2020年版 医薬品流通市場の将来展望

本書では、わが国の医薬品流通の最新事情と現状における課題を踏まえつつ、今後どのようなことを強化し、どのような方向に向かうのかということをテーマにしております。わが国の医薬品卸は時代の変化を受け入れながら独自の変化を遂げ、企業力強化につなげてきました。この活力は今後も発揮されることが期待されます。それだけに医薬品卸や製薬企業の関係者の方々はもちろんのこと、新たに医療分野への参入を検討されておられる企業の方々にとっても本書は有効活用できる内容となっており、ぜひこの機会にお役立ていただけますれば幸いです。

発刊日
2020/08/下旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C62108400
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 新常態下における医薬品流通市場の実態とその将来
  • 医薬品卸に押し寄せる新たな波を分析
  • 主要医薬品卸各社の取り組みと今後の展開を予想
  • 医薬品流通・医薬品卸関連データ一覧
  • 前回版との違い
    コロナ禍での医薬品業界の対応とデジタル化が進む医薬品業界の実態を分析し、その将来を予測。

リサーチ内容

2020年7月10日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 withコロナの時代の医療と社会

新型コロナウイルス感染症拡大で混迷する医療と社会
  短期間で感染拡大
  コロナ禍で明らかになったこと
  いったい何が効いたのかわからない国
  医療機関や薬局の患者は大幅減少
  感染症拡大阻止への対応が脆弱なわが国
  感染症法がPCR検査体制強化の遅れに
  中国を起点としたサプライチェーンの見直し
  新型コロナウイルスによって浮き彫りになった経営課題
  withコロナの時代の新常態
  進むわが国企業のDX

2020年度診療報酬改定は『働き方改革』が最大のテーマに
  全体ではマイナス、本体ではプラス
  働き方改革推進のための布石
  今回の調剤報酬改定は嵐の前の静けさか
  次回改定は、どうなるのか

ようやく消費税10%引き上げを達成
  消費税引き上げに伴う診療報酬改定
  10%増税は通過点なのか
  経済成長に依存した財源確保の終焉

オンライン診療の現状と今後
  新型コロナウイルスの感染拡大が普及の後押しに
  厚労省、実施医療機関名を公表
  オンライン診療は危機の多様化への対応

強まる中間年薬価改定実施の声

第2章 新常態の下での医療

新型コロナウイルス感染症拡大で追い詰められた医療機関
  医療崩壊危機を叫び続けた医療機関や関係者
  新型コロナウイルスは患者だけではなく、医療機関経営も悪化させた
  診療報酬を2倍に引き上げても足りなかった
  第2次補正予算は医療機関経営の崩壊を阻止できるか
  秋口までに第2波に備えた対応ができるのか

withコロナの時代の病院と診療所

コロナ禍では存在感が薄かった薬局や薬剤師
  マンツーマン薬局は悲鳴を上げている
  コロナ禍で面分業が進展
  かかりつけ薬局は一本足では対応できない
  コロナ禍で薬剤師の存在感が希薄
  薬局もBCPが必要

withコロナの時代の薬局

withコロナでデジタル化が加速する製薬企業
  新型コロナウイルスでDrug Repositioningが活発化
  withコロナの時代はデジタル化が加速
  DXを本格化するわが国の製薬企業各社
  デジタルツールのライフサイクル
  withコロナの時代のデジタルツールの特徴

withコロナの時代の製薬企業

第3章 新常態で勝ち抜く医薬品卸は

予測していなかった事態が生じ混乱する医薬品流通市場
  4大医薬品卸の談合疑惑
  新型コロナウイルス感染症拡大でMS活動が停滞

新常態への適応ができるのか、そして最も適応能力が高い医薬品卸はどこなのか
  医薬品卸各社の決算内容
  大手5社のクロスSWOT分析
  戦略的提携構築で新たな境地を見出すことができるのか
  MSもそのあり方が変わる
  デジタル化の波はここにも押し寄せている
  付加価値サービス型ビジネスモデルへの変革を掲げる東邦ホールディングス
  取り組みが着実に成果として積み上がるスズケン
  新常態のトップランナーを目指すメディパルホールディングス
  グループ企業と提携企業の力を結集し、総合力で強化するアルフレッサホールディングス
  エマージングビジネス強化で新たな活路を見出せるのかバイタルケーエスケー・ホールディングス

withコロナの時代の医薬品卸

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。