2020年版 介護食、高齢者食、治療食の市場実態と展望

発刊日
2020/09/下旬
体裁
A4 / 約350頁
資料コード
C62115400
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
154,000
140,000
14,000
187,000
170,000
17,000
308,000
280,000
28,000
341,000
310,000
31,000
462,000
420,000
42,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 介護食、高齢者食、治療食は成長市場
  • 高齢化、単身化、生活習慣病が追い風に
  • 高齢者は病院、施設から在宅へ移動
  • 注目されるフレイル、ロコモティブシンドローム
  • 在宅市場が開けつつある嚥下食市場
  • 調理の人手不足が咀嚼困難者食市場を拡大
  • ユニバーサルデザインフードとスマイルケア食
  • NSDが在宅配食ガイドラインを実装化
  • 在宅配食はチルドから冷凍に広がる
  • 民間介護施設が市場を牽引
  • 介護予防食が高齢者の低栄養を改善
  • 様々な形態に分化する濃厚流動食
  • 注目集める70社を研究
  • 前回版との違いとして、新型コロナの影響を分析

リサーチ内容

2020年7月30日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 注目市場動向

1.介護食、高齢者食、治療食は成長市場
2.高齢化、単身化、生活習慣病が追い風に
3.高齢者は病院、施設から在宅へ
4.注目されるフレイル、ロコモティブシンドローム
5.増え続ける要介護・要支援認定者
6.ニーズ高まるユニバーサルデザインフード
7.スマイルケア食の認定状況
8.在宅高齢者の栄養管理ガイドラインとNSDの活動
9.加工食品メーカーは高齢者食事業を強化
10.在宅配食サービスが市場を拡大
11.在宅配食サービスで冷凍弁当が増加
12.様々な形態に分化する濃厚流動食
13.注目集める介護予防食
14.新型コロナの影響と参入企業の対応状況
15.介護食、高齢者食、治療食の将来展望

第Ⅱ章 介護食の市場分析

1.市場動向
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)濃厚流動食
2.参入企業動向
  1)加工食品メーカー
  2)給食企業
  3)在宅配食企業
3.製品動向
  1)嚥下食(とろみ調整食品、ゲル化剤、等)
  2)咀嚼困難者食(やわらか食、ブレンダー食、等)
  3)濃厚流動食(総合栄養流動食、病態別流動食、等)
4.市場規模推移(2015~2019年度)
5.カテゴリ別市場構成比(2019年度)
6.現状の問題点と課題
7.今後の市場見通し
8.市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅲ章 高齢者食の市場分析

1.市場動向
  1)加工食品
  2)入所高齢者食
  3)在宅配食サービス
2.参入企業動向
  1)加工食品メーカー
  2)給食企業
  3)在宅配食企業
3.製品動向
  1)介護予防食(加工食品、入所高齢者食)
  2)健康バランス食(在宅配食サービス)
4.市場規模推移(2015~2019年度)
5.カテゴリ別市場構成比(2019年度)
6.現状の問題と課題
7.今後の市場見通し
8.市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅳ章 治療食の市場分析

1.市場動向
  1)加工食品
  2)入院患者食、入所高齢者食
  3)在宅配食サービス
2.参入企業動向
  1)加工食品メーカー
  2)給食企業
  3)在宅配食企業
3.製品動向
  1)たんぱく調整食
  2)エネルギー調整食
  3)脂質調整食
4.市場規模推移(2015~2019年度)
5.カテゴリ別市場構成比(2019年度)
6.現状の問題点と課題
7.今後の市場見通し
8.市場規模予測(2020~2024年度)

第Ⅴ章 有力介護・高齢者食、治療食企業の個別実態(約70社)

<加工食品メーカー・卸>(以下を中心に約35社)
アサヒグループ食品、旭松食品、味の素、アボットジャパン、イーエヌ大塚製薬、EAファーマ、H+Bライフサイエンス、エム・シー・シー食品、大塚製薬工場、オカフーズ、キッセイ薬品工業、木徳神糧、キユーピー、クリニコ、グンプン、ケイエス冷凍食品、タカキベーカリー、大冷、大和製罐、タスカル、テルモ、トーアス、トオカツフーズ、堂本食品、ニチレイフーズ、日清オイリオグループ、ニュートリー、ネスレ日本、ハウス食品、バイオテックジャパン、フードケア、ファイン、ファンデリー、フジッコ、ベスト、ヘルシーフード、ホテイフーズコーポレーション、ホリカフーズ、マルハチ村松、マルハニチロ、三島食品、武蔵野フーズ、明治、メディカルフーズ、𠮷野家、療食サービス

<給食・在宅配食企業>(以下を中心に約35社)
あおもりコープフーズ、一冨士フードサービス、イフスコヘルスケア、魚国総本社、エ-ムサービス、クックデリ、グリーンハウス、シダックス、シニアライフクリエイト、シルバーライフ、西洋フード・コンパスグループ、生活協同組合コープこうべ、SOMPOケアフーズ、ジョイント、東洋食品フードサービス、ナリコマエンタープライズ、日米クック、ニッコクトラスト、日清医療食品、日本ゼネラルフード、はーと&はあとライフサポート、ハーベスト、フジ産業、富士産業、メーキュー、みやぎ保健企画、メフォス、LEOC、レパスト、ワタミ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
154,000
140,000
14,000
187,000
170,000
17,000
308,000
280,000
28,000
341,000
310,000
31,000
462,000
420,000
42,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。