転換期を迎えた「道の駅」の活用戦略分析 ~地方創生に向けた機能拡大とビジネスモデルの展望~

1993年の制度開始以降、「道の駅」は全国的に整備・拡大が進み、2020年3月には1,173箇所に達した。従来からの休憩施設としての基本機能(トイレ、飲食店や売店など)に加え、観光や防災など提供機能の多様化が進んでいる。今後、2020年~2025年を「道の駅 第3ステージ」として、地方創生や観光を加速させる重要な社会インフラとして重点的な整備が進められる見通しである。そのような転換期にある「道の駅」の背景と現状を整理するとともに、主に、期待される機能と民間企業の参入事例の整理・分析を通じて、今後の「機能拡大の方向性」と「民間参入モデル」を考察することで、さらなる「道の駅」の活用促進及び投資拡大を検討するための基礎情報とすることを目的とした。

発刊日
2020/09/30
体裁
A4 / 79頁
資料コード
C62110100
PDFサイズ
4.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

99,000
90,000
9,000
99,000
90,000
9,000
132,000
120,000
12,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:全国「道の駅」に関する設置者、管理運営者
調査対象先:「道の駅」の設置主体(自治体等)、管理運営主体(第三セクター、民間事業者等)、及び関連団体
調査方法:文献調査
調査期間:2020年6月~2020年9月

資料ポイント
Close

  • 「道の駅」の整備状況と拡大の方向性がコンパクトにまとまったレポート。
  • 特に「道の駅ビジネス」に関心を持つ民間企業等にとって必要となる最新トレンドやケーススタディなどの参入モデル検討に向けた情報を掲載。

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 機能拡大と参入企業の動向

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

第1節 「道の駅」制度の概要
 1.「道の駅」の沿革とコンセプトの変遷
  (1)「道の駅」制度の沿革
  (2)変化する「道の駅」の役割と新たなコンセプト
  (3)2025年に目指す新たな「道の駅」の姿
 2.重点「道の駅」制度にみる整備の方向性
  (1)重点「道の駅」制度の創設
  (2)これまでに選定された重点「道の駅」
  (3)今後期待される機能拡大の方向性
  (4)充実が進められている「道の駅」支援体制
第2節 施設の整備状況
 1.登録数の動向
  (1)全体登録数の推移
  (2)地域別登録数の状況
  (3)運営主体の動向
 2.提供機能の動向
  (1)全体の設備状況
  (2)地域別の機能整備状況
第3節 道の駅が抱える課題と解決の方向性
 1.抱えている課題
  (1)運営・収益性に係る課題
  (2)2025年に向けた拠点整備と機能拡大対応への課題
  (3)新型コロナ影響によるニューノーマル対応
 2.課題解決に向けた方向性
  (1)民間活用(資本・ノウハウ)
  (2)道の駅関係者間の連携推進

第2章 機能拡大と参入企業の動向

第1節 機能拡大のトレンド分析
 1.インバウンド観光促進に向けた機能拡大
  (1)インバウンド受入環境整備
  (2)「道の駅」を拠点としたレンタカーツーリズムの促進
 2.地域観光窓口としての機能拡大
  (1)デジタルサイネージを活用した情報提供
  (2)AI技術を搭載したデジタルサイネージ
 3.地方移住等の推進に向けた機能拡大
  (1)ワーケーションによる関係人口の創出
 4.地域産業振興に向けた機能拡大
  (1)道の駅が主体となった6次産業化
  (2)EC化推進の取組(全国道の駅連絡会)
 5.日常サービス等福祉機能の向上に向けた機能拡大
  (1)「道の駅」を拠点とした自動運転サービス
  (2)ドローンを活用した買い物支援サービス
 6.高度防災機能の向上に向けた機能拡大
  (1)南海トラフ地震等に備えた地域防災活動拠点
    ~道の駅「とよはし」
  (2)火山や豪雪等のあらゆる災害に対応した総合防災拠点
    ~「道の駅」猪苗代
第2節 民間企業の「道の駅」参入モデルの考察
 1.まとめ
 2.経営改善型参入モデル
  (1)外食事業ノウハウを活用し、「道の駅」受託を拡大
    ~ダイナックHD
  (2)トータルアウトソーシングで多様な「道の駅」ニーズに対応
    ~シダックスグループ
  (3)「道の駅」を地域商社化し、地域活性化・雇用創出に貢献
    ~パソナグループ
  (4)「道の駅」のトータルプロデュースによる地域活性化
    ~株式会社TTC
  (5)コーディネート機能を高めた交流型6次産業化を提唱
    ~ファーマーズ・フォレスト
  (6)道の駅をハブとした「人と農産物」の流通システムを提供
    ~アグリメディア
 3.機能提供型参入モデル
  (1)宿泊機能を「道の駅」に付加し、地域観光ハブ機能化を支援
    ~積水ハウス
  (2)ワーケーションによる「道の駅」と連携した関係人口創出
    ~パソナJOB HUB
  (3)スマートシティ拠点として「都市型・道の駅」を整備
    ~清水建設

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

99,000
90,000
9,000
99,000
90,000
9,000
132,000
120,000
12,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。