2021 サービス産業白書

これまで「物理空間」に集合し、「対面」での「接触」を前提していたサービス関連事業の多くは、今回の新型コロナウイルス感染症の影響により未曾有の危機を迎えております。今後、“新常態”と呼ばれる新しい社会においては、サービス関連産業においても「仮想空間」の活用や、「非対面」・「非接触」によるベネフィットの訴求が求められており、産業構造が大きく転換し始めている業界も少なくありません。
本調査レポートは今回で第17版の年次レポートであり、個人向けサービス業10カテゴリーを中心に、一部事業者向けサービスを加えた11カテゴリー、84セグメントを網羅しています。加えて、本年度版では、コロナショックによる業界環境の変化や影響、新たな萌芽などにも意識しながら編纂を進めて参りました。
業界の棲み分け構造が崩れ、さらにコロナショックにより構造転換の必要性に迫られている「サービス産業」の現状を調査し、今後の方向性を理解できるマーケティングレポートです。

発刊日
2020/11/26
体裁
A4 / 685頁
資料コード
C62119300
PDFサイズ
16.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,800
148,000
14,800
162,800
148,000
14,800
195,800
178,000
17,800
325,600
296,000
29,600
358,600
326,000
32,600
488,400
444,000
44,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 全11分野(①情報通信、②IT、③インフラ、④運輸/交通、⑤介護/保育、⑥教育、⑦生活、⑧外食、⑨旅行、⑩レジャー/スポーツ、⑪事業法人向け)、計84市場を網羅。
  • 84市場それぞれの市場規模、業界動向、企業ランキング、主力プレイヤーの動向・将来展望を掲載。
  • 拡大するサービス産業の全体動向を把握できる1冊
  • 前回版との違い:2021年版では新型コロナウイルス感染症による業界へのダメージ、アフターコロナの見通しなどについて可能な限り整理

リサーチ内容

2020年11月6日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

Ⅰ.産業編

第1章 サービス産業の動向
  1.我が国の産業構造におけるサービス産業
    (1)GDP推移
    (2)産業別動向
  2.特定サービス産業実態調査からみる各産業
    (1)対事業所サービス
    (2)対個人サービス業
第2章 産業分類別市場の現状
  主要サービス産業11分野 全84市場(予定)の現況と将来予測一覧
  ~全84市場(予定)の現況、成長性を予測、トップ企業、成長企業
    1.情報・通信サービス
    2.ITサービス
    3.インフラサービス
    4.運輸・交通サービス
    5.医療・介護・保育サービス
    6.教育・学習塾サービス
    7.生活関連サービス
    8.外食サービス
    9.旅行・宿泊関連サービス
    10.レジャー・スポーツ関連サービス
    11.事業所向けサービス

Ⅱ.業種編

第1章 情報・通信サービス
  1.放送
  2.新聞
  3.雑誌、書籍出版
  4.通信(固定電話、移動電話)
  5.インターネットサービスプロバイダー(ISP)
  6.電子書籍市場
第2章 ITサービス
  1.Eコマース(電子商品取引) BtoC
  2.Eコマース(電子商品取引) CtoC EC
  3.SNS、無料通話・メッセンジャーアプリ
  4.デジタルコンテンツ配信
  5.ポータル・検索・情報サイト
第3章 インフラサービス
  1.電力
  2.ガス
  3.鉄道
  4.航空
第4章 運輸・交通関連サービス
  1.宅配便・メール便
  2.タクシー
  3.高速バス
  4.レンタカー・カーシェアリング
  5.駐車場
  6.引越し
第5章 医療・介護・保育サービス
  1.医療・病院
  2.在宅・訪問介護ービス
  3.有料老人ホーム
  4.グループホーム・分譲マンション
  5.サービス付き高齢者向け住宅
  6.シニア向け支援サービス
  7.保育・託児サービス
第6章 教育・学習塾サービス
  1.幼児英才教育
  2.学習塾・予備校
  3.資格学校
  4.eラーニング
  5.カルチャースクール
  6.語学学校
  7.通信教育
  8.自動車教習所
第7章 生活関連サービス
  1.理美容業
  2.エステティックサロン
  3.ヘアケアサロン
  4.クリーニング業
  5.銀行(都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、ネット銀行)
  6.証券
  7.保険(生命保険・損害保険)
  8.消費者金融
  9.クレジットカード
  10.不動産仲介業
  11.住宅リフォーム
  12.ホームセキュリティ
  13.結婚関連サービス業
  14.フューネラルビジネス(葬祭業)
  15.自動車整備
  16.家事代行
  17.コインランドリー
  18.ペット関連サービス
  19.コインロッカー
  20.収納ビジネス
第8章 外食サービス
  1.一般外食店
  2.中食
  3.食品宅配サービス
  4.給食サービス
  5.複合カフェ
第9章 旅行・宿泊関連サービス
  1.旅行業
  2.ホテル・旅館
  3.会員制リゾートクラブ
  4.クルーズ事業
  5.民泊
第10章 レジャー・スポーツ関連サービス
  1.映画産業(映画館・映画配給)
  2.スポーツ/ライブ・エンタテインメント
  3.カラオケボックス  
  4.パチンコ(ホール運営)
  5.アミューズメント施設
  6.遊園地・テーマパーク
  7.温浴施設
  8.フィットネスクラブ
  9.ボウリング場
  10.ゴルフ場・ゴルフ練習場
  11.フットサル
  12.eスポーツ
第11章 事業所向けサービス
  1.リース
  2.広告制作・広告代理業
  3.イベント企画・運営
  4.ディスプレイ業
  5.一般・専門業務受託業
  6.人材サービス
  7.警備保障
  8.ビルメンテナンス業
  9.リネンサプライ
  10.業務用システム・ソフト開発
  11.倉庫業
  12.産業廃棄物処理業
  13.法律・会計事務所
  14.シェアオフィス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,800
148,000
14,800
162,800
148,000
14,800
195,800
178,000
17,800
325,600
296,000
29,600
358,600
326,000
32,600
488,400
444,000
44,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています