2022 アフィリエイト市場の動向と展望

アフィリエイトをはじめとした成果報酬型のインターネット広告市場においては、EC市場の拡大などを背景に市場は堅調に推移している。最近は悪質な誇大広告などに対する消費者庁の介入により市場の健全化が図られている。
2021年は新型コロナウイルスの影響が一巡して、市場のトレンドが変わりつつある。消費者の生活習慣が大きく変わり、アフィリエイト市場にも変動が起きている。
そこで、本調査ではアフィリエイトを中心とした成果報酬型のネット広告の市場実態を明らかにするとともに、将来を展望する。

発刊日
2022/01/31
体裁
A4 / 212頁
資料コード
C63123600
PDFサイズ
2.6MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 212頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:アフィリエイトサービス提供企業の事業状況等について取り上げ、今後の市場性を展望する。特に近年新型コロナウイルスの影響により市場のトレンドが変わりつつあり、事業者の戦略や動向にも変化が起きている。そこで、本調査ではこのような市場の変化にフォーカスし、今後の市場拡大の可能性を探る。
調査対象企業:主たるASPサービス提供事業者、広告代理店、ポイントサイト/ポイントモールサービス提供事業者
調査方法:弊社専門研究員による直接面接取材を主体に、一部アンケート調査、文献調査を併用。
調査期間:2021年11月~2021年12月

調査結果サマリー
Close

アフィリエイト市場に関する調査を実施(2021年)
2021年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.4%増の3,491億円の見込
~広告主のアフィリエイト広告出稿は例年通りに戻り市場は堅調に成長、コロナ禍の長期化により分野で明暗が分かれる~

資料ポイント
Close

  • 国内アフィリエイト市場の市場規模および将来性を展望
  • 主要ASPのシェア、戦略、今後の取組み
  • アフィリエイト市場の成長促進要因/阻害要因
  • 前回版との違い:コロナ禍のASP業績動向、クッキーレスがアフィリエイト市場に与える影響と各社の対策、インターネット広告全体市場およびEC市場動向、2025年までの市場予測掲載等

リサーチ内容

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.アフィリエイト市場概況
2.アフィリエイトサービスの分類別のビジネスモデル
  2.1 アフィリエイトサービスの分類
  2.2 「ASP(代理店型)」のビジネスモデル
  2.3 「モール型」のビジネスモデル
  2.4 「独自型」のビジネスモデル
  2.5 「プラットフォーム型」のビジネスモデル
3.アフィリエイト市場規模推移(2018~2021年度見込)
  3.1 アフィリエイト総市場規模推移
  3.2 PCアフィリエイト市場規模推移
  3.3 モバイルアフィリエイト市場規模
4.アフィリエイト市場規模予測(2021~2025年度予測)
  4.1 アフィリエイト総市場規模予測
  4.2 PCアフィリエイト市場規模予測
  4.3 モバイルアフィリエイト市場規模予測
5.アフィリエイト市場の将来展望

第Ⅱ章 主要ASPの動向と戦略

1.主要ASPの事業経緯
2.主要参入企業一覧
3.主要ASPのサービス概要/ビジネスモデル
4.主要ASPの業績動向
5.主要ASPの需要分野における業種別構成比
6.アフィリエイト市場規模推移とシェア
  6.1 市場規模推移(2018年度~2021年度見込)
  6.2 アフィリエイト市場シェア
    6.2.1 アフィリエイト市場シェア推移
    6.2.2 アフィリエイト市場シェア(2020年度)
    6.2.3 アフィリエイト市場シェア(2021年度見込)
7.主要ASPの事業拡大のための取組み
  7.1 広告主のニーズと取組み
  7.2 アフィリエイトメディアのニーズ・状況と取組み
  7.3 注力分野
  7.4 営業体制
8.主要ASPの事業戦略・今後の取り組み
9.主要ASPの事業における課題/市場の課題
10.主要ASPの考える市場の見通し
  10.1 アフィリエイト市場の成長性
  10.2 アフィリエイト広告への取り締まり強化について
  10.3 クッキーレスがアフィリエイト市場に与える影響
11.アフィリエイト市場予測と将来展望
  11.1 アフィリエイト市場規模予測(2021~2025年度)
  11.2 将来展望
    11.2.1 市場成長の促進要因
    11.2.2 市場成長の阻害要因
12.アフィリエイターの実態と変化(※AMA調査抜粋)
  12.1 アフィリエイトを始めてからの年数
  12.2 アフィリエイト運営にかける時間
  12.3 ひと月のアフィリエイト収入
  12.4 アフィリエイト収入の増減
  12.5 新型コロナウイルスの影響分析
  12.6 ASPの専属担当(個人担当)の状況
  12.7 現在掲載中の特別報酬案件の状況
  12.8 一番力を入れている広告主のジャンル
  12.9 二番目・三番目に力を入れている広告主のジャンル
  12.10 今後取組んでみたいジャンル
  12.11 利用しているアフィリエイトサイトの作成ツール
  12.12 アフィリエイトサイトへの集客手段
  12.13 ITPに関する見解

第Ⅲ章 主要ポイントサイトの動向と戦略

1.事業概況
  1.1 ポイントサイトの概要
  1.2 ポイントサイトのビジネスモデル
  1.3 主要ポイントサイトの実績動向
    1.3.1 主要ポイントサイトの実績
    1.3.2 主要ポイントサイトの動向
2.主要ポイントサイト運営事業者の事業強化の取組み
  2.1 オズビジョンの「ハピタス」に関する取組み
  2.2 GMOメディアの「ポイントタウン」に関する取組み
  2.3 セレスの「モッピー」に関する取組み
  2.4 ちょびリッチの「ちょびリッチ」に関する取組み
  2.5 リアルXのポイントサイトに関する取組み
  2.6 楽天の「楽天ポイントモール」に関する取組み
3.ポイントサイト市場規模推移と予測(2018~2024年度予測)

第Ⅳ章 インターネット広告市場動向

1.インターネット広告市場の動向
  1.1 市場概況
  1.2 インターネット広告市場の注目すべきポイント
    1.2.1 クッキーレスへの対応
    1.2.2 コロナ禍で動画広告市場が急成長
    1.2.3 動画広告の市場規模推移(2018~2021年度見込)
    1.2.4 広告運用においてAIを活用した取り組みの強化
    1.2.5 広告代理店事業者の動向と戦略の変化
2.インターネット広告市場規模推移(2018~2021年度見込)
3.インターネット広告市場規模予測(2021~2024年度予測)
4.インターネット広告市場の成長促進要因と阻害要因
  4.1 市場成長の促進要因
  4.2 市場成長の阻害要因

第Ⅴ章 参考資料

Ⅰ クレジットカード市場
 
1.市場動向
  1.1 モバイル化、カードレス化の進展
  1.2 交通機関におけるタッチ決済の導入に関する実証実験
  1.3 決済データの活用
  1.4 法人カードの利用拡大
2.市場規模
  2.1 ショッピング取扱高推移(イシュアベース)
  2.2 ショッピング取扱高シェア(イシュアベース)
  2.3 カード発行会社の業績推移
3.市場展望
  3.1 ショッピング取扱高予測(2020年度~2026年度予測)
  3.2 ショッピング取扱高予測(カード/モバイル決済別:2020~2026年度)
  3.3 今後の展望
    3.3.1 消費行動の変化への対応
    3.3.2 安心・安全への取組の強化
    3.3.3 手数料率引き下げの進展
    3.3.4 新たな収益モデルの開発
4.カード会社の業績及び事業実績
  4.1 営業収益
  4.2 経常利益
  4.3 当期純利益
  4.4 有効会員数
  4.5 カード取扱高(ショッピング・キャッシング合計)
  4.6 カード取扱高(ショッピング)
  4.7 カード取扱高(キャッシング)
  4.8 ショッピングリボ・分割払い残高
  4.9 キャッシング残高
 
Ⅱ 国内EC市場動向
 
1.国内EC市場規模推移
2.市場動向
  2.1 ネットショッピング利用率の増加
  2.2 コロナ禍で大手ショッピングモールの売上高は急成長
    2.2.1 Amazonの売上推移
    2.2.2 楽天の売上推移
  2.3 スマートフォン経由のEC市場の成長

第Ⅵ章 個別企業実態

<ASP>
1.株式会社アドウェイズ(JANet/Smart-C/AppDriver)
2.株式会社インタースペース(アクセストレード)
3.株式会社キャナル(プレミアアフィリエイト)
4.バリューコマース株式会社(バリューコマースアフィリエイト)
5.株式会社ファンコミュニケーションズ(A8.net)
6.株式会社レントラックス(Rentracks)
7.株式会社ロンバード(Felmat)
 
<広告代理店>
8.インタセクト・コミュニケーションズ株式会社

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 212頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。