2020年度版 車載用ソフトウェア関連企業の次世代戦略 VOL.2 企業戦略編

「2020車載用ソフトウェア市場」レポートは、2つの切り口「1.市場分析編」と「2.企業戦略編」で製作を行った。
「2020車載用ソフトウェア市場 2.企業戦略編」では、OEM、Tier1、ソフトウェアベンダ43社に対して、車載ソフトウェア開発規模、開発内容、取引先、開発体制、開発委託・協業先、技術者教育・採用、MBD・新V字開発、OTA、AUTOSARなど標準化、セキュリティ戦略、MaaS対応、AI・自動運転対応、等について調査をかけ個票として収録した。
各社の動向と戦略を丹念に追う事で、CASE時代の車載ソフトウェアがどうなっていくのかが浮き上がる。これから車載ソフトウェア市場で利益を得ようとする全企業に向けて有意義な資料となった。

発刊日
2020/12/28
体裁
A4 / 376頁
資料コード
C62127800
PDFサイズ
10.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査レポートでは、自動運転に向けて大きく変貌しようとしている車載用SW(ソフトウェア)市場の国内主要プレーヤ43 社(OEM/サプライヤ/車載SW ベンダ)に対して、車載SW 開発規模・投資規模・開発内容・取引先・開発体制、SW 技術者採用・教育戦略、開発委託・協業先、制御/情報/制御&情報連携別開発戦略、MBD・開発ツール戦略、AUTOSAR・標準化戦略、OTA、セキュリティ戦略、AI・自動運転対応、ブロックチェーン・・・等について調査をかけ個票として収録した。また主要キーワードごとに企業動向をまとめ、今後の企業の変化、進むべき道を明示していく。
調査対象製品:次の6品目
1)車載用ソフトウェア 2)開発ツール/プラットフォーム 3)AUTOSAR・標準化関連 4)車載サイバーセキュリティ 5)OTA 関連 6)自動運転・AI 関連
調査対象企業:OEM(自動車メーカ)5社、サプライヤ10社、車載ソフトウェア/開発ツールベンダ31社、(個票収録43社)
調査対象地域:日本国内(国内の外資企業も調査)
調査方法:海外/国内の面接取材から、各種分析を実施した。
調査期間:2020年4月~2020年12月

資料概要
Close

第Ⅰ章.車載ソフトウェア関連企業の最新動向
第Ⅱ章.車載ソフトウェア関連企業個票

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章.車載ソフトウェア関連企業の最新動向

Ⅰ.2020~30年に変わる車載ソフトウェア関連企業の顔ぶれ
 1.ECUの構造と今回の調査対象(=車載ソフトウェア)
 2.2020年の車載ソフトウェア関連企業の最新動向
  (1) トヨタ系AGL等オープン系ソフトウェアの拡大(2020年時点)
  (2) 注目すべきテスラの車載ソフトウェア(2020年時点)
  (3) レイヤー1をまかされたデンソーと日立AS(2020年時点)
 3.2025年の車載ソフトウェア関連企業の動向
  (1) 2020年からのトヨタ・ホンダの車載半導体&ソフトウェア開発体制
  (2) 2025年時点の車載ソフトウェアはレイヤー1.5、2への投資
  (3) OTA時代の開発プラットフォーム・トヨタ「アリーン(Arene)」(2025年時点)
 4.2030年のOTA時代をリードするテスラ、追うトヨタ
  (1) 2030年のOTA時代をリードするテスラ、追うトヨタ
  (2) OTA時代のプラットフォーム基盤
  (3) 2030年の自動車開発・設計工程
  (4) OEMはODMへと変化
 5.2020~30年に向けた車載ソフトウェア市場構造と動向
  (1) 2030年に向けたレイヤー1,1.5,2の変化
  (2) 2020年の断面図の解説
  (3) 2025年の断面図の解説  -ECU統合化でレイヤー1.5プレーヤが参入-
  (4) 2030年の断面図の解説  -レイヤー2のコトづくり・プレーヤが多数参入-
  (5) 2030年の車載ソフトウェア市場構造と各レイヤー別プレーヤ
Ⅱ.OEM,サプライヤ,車載SWベンダの品目別売上表
 1.国内OEMの車載ソフトウェア開発費用推移
  (1) 国内OEMの車載ソフトウェア開発費用推移
  (2) 国内OEMのユニット別車載ソフトウェア開発費用推移
 2.国内サプライヤの車載ソフトウェア開発費用推移
  (1) 国内サプライヤ9社の車載ソフトウェア開発費用推移
  (2) 2020年度サプライヤ9社×ユニット別車載ソフトウェア売上
  (3) 国内サプライヤ9社の各社別ユニットごとの車載ソフトウェア開発費用推移
 3.国内車載ソフトウェアベンダ31社の売上推移
  (1) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の車載ソフトウェア売上推移
  (2) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の品目別車載ソフトウェア売上推移
  (3) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の受託業務(組込ソフトウェア開発/コーディング/テスト等)売上推移
  (4) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の(制御系)開発ツール売上推移
  (5) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の開発ツール分野別売上推移
  (制御系開発ツール/OS,カーネル,ミドルウェア/CAE,MILS/HILS/その他)
  (6) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の情報系/AI/自動運転ソフトウェア売上推移
  (7) 国内車載ソフトウェアベンダ31社の情報系/AI/自動運転SW分野別売上推移
  (OS,カーネル,プラットフォーム/車載ネットワーク/車載セキュリティ/AI,自動運転/アプリケーション)
Ⅲ.主要OEM・サプライヤの提携・合併動向
 1.OEM3社のサプライヤ/SWベンダ相関表
 2.国内3大OEMの組込みソフト内製/外製状況
 3.ホンダグループのSW・電子関連の提携・合併動向
  (1) 系列4社と内製でまかなっていた
  (2) 「日立アステモ」でできたホンダ⇔日立のパイプ
 4.トヨタグループのSW・電子関連の提携・合併動向
  (1) 2020年コトづくりSWのための組織改革
  (2) CASE対応のために増える自社系列外からの調達
  (3) 2018年トヨタ・広瀬工場をデンソーに移管
  (4) シートベルトは東海理化中心
  (5) 電動パワステはジェイテクト中心
  (6) トヨタのECUプラットフォーム共通化
 5.デンソーのSW・電子関連の提携・合併動向
  (1) 電子部品の体制再整備
  (2) デンソーの提携・合併動向
  (3) トヨタのデンソーに対する考え方
 6.日産グループのSW・電子関連の提携・合併動向
  (1) 日産の組込ソフト事業の歴史
  (2) 日産組みソフトウェアの内製・外製状況
  (3) 強まる日立ASのホンダ・日産両面体制
 7.日本の自動車用組込みソフトウェア業界構造図
 8.世界OEMのソフトウェアアライアンス強化とその背景
 9.ソフトウェア標準化に対する日本、欧州のプレーヤーの違い
 10.世界のTier1の車載ソフト事業の生き残り戦略
 11.日本のカーエレ産業の可能性とメーカのポジション
 12.ボディ統合制御ECU
 13.vw.OSの可能性
 14.ボッシュのスーパーTier1戦略
 15.コンチネンタルの考えるHPCとトヨタ対応
 16.ElectroBitの考える未来のECUアーキテクチャ
 17.車載OSの種類
Ⅳ.CASE/OTA/バーチャル検証で変化する車載SW関連企業
 1.青天井になった車載ソフトウェアの可能性と技術水準
 2.AI時代の車載ソフトウェアの世界
 3.2020年は車載ソフトウェア激変の時代に
 4.車載ソフトウェアの課題と再利用の向上
 5.OTA普及とともに変わる自動車産業ビジネス
 6.CASEシフトが巻き起こす自動車産業のSW化
 7.テスラがリードする自動車産業のOTA化
 8.多様化する参入企業
  (1) メカも、半導体も、ITベンチャーも狙う自動車用組込みソフト
  (2) 半導体メーカの組込みソフト事業
  (3) 車載ソフト事業における半導体メーカ2グループ
  (4) 台湾(中国)のチップメーカの自動車業界シフト
  (5) FOXCONNや華為について
 9.新しい車載ソフトウェア技術のプレーヤー「インテグレータ」
Ⅴ.主要企業のMBD戦略
 1.MBD(モデルベース開発)がもたらした会社組織内の力関係(機械屋とソフト屋)
 2.カーエレ産業の進化「メカ屋>エレキ屋>ソフト屋」の力関係に変化
 3.急拡大するMBD向け開発ツール市場のプレーヤ達
 4.主要各社のMBD 開発動向
  4-1.マツダのMBD開発
  (1) SKYACTIVテクノロジーの誕生を支えたMBD
  (2) 貧しさが導いたシミュレーション開発
  (3) マツダが考える「クルマが進化する方向」
  (4) マツダが考える「巨大なソフトウェアシステムが世界を変える危機」
  (5) 系列を超えるための「人間の教育」「組織変革」
  4-2.ホンダのMBD開発
  (1) 今後目指すべきモデルベース開発の姿
  4-3.日産のクラウド活用によるECUのMBD開発
  4-4.富士通ビーエスシーの「MBDとAUTOSAR」
Ⅵ.主要企業のAUTOSAR戦略
 1.世界のAUTOSAR準拠ソフトウェア・プラットフォーマー
  (1) 海外での利用状況
  (2) 国際的な市場動向
  (3) 国内での利用状況
  (4) 国内での市場動向
  (5) 今後の予測と問題点
  (6) AUTOSARの新しい動き
 2.自動車メーカA社のAUTOSAR  APに関する考え方
  (1) AUTOSARの新しい動き
 3.某車載ソフトウェアベンダB社の考えるAUTOSAR への考え方
 4.某サプライヤC社の考えるAUTOSAR への考え方
 5.国内におけるAUTOSAR 準拠BSWの群雄割拠の現状
 6.AUTOSAR 準拠BSW関連企業9社の動向と戦略
  APTJ株式会社 APTJ陣営
   (1) APTJの存在
   (2) APTJはVECTORの次を狙う
   (3) 制御系と汎用アプリをつなぐ「MDCOM」を公開
   (4) ブランド名「Julinar(ジュリナー)」発表
  SCSK株式会社 SCSK陣営
   (1) BSW「QINeS-BSW ver 1.0」および周辺サービスの提供
   (2) 6社+SRAでセキュリティ強化
  オーバス オーバス陣営
   (1) デンソーは、eSOLやNCOSと共同で車載BSW開発のオーバスを新設
   (2) オーバス車載BSWのロードマップ
   (3) デンソー故の強味
  eSOL(イーソル) 、eSOLトリニティ オーバス陣営(SCSK陣営にも加盟)
   (1) eSOLトリニティ
   (2) イーソル(eSOL)とAUTOSARの将来
  富士ソフト株式会社 APTJ陣営
   (1) AUTOSARへの考え方
  海外ソフトウェアメーカA社 SWベンダ
   (1) 世界のAUTOSAR市場規模に対するA社の見方
   (2) 日本のOEMと欧州OEMの違いに対するA社の見方
   (3) 欧州Tier1に対するA社の見方
   (4) AUTOSARのインテグレーション事業に対するA社の見方
  ベクター(VECTOR) ベクター陣営
   (1) VECTORこそがAUTOSARの立役者
   (2) 日本企業と欧州企業、AUTOSARへの姿勢の違い
   (3) 17年、さすがのトヨタもAUTOSAR準拠の推奨ベンダーにVector社を選定
  エレクトロビット(Electrobit。EB) EB陣営
   (1) AUTOSARへの考え方
   (2) Elektrobit(エレクトロビット。EB)の車載事業、コンチネンタルが買収
   (3) IT事業者とOEMの要求をつなぐ鎖の輪として
   (4) ハードウェアに依存しない自動運転システム開発ツールを発売
  メンター・グラフィックス・コーポレーション メンター陣営
   (1) アイシングループはメンターをAUTOSARベース標準PFに採用
   (2) トヨタが車両開発に同社ソフトウェアスタックを使用

第Ⅱ章.車載ソフトウェア関連企業個票

<個票内容>
車載ソフトウェア売上金額推移(2018年~22年/25年/30年、国内、億円)
パワトレ系/安全系(ADAS)/ボディ系/情報系/HMI/AI、自動運転など分野別売上金額推移(2018年~20年/25年/30年)

1, 会社概要
 1-1 会社概要
 会社名/設立/資本金/従業員数/研究・開発拠点(国内)/研究・開発拠点(海外)/株主構成/関連会社/主要取引先/事業内容
 1-2 組織
 1-3 車載SWシステム担当部署
 1-4 研究所、研究部署
 1-5 主要な部品ベンダーの動向
2, 車載SW開発実態・戦略
3, 車載SW開発体制
 3-1 自社の車載SW開発体制
 3-2 車載SW開発委託先、協業先
4, 車載SW開発技術者採用・教育戦略
5, キーワード別対応実態・戦略
 5-1 MBD・シミュレーション検証
 5-2 AUTOSAR・標準化
 5-3 サイバーセキュリティ
 5-4 自動運転対応SW
 5-5 OSS
 5-6 OTA
 5-7 クラウド
 5-8 AI
 5-9 MaaS対応ソフトウェア
 5-10 ブロックチェーン
 5-11 その他(Woven Cityなど)

<個票掲載企業(43社)>
<OEM>
 1. トヨタ自動車
 2. 本田技研工業
 3. 日産自動車
<サプライヤ>
 国内
 4. アイシンAW
 5. ケーヒン(日立アステモに統合予定)
 6. デンソー
 7. デンソーテクノ
 8. デンソーテン
 9. パナソニック・オートモーティブ社
 10. 日立オートモティブシステムズ(日立アステモに統合予定)
 外資
 11. コンチネンタル
 12. ボッシュ
<車載SW、開発ツールベンダ>
 国内
 13. APTJ
 14. AZAPA
 15. NTTデータMSE
 16. SCSK
 17. Sky
 18. White Motion
 19. イーソル
 20. エクスモーション
 21. オーバス
 22. キャッツ(2020年12月より、NTTデータオートモビリジェンス研究所)
 23. キヤノンITソリューションズ
 24. コア
 25. システナ
 26. セック
 27. ソーバル
 28. 東海ソフト
 29. 東芝情報システム
 30. 豊田通商
 31. 日本システムウエア
 32. 日本電気通信システム
 33. 日本プロセス
 34. 日立ソリューションズ
 35. 富士ソフト
 36. 三菱スペース・ソフトウェア
 37. 三菱電機コントロールソフトウェア
 外資
 38. dSPACE
 39. QNXソフトウエアシステムズ
 40. イータス
 41. エレクトロビット
 42. ベクター
 43. メンターグラフィックス

図表目次

第Ⅰ章.車載ソフトウェア関連企業の最新動向

図「ECUの構造と車載ソフトウェア」
図「2020年の自動車SW開発・設計分担毎の動き 断面図(レイヤー表記)」
図「2025年の自動車SW開発・設計分担毎の動き 断面図(レイヤー表記)」
図「2030年の自動車SW開発・設計分担毎の動き 断面図(レイヤー表記)」
図「車載ソフト開発の将来断面図(2020年→25年→30年)」
図「2030年車載SW市場構造;モノづくり→コトづくり時代の各レイヤー別プレーヤと位置づけ」
表「国内OEMの車載ソフトウェア開発費用推移(2018~30年)」
表「国内OEMの車載ソフトウェア開発費用ユニット分野別推移(2018~30年)」*ユニット別(パワトレ系/安全系(ADAS)/ボディ系/情報系)/HMI/AI,自動運転)
表「国内サプライヤ9社の車載ソフトウェア開発費用推移(2018~30年)」
表「国内サプライヤ9社の車載ソフトウェアの開発費用ランキング(2018~30年)」
表「2020年度サプライヤのユニット別車載SW売上(金額)」
表「2020年度サプライヤのユニット別車載SW売上(%)」
表「国内サプライヤ9社の車載ソフトウェア開発費用推移(2018~30年)*ユニット別(パワトレ系/安全系(ADAS)/ボディ系/情報系)/HMI/AI,自動運転)」
表「車載ソフトウェアベンダ31社の売上推移(車載ソフトウェア全体、2018~30年)」
表「車載ソフトウェアベンダ31社の売上ランキング(車載ソフトウェア全体、2018~30年)」
表「2020年国内車載ソフトウェア開発ツールベンダ31社の品目別売上(No.順)」
表「2020年国内車載ソフトウェア開発ツールベンダ31社の品目別売上ランキング」
表「2020年国内車載ソフトウェア開発ツールベンダ31社の品目別売上(%)(No.順)」
表「2020年国内車載ソフトウェア開発ツールベンダ31社の品目別売上ランキング(%)」
表「31社の受託業務(組込ソフトウェア開発/コーディング/テスト等)売上推移(受託業務のみ、2018~30年)」
表「31社の受託業務(組込ソフトウェア開発/コーディング/テスト等)売上ランキング(受託業務のみ、2018~30年)」
表「31社の(制御系)開発ツール売上推移(制御系開発ツール売上のみ、2018~30年)」
表「31社の(制御系)開発ツール売上ランキング(制御系開発ツール売上のみ、2018~30年)」
表「国内車載ソフトウェアベンダ31社ごとの分野別(制御系開発ツール/OS,カーネル,ミドルウェア/CAE,MILS/HILS/その他)売上推移(国内/オフショア,億円,2018~30年)」
表「31社の情報系/AI/自動運転ソフトウェア売上推移(情報系/AI/自動運転ソフトウェアのみ、2018~30年)」
表「31社の情報系/AI/自動運転ソフトウェア売上ランキング(情報系/AI/自動運転ソフトウェア、2018~30年)」
表「国内車載ソフトウェアベンダ31社ごとの情報系/AI/自動運転SW分野別売上推移(OS,カーネル,プラットフォーム/車載ネットワーク/車載セキュリティ/AI,自動運転/アプリケーション)売上推移(国内/オフショア,億円,2018~30年)」
図「トヨタ系のサプライヤ/SWベンダ相関表」
図「日産系のサプライヤ/SWベンダ相関表」
図「ホンダ系のサプライヤ/SWベンダ相関表」
表「国内主要OEMの組込みソフト内製/外製状況」
表「トヨタvsテスラ比較表」
図「自動車用組込ソフトウェアの業界構造図」
図「Tier1モジュールメーカの組込みソフトにおける立場の変遷」
表「OTA活用以前・以後 自動車産業のビジネス領域の変化」
図「CASEシフトが巻き起こす自動車産業のSW化」
図「CASEのC対応が巻き起こす車載SW拡大」
図「CASEのA対応が巻き起こす車載SW拡大」
図「CASEのS対応が巻き起こす車載SW拡大」
図「CASEのE対応が巻き起こす車載SW拡大」
表「テスラの車両生産と機能推移」
図「2030年車載SW市場構造;モノづくり→コトづくり時代の各レイヤー別プレーヤと位置づけ」
図「MBD V字開発プロセス」
図「vECU-MBDワーキンググループ」
図「AUTOSARパートナーシップ」
表「AUTOSAR - Core Partners and Partners(2019年)」
表「国内のAUTOSAR関連ソフトウェア開発3陣営」
図「オーバスのBSWの開発ロードマップ」
図「オーバスの開発するBSWの仕様」

第Ⅱ章.車載ソフトウェア関連企業個票

図「TOYOTA IntoTechの組織概要」
表「ホンダグループの組織と役割」
表「ホンダの開発ツール,MDB」
表「ホンダの機能安全」
表「ホンダの車載セキュリティ」
表「日産の開発ツール/プラットフォーム」
表「日産の自動運転関連SWの状況」
表「日産のOSS関連状況」
表「ケーヒンのMBD関連状況」
表「ケーヒンのAUTOSAR状況」
図「APTJのエコシステム」
図「APTJとウインドリバーの協業体制」
図「ECU開発プロセス」
図「ツールによる車載ソフトウェアの開発」(dSPACEの事例)
図「自動運転/ADAS開発プロセス」
図「Scenario Generation Service(シナリオ生成サービス)」
図「dSPACE シミュレーションおよび検証環境-完全なツールスイート」
図「シナリオベーステスト-標準ワークフロー」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
198,000
180,000
18,000
231,000
210,000
21,000
396,000
360,000
36,000
429,000
390,000
39,000
594,000
540,000
54,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。