2021 アフィリエイト市場の動向と展望

アフィリエイトをはじめとした成果報酬型のインターネット広告市場においては、EC市場の拡大を背景に市場は堅調に推移しており、特にスマートフォン経由の売上が大きく拡大しています。近年は、ITPやGoogleアップデートなどのレギュレーションの変更により、アフィリエイターおよびASP事業者は少なからず影響を受けているとみられています。2020年は、新型コロナウイルスの影響で、消費者の生活習慣が大きく変わり、アフィリエイト市場にも変動が起きております。本調査では、アフィリエイトを中心とした成果報酬型のネット広告の市場実態を明らかにするとともに、将来を展望いたします。

発刊日
2021/01/下旬
体裁
A4 / 約200頁
資料コード
C62125000
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 国内アフィリエイト市場の市場規模および将来性を展望
  • 主要ASPのシェアを掲載
  • ポイントサイトの成長性と課題を整理・分析
  • 韓国のインターネット広告/アフィリエイト市場動向、市場規模
  • 前回版との違い:主要ASPのビジネスモデルの分析、コロナ禍の業績動向、韓国市場 動向、2024年までの市場予測掲載等

リサーチ内容

2020年12月21日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 総論

1.アフィリエイト市場概況
2.アフィリエイトサービスの分類別のビジネスモデル
  2.1 アフィリエイトサービスの分類
  2.2 「ASP(代理店型)」のビジネスモデル
  2.3 「モール型」のビジネスモデル
  2.4 「単独型」のビジネスモデル
  2.5 「プラットフォーム型」のビジネスモデル
3.アフィリエイト市場規模推移(2017年度~2020年度見込)
  3.1 アフィリエイト総市場規模推移
  3.2 PCアフィリエイト市場規模推移
  3.3 モバイルアフィリエイト市場規模
4.アフィリエイト市場規模予測(2020年度~2024年度予測)
  4.1 アフィリエイト総市場規模予測
  4.2 PCアフィリエイト市場規模予測
  4.3 モバイルアフィリエイト市場規模予測
5.アフィリエイト市場の将来展望

第Ⅱ章 主要ASPの動向と戦略

1.主要事業者の事業経緯
2.主要参入企業一覧
3.主要事業者のサービス概要/ビジネスモデル
4.主要事業者の業績動向
5.主要事業者の戦略
6.アフィリエイト市場規模推移とシェア
  6.1 市場規模推移(2017~2020年度見込)
  6.2 アフィリエイト市場シェア
    6.2.1 アフィリエイト市場シェア推移
    6.2.2 アフィリエイト市場シェア(2020年度見込)
    6.2.3 アフィリエイト市場シェア(2019年度)
    6.2.4 アフィリエイト市場シェア(2018年度)
7.主要ASPの需要分野における業種別構成比
8.主要ASPの事業拡大のための取組み
  8.1 広告主のニーズと取組み
  8.2 主要事業者の考えるアフィリエイトメディアのニーズと取組み
  8.3 注力分野
  8.4 営業体制
9.市場拡大/事業拡大のための課題
  9.1 自社の事業課題
  9.2 市場課題
10.アフィリエイト市場予測と将来展望
  10.1 アフィリエイト市場予測(2020年度~2024年度)
  10.2 将来展望
    10.2.1 市場拡大の要因
    10.2.2 ナショナルクライアントの広告出稿の拡大
    10.2.3 EC化率の拡大
    10.2.4 サブスクリプションモデルの拡大
    10.2.5 キャッシュレス分野の拡大
    10.2.6 参入企業の増加
  10.3 主要ASPの考える市場の見通し
11.アフィリエイト向けのSaasサービス提供事業者の動向
  11.1 PARTNERIZEの事業経緯
  11.2 PARTNERIZEの特徴、強み
  11.3 PARTNERIZEの事業戦略・事業強化の方向性
  11.4 PARTNERIZEの事業拡大のための取組み
  11.5 PARTNERIZEの課題・問題点
  11.6 PARTNERIZEの市場に対する考え方
12.アフィリエイターの実態(AMA調査抜粋)
  12.1 アフィリエイトを始めてからの年数
  12.2 アフィリエイト運営にかける時間
  12.3 ひと月のアフィリエイト収入
  12.4 アフィリエイト収入の増減
  12.5 ASPの専属担当(個人担当)の状況
  12.6 現在掲載中の特別報酬案件の状況
  12.7 1番力を入れている広告主のジャンル
  12.8 2番目に力を入れている広告主のジャンル
  12.9 3番目に力を入れている広告主のジャンル
  12.10 今後取組んでみたいジャンル
  12.11 利用しているアフィリエイトサイトの作成ツール
  12.12 アフィリエイトサイトへの集客手段

第Ⅲ章 主要ポイントサイトの動向と戦略

1.事業概況
  1.1 ポイントサイトの概要
  1.2 ポイントサイトのビジネスモデル
  1.3 主要ポイントサイトの実績動向
    1.3.1 主要ポイントサイトの実績
    1.3.2 主要ポイントサイトの動向
2.ポイントサイト/ポイントモール市場規模推移
3.主要ポイントサイト運営事業者の事業強化の取組み
  3.1 オズビジョンのハピタスに関する取組み
  3.2 GMOメディアのポイントタウンに関する取組み
  3.3 セレスのポイントサイトに関する取組み
  3.4 リアルXのポイントサイトに関する取組み
4.ポイントサイト市場規模予測(2016~2024年度予測)

第Ⅳ章 参考資料

Ⅰ クレジットカード市場
  1.クレジットカードを取り巻く環境
    1.1 新型コロナウイルス感染症の影響
    1.2 キャッシュレス・消費者還元事業の概要と影響
    1.2.1 キャッシュレス・消費者還元事業の概要
    1.2.2 キャッシュレス・消費者還元事業の効果等に対する考え方
  2. 市場規模
    2.1 ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
    2.2 ショッピング取扱高シェア(イシュアベース)
    2.3 カード発行会社の業績推移
  3.市場展望
    3.1 ショッピング取扱高予測
    3.2 コンタクトレス決済市場予測
    3.3 モバイル決済市場規模予測
  4.カード会社の業績及び事業実績
    4.1 営業収益
    4.2 経常利益
    4.3 当期純利益
    4.4 有効会員数
Ⅱ ポイント市場
  1.ポイントサービス関連市場の動向
    1.1 共通ポイントの動向
    1.1.1 幅広い業種で進む共通ポイントの導入
    1.1.2 マルチポイント化の進展
    1.1.3 各社と連携を進める共通ポイント事業者
    1.1.4 データ分析・会員との接点強化に関する取組み
    1.1.5 通信キャリアの動向に大きく影響される共通ポイント市場
    1.2 マイレージの動向
    1.2.1 新型コロナが与える影響とマイレージ事業者の対応
    1.2.2 金融サービスへの注力
    1.2.3 会員組織を通じた付加価値創出
    1.3 ポイントサイトの動向
    1.3.1 認知度向上に伴う利用拡大
    1.3.2 広告以外の事業への注力
    1.4 ポイント交換サービスの動向
    1.4.1 提携が進むポイント交換サービ
    1.4.2 用途拡大によるポイントの価値向上
    1.5 ポイントソリューションの動向
    1.5.1 スマートフォンアプリとの連携強化
    1.5.2 ユーザー企業におけるデータ分析の支援
  2.市場規模
    2.1 国内のポイント発行額(2017~2020年度見込み)
    2.2 業種別ポイント発行額推移(2017~2024年度予測)
  3.ポイントサービスの市場予測と将来展望
    3.1 国内ポイント発行額の推移(2019~2024年度予測)
    3.2 ポイントサービスの将来展望

第Ⅴ章  韓国の市場概況

1.韓国におけるアフリエイト市場概況
  1.1 市場の定義
  1.2 市場構造
2.主要事業者動向
  2.1 Coupang株式会社
  2.2 株式会社Link Price
  2.3 I Like Click(運営会社:ヨルドゥチョク(株))
3.市場動向および市場規模
  
第Ⅵ章 個別企業実態(ASP)

1.株式会社アドウェイズ(JANet/Smart-C/AppDriver)
2.株式会社インタースペース(アクセストレード)
3.株式会社キャナル
4.バリューコマース株式会社(バリューコマースアフィリエイト)
5.株式会社ファンコミュニケーションズ(A8.net)
6.株式会社レントラックス (Rentracks)
7.株式会社ロンバード

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。