2021年版 酒類市場の現状分析と将来展望

新型コロナウイルス感染拡大で大きな打撃を受けた2020年度の酒類市場。業務用チャネルの落ち込みが深刻で、2021年度に入っても回復の兆しは見えてこない。一方で、家飲み需要の増加による家庭用チャネルは好調で、メーカー各社が家庭内需要の取り込みを目指して活動を強化している。
カテゴリーでは、これまで11年連続で拡大してきたウイスキーが落ち込む一方、低アルコール飲料は13年連続での拡大とコロナ禍で明暗が分かれた。また、国内市場の苦戦をしり目に各社が海外に目を向け始めており、コロナ禍においても輸出金額で拡大が続くなど、清酒、ウイスキーを中心に活動が活発化している。
本書ではカテゴリー別、チャネル別の企業戦略を取材し、ウィズコロナ・アフターコロナに向けた企業の今後の方向性、マーケットの方向性を分析している。

発刊日
2021/11/30
体裁
A4 / 610頁
資料コード
C63115000
PDFサイズ
11.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 610頁
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:酒類市場を広く調査・収録することによって、当該市場に関するマーケティング戦略作成のための基礎資料とする。
調査対象:酒類メーカー等を調査対象とし、併せて卸等、関連企業への調査も行った。
調査方法:専門調査員における直接面接取材、アンケート調査、電話取材を実施した。
調査期間:2021年9月~2021年11月

資料ポイント
Close

  • コロナ禍で大きな打撃を受けている酒類市場における、各社の生き残りの戦略を徹底分析。
  • 段階的なビール類の酒税一本化を見据え、ビールの強化を急ぐ各社の戦略を解説。盛り上がりを見せるクラフトビール市場の動向も解説。
  • 好調な家庭内需要の取り込みを各社はいかにして狙っていくのか?また、アフターコロナを見据えた業務用の反転攻勢をどう考えているのか?商品戦略、販促・プロモーション戦略を含めて読み解いていく。
  • 主要カテゴリー別の市場動向、市場規模、企業別シェア、主要参入企業動向を解説。
  • 国内市場の低迷を受け、海外市場への取り組みを各社積極化。清酒・焼酎メーカーの進出国、販売状況、課題・問題点等を抽出し、現在の海外展開状況を分析。主要国(アメリカ、ヨーロッパ、東アジア各国、東南アジア各国)の酒類市場の動向も解説。
  • 主要企業(メーカー、卸/インポーター)29社に直接取材。各社の戦略、商品動向を詳しく解説。
  • 前回版との違い:酒類市場における注目のトピックスを掲載(酒類メーカーにおけるDX 戦略、酒類D2C、等)

リサーチ内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 酒類総市場の動向

1.酒類総市場の動向および規模推移
  (1)酒類総市場規模
  (2)2020~2021年度の酒類市場動向
    ①2020~2021年度の主なトピック
    ②主要カテゴリー別動向
  (3)メーカー別酒類売上高推移
    ・有力企業の酒類売上高推移
  (4)今後の酒類市場の展望
    ①酒類市場の見通し
    ②市場規模予測(2021~2025年度)
2.大手メーカーの動向
  (1)ビールメーカーの動向
    ①2020~2021年度概況
    ②メーカー別動向
    ③メーカー別事業戦略
    ⅰ.販促・プロモーション戦略
    ⅱ.商品開発動向
    ⅲ.物流体制の効率化における取り組み
  (2)清酒専業メーカーの動向
    ①2020~2021年度概況
    ②メーカー別動向
    ③メーカー別事業戦略
    ⅰ.販促・プロモーション戦略
    ⅱ.商品開発動向
    ⅲ.物流体制の効率化における取り組み
  (3)乙類焼酎メーカーの動向
    ①2020~2021 年度概況
    ②メーカー別動向
    ③メーカー別事業戦略
    ⅰ.販促・プロモーション戦略
    ⅱ.商品開発動向
  (4)その他の大手メーカーの動向
    ①2020~2021年度概況
    ②メーカー別動向
    ③メーカー別事業戦略
    ⅰ.販促・プロモーション戦略
    ⅱ.商品開発動向
3.主要メーカーのチャネル別販売戦略
  (1)家庭用チャネル
    ・主要メーカーの家庭用チャネル向け販売戦略
  (2)通販チャネル
    ・主要メーカーの通販チャネル向け販売戦略
  (3)業務用チャネル
    ・主要メーカーの業務用チャネル向け販売戦略
4.酒類流通の動向
  (1)卸業の動向
  (2)酒類小売業の動向
    ①チャネル別市場規模
    【家庭用・業務用構成比及び家庭用におけるチャネル別構成比(2020年度)】
    ②量販店・スーパーの動向
    ③CVSの動向
    ④酒販店の動向
  (3)外食産業の動向
    ①外食産業における酒類の動向
    ②主要業態別の動向
    ⅰ.居酒屋、パブ、ビアレストランの動向
    ⅱ.ディナーレストランの動向
  (4)輸入業界の動向
    ・輸入業者リスト
    ・主要ワインインポーターの取扱い国一覧
5.酒類容器の動向
  (1)酒類市場における容器別の動向
    ①缶容器の動向
    ⅰ.アルミ缶
    ⅱ.ボトル缶
    ②ガラス瓶容器の動向
    ③紙パック容器の動向
    ④PETボトル容器の動向
  (2)メーカー別の容器戦略
6.酒類市場における注目トピックス
  (1)注目高まる“クラフト”商品の動向 
    ①クラフトビールの市場概況
    ②クラフトビールの市場規模推移
    ③クラフトビール参入メーカーの動向
    ④海外クラフトビールの動向
    ⑤その他のクラフト製品の動向
  (2)伸長するノンアルコール飲料市場の動向
    ①ノンアルコールビールテイスト飲料の動向
    ②その他のノンアルコール飲料の動向
    ③微アルコール飲料の動向
  (3)コロナ禍における酒類市場のデジタル戦略
    ①BtoB のコミュニケーション
    ②BtoC のコミュニケーション
  (4)酒類メーカーにおけるDX 戦略
    ①食品・酒類業界におけるDX 戦略の概況
    ②酒類メーカーのDX への取り組み状況
    ・主要メーカーのD X に向けた取り組み、今後の方向性
    ③DXビジネス向け支援サービスの動向
  (5)注目されるD2C ブランドにおける飲料・酒類の動向
    ①D2C のビジネスモデル
    ②食品D2C サービスの現状
    ⅰ.食品D2C の定義
    ⅱ.食品D2C サービスの市場動向
    ③飲料・酒類D2C 市場の現状
    ⅰ.飲料・酒類D2C 市場の概況
    ⅱ.今後の飲料・酒類D2C 市場の展望

第Ⅱ章 酒類カテゴリー別市場動向

1.ビール類
  (1)ビール
    ①市場概況
    ②ビール市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
  (2)発泡酒
    ①市場概況
    ②発泡酒市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
  (3)新ジャンル
    ①市場概況
    ②新ジャンル市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
2.和酒
  (1)清酒
    ①市場概況
    ②清酒市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業の商品動向
  (2)甲類焼酎
    ①市場概況
    ②甲類焼酎市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
  (3)乙類焼酎
    ①市場概況
    ②乙類焼酎市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
3.洋酒
  (1)ウイスキー
    ①市場概況
    ②ウイスキー市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
  (2)ワイン
    ①市場概況
    ②ワイン市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向
4.RTD
  (1)低アルコール飲料
    ①市場概況
    ②低アルコール飲料市場のメーカーシェア
    ③主要参入企業動向

第Ⅲ章 酒類の海外展開に関する動向

1.酒類メーカーの海外進出動向
  (1)酒類メーカーの海外展開状況
    【酒類輸出数量推移】
    【酒類輸出金額推移】
    ・主要メーカーの海外進出動向
  (2)清酒・焼酎メーカーの海外進出状況[アンケート調査]
    ①海外への進出状況
    ②海外展開を行っている理由
    ③海外展開を行っていない理由
    ④海外売上比率
    ⑤海外展開国数
    ⑥主な海外進出先
    ⑦エリア別海外展開開始時期
    ⑧海外進出先の選定理由
    ⑨進出国における活動状況
    ⑩進出国での販売状況
    ⑪海外展開で工夫している(心がけている)点
    ⑫海外展開で苦労している点(現状の問題点・課題点)
    ⑬海外事業の業績貢献度
    ⑭エリア別の和酒の市場性評価
    ⑮今後の海外への進出意向
    ⑯今後の進出意向エリア
    ⑰今後の進出意向理由
2.主要輸出国の酒類市場動向
 【酒類輸出数量推移】【酒類輸出金額推移】
 (1)アメリカ
 (2)ヨーロッパ
 (3)東アジア
   ①中国
   ②韓国
   ③台湾
   ④香港
 (4)東南アジア
   ①インドネシア
   ②シンガポール
   ③タイ
   ④ベトナム
   ⑤ミャンマー
   ⑥フィリピン
 
 ・輸出業者リスト
 ・海外サプライヤーリスト

第Ⅳ章 有力酒類メーカーの動向

【酒類メーカー】
  アサヒビール(株)
  雲海酒造(株)
  オエノンホールディングス(株)
  大関(株)
  大口酒造(株)
  菊正宗酒造(株)
  黄桜(株)
  霧島酒造(株)
  キリンビール(株)
  月桂冠(株)
  小西酒造(株)
  サッポロビール(株)
  薩摩酒造(株)
  沢の鶴(株)
  サントリーホールディングス(株)
  三和酒類(株)
  高橋酒造(株)
  宝酒造(株)
  チョーヤ梅酒(株)
  白鶴酒造(株)
  濵田酒造(株)
  本坊酒造(株)
  メルシャン(株)
  養命酒製造(株)
 
【卸/インポーター】
  国分グループ本社(株)
  (株)スマイル
  日欧商事(株)
  日本酒類販売(株)
  モンテ物産(株)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 610頁
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。