2020 ユニフォーム市場年鑑 ~ワーキング、サービス、オフィス、スクール~

ユニフォームは、経済的要因や社会的要因により需要の伸縮が生じやすい。主要企業の企業戦略を調査し、そのような環境下にあるユニフォーム事業の戦略を提案。また、2020年のコロナ禍によって業界はどのように変わるのか調査。「ユニフォーム」を4カテゴリに分け、カテゴリ別の市場規模を算出する。

発刊日
2020/06/下旬
体裁
A4 / 約340頁
資料コード
C62101800
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 主要ユニフォームメーカーの運営状況・業績が一目で分かる
  • ユニフォーム業界の全体動向から、カテゴリ別(オフィス・ワーキング・サービス・スクール)まで多角的にレポート
  • 大手ユニフォームメーカーのポジショニング(マーケットシェア)が分かる
  • 前回版との違い
    ①「エコロジー配慮」の設問 → 「SDGs」に拡大
    ②注目トピック → 各カテゴリの話題を充実化

リサーチ内容

2020年5月22日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 ユニフォーム市場の動向

1.ユニフォーム市場の概況
2.ユニフォーム市場規模推移
  (1)ユニフォーム総市場
  (2)注目トピックス
  (3)ワーキング・オフィス・サービス
    ユニフォームの合計市場規模
  (4)ユニフォーム総市場におけるカテゴリ別構成比推移
  (5)カテゴリ別市場
    ①ワーキング
    ②オフィス
    ③サービス
    ④スクール
3.ユニフォーム市場のメーカーシェア
  (1)ユニフォームメーカーの売上高ランキング
  (2)ユニフォーム市場でのメーカーシェア
4.注目企業の動向(予定)
  オアシススタイルウェア、日本毛織、ハミューレ、ユニフォームネクスト、ワークマン

第2章 ワーキングユニフォーム市場

1.ワーキングユニフォームの市場概要と方向性
2.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
  (1)マーケットサイズ推移
  (2)メーカーシェア
  (3)有力企業の売上高推移
3.ワーキングユニフォームメーカーの市場戦略

第3章 オフィスユニフォーム市場

1.オフィスユニフォームの市場概要と方向性
2.オフィスユニフォームのサプライチェーン
3.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
  (1)マーケットサイズ推移
  (2)メーカーシェア
  (3)有力企業の売上高推移
4.オフィスユニフォームメーカーの市場戦略

第4章 サービスユニフォーム市場

1.サービスユニフォームの市場概要と方向性
2.サービスユニフォームのサプライチェーン
3.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
  (1)マーケットサイズ推移
  (2)メーカーシェア
  (3)有力企業の売上高推移
4.サービスユニフォームメーカーの市場戦略

第5章 スクールユニフォーム市場

1.スクールユニフォームの市場概要と方向性
2.スクールユニフォームのサプライチェーン
3.マーケットサイズの推移とメーカーシェア
  (1)マーケットサイズ推移
  (2)メーカーシェア
  (3)有力企業の売上高推移
4.スクールユニフォームメーカーの市場戦略

第6章 有力ユニフォーム企業の運営実態

※調査内容は企業によって一部記載が異なります
1.企業概要
2.業績推移
3.ユニフォーム売上高推移
4.ユニフォーム事業の特徴
5.ブランド展開
6.仕入先及び販売先の構成比
7.業種別の需要構成比
8.ユニフォームの販売戦略
  ①商品展開と戦略
  ②流通戦略・IT戦略
  ③販売促進の取組
  ④販売エリア・チャネル
  ⑤小口ユーザー対応
9.ユニフォームの商品動向
  ①ニーズ傾向について
  ②高機能ユニフォームの要望と開発
  ③ユニフォームレンタルの取組
10.SDGsへの取り組み
11.生産・販売管理体制
  ①少量多品種・別注対応
  ②海外生産の取り組みと見通し(海外生産比)
  ③QR体制(生産リードタイムやレスポンス時間など)
12.自社の今後の方針(短・中長期的な課題や目標)
13.ユニフォーム市場の今後の見通し(新型コロナウィルスの影響など)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。