2021年版 食品分析サービス・検査キットの市場実態と将来展望 ~ウィズコロナの食品衛生管理とグローバル市場のトレンドに注目~

食品衛生法の改正に伴って、HACCPによる衛生管理が制度化された。2021年6月から原則、すべての食品関連事業者にHACCPに沿った衛生管理が義務付けられる。また、GAP認証(第三者による確認)が東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準になるなど、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の方向性と世界で猛威を振るうコロナウイルス対策の観点からもサプライチェーン全体で食の安全・安心に向けた取り組みが強化されている。
そこで、本資料では、食品分析・検査市場の国内主要プレーヤーの動向を調査するとともに、食品関連事業者の取組実態や課題を明らかにする。さらに、2021年版では新たにグローバル市場のトレンドを捉え、今後の方向性をまとめる。

発刊日
2021/04/08
体裁
A4 / 425頁
資料コード
C62126500
PDFサイズ
9.2MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
880,000
800,000
80,000
913,000
830,000
83,000
1,320,000
1,200,000
120,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

ご案内
Close

本資料は章単位での部分販売をいたします。
詳しくは、製作担当部署までお問い合わせください。

【部分販売価格】
第Ⅰ章 食品分析サービス市場の動向 \77,000(税込)[本体価格 \70,000]
第Ⅱ章 食品検査キット市場の動向 \110,000(税込)[本体価格 \100,000]
第Ⅲ章 食の安全に関するグローバル(欧米)市場の動向 \66,000(税込)[本体価格 \60,000]
第Ⅳ章 食の安全・安心に関する取組動向(事業者アンケート調査) \132,000(税込)[本体価格 \120,000]
第Ⅴ章 参入企業・団体の個別実態 \132,000(税込)[本体価格 \120,000]

【お申し込み・お問い合わせ先】
フードサイエンスユニット(大阪)
TEL:06-6266-1388

調査概要
Close

調査対象:食品検査・分析サービス事業者(11社・団体)/食品検査キットメーカー・販売業者(7社)/食品検査・分析受託サービス・キットユーザー(101社・団体)/その他、欧米のサービスプロバイダー、キットメーカーほか
調査方法:面談調査、テレマーケティング(アンケート)調査、文献調査を併用した。
調査期間:2020年12月~2021年3月

資料ポイント
Close

  • 食品分析サービス&検査キット市場を網羅
  • 食品分析サービス市場は栄養成分分析&食物アレルゲンが好調
  • 検査キット市場は、コロナ禍でATPふき取り検査が伸長
  • 新たにグローバル(欧米)市場の動向を追加
  • 食品分析サービス&検査キットユーザー約100社の個票掲載

資料概要
Close

第Ⅰ章 食品分析サービス市場の動向
第Ⅱ章 食品検査キット市場の動向
第Ⅲ章 食の安全に関するグローバル(欧米)市場の動向
第Ⅳ章 食の安全・安心に関する取組動向(事業者アンケート調査)
第Ⅴ章 参入企業・団体の個別実態

リサーチ内容

第Ⅰ章 食品分析サービス市場の動向

1.食品衛生法上の登録検査機関
2.食品検査・分析サービス事業の概況(コロナ禍の影響を含めて)
3.食品検査・分析サービス事業者の検査項目と売上構成比
4.食品検査・分析サービス事業者の需要分野と売上構成比
5.食品検査・分析サービス事業における課題と取り組み、今後の市場見通し

第Ⅱ章 食品検査キット市場の動向

1.微生物検査キット(簡易培地)市場
  (1)市場及び参入企業の動向
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
  (5)市場規模推移(2017~2024年度、予測を含む)
2.カビ毒検査キット市場
  (1)市場及び参入企業の動向
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
  (5)市場規模推移(2017~2024年度、予測を含む)
3.食物アレルゲン検査キット市場
  (1)市場及び参入企業の動向
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
  (5)市場規模推移(2017~2024年度、予測を含む)
4.残留抗菌性物質検査キット(ミルク用)市場
  (1)市場及び参入企業の動向
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
  (5)市場規模推移(2017~2024年度、予測を含む)
5.ヒスタミン検査キット市場
  (1)市場及び参入企業の動向
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
  (5)市場規模推移(2017~2024年度、予測を含む)
6.ATPふき取り検査キット市場
  (1)市場及び参入企業の動向
  (2)製品概要
  (3)ユーザー動向
  (4)現状の課題と取り組み、今後の市場見通し
  (5)市場規模推移(2017~2024年度、予測を含む)

第Ⅲ章 食の安全に関するグローバル(欧米)市場の動向

1.フード・セーフティ・テスティング市場のグローバル・オーバービュー
  (1)フード・セーフティ・テスティング市場の規模と成長
  (2)市場のトレンド
2.フード・セーフティ・テスティング市場の現状と分析
  (1)検査対象(食品)別市場セグメント
  (2)検査項目別市場セグメント
3.フード・セーフティ・テスティング市場のメインプレーヤー
  (1)サービスプロバイダー
    Bureau Veritas SA
    Eurofins Scientific SE
  (2)検査キットメーカー
    3M Company
    Hygiena ,LLC
4.フード・セーフティ・テスティング市場に関する法規制と今後の方向性
  (1)法規制に関して
  (2)成長ドライバーと今後の方向性(トレンド予想)

第Ⅳ章 食の安全・安心に関する取組動向(事業者アンケート調査)

回答属性
1.食品(原料を含む)の安全性確保に向けた取り組みについて
2.食品検査の実施状況について
  (1)食品検査の実施状況
  (2)主な外部委託先
    ①微生物検査(大腸菌、大腸菌群、黄色ブドウ球菌、
    サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カビ酵母、一般生菌、他)
    ②理化学検査
    ア)栄養成分分析
    イ)食物アレルゲン
    ウ)食品添加物
    エ)残留農薬
    オ)毒物(カビ毒、貝毒等)
    カ)有害物質(ダイオキシン類、アクリルアミド、ヒスタミン等)・
    残留溶媒(メタノール、エタノール等)
    キ)重金属(鉛、カドミウム、ヒ素、水銀等)
    ク)放射性物質(セシウム)
    ケ)動物用医薬品(抗生物質)
    ③その他の検査
    ア)異物混入
    イ)ふき取り検査
    ウ)遺伝子検査
    エ)店舗・工場等の監査・衛生管理
    オ)食味・食感等の評価
    カ)その他
  (3)委託検査機関の選択理由
  (4)年間の外部委託検体数と委託費用(概算)
  (5)食品検査の今後の意向
3.簡易検査キット(簡易培地を含む)
  (1)簡易検査キット(簡易培地を含む)の利用状況
  (2)利用している簡易検査キット
  (3)簡易検査キットを利用する理由
  (4)簡易検査キットの不満点・改善点
  (5)簡易検査キットを利用しない理由
  (6)簡易検査キットの導入予定・意向
    (簡易検査キットを利用していない場合)
4.食品検査におけるコロナ禍の影響について(新設)
  (1)自社の食品検査に関するコロナ禍の影響
  (2)コロナ禍の影響への具体的な対応・対策
5.食品検査・分析における課題・要望

アンケート回答事業者
<食品(飲料)製造業者>
  アサヒ醸造(株)
  石井伊惣治商店
  入沢製麺(株)
  (株)岩の原葡萄園
  臼坂醤油店
  蛭子屋(名)
  (株)えひめ飲料 茨城工場
  (株)MKpaso
  奥羽自慢(株)
  近江製茶(株)
  (株)奥野醸造
  小野甚味噌醤油醸造(株)
  加藤製油(株) 岡山工場
  (有)カネイワ醤油本店
  上北農産加工(株)
  (株)木長園
  (株)喜八食品
  キリンビール(株)
  キング醸造(株)
  金城製麺所
  黒澤酒造(株)
  (株)御座候 本社・工場
  (株)小妻屋本店
  小林生麺(株)
  三和酒類(株) 安心院葡萄酒工房
  昭和製麺(株)
  セイカ食品(株) 日置工場
  (資)相馬製麺所
  第一糖業(株)
  大円食品工業(株)
  大興産業(株)
  (株)チェリオコーポレーション 滋賀工場
  佃食品(株)
  (株)東興軒
  中日本氷糖(株) 南濃工場
  (株)那波商店 みそ・しょうゆ山蕗
  人気酒造(株)
  (株)はくすい 水加工場はくすい
  (有)フクダ製茶園
  舟木酒造(資)
  (株)ブルボン 村上工場
  (有)マザーバインズ 長野醸造所
  松瀬酒造(株)
  (有)松本製麺所
  マルイエ醤油川根本家
  マルエ醤油(株)
  マルカン酢(株)
  丸新本家(株)
  明治チューインガム(株)
  (有)森田醤油店
  安永醸造(有)
  山田乳業(株)
  山野酒造(株)
  山村茶舗
  豊産業(株)
  (有)由布製麺
  与論島製糖(株) 与論工場
  若鶴酒造(株)
  (有)若宮糀屋
  A社
  B社
  C社
  D社
  E社
<食品輸入業者(商社)>
  (株)交洋
<農産・畜産・水産加工業者>
  アスザックフーズ(株)
  伊勢丸い水産(株)
  (株)いわちく
  (株)小谷穀粉
  きやま(有)
  クラウン・フーヅ(株)
  (株)郡山製餡
  (株)神明 東京工場
  (株)スギヨ
  たいまつ食品(株)
  (株)高橋商店
  谷矢製餡(株)
  (株)ツカモトミルズ
  鳥越製粉(株) 静岡工場
  はごろもフーズ(株) サンライズプラント
  福玉米粒麦(株)
  (有)舟形マッシュルーム
  (株)フレックス・フレッシュ・フーズ
  協同組合焼津水産センター
  (有)山善糟谷海苔店
  (株)雪国まいたけ
  F社
  G社
<食品流通・小売業者>
  イズミヤ(株)
  生活協同組合 コープにいがた
<外食・中食(惣菜)・給食業者>
  (株)岩手給食
  カナカン(株) デリカセンター
  (株)キタカタ
  (株)クッキングセンター佐賀
  (株)グリーンハウスフーズ
  新三商事(株)
  だるま食堂(株)
  (株)ニックス
  (株)ニュートーキョー
  明治屋産業(株)
  H社

第Ⅴ章 参入企業・団体の個別実態

<食品検査・分析サービス事業者>
イカリ消毒
~混入異物検査を強みに、微生物検査、理化学検査、コンサルティング力で顧客支援~

キューサイ分析研究所
~中部研究所を新設、異物検査サービスの提供拡大~

食環境衛生研究所
~独自性の高い商品の開発、受託検査体制の強化で改革を推進~

食品分析開発センターSUNATEC
~イノベーションセンターを新設し、検査・分析体制を拡充~

つくば食品評価センター
~プリマハムと連携した取り組みに注力、メーカー系の分析企業として強みを発揮~

日本食品検査
~信頼度の高い輸出入食品検査をベースに衛生調査・食品安全コンサルを強化~

日本食品分析センター
~高度な分析・コンサルティングサービスで顧客の良きパートナーに~

ハウス食品分析テクノサービス
~食品メーカーとして長年蓄積したノウハウを活用し、幅広い分野の分析を提供~

BMLフード・サイエンス
~検査から仕組み作りまでワンストップで提供、総合コンサルティングに強み~

ビジョンバイオ
~独自性のある食品遺伝子検査に強み 自社開発の検査キットも好評~

ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング
~ユーロフィングループのリソースを活用して、高度な分析にも対応~

<食品検査キットメーカー・販売業者>
アヅマックス
~幅広い品揃えと世界に通用する検査キットに強み~

キッコーマンバイオケミファ
~コロナ禍でATPふき取り検査が拡大 食品・医療に続いて清掃分野が台頭~

JNC
~ユーザー向けコンテンツの充実を図り、よりユーザーフレンドリーな製品に~

日本ハム
~食物アレルゲン検査を中心にキット需要は堅調、今後はWEB発信を強化へ~

フォス・ジャパン
~乳・乳製品や穀物分野を柱に新規需要を開拓、2020年度の売上高は過去最高に~

プリマハム
~高い商品競争力を活かし、食物アレルゲン検査キットの更なる拡販を目指す~

森永生科学研究所
~食物アレルゲン検査キットのパイオニア 海外需要も着実につかむ~

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

440,000
400,000
40,000
440,000
400,000
40,000
473,000
430,000
43,000
880,000
800,000
80,000
913,000
830,000
83,000
1,320,000
1,200,000
120,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。