2020 HRイノベーションサービス ~事業中心の経営から人材中心の経営へ~

近年、政府主導の「働き方改革」によって企業は円滑な事業推進の他、労働環境の整備、人材の確保等、多くの課題を抱えている。特に地方の企業、中小規模の企業などはその対応の第一歩にも踏み出せていない企業も多く存在する。一方では、そうした状況に準じて、HR領域に新たなビジネスチャンスが生じていることも事実で、現況をみると、そうしたビジネスは拡大の一途を辿っている。2019年はHRテクノロジー元年とも言われ、今後より重要度が増すビジネスになると予想される。また、市場が拡大するに伴い、棲み分けや競合関係の方向性を明らかにすることが求められる。この動きを取り巻く課題、ビジネスを調査・まとめる。

発刊日
2020/04/06
体裁
A4 / 262頁
資料コード
C62101000
PDFサイズ
8.8MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートでは、日本国内におけるHR イノベーションサービスに関しての調査を行い、下記を明らかにすることを目的とした。
① HRイノベーションサービスの現状と展望
② HRイノベーションサービス企業の動向
調査対象:本レポートでは、日本国内でHR イノベーションサービスを展開している企業を調査対象とした。
① 人事評価・人材管理(タレントマネジメント) 7社
② 採用(新しい採用方法、採用管理・支援) 6社
③ 業務効率化(人事・労務管理等) 3社
④ 組織改善(エンゲージメント、離職防止、健康管理) 7社
⑤ 人材活用・育成(キャリア形成支援、活性化) 3社
⑥ 副業(スキルシェア) 4社
調査方法:面接取材、電話取材、公的データ収集などの文献調査、アンケート調査
調査期間:2019年7月~2020年2月

調査結果サマリー
Close

HRイノベーションサービスに関する調査を実施(2020年)
事業中心の経営から人材中心の経営へ
~2019年はここ数年で最も多いHRイノベーションサービス企業が上場~

資料ポイント
Close

  • HRイノベーションに関する注目サービス事業者約24社にヒアリング、現在の状況、今後の取り組み等を掲載
  • ①人事評価・人材管理、②採用、③業務効率化、④組織改善、⑤人材活用・育成、⑥副業など、課題/テーマ別にHRイノベーションサービスの動向を分析
  • 働き方、副業に関する企業アンケートを実施、集計結果を掲載

資料概要
Close

第1章 HRイノベーションサービスの現状
第2章 分野別HRイノベーションビジネスの動向と分析
第3章 注目サービス事業者の取り組み
第4章 企業人事部へのアンケート調査結果

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 HRイノベーションサービスの現状

1.HR業界の分類
2.HRイノベーションサービスが注目される背景
  ①高齢者雇用
  ②女性の活躍
  ③子育て・介護問題
  ④過労死問題
  ⑤外国人の雇用
  ⑥正規・非正規問題
  ⑦若手離職率高止まり
  ⑧メンタルヘルス
  ⑨人生100年時代
  ⑩自然災害増
3.HRイノベーションサービスの現状
  (1)HRイノベーションサービスの分類
  (2)分野別HRイノベーションサービスの開始時期
  (3)分野別HRイノベーションサービスの契約数
  (4)分野別HRイノベーションサービスの上場数
  (5)分野別HRイノベーションサービス企業への出資状況
  (6)分野別需要の増減、背景
4.HRイノベーションサービスの展望

第2章 分野別HRイノベーションビジネスの動向と分析

1.人事評価・人材管理(タレントマネジメント)
  (1)需要の増減、背景
  (2)プレイヤーの動向
  (3)課題、方向性
2.採用(新しい採用方法、採用管理・支援)
  (1)需要の増減、背景
  (2)プレイヤーの動向
  (3)課題、方向性
3.業務効率化(人事・労務管理等)
  (1)需要の増減、背景
  (2)プレイヤーの動向
  (3)課題、方向性
4.組織改善(エンゲージメント、離職防止、健康経営)
  (1)需要の増減、背景
  (2)プレイヤーの動向
  (3)課題、方向性
5.人材活用・育成(キャリア形成支援、活性化)
  (1)需要の増減、背景
  (2)プレイヤーの動向
  (3)課題、方向性
6.副業(スキルシェア)
  (1)需要の増減、背景
  (2)プレイヤーの動向
  (3)課題、方向性

第3章 注目サービス事業者の取り組み

企業概要
業績推移
1.事業化時期と背景
2.サービス内容・特徴・差別化ポイント
3.事業体制
4.顧客特性・営業方法
5.最近の動向
6.今後の見通し・課題・将来展望
※一部を除き各企業共通

≪掲載企業一覧≫
株式会社Donuts
株式会社HRBrain
株式会社MyRefer
株式会社SmartHR
Unipos株式会社
株式会社あしたのチーム
株式会社アトラエ
エン・ジャパン株式会社
株式会社カオナビ
株式会社クラウドワークス
株式会社サイダス
株式会社タレントアンドアセスメント
株式会社日進サイエンティア
株式会社ネオキャリア
株式会社ハッカズーク
株式会社ビザスク
株式会社ビズリーチ
株式会社フェアワーク
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
株式会社ラフール
株式会社リクルート
株式会社リンクアンドモチベーション
リンクトイン・ジャパン株式会社
株式会社ローンディール
ワークデイ株式会社
その他注目企業一覧

第4章 企業人事部へのアンケート調査結果

1.調査要綱
2.働き方に関する制度導入状況
  (1)導入している働き方制度
3.副業・兼業について
  (1)副業・兼業の承認状況について
4.人材マネジメント全般について
  (1)望ましい人材を確保できている企業
  (2)人事評価において重要視するスキルについて

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。