2020年版 xEV市場の現状と将来展望

注目されるxEV市場の最新動向を収録。コロナ禍、優遇政策でxEVの足元を照らす欧中。見据えるべきは混乱期の先の長期シナリオ。

発刊日
2020/09/下旬
体裁
A4 / 約90頁
資料コード
C62120720
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可」、「印刷不可・編集・加工不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査結果サマリー
Close

xEV世界市場に関する調査を実施(2020年)
中国での補助金減少の影響を受けて、​2019年のxEV世界生産台数は前年比118.8%の682万1千台と成長は鈍化
~2020年は新型コロナウイルスの影響により、xEV世界生産台数は減少に転じる見込(市場ベース予測)~

資料ポイント
Close

  • 世界自動車の全体市場規模推移とxEV市場規模推移を地域別、xEVタイプ別に算出
    -成長率の異なる2つ(市場ベース予測・政策ベース予測)の市場規模予測
    (台数ベース:2016年~2025年予測、2030年予測)
  • 主要自動車メーカーの電動化戦略を整理
  • xEV関連政策を地域別に掲載
  • 本レポートは2020年7月末に発刊致しました「2020年版車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望~1st Half Report~」の収録内容からxEV市場動向のみを抜粋した再編集版になります
    ※本レポートの英語翻訳版「xEV Market 2020」も同時発刊予定です

リサーチ内容

2020年9月16日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 2020年上半期 Hot Topics

各国のCOVID-19によるxEV市場への影響、等

第2章 地域別xEV関連政策動向

各国の自動車燃費規制・環境規制動向
各国のICE販売禁止の発表・宣言状況
各国の電動車普及計画、xEVに対する優遇政策
各国の充電インフラ普及状況、今後の計画
(欧州/中国/日本/米国/その他地域)

第3章 xEV市場

世界自動車市場 地域別生産台数推移
(欧州/中国/日本/米国)
(台数ベース:2016年~2025年予測、2030年予測)
主要自動車メーカー動向/電動化計画
世界xEV市場動向 地域別生産台数推移
-成長率の異なる市場ベース予測・政策ベース予測の2つの市場規模予測-
(欧州/中国/日本/米国)
(台数ベース:2016年~2025年予測、2030年予測)

※2020年10月以降の追加調査によるアップデート版:Annual Reportを別途発刊(2021年1月以降)予定

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。