2021年版 自動車アフターマーケット総覧

発刊日
2021/03/下旬
体裁
A4 / 約250頁
資料コード
C62129500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

181,500
165,000
16,500
181,500
165,000
16,500
214,500
195,000
19,500
363,000
330,000
33,000
396,000
360,000
36,000
544,500
495,000
49,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

アフターマーケットを構成する5分野16市場の現状と今後の展望を徹底検証

  • 2020年新車販売:459.9万台(前年比11.5%減)
    19年10月の消費増税で販売不振の中、年初からのコロナ禍による需要減、自動車メーカーの供給量減の三重苦により460万台を下回った。一方、感染防止の観点から自動車の利用が見直され、新車需要は年後半には回復傾向になったものの納車遅れから上期の落ちを補えず。
  • 中古車市場:販売微減、AA市場は輸出減で高止まり
    コロナ禍による新車供給量逼迫とクルマ需要の増加は中古車販売にとってプラスとなり、登録台数は前年比97.9%。AA相場は仕向国のロックダウンにより輸出台数が急減し、春に暴落するも、夏以降は堅調な小売需要により流通玉が減少し、高値推移。AA仕入が主流の中古車専業は高値仕入を余儀なくされるも、コロナ禍でクルマを手放すユーザー数は減少、仕入難の一年に。
  • ニーズの違いが影響した自動車賃貸市場
    オートリースは経済の先行き不透明感から上半期の新規契約が停滞。レンタカーは訪日外国人旅行客の需要消失が痛手に。不特定多数の利用による衛生面の不安感からカーシェアリングは一時低迷するも自動車利用見直しを背景に復調。サブスクリプションはマイカー需要を追い風に認知度を拡充か。
  • 補修部品・用品市場
    補修部品は外出自粛による交通事故件数減少を背景に前年比減の見込み。用品は新車販売の不振に引きずられる一方、清掃・除菌用品、ドライブレコーダーの伸長などから微減に留まるか。
  • 堅調な整備市場
    車両の長期保有は、車両整備の必要性を増し、整備市場規模は微増。コロナ下においても車検・定期点検入庫は堅調に推移。人材難による廃業数は引き続き新規参入数を上回り、整備工場の減少は止まらず。担い手の高齢化は特定整備への対応を遅らせるリスクも孕む。
  • 付帯サービス市場
    自動車保険各社はテレマティクス保険の深化を進めると同時に、新型コロナ感染対策へオンライン等の非対面サービスに注力。ロードサービス市場は外出自粛を背景とする交通量・年間交通事故件数の減少を一要因に出動件数が前年比約9万件減(JAFベース、1~12月)。ガソリン市場も低燃費車の普及を背景に需要減少止まらず。
  • <NEW>各項目において新型コロナの影響を詳細に分析

リサーチ内容

2021年2月3日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 自動車アフターマーケットの現況と将来展望

1.自動車アフターマーケットの定義
2.自動車アフターマーケット市場規模 
3.自動車アフターマーケットを取り巻く環境
  3-1.新車販売台数推移
  3-2.中古車登録台数推移
  3-3.自動車保有動向
  3-4.運転免許保有者数(2019年)
  3-5.自動車維持関連費の年間支出額推移
  3-6.取り巻く環境が自動車アフターマーケットに与える影響
4.自動車アフターマーケットの将来展望
  4-1.主な業態別に見る主な参入企業の今後の方向性

第2章 中古車市場

1.中古車販売市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の方向性
2.中古車輸出市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.参入企業動向
  2-4.今後の方向性
3.オートオークション市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.主な参入企業一覧
  3-4.オートオークション市場の展望

第3章 中古車賃貸市場

1.オートリース市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の展望
2.レンタカー市場
  2-1.市場規模
  2-2.車両台数の推移
  2-3.市場動向
  2-4.参入企業動向
  2-5.今後の方向性
3.カーシェアリング市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.参入企業動向
  3-4.今後の方向性
4.自動車の定額制市場
  4-1.定額制ビジネスに参入した代表的企業の参入背景
  4-2.商品設計
  4-3.ターゲット層
  4-4.自動車賃貸市場の中の定額制の位置付け

第4章 部品・用品市場

1.カー用品市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.カー用品市場の課題と将来像
2.補修市場
  2-1.市場規模
  2-2.参入企業動向
  2-3.今後の方向性
3.リサイクル部品市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.参入企業動向
  3-4.今後の方向性

第5章 自動車整備市場

1.自動車整備市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の方向性
2.自動車整備機器市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.主な参入企業一覧
  2-4.今後の方向性

第6章 付帯サービス市場

1.自動車保険市場
  1-1.市場規模
  1-2.市場動向
  1-3.参入企業動向
  1-4.今後の方向性
2.ロードサービス市場
  2-1.市場規模
  2-2.市場動向
  2-3.参入企業動向
  2-4.今後の方向性
3.ガソリンスタンド市場
  3-1.市場規模
  3-2.市場動向
  3-3.参入企業動向
  3-4.今後の方向性
4.顧客管理システム市場
  4-1.市場動向
  4-2.参入企業動向
  4-3.今後の方向性

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

181,500
165,000
16,500
181,500
165,000
16,500
214,500
195,000
19,500
363,000
330,000
33,000
396,000
360,000
36,000
544,500
495,000
49,500

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。