部照射
 ○定位放射線治療
  ・リニアック
  ・サイバーナイフ
  ・ガンマナイフ
 ○粒子線治療
 ●内部照射
 ○小線源治療
(2)放射線治療システム市場の動向
 ○治療計画システム
 ○治療RISシステム
(3)放射線治療関連市場の動向
 ○患者固定具
 ○線量検証システム
3. 放射線治療市場の企業動向
(1)放射線治療機器の企業動向
(2)放射線治療計画システムの企業動向
(3)放射線治療関連市場の企業動向
 ○予定掲載企業
  ・エレクタ
  ・千代田テクノル
  ・日本アキュレイ
  ・バリアンメディカルシステムズ
  ・日立製作所
  ・ブレインラボ
  ・東洋メディック(CIVCO)
  ・ユーロメディテック(ORFIT)
  ・横河医療ソリューション
  ・エンジアリングシステムズ
  ・PSP
  ・他
4. 放射線治療市場の実態
 ○放射線治療施設実態調査
  ・大阪陽子線治療クリニック
  ・広島がん高精度放射線治療センターハイプラック
  ・永守記念最先端がんセンター
  ・関西BNCT共同医療センター
  ・山形大学医学部東日本重粒子センター
  ・他
 ○市場規模推移、シェア等

第2章 放射線治療市場の中期展望

1. 放射線治療市場における問題
2. 粒子線治療市場の動向
3. 放射治療の最新動向
 1)がんゲノム医療
 2)放射線治療センター化の動向
 3)放射線遮蔽材の動向
  ・セラミックス「RASHIX-H」
  ・タングステンシート
4. 放射線治療市場の展望
  ・BNCT治療の今後

第3章 放射線治療に関するアンケート調査

調査期間:2020年1月~2月
1.放射線治療部門情報システム(治療RIS)について
 ①導入有無、導入検討
 ②メーカ名
 ③メーカの決定要因
2.患者固定について
 ①固定具の利用について
 ②固定方法について
 ③メーカ名
 ④患者固定に関する年間ランニングコスト
3.線量検証について
 ①実施有無について
 ②使用している検出器
 ③メーカ名
 ④費用
4.放射線治療器の保守契約
5.放射線治療の決定方法
6.放射線治療のスタッフ構成
7.スタッフ構成は満足か不足か
8.実施している放射線治療
9.診療報酬点数加算について
10.年間の新患者数
11.放射線治療を行う割合
12.紹介患者の割合
13.年間の放射線治療件数(実照射人数)
14.部位(症例)と治療目的の比率
15.密封小線源治療の線源、購入元、挿入本数、
16.3年後、5年後のために必要なこと
17.維持向上のための課題
18.放射線治療器の各メーカの営業マンと保守サービス員の評価
19.メーカや機器に求めるもの

第4章 放射線治療施設個票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

385,000
350,000
35,000
385,000
350,000
35,000
418,000
380,000
38,000
770,000
700,000
70,000
803,000
730,000
73,000
1,155,000
1,050,000
105,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。