2021年版 食品分析サービス・検査キットの市場実態と将来展望 ~ウィズコロナの食品衛生管理とグローバル市場のトレンドに注目~

食品衛生法の改正に伴って、HACCPによる衛生管理が制度化された。2021年6月から原則、すべての食品関連事業者にHACCPに沿った衛生管理が義務付けられる。また、GAP認証(第三者による確認)が東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準になるなど、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の方向性と世界で猛威を振るうコロナウイルス対策の観点からもサプライチェーン全体で食の安全・安心に向けた取り組みが強化されている。
そこで、本資料では、食品分析・検査市場の国内主要プレーヤーの動向を調査するとともに、食品関連事業者の取組実態や課題を明らかにする。さらに、2021年版では新たにグローバル市場のトレンドを捉え、海外プレーヤー&製品の動向をまとめる。

発刊日
2021/03/下旬
体裁
A4 / 約500頁
資料コード
C62126500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
880,000
800,000
80,000
913,000
830,000
83,000
1,320,000
1,200,000
120,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

ご案内
Close

本資料は章単位での部分販売をいたします。
詳しくは、製作担当部署までお問い合わせください。

【部分販売価格(税別)】
第Ⅰ章 食品分析サービス市場の動向 \70,000
第Ⅱ章 食品検査キット市場の動向 \100,000
第Ⅲ章 食の安全に関するグローバル(欧米)市場の動向 \100,000
第Ⅳ章 食の安全・安心に関する取組動向(事業者アンケート調査) \120,000
第Ⅴ章 参入企業・団体の個別実態 \120,000

【お申し込み・お問い合わせ先】
フードサイエンスユニット(大阪)
TEL:06-6266-1388

資料ポイント
Close

新たにグローバル(欧米)市場の動向(第Ⅲ章)を追加

リサーチ内容

2021年2月17日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第Ⅰ章 食品分析サービス市場の動向

1.食品衛生法上の登録検査機関とその他の食品分析サービス事業者
2.事業概況
3.検査項目と売上構成比
4.需要分野と売上構成比
5.現状の課題と今後の市場見通し

第Ⅱ章 食品検査キット市場の動向

1.簡易培地市場
2.カビ毒検査キット市場
3.食物アレルゲン検査キット市場
4.残留抗菌性物質検査キット(牛乳用)市場
5.ヒスタミン検査キット市場
6.ATPふき取り検査市場

以下の項目にて、1~6の市場動向を掲載予定
(1)市場及び参入企業動向
(2)製品概要
(3)ユーザー動向
(4)現状の課題と取組、今後の市場見通し
(5)市場規模推移(2018~2020年度)
(6)市場規模予測(2021~2025年度)

第Ⅲ章 食の安全に関するグローバル(欧米)市場の動向

1.フード・セーフティ・テスティング市場のグローバル・オーバービュー
2.フードセーフティ市場の現状と分析
3.フードセーフティ市場の主なプレーヤー
4.市場における課題、法規制、今後の方向性など

第Ⅳ章 食の安全・安心に関する取組動向(事業者アンケート調査)

<回答属性>
1.食の安全性確保上、特に関心の高い項目
2.食品の仕入・調達状況
3.食品検査の実施状況について
4.食品検査キットの利用状況について
5.食品検査の課題・問題点  など

以下の業種・分野別で掲載予定(約100社)
「食品製造業者」、「食品輸入業者(商社)」、「生産・加工業者」、「流通・小売業者」、「外食・中食(惣菜)・給食業者」

第Ⅴ章 参入企業・団体の個別実態

・下記企業を中心に20~25社取材予定

<食品分析サービス企業・団体>
イカリ消毒
LSIメディエンス
キューサイ分析研究所
くらし科学研究所
食品分析開発センターSUNATEC
つくば食品評価センター
日本食品検査
日本食品分析センター
ハウス食品分析テクノサービス
BMLフード・サイエンス
ビジョンバイオ
ファルコバイオシステムズ
ユーロフィン・フード・テスティング ほか

<食品検査キットメーカー・販売業者>
アヅマックス
キッコーマンバイオケミファ
JNC
スリーエムジャパン
大日本印刷
ニッタ
日本ハム
フォス・ジャパン
プリマハム
森永生科学研究所 ほか

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
880,000
800,000
80,000
913,000
830,000
83,000
1,320,000
1,200,000
120,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。