ウィズコロナ時代の国内旅行市場の最新トレンド分析

新型コロナウイルス感染症の拡大によって旅行市場は一変しました。拡大を続けてきたインバウンドは消失し、未だに見通しが立たない状況にあるなかで、国内旅行消費額の約8割を占める国内旅行の重要性が高まっています。
本書では、ニューノーマルへの対応はもちろん、注目を集めるバーチャル旅行やテレワーク・ワーケーションなど、ウィズコロナ時代の国内旅行を象徴する重大テーマを整理し、それぞれの概要や背景、主要事業者の動向や展望を明らかにしました。

発刊日
2020/11/09
体裁
A4 / 175頁
資料コード
C62105200
PDFサイズ
3.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ウィズコロナ時代の国内旅行市場動向を調査し、展望と課題を明らかにすることを目的とする。
調査対象市場:国内旅行市場(日本人 日帰り旅行・宿泊旅行)
調査対象先:旅行会社、宿泊事業者、交通事業者、観光施設、その他関連企業
調査方法:直接面接、メール取材、電話取材。文献調査その他データ収集。
調査期間:2020年6月~2020年10月

調査結果サマリー
Close

ウィズコロナ時代における国内旅行の動向調査を実施(2020年)
ウィズコロナ時代における旅行・観光関連事業者は、変容した社会や生活様式に対応した商品・サービスを開発しながら、収益の回復に努める
~コロナ禍による訪日外国人旅行者の消失で、日本人国内旅行の重要性が高まる~

資料ポイント
Close

  • コロナ禍によるインバウンド消失で重要性が高まる国内旅行
  • 新たな試みはウィズコロナの国内旅行を支えるコンテンツに成長するのか?
  • 急変した社会に対応する旅行業者の取り組みを9つのキーワードで徹底分析!
    ・ニューノーマル対応
    ・マイクロツーリズム
    ・ワーケーション
    ・バーチャル旅行
    ・プライベートツアー
    ・グランピング
    ・リスクサポート
    ・貨客混在
    ・新規事業開発

資料概要
Close

Ⅰ 国内旅行市場の概要
Ⅱ 新型コロナウイルス感染症の旅行市場への影響
Ⅲ ウィズコロナ時代における旅行産業の取り組みと見通し
Ⅳ ウィズコロナ時代の国内観光を象徴する重要テーマ

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.旅行市場の全体像
2.コロナ禍を受けての生活様式の変化
3.ウィズコロナ時代の旅行に対応するキーワード

Ⅰ 国内旅行市場の概要

1.旅行市場の実態
 (1)旅行市場の全体像
  ①2019年の国内における旅行消費額は前年比7.1%のプラス成長で過去最高額を記録
  ②好調から一変、2020年はコロナ禍により旅行市場が激変、国内旅行の重要度が高まる
 (2)国際的に見た日本の旅行産業
 (3)国の観光施策
2.国内旅行の動向
 (1)日本人国内旅行者の動向
 (2)旅行消費額の増加要因
3.インバウンドの動向
 (1)インバウンドの動向
 (2)インバウンドの消費動向

Ⅱ 新型コロナウイルス感染症の旅行市場への影響

1.社会における環境変化
 (1)社会全体における環境変化
 (2)コロナ禍を受けての生活様式の変化
2.旅行業界における環境変化
 (1)コロナ禍による旅行機会の消失・減少
  ①渡航制限・外出自粛要請による需要減
  ②営業自粛や定員低減などによる供給減
  ③東京2020オリンピック・パラリンピックの開催延期
 (2)企業における売上や収入への影響

Ⅲ ウィズコロナ時代における旅行産業の取り組みと見通し

1.観光事業者の取り組みと見通し
 (1)観光事業者の生き残り戦略
  ①新型コロナウイルス感染拡大初期(2020年2月~5月)
  ②新型コロナウイルス対策実践期(2020年5月~)
  ③観光事業者の収益確保の方向性
 (2)旅行会社の取り組み
  ①感染防止対策
  ②ウィズコロナ期に対応した旅行商品の造成・販売
  ③デジタル技術を活用した旅行商品の造成・販売
  ④訪日・海外旅行から国内旅行への転換
  ⑤旅行事業以外の領域での事業展開
 (3)ホテル・宿泊施設の取り組み
  ①感染防止対策
  ②ウィズコロナ期に対応した宿泊プランの造成・販売
  ③その他ホテル・宿泊施設等における新たな取組み
 (4)その他事業者取り組み
  ①観光施設
  ②交通事業者
2.国・観光地域の取り組みと見通し
 (1)政府の取り組み
 (2)観光地域(自治体、観光協会、DMO)の取り組み
  ①観光事業者への助成金
  ②(割引などによる)旅行需要喚起
  ③感染防止対策
  ④地域のブランディング
  ⑤キャンペーン・プロモーション
  ⑥特産品などモノのPR・販売

Ⅳ ウィズコロナ時代の国内観光を象徴する重要テーマ

1.ニューノーマル対応
 (1)観光・旅行におけるニューノーマル
  ①“3密”回避の旅行
  ②衛生対策
 (2)業種別の対応
  ①旅行会社
  ②宿泊事業者
  ③観光施設
  ④交通事業者
 (3)課題と展望
2.バーチャル旅行
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)企業動向と展開事例
 (3)課題と展望
3.マイクロツーリズム
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)企業動向と展開事例
 (3)課題と展望
4.テレワーク・ワーケーション
 (1)概要
  ①テレワークプラン
  ②ワーケーション
 (2)課題と展望
 (3)企業動向と展開事例
5.グランピング
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)企業動向と展開事例
 (3)課題と展望
6.プライベートツアー・接触回避型旅行
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)課題と展望
 (3)企業動向と展開事例
7.リスクサポート
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)課題と展望
 (3)企業動向と展開事例
8.コロナ禍を契機とした新規事業開発
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)課題と展望
 (3)企業動向と展開事例
9.貨客混載
 (1)概要
  ①背景・狙い
  ②事業内容
 (2)課題と展望
 (3)企業動向と展開事例

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。