2020 空間活用ビジネスの事例研究と動向調査

新型コロナウイルスの影響によって急激にリモートワーク化が進んだ昨今、シェアリングエコノミーの考え方を取り入れたスペースの利活用ビジネスの重要性は日増しに高まっている。今後、オフィスの在り方が変質化し都心部におけるオフィスビルなどの空室率が上昇すれば、有休スペースの供給量が増え、空間活用ビジネスが改めて脚光を浴びる可能性も高い。本調査レポートでは、こうした空間活用ビジネス市場の潮流を捉え、スペース利活用の効果的な事例・ビジネスモデルを考察・分析する。

発刊日
2020/08/31
体裁
A4 / 223頁
資料コード
C62113200
PDFサイズ
5.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本資料では、遊休オフィスビルや遊休土地、施設を活用して、サービスを運営することで収入を得るビジネスを「空間活用ビジネス」と定義している。
その中でも、本資料では、主にビルテナントとして空間活用ビジネスを行う「シェアオフィス、フィットネスクラブ、コインランドリー」、土地活用として空間活用ビジネスを行う「駐車場・コインパーキング/収納ビジネス」、空き家活用として空間活用ビジネスを行う「民泊」、施設の遊休面積で空間活用ビジネスを行う「コインロッカー」の7市場に注目して、各市場の市場実態を把握するために、主要企業の動向や、利用者のトレンドなどを調査分析する。
調査対象:シェアオフィス市場/コインランドリー市場/駐車場・コインパーキング市場/民泊市場/コインロッカー市場/収納ビジネス市場/フィットネスクラブ市場
調査方法:直接面接取材、及び文献調査
調査期間:2020年7月~2020年8月

資料ポイント
Close

  • 空間活用ビジネスとして、シェアオフィス市場、コインランドリー市場、駐車場・コインパーキング市場、民泊市場、コインロッカー市場、トランクルーム市場、フィットネスクラブ市場などの市場性や市場動向を整理。
  • 前回との違い:コロナショックによって大きく変化する市場も出てきた空間活用ビジネス関連市場の最新動向とトピックを掲載

資料概要
Close

第1章 シェアオフィス(レンタルオフィス、コワーキングスペース)市場
第2章 コインランドリー市場
第3章 駐車場・コインパーキング市場
第4章 民泊市場
第5章 コインロッカー市場
第6章 収納ビジネス市場
第7章 フィットネスクラブ市場

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 シェアオフィス(レンタルオフィス、コワーキングスペース)市場

1.生産年齢人口と労働力人口の変化
 1)生産年齢人口の変化
 2)労働力人口の変化
2.コロナ禍によるシェアオフィス市場の変化
 1)コロナ禍のシェアオフィス市場の変化と潮流
 2)シェアオフィス市場への新たな参入の動き
 3)大手企業を中心としたオフィス削減の動きやトピック
3.シェアオフィス市場とは
4.シェアオフィス市場における主要プレイヤー
5.シェアオフィス市場の動向
 1)市場規模と将来性
 2)シェアオフィス市場の特性・傾向
6.主要プレイヤーを取り巻く近年の競争環境
7.顧客ニーズについて
8.有力事業者の提供サービスと動向

(企業事例)
WeWork Japan合同会社

第2章 コインランドリー市場

1.コインランドリー市場の成り立ち
2.コインランドリー業とその関連業種
3.コインランドリー市場のサプライチェーンと特徴
4.コインランドリー市場規模推移
5.参入プレイヤーの近年の動向・トピック
6.コインランドリーの利用者動向とその変化
7.コインランドリーの地域別展開状況
8.クリーニング店の近年の状況
 1)クリーニング店の市場規模
 2)クリーニング業界のサプライチェーン
 3)クリーニング業界の主要プレイヤー

(企業事例)
WASHハウス株式会社
株式会社エムアイエス
エレクトロラックス・プロフェッショナル・ジャパン株式会社
株式会社センカク
株式会社Fujitaka

第3章 駐車場・コインパーキング市場

1.駐車場とは
 1)駐車場法に基づく分類
 2)駐車場の設置場所に基づく分類
 3)契約形態に基づく分類
2.駐車場の市場動向
 1)国内の駐車場台数の推移
 2)コインパーキング市場の動向
 3)駐車場を含むスペースシェアリングの市場動向
3.駐車場の設備機器市場
4.貸し駐車場関連企業の業績推移

(企業事例)
akippa株式会社
日本駐車場開発株式会社
軒先株式会社
パーク24株式会社

第4章 民泊市場

1.住宅宿泊事業者と宿泊者の動向
 1)住宅宿泊事業法
 2)住宅登録者の状況
 3)宿泊者の状況
2.民泊サービス事業と運営事業者の動向
 1)民泊サービス事業構造と市場規模
 2)運営事業者の動向

第5章 コインロッカー市場

1.国内経済と観光・レジャーの冷え込みによってダメージを受けるコインロッカー市場
2.物品預り業の現状・構造
3.コインロッカー市場における近年の動向
4.コインロッカー市場の主要プレイヤー
5.コインロッカー業界における近年のトピック
6.その他のロッカー動向
 1)宅配ロッカー
 2)冷蔵ロッカー
7.コインロッカー市場における空間活用の事例

(企業事例)
ecbo株式会社
株式会社アルファロッカーシステム
グローリーサービス株式会社

第6章 収納ビジネス市場

第1節 レンタル収納市場
1.レンタル収納の市場定義
2.レンタル収納の市場規模
3.レンタル収納の参入事業者/ランキング
 1)拠点数ランキング
第2節 トランクルーム市場
1.トランクルームの市場定義
2.トランクルームの市場規模
3.宅配型・クラウド型トランクルーム

(企業事例)
エリアリンク株式会社
株式会社ライゼ

第7章 フィットネスクラブ市場

1.コロナショックが深刻なフィットネスクラブ市場
2.フィットネスクラブ市場の概要
3.フィットネスクラブ市場規模・シェア
 1)レジャー白書によるフィットネスクラブ市場規模
 2)特定サービス産業動態統計調査によるフィットネスクラブ事業者総売上高
4.主要プレイヤーの業績推移
5.主要プレイヤーの会員数
6.主要プレイヤーの店舗数
7.ユーザー属性
8.その他のフィットネスクラブ関連統計

(企業事例)
株式会社カーブスジャパン
株式会社ティップネス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
143,000
130,000
13,000
176,000
160,000
16,000
286,000
260,000
26,000
319,000
290,000
29,000
429,000
390,000
39,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。