2020 躍進する中国AI市場の実態と展望

今や中国は、米国と並ぶAI大国であり、世界一の座を狙いつつ躍進を遂げています。新型コロナウイルス感染症により世界の混乱が続く中、中国政府はコロナ終息後の経済対策としてAIを含む先端技術への投資を検討しており、「ポストコロナ」には、さらに中国AIの存在感が拡大する可能性も見えてきました。
米国と比較して日本で得られる情報量が少ない中国AI市場を詳説する新企画レポートです。

発刊日
2020/05/29
体裁
A4 / 206頁
資料コード
C62100100
PDFサイズ
3.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
660,000
600,000
60,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本件調査においては、中国AI 市場の市場動向、法規制動向、リーディングカンパニー動向、応用事例動向、投資機構動向、企業動向等を調査し、中国AI 市場の実態を理解するための基礎資料を作成することを目的とする。
調査対象地域:中国メインランド(香港・マカオは含まない)
調査対象市場:中国AI市場
調査方法:①各種文献、関連組織・団体の文献調査による情報収集 ②関連企業への直接ヒアリング ③各種公開レポートの活用 等
調査期間:2020年3月~2020年5月

調査結果サマリー
Close

中国AI市場に関する調査を実施(2020年)
中国AI市場規模は2020年には1兆円を超えると予測
~米中対立や新型コロナウイルスの影響は受けるものの、中国の国内需要中心に3割増の成長見込~

資料ポイント
Close

  • 弊社上海事業所が現地からお届けするAI大国中国の最新動向
  • 官民あげた取組の実力を豊富なデータで紹介しつつ「ポストコロナ」を展望する調査レポート
  • 中国政府が推進する強力なAI推進政策
  • 米中摩擦の激化と市場への影響
  • AIによる新型コロナウイルス感染症対策と経済復興
  • 主要AI企業の戦略 BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)及び有力企業・有力スタートアップ
  • 技術分野別、業界別の注目企業動向

資料概要
Close

1.総論
2.世界における中国AI市場の位置付け
3.中国AI市場の最新動向
4.中国トップAI企業の動向
5.中国におけるAI活用の進展状況
6.AI企業に投資する大手中国ファンドの動向
7.中国主力AI企業の個票

リサーチ内容

調査結果のポイント

表1 / 図1 2015年~2022年中国AI市場規模推移
表2 大手中国AI企業6社の動向

1.総論

1.1.中国AI市場の総括
1.2.中国の社会・経済に対してのAI活用の影響
1.3.中国国内で注目されているポイント
1.4.AI活用に際しての中国における課題

2.世界における中国AI市場の位置付け

2.1.序:日本からの視点とポストコロナの中国
 2.1.1.日本から見た中国AI市場
 2.1.2.「ポストコロナ」の世界と中国
 2.1.3.「ポストコロナ」期に入った中国の現状
   表3 ポストコロナの中国における5つの注目産業
2.2.米中日のAI実力比較
 2.2.1.THE AI 100 2020
   表4 「THE AI 100 2020」と「THE AI 100 2017」の国別リスト
 2.2.2.The Global Unicorn Club
   表5 「The Global Unicorn Club」と「Unicorn Companies 2017」の国別企業数
 2.2.3.米中日のAI技術の分野別優位性
   表6 米中日3ヵ国のAI技術注力分野
 2.2.4.米中日のAI特許申請件数推移
   表7 1998年~2018年の米中日におけるAI特許申請件数推移
   表8 1980年~2018全世界AI特許申請件数推移
2.3.米中日のAI政策動向
 2.3.1.米国政府のAIに関する動向
   表9 米国政府のAIに関する動向
 2.3.2.日本政府のAIに関する動向
   表10 日本のAI政策動向
 2.3.3.中国政府のAIに関する動向
   表11 中国政府のAIに関する動向
   表12 2019年中国地方政府AI産業発展計画一覧

3.中国AI市場の最新動向

3.1.中国AI市場の概要
 3.1.1.中国AI市場規模の推移
   表13 / 図2 2015年~2022年中国AI市場規模推移
 3.1.2.中国AI企業の技術分野別の分布
   図3 中国AI企業の技術分野別ポートフォリオ
 3.1.3.中国AI企業の地域分布
   図4 中国AI企業の地域別分布
3.2.革新的な産業動向
 3.2.1.国家級AIオープン・イノベーション・プラットフォーム
   表14 国家級AIオープン・イノベーション・プラットフォーム一覧
 3.2.2.国家級新世代AIイノベーションモデル区
   表15 国家級新世代AIイノベーションモデル区一覧
 3.2.3.科創版(スター・マーケット)
   表16 科創版の概要
   表17 科創版で株式上場済み中国AI企業
 3.2.4.ポストコロナの経済政策「新型インフラ建設」プラン
   表18 「新型インフラ建設」プランの概要
 3.2.5.新型コロナウイルス感染症対策におけるAI活用
   表19 非接触型コロナウイルス対策の事例
3.3.中国のAI人材環境
 3.3.1.AI人材の地域別分布
   表20 2018年~2019年Q3 AI企業正社員数統計行政区画トップ10
   図5 2018年~2019年Q3 AI人材トップ10行政区画の地域分布
 3.3.2.AI人材の給与水準
   表21 / 図6 2019年1月~7月分野別AI&ビッグデータ人材平均収入動向
   表22 / 図7 2019年1月~7月都市別AI&ビッグデータ人材平均収入動向
 3.3.3.AI学科開設国家認定大学
   表23 AI学科開設国家認定大学(一回目)一覧表
   表24 AI学科開設国家認定大学(二回目)一覧表
   表25 国家認定学校におけるAI関連学科新設状況

4.中国トップAI企業の動向

4.1.BATのAI事業ポートフォリオ及び将来戦略
 4.1.1.Baidu
   図8 BaiduBrain構造概要
   表26 BaiduのAI技術プラットフォーム一覧
   表27 AI市場におけるBaiduのM&A主要実績
 4.1.2.Alibaba
   表28 AlibabaのAI事業構造概要
   表29 AI市場におけるAlibabaのM&A主要実績
 4.1.3.Tencent
   表30 Tencentの三大AI研究室
   表31 TencentのAI技術の応用製品
   表32 AI市場におけるTencentのM&A主要実績
 4.1.4.BATのまとめ
   表33 BATのAI特許申請件数(2019年6月時点)
   表34 BATの株価・収益状況の比較
4.2.BAT以外の有力企業動向
 4.2.1.Huawei
   表35 Huawei のAI事業構造
   表36 Huawei の各種AIチップ事業展開状況
   表37 Huawei Intelligent Car Solution BUの事業領域
   表38 AI市場におけるHuaweiのM&A主要実績
 4.2.2.Xiaomi
   図9 Xiaomiの製品ラインアップ
   表39 Xiaomiの株式情報・収益情報
   図10 XiaomiのAI事業構造
   表40 AI市場におけるXiaomiのM&A主要実績
 4.2.3. iFLY-TEK
   表41 iFLY-TEKの融資実績
   表42 iFLY-TEKの株式情報・収益情報
   図11 iFLY-TEKのAI事業構造
   表43 iFLY-TEKのコロナウイルス対策
   表44 AI市場におけるiFLY-TEKのM&A主要実績

5.中国におけるAI活用の進展状況

5.1.技術分野別の主要企業動向
 5.1.1.画像認識(顔認識):雲天励飛(INTELLIFUSION)
 5.1.2.音声認識:声智科技(SoundAI)
 5.1.3.自然言語処理:小i機器人(xiaoi)
 5.1.4.ディープラーニング:中科視拓(SeetaTech)
 5.1.5.データマイニング: 美林数拠(MERITDATA)
 5.1.6.ナレッジグラフ:明略数拠(MiningLamp)
   表45 明略数拠のコア製品
 5.1.7.グラフコンピューティング:虹軟科技(ArcSoft)
   表46 虹軟科技のターゲット市場、ソリューション、クライアント
 5.1.8.自動運転:縦目科技(ZongMu)
5.2.業種・業務分野別の主要企業動向
 5.2.1.セキュリティ:海康威視(HIKVISION)
   図12 海康威視の製品ラインアップ
 5.2.2.金融:冰鑑科技(IceKredit)
 5.2.3.コールセンター:楽言科技(leyantech)
 5.2.4.医療・ヘルスケア:安想智慧医療(Anxhit)
 5.2.5.小売:碼隆科技(Malong)
 5.2.6.広告宣伝:愛奇異(iQIYI)
 5.2.7.教育:影創科技(ShadowCreator)
 5.2.8.交通:千方科技(China Transinfo)
 5.2.9.製造業:阿丘科技(Aqrose)
 5.2.10.農業:麦飛科技(MCFLY)

6.AI企業に投資する大手中国ファンドの動向

6.1.中国のAI投資環境
 6.1.1.過去6年中国AI企業の融資実績(金額・件数)推移
   図13 2014~2019年Q3中国AI市場投資件数・金額・平均投資額推移
   表47 2014~2019年Q3中国AI市場投資件数・金額・平均投資額推移
 6.1.2.過去6年中国地域別投資件数分布
   表48 2014~2019年Q3中国地域別AI市場投資
   表49 / 図14 2014~2019年Q3中国地域別AI市場投資
 6.1.3.過去6年中国分野別投資件数・金額分布
   表50 2014~2019年Q3中国分野別AI市場投資件数・金額
   図15 2014~2019年Q3中国分野別AI市場投資件数
   図16 2014~2019年Q3中国分野別AI市場投資金額
 6.1.4.2014~2019年Q3中国投資フェーズ別AI市場投資比率
   表51 / 図17 2014~2019年Q3中国投資フェーズ別AI市場投資比率
 6.1.5.2019年以降の中国AI企業の融資実態
   表52 2019年以降にIPOを行った中国有力AI企業
   表53 2019年以降10億人民以上融資を受けた中国AI企業
6.2.AI市場の大手ファンド
 6.2.1.AI関連投資件数の多いファンドのリスト(124社)
   表54 5回以上のAI投資実績を持つファンド124社
   表55 5回以上のAI投資実績を持つファンド124社
 6.2.2.主要ファンド10社の実態

7.中国主力AI企業の個票

7.1.中国AIプレイヤー相関図
   図18 中国AIプレイヤー相関図(カオスマップ)
7.2.中国AI業界のユニコーンTOP50
   表56 中国AI業界のユニコーンTOP50
 7.2.1.AIユニコーンの分布状況
   表57 / 図19 中国分野別AIユニコーンTOP50
   表58 / 図20 中国地域別AIユニコーンTOP50
   表59 中国AIユニコーンへ投資する日本企業
 7.2.2.ユニコーン企業TOP50個票
参考資料
   表60 AI100(世界AI企業トップ100社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

220,000
200,000
20,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
660,000
600,000
60,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。