2020年版 OTC市場の展望と戦略

発刊日
2020/07/31
体裁
A4 / 311頁
資料コード
C62109700
PDFサイズ
2.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書においてはOTC市場の調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)OTC市場の市場規模
(2)OTC市場の参入企業別シェア、企業別の動向
(3)OTC市場の展望と課題
(4)OTC市場の将来の市場規模予測
調査対象市場
(1)総合感冒薬(2)ドリンク剤・ミニドリンク剤(3)ビタミン剤(4)胃腸薬(5)整腸薬・止瀉薬(6)解熱鎮痛剤(7)目薬(8)パップ剤・プラスター(9)水虫薬(10)便秘薬(11)痔疾用薬
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:OTC製造販売業詳細調査19件、簡略調査202件 合計221件
調査方法:(1)直接面接取材(2)IR情報調査、文献調査その他デスクリサーチ
調査期間:2020年5月~2020年7月

資料ポイント
Close

  • 2019年度まで堅調だったインバウンド需要が2020年度は激減
    特需終焉で新たな収益モデル構築が急務
  • 2019年は目薬、鼻炎薬、ビタミン剤、解熱鎮痛剤などが堅調推移、水虫薬、ドリンク剤・ミニドリンク剤などが苦戦
  • スイッチOTC化の促進が市場拡大の鍵握るも、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、既存品の販売戦略再構築が市場拡大の課題。
  • 主要メーカーの実態と将来戦略を徹底分析-2019年度の概況、OTC部門売上高推移、販売戦略、製品開発動向、新製品投入予定、今後の事業戦略、主要・有望薬効の実態と中期予測-市場規模推移と予測、企業別シェア、市場概況、主要企業動向、主要製品動向、他
  • 前回版との違い
    記載内容を見直し、最近の取り組みに関する動向を中心に情報掲載。

資料概要
Close

第1章 OTC市場の展望と戦略
第2章 主要・有望OTC市場の実態と中期予測
第3章 主要メーカーのOTC戦略
第4章 企業別個表

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 OTC市場の展望と戦略

1.OTC市場の動向
  ・2019年のOTC市場は前年比0.2%増の8,350億円と推測
    【図】OTC市場規模推移と予測(2005年~2023年)
2.OTCメーカーの動向と戦略
  ・大正製薬ホールディングスの2019年度セルフメディケーション事業
   国内売上高は、前期比0.8%増の1,471億円と堅調推移
  ・主力品が好調推移しロート製薬、第一三共ヘルスケアは大幅増収
    【表】OTC主要11薬効の市場規模推移と予測(2009~2023年)
  ・小林製薬、ゼリア新薬工業、久光製薬、エーザイも好調推移
    【表】主要企業のOTC関連売上高推移(2014年度~2019年度)
  ・基本戦略は既存ブランドの拡大と新ブランドの育成。
   新規カテゴリーではスキンケア分野、新規事業は通信販売と海外展開に注力
  ・既存チャネルに次ぐ新規チャネルの育成に向け、
   健康食品や化粧品を中心に通信販売事業を強化
  ・大正製薬の海外OTC事業は、インドネシア、タイ、
   マレーシア、フィリピン、ベトナムの5ヵ国を中心に展開
  ・佐藤製薬の海外事業はアジア地域を中心に北米、ヨーロッパに7拠点
   中国ではEコマースなど効率的な販路も視野に入れた販売体制の構築を進める
  ・第一三共ヘルスケアは中国やタイで「ミノン アミノモイスト」シリーズを販売
3.OTC市場の展望
  ・新製品開発ではコンシューマーヘルスケア全般からの視点による
   取り組みが重要。目薬や解熱鎮痛剤は、高機能・高価格帯製品が市場を活性化
  ・女性向け商品の他、高齢者需要を見込んだ製品や新たな切り口による訴求に期待
  ・日本OTC医薬品協会は、効き目と安全性に優れたOTC医薬品の拡充などで、
   2025年度にOTC医薬品市場(小売ベース)1兆8,000億円の拡大を目指す
  ・2017年から導入されたセルフメディケーション税制、
   消費者の認知度向上が課題
  ・新型コロナウイルス感染症拡大によるインバウンド需要減少で、国内市場の
   活性化が急務。OTCによるセルフメディケーション推進の重要性高まる

第2章 主要・有望OTC市場の実態と中期予測

1.総合感冒薬
  ・各社の新製品展開と販促活動は症状別訴求がさらに進展
   市場の行方を大きく左右するセルフメディケーション推進策に注目
    【図】総合感冒薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】総合感冒薬シェア(2019年)
2.ドリンク剤・ミニドリンク剤
  ・効能表示変更や新製品投入など積極展開図るも市場トレンドは漸減傾向
   若年層や女性の未使用層など新規顧客開拓が不可欠
    【図】ドリンク剤・ミニドリンク剤市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】ドリンク剤・ミニドリンク剤シェア(2019年)
3.ビタミン剤
  ・インバウンド需要等で市場成長も、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で
   今後のインバウンド需要は不透明。国内需要の喚起が課題
    【図】ビタミン剤市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】ビタミン剤シェア(2019年)
4.胃腸薬
  ・暴飲暴食に対するニーズは減少傾向の一方、胃腸症状に悩む消費者ニーズは
   多様化。症状別訴求と情報提供による潜在需要の掘り起しに課題
    【図】胃腸薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】胃腸薬シェア(2019年)
5.整腸薬・止瀉薬
  ・インバウンド需要が寄与も市場は微増が継続。本格的な市場成長には、
   高齢者層を中心とした腸内環境改善訴求による潜在需要喚起が課題
    【図】整腸薬・止瀉薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】整腸薬・止瀉薬シェア(2019年)
6.解熱鎮痛剤
  ・プレミアム処方の高機能品の貢献で市場成長。成長継続には頭痛、生理痛以外の
   腰痛、関節痛など幅広い年齢層に対する多様な痛みへの訴求が課題
    【図】解熱鎮痛剤市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】解熱鎮痛剤シェア(2019年)
7.目薬
  ・インバウンド需要で安定的成長も2020年以降は市場減少の見込み。
   成長持続には引き続き新規需要開拓による国内需要の拡大が不可欠
    【図】目薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】目薬シェア(2019年)
8.パップ剤・プラスター
  ・インバウンド需要で安定推移も今後は不透明。継続的な市場拡大には
   医療用からOTCへの需要取り込み、新規顧客開拓が不可欠
    【図】パップ剤・プラスター市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】パップ剤・プラスターシェア(2019年)
9.水虫薬
  ・市場の減退に歯止めが掛からず。課題の女性需要の掘り起こしには、
   フットケア関連製品全体としての情報提供や売り場づくりに可能性も
    【図】水虫薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】水虫薬シェア(2019年)
10.便秘薬
  ・新規顧客開拓が進展し近年は一定の売上が継続。市場成長の継続には、
   引き続き認知度向上と適切な使用方法の提案が不可欠
    【図】便秘薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】便秘薬シェア(2019年)
11.痔疾用薬
  ・潜在需要の開拓が進まず市場は漸減傾向。成長には店頭での相談機能強化が
   不可欠。注入と塗布の2つの使い方が可能な注入軟膏の成長に期待
    【図】痔疾用薬市場規模推移と予測(2014年~2023年)
    【図】痔疾用薬シェア(2019年)

第3章 主要メーカーのOTC戦略

1.エーザイ(株)
  ・「チョコラBB」ブランドの好調推移で二桁増収
   2017年9月に台湾で「チョコラBBプラス」を発売、アジアでの本格展開を推進
    【図】薬粧部門売上高推移
2.エスエス製薬(株)
  ・サノフィ傘下への移行から3年半が経過。「解熱鎮痛剤」
   「風邪&咳、アレルギー」「胃腸薬・便秘」「生活改善」の4カテゴリーに重点
    【図】コンシューマーヘルスケア部門売上高推移
3.グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン(株)
  ・2018年にGSKの完全子会社に移行
   日本市場で存在感を示すべく事業展開を進める
4.クラシエ製薬(株)
  ・年齢による悩みに対応する処方を集めた「漢方セラピーゴールドシリーズ」を
   新たにラインアップ、50歳以上の潜在需要の開拓図る
    【図】OTC関連売上高推移
5.興和(株)
  ・既存品の堅調推移と新製品の寄与で、売上高は約500億円に。
   興和新薬を吸収合併し、さらなる拡大を目指す。
    【図】売上高推移
6.小林製薬(株)
  ・中期経営計画では既存事業のレベルアップを重点の一つに。
   開発は免疫、温熱、認知症等にリソースを集中。
    【図】OTC部門売上高推移
7.佐藤製薬(株)
  ・「ユンケル」「アセス」「ストナ」など主力ブランドの拡大に重点
   業態別の取り組み強化へ営業組織を再編、SMに対する営業活動も強化
    【図】OTC関連売上高推移
8.参天製薬(株)
  ・インバウンド需要が落ち込み、売上高は一定の規模に留まる。
   医療用点眼薬のトップ企業として独自商品の創出目指す
    【図】OTC部門売上高推移
9.シオノギヘルスケア(株)
  ・ココロとカラダの両面に対してセルフケアを提供する
   ライフサポーターを目標に、2020年度売上高100億円の達成を目指す
    【図】売上高推移
10.ゼリア新薬工業(株)
  ・「ヘパリーゼ群」好調推移も、「コンドロイチン群」は競争激化で苦戦
   主力製品のブランド力向上と西洋ハーブ製剤の市場構築を推進
    【図】コンシューマーヘルスケア部門売上高推移
11.第一三共ヘルスケア(株)
  ・ミノン」「トランシーノ」「ロキソニンS」など主力ブランド堅調推移で、
   2020年3月期売上高は前期比3.2%増の685億円を確保
    【図】売上高推移
12.大幸薬品(株)
  ・「正露丸クイックC」で若年層を開拓し市場活性化への寄与を期待。
   一般用「クレベリン」のリニューアルなど感染管理事業にも注力
    【図】売上高推移
13.大正製薬(株)
  ・企業価値の最大化に向け、引き続き国内は需要創造と強固なブランド作りの
   活動を強化。海外は既進出地域におけるプレゼンスの向上に注力
    【図】セルフメディケーション部門売上高推移
14.大鵬薬品工業(株)
  ・当面の目標である売上高300億円の達成へ、「チオビタ」
   「ソルマック」を主軸にした既存ブランドの拡大と新製品開発に注力
    【図】ヘルスケア部門売上高推移
15.武田コンシューマーヘルスケア(株)
  ・OTC医薬品、通販チャネル等の投資を実施。
   親会社による事業売却検討の動き含め、今後の事業展開に注目が集まる
    【図】売上高推移
16.ビオフェルミン製薬(株)
  ・2017年10月から大正製薬による直接販売を開始
   共同開発やきめ細かい情報活動により、ブランドのさらなる育成を図る
    【図】OTC部門売上高推移
17.久光製薬(株)
  ・医療用医薬品売上高の縮小を予測、一般用医薬品事業に注力。国内は
   新領域への積極的な進出、商品改良、市場内におけるプレゼンス向上に重点
    【図】OTC部門売上高推移
18.ライオン(株)
  ・2018年6月から「バファリン」の新キャンペーン「TIME IN A BOX」を実施、
   解熱鎮痛剤への興味や関心を喚起しセルフメディケーションの拡大目指す
    【図】薬品部門売上高推移
19.ロート製薬(株)
  ・スキンケア、アイケア、内服・食品関連の各カテゴリーとも好調推移
   シオノギヘルスケアとの協業で、さらなる売上伸長を狙う
    【図】売上高推移

第4章 企業別個表

アース製薬、浅田飴、アサヒグループ食品、アスゲン製薬、阿蘇製薬、天藤製薬、アラクス、有川製薬、アロエ製薬、池田模範堂、池田薬品工業、イスクラ産業、伊丹製薬、イチジク製薬、井藤漢方製薬、犬伏製薬、岩城製薬、牛津製薬、うすき製薬、ウチダ和漢薬、宇津救命丸、エムジーファーマ、オーヤラックス、オール薬品工業、近江兄弟社、大石膏盛堂、大木製薬、大草薬品、大杉製薬、太田胃散、大塚製薬、大塚製薬工場、大峰堂薬品工業、岡山大鵬薬品、奥田又右衛門膏本舗、カーヤ、カイゲンファーマ、兼一薬品工業、亀田利三郎薬舗、河合製薬、北日本製薬、キップ薬品、救急薬品工業、救心製薬、京都薬品工業、協同薬品工業、共立薬品工業、杏林製薬、キョーリンリメディオ、協和新薬、キョクトウ、金冠堂、金陽製薬、健栄製薬、廣貫堂、皇漢堂製薬、廣昌堂、国民製薬、小堺製薬、小太郎漢方製薬、小林化工、小林薬品工業、米田薬品工業、西海製薬、再春館製薬所、剤盛堂薬品、栄新薬、阪本漢法製薬、笹岡薬品、佐藤薬品工業、サラヤ、三恵製薬、サンケミファ、三光丸、サンノーバ、三宝製薬、ジェーピーエス製薬、滋賀県製薬、資生堂、至誠堂製薬、ジャパンメディック、昭和製薬、白石薬品、新新薬品工業、仁生堂、新生薬品工業、伸和製薬、翠松堂製薬、スノーデン、生晃栄養薬品、ゼネル薬品工業、千寿製薬、全薬工業、ゾンネボード製薬、ダイト、ダンヘルスケア、第一薬品工業、大協薬品工業、大晃生薬、大昭製薬、大東製薬工業、大同薬品工業、大和生物研究所、大和製薬、高市製薬、高砂薬業、武田ヘルスケア、建林松鶴堂、田辺三菱製薬、玉川衛材、田村薬品工業、丹平製薬、中央薬品、中外医薬生産、中京医薬品、中新薬業、ツムラ、テイカ製薬、帝國製薬、東亜薬品、東京甲子社、東光薬品工業、東興薬品工業、同仁医薬化工、東洋カプセル、東洋漢方製薬、東洋薬行、常盤薬品工業、トクホン、栃本天海堂、富山めぐみ製薬、長野県製薬、日新製薬(山形)、日新製薬(滋賀)、日新薬品工業、日水製薬、日東メディック、日東薬品工業、日邦薬品工業、日本製薬、日本製薬工業、日本臓器製薬、日本薬剤、日本薬品、日本薬品工業、パナケイア製薬、万協製薬、パンビー製薬、ビオメディクス、備前化成、ビタエックス薬品工業、日野製薬、日野薬品工業、樋屋製薬、福井製薬、福地製薬、ホーユー、芳香園製薬、堀井薬品工業、本草製薬、前田薬品工業、松田医薬品、松田薬品工業、松本製薬工業、摩耶堂製薬、丸石製薬、マルホ、萬金薬品工業、御木本製薬、ミズホメディー、ミナト製薬、ミヤリサン製薬、ムネ製薬、明治、明治製薬、明治薬品、メルスモン製薬、森田薬品工業、薬王製薬、ヤクハン製薬、八ツ目製薬、山崎帝国堂、山善製薬、山本漢方製薬、ユースキン製薬、祐徳薬品工業、雪の元本店、陽進堂、養命酒製造、吉田薬品工業、米田薬品、リードケミカル、理研化学工業、理研新薬、リバテープ製薬、龍角散、老舗恵命堂、ワカサ、わかもと製薬、和漢薬研究所、湧永製薬、ワダカルシウム製薬

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。