2020 介護ロボットの可能性と将来性

積極的な開発・普及支援策を背景に実用化が進む介護ロボットであるが、今一つ介護現場で普及し使い込まれているという実感はない。しかし、用途や製品によっては着実に出荷実績を伸ばし、普及している例もある。その一方、早期に介護ロボットを製品化しながらも、ここに来て事業撤退する例もある。2020年度は新型コロナウィルスの影響こそ避けられないが、介護ロボットの中にはようやく受け入れられヒット商品として認められるものも出てきた。市場拡大に向けた次のステップに向けて、その可能性や将来性を考察する。

発刊日
2020/11/27
体裁
A4 / 147頁
資料コード
C62119700
PDFサイズ
1.4MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:介護ロボットを対象に、参入企業の取り扱い製品、新規需要開拓や機能拡大の取り組み、需要展望等の事業展開を把握すると共に、それら全体を俯瞰した上で介護ロボット市場の将来性や課題を考察する
調査対象先:国内の介護ロボットメーカや販売会社、それらを応用したシステムの取り扱い企業に加え、介護ロボットに関連する技術開発に取り組む企業や関連団体、関係省庁等
調査方法:弊社研究員が直接面接取材を中心に、電話ヒアリング等を併用した。また、公表されている資料やデータ、文献、研究成果、新聞記事、社内資料等も参考にしている
調査期間:2020年8月~2020年11月

調査結果サマリー
Close

介護ロボット市場に関する調査を実施(2020年)
用途により成長性に差が出るが、全体では拡大続く介護ロボット国内市場
~第三世代製品や新規参入企業が牽引し、次のステップに移行する見通し~

資料ポイント
Close

  • 期待されながらなかなか普及の実感が得られない介護ロボットであるが、移乗支援ロボット、排泄支援ロボットで成功事例が認められつつある。見守り支援ロボットも積極的な導入促進策もあり、徐々に普及する兆しが窺える
  • 一方、移動(歩行)支援ロボット、入浴支援ロボットは、根脱展開もなく、市場規模拡大に期待できる材料は少ない
  • その一方、これまでの製品にみられない新たな切り口で新規参入を図る企業が存在するのも事実で、介護ロボットの進化は止まっていない。介護ロボットは、まずは製品化する第一段階から、現場に合わせた機能や仕様を取り込む第二段階に突入しつつある
  • 2021年度以降の介護ロボット市場で主役となるのは、マーケットインの発想による第三世代製品となるはずで、第二世代までの製品とは一線を画すものになると予想される
  • 前回版との違い
    ・いち早く製品化した先発メーカではなく、差別化を図ろうとする参入時期が新しいメーカやこれから新規参入を図ろうとするメーカを優先して情報入手
    ・成功事例から読み取れるポイントを探り、これからの可能性に着目して将来展望を行う

資料概要
Close

第1章 介護ロボットの市場実態
第2章 用途別介護ロボットの市場動向
第3章 注目参入企業の取り組み実態
第4章 介護ロボットの可能性と将来性

リサーチ内容

第1章 介護ロボットの市場実態

1.ロボット介護機器の開発重点分野(用途)は2017年に拡大され、
  その後変更はない
2.新製品投入と撤退で参入企業に変化があり、第三世代の製品も出る
3.拡大するものの、用途によって差が出る介護ロボットの総市場規模推移

第2章 用途別介護ロボットの市場動向

1.移乗支援ロボット
  (1)装着型3社、非装着型7社の参入。
   新規参入もある一方、消極的な取り組み例もある
  (2)2020年度こそ縮小するが、非装着型が貢献し
   拡大傾向を示す市場規模推移
  (3)2019年度以降大きくシェアを高めるFUJI。
   市場転換を予感させるメーカシェア推移
  (4)期待と課題が混在する変革時期。
   ニーズはあるが、現状のままでは低迷脱出は無理
2.移動(歩行)支援ロボット
  (1)参入企業も製品も限定される。
   その中でこれから新規参入を計画する企業が存在
  (2)新製品は出るものの、縮小が避けられない市場規模。
   現状では需要は限定的
  (3)RT.ワークスの独り勝ちの状態が続くメーカシェア推移。
   ジェイテクトにも注目
  (4)高齢者向けの現状機能では、ニーズはない。
   用途や目的を広げる方向に進む
3.排泄支援ロボット
  (1)5つのタイプに分かれる排泄支援ロボット。新規参入や新製品は限られる
  (2)数量金額ともに、拡大続く市場規模推移。ラップ式Pトイレに大きく依存
  (3)日本セイフティーとアロン化成が独占するメーカシェア
  (4)価格と機能でラップ式Pトイレがリードする。
   排泄予測タイプはユーザ評価次第
4.入浴支援ロボット
  (1)参入社数は4社に限られ、製品数も少ない。
   ロボットとしての機能も中途半端
  (2)算出できない市場規模とメーカシェア。
   一定の需要はあり、先行企業がシェア確保か
  (3)需要拡大には機能を進化させて、
   応用場面拡大と在宅向けの需要開拓が不可欠
5.見守り支援ロボット
  (1)継続的に新規参入がある一方、未展開例もある参入企業。
   参入社数は多い
  (2)施設向けが牽引することで拡大傾向を続ける市場規模推移
  (3)数量と金額で様相が異なるメーカシェア。
   これから普及するにつれシェアも変動
  (4)普及に向けて、施設向けの評価が固まろうとする段階に突入。
   在宅向けはその後

第3章 注目参入企業の取り組み実態

1.(株)アイザック
2.(株)あかね福祉
3.アロン化成(株)
4.(株)イノフィス
5.(株)ジェイテクト
6.(株)ソルクシーズ
7.トーテックアメニティ(株)
8.日本セイフティー(株)
9.ノーリツプレシジョン(株)
10.(株)FUJI
11.リコージャパン(株)

第4章 介護ロボットの可能性と将来性

1.介護ロボットの成功例が示唆する、
  プロダクトアウトからマーケットインへの転換
2.一定のニーズはあるが、現機能のままでは不十分。
  マーケットインの発想が不可欠
3.ユーザ側にも課題はあるが、製品にも課題・問題点はあり、解決策もある
4.プロダクトアウトの役割は終わり、マーケットインの
  第三世代製品が市場拡大を牽引
5.拡大傾向は続く市場規模予測。
  主役は第三世代製品で、真価を問われるステージに突入

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。