2020年版 製薬市場の10年展望

未来に対する不透明感が高まる製薬市場において、関連する企業としては独自に未来の変化を予測し、対応策を講ずることなどが必要になっております。本書では、ご利用される皆様が定めた将来目標に向かって製薬市場が今後どのように変化し、そのポイントはどのようなことなのかを見出す一助になるような内容で構成されております。

発刊日
2020/03/30
体裁
A4 / 228頁
資料コード
C61125900
PDFサイズ
16.2MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書では、現在、製薬市場において生じている動きを川上から川下まで通して調査を実施し、分析を行った。さらに製薬市場で今後10 年間に起こりうる動きを予想し、そのことを文章化・数値化した。
(1)医療提供体制の変化
(2)医薬品流通の変化
(3)製薬企業の変化
(4)製薬市場の変化
調査対象:行政当局、製薬企業、医薬品卸、医療機関、薬局、学識経験者、業界紙関係者
調査方法:面接調査を基本として実施
調査期間:2019年4月~2020年1月

資料ポイント
Close

  • 製薬市場を取り巻くデジタル化などの新たな変化の流れを予測
  • 新たな動きを加速するメーカー物流の動向を分析
  • 薬効別医薬品の今後10年を予測
  • 新薬開発におけるモダリティが多様化する中で医薬品卸の対応状況を分析

資料概要
Close

第1章 歳出圧力強まる社会保障、出口を見出せず混迷状態が続く
第2章 新たな時代に適応した企業像を見出そうとする医薬品卸各社
第3章 デジタル・モダリティ時代への対応を求められる製薬企業
第4章 低迷する製薬市場での戦い

リサーチ内容

Executive Summary

第1章 歳出圧力強まる社会保障、出口を見出せず混迷状態が続く

消費税増税や新型コロナウイルス感染拡大等の影響により、経済低迷深刻化
  GDP10~12月期、実質マイナス6.3%
  新型肺炎の国内感染を封じ込めることができるのか

2020年度診療報酬改定を答申
  全体ではマイナス、本体ではプラス
  今回の改定の基本的視点
  働き方改革推進のための布石
  今回の調剤報酬改定は嵐の前の静けさか
  次回改定は、どうなるのか

消費税10%引き上げを達成
  消費税引き上げに伴う診療報酬改定
  10%増税は通過点なのか
  経済成長に依存した財源確保の終焉

2020年度の骨太の改革は大きな分岐点となり得るのか
  2019年度の方針は今後起こりうることを示唆したのか
  『骨太の方針』は今後も継続するのか

医療提供体制の見直しはどのように変化するのか
  地域医療構想下で公立・公的病院424の「再編」「縮小」を促す病院名公表
  医師の働き方改革は『医療提供体制再構築』の時限爆弾か

地域医療構想、消費税増税で揺れ動く病院経営
  今年1年の病院業界
  厳しい状況が続く病院経営
  医師の働き方改革への対応は病院経営持続の分岐点に

薬局は今、大きな転換点にあるということを自覚しているのだろうか
  今年1年の調剤薬局業界
  問われる薬剤師の存在感
  穏やかに厳しさを増す制度圧力
  投資なくしてリターンなし
  薬局に求められるビジョンの策定

第2章 新たな時代に適応した企業像を見出そうとする医薬品卸各社

今年1年の医薬品卸業界

4大卸談合疑惑
  大手医薬品卸4社に公取委が強制調査に入った
  繰り返されるのか行政処分

流通改善ガイドラインへの対応
  慎重姿勢を堅持する製薬企業
  流通改善ガイドライン不適切事例に厚労省が事務連絡を発出したが

変革への歩みを加速する医薬品卸各社
  スペシャリティ医薬品の流通強化を図る医薬品卸各社
  データを自社の戦略に掲げるまでには道半ば
  薬価の毎年改定への対応強化は経営存続のための絶対的な課題
  デジタル時代に医薬品卸はどのように対応するのか
  事業の裾野を広げ経営体質強化を図る東邦ホールディングス
  新たな武器を強化し、業界ナンバーワンを目指すスズケン
  事業の枠組みを拡大し、次世代事業強化を図るメディパルホールディングス
  ヘルスケアコンソーシアム構築で成長を目指すアルフレッサホールディングス

第3章 デジタル・モダリティ時代への対応を求められる製薬企業

今年1年の製薬業界

多様化する製薬市場
  底堅さを堅持するわが国の市場
  価格調整機能としての費用対効果評価制度
  増加するスペシャリティ医薬品
  『成功報酬型新薬』のゆくえ
  デジタル化への対応を本格化するわが国の製薬企業各社
    (1)大塚製薬のデジタル化への対応
    (2)アステラス製薬のデジタル化への対応
    (3)塩野義製薬のデジタル化への対応

低成長時代にあっても成長を持続する製薬企業の姿
  常に買収の機会をうかがう製薬企業
  MRの減少に歯止めがかからない
  新たな時代の製薬企業の組織とは
  デジタル時代における医薬品卸との関係

第4章 低迷する製薬市場での戦い

変貌するメーカー物流
  物流業界の雄『日通』が再チャレンジ
  迎え撃つ物流企業各社
  オセロゲーム状態に陥ったメーカー物流

難易度が上がり続ける医薬品開発

わが国の医療用医薬品生産高予測(2019年~2027年)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。