高齢者の食事実態と食ニーズ探索調査 ~アフターコロナにおける心理と行動の変化~

日本では少子高齢化が進行し、高齢者人口は全人口の29%を超え、人口ボリュームが大きい団塊世代を中心に国内消費を牽引しています。
高齢者の食事に対する品質志向、健康志向、安心安全志向は全ての世代で突出しており、市場規模の大きさとその特徴から産業界において注目されています。
2020年春先から拡大したコロナ禍は未だ収束が見通せず、ウイズコロナ、アフターコロナの新たな生活様式が拡大しており、食事配達サービスや食品宅配、健康管理アプリなど、関連市場が急速に拡大しています。
矢野経済研究所では、今後における高齢者の食事と栄養、健康と安全、行動様式の変化など、心理面や行動面の変化を分析し、今後を予測することで、食品関連産業に携わる企業の課題や目標設定を明確化します。

発刊日
2021/11/下旬
体裁
A4 / 約280頁
資料コード
C63118400
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

本市場調査資料を購入される方限定のオプションとして、Excel商品を同時にご購入いただくことができます。
またExcel商品のみのご購入は出来ません。
242,000
220,000
22,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
484,000
440,000
44,000
517,000
470,000
47,000
726,000
660,000
66,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

0
0
0
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 日本の高齢者は3,640万人、全人口の29.1%に(女性高齢者は32.0%、後期高齢者は15.0%)
  • 高齢者の品質志向、健康志向、安心・安全志向は全世代で突出、団塊世代を中心に国内消費を牽引
  • ウイズコロナ、アフターコロナの新たな生活様式として食事配達サービス、食品宅配、健康管理アプリなど関連市場が拡大
  • 全国の65歳以上の男女1,000名を対象に、食事と栄養、健康と安全、行動様式の変化など、心理面や行動面の変化を分析し今後を予測
  • 性別、年代別、家族形態別等に加え、コロナ禍による行動や心理の変容状況を軸にクロス集計
  • ドキュメントでの販売に加え、ローデータや集計データを別途販売、利用者の独自分析が可能に
  • 【前回版との違い】
    ・アフターコロナにおける高齢者の食事と栄養、健康と安全、行動様式の変化など、心理面や行動面の変化を分析
    ・EXCEL商品の販売(ローデータ、集計表、グラフ)

リサーチ内容

2021年10月4日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。
 
■掲載予定内容
 
第Ⅰ章 調査のポイント
 
1.日常生活(家庭、仕事、趣味、運動)
2.健康状態(通院、罹患)
3.食事と栄養(積極摂取、制限摂取)
4.買い物とネット通販(頻度、利用額)
5.食品宅配と食事配達サービス(利用業者、費用)
6.アフターコロナの行動変化(買い物や食事、外出や仕事、衛生対策)
7.アフターコロナの心理変化(消費マインド、安全心理、お金や仕事への不安)
 
第Ⅱ章 高齢者の比較分析(年代別、性別、家族形態別、世帯年収別)
 
・回答者属性(年齢別、男女別・家族形態別・世帯年収別)
1.日頃、健康の維持・増進のために心掛けている事
2.日常的に行っている趣味や運動
3.現在、気になっている身体の症状や罹患状況
4.現在の通院状況と病名
5.日頃、食事で気を遣っている事
6.普段の食事で積極的に摂っている栄養(栄養素、栄養価等)
7.普段の食事で制限している栄養(栄養素、栄養価等)
8.普段の食事で積極的に食べている食品
9.普段の食事で制限している食品
10.日頃、食事で困っている事
11.普段よく利用する、食料品の購入場所
12.食料品の購入場所ごとの購入理由
  1)スーパー
  2)コンビニ
  3)小売店(八百屋、魚屋、肉屋、惣菜店等)
  4)生協
  5)百貨店
  6)食品宅配
  7)インターネット通販(アマゾン、ロハコ、楽天等)
  8)ディスカウントストア
  9)ドラッグストア
  10)ネットスーパー
13.新型コロナ感染拡大後に増えた食料品の購入場所
14.食料品を買う際に重視する点
15.ネット通販の利用状況
  1)ネット通販のおおよその月間利用回数
  2)よく利用するネット通販サイト
  3)ネット通販でよく購入する食品
  4)ネット通販での食品(贈答品含む)の購入理由
  5)ネット通販の1ヶ月あたりのおおよその食品購入金額
16.インターネットで最も利用する食に関する情報
17.健康や食品の情報入手先、相談相手
18.コロナ感染拡大以降(2020年3月以降)の買い物方法や買い物場所の変化
19.コロナ感染拡大以前よりも購入が増えた食品
20.コロナ感染拡大以前と比べた自宅での食事頻度
21.食事宅配サービスの利用状況
  1)食事宅配サービスの利用有無
  2)食事宅配サービスの利用回数
  3)食事宅配サービスの利用理由
  4)食事宅配サービスの一食当たりの概算費用(自己負担額)
  5)食事宅配サービスへの不満点
22.コロナ感染拡大後に変化した行動
23.コロナ感染拡大後に変化した健康に対する意識
24.試みてみたいリベンジ消費
 
第Ⅲ章 アフターコロナにおける変容分析
 
※第Ⅱ章の高齢者の比較分析項目を、アフターコロナにおける行動や心理の変化を軸に分析
 
第Ⅳ章 高齢者を取り巻く環境
 
1.増え続ける介護保険給付額と要介護・要支援認定者
2.生活習慣病と老衰が死亡率の上位
3.高齢者の食事習慣、運動習慣
4.高齢者の低栄養問題
5.医療・介護施設数、平均在院日数、病床利用率
6.高齢者世帯の増加、平均世帯人員の減少
7.高齢者世帯の収入と支出
8.年金受給者の増加、受取年金額の減少
9.都道府県別の高齢化率と高齢者人口の予測
10.平均寿命、婚姻件数、合計特殊出生率の推移
11.地域包括ケアシステムで在宅介護を促進
12.地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン
13.介護食の公的認証制度『スマイルケア食』の現状
14.ニーズ高まる『ユニバーサルデザインフード(UDF)』
15.病院や高齢者施設から在宅へ拡大する嚥下食、咀嚼困難者食
16.新たな概念の『介護予防食』

Excel商品 商品説明
Close

消費者調査のローデータ、掲載グラフ、集計表をオプションにて販売致します。

・消費者調査のローデータ
・掲載グラフ
・年代別(5歳階級別)、性別(男女別)、家族形態別(世帯別)、世帯年収別(総収入別)等、それぞれの集計表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

本市場調査資料を購入される方限定のオプションとして、Excel商品を同時にご購入いただくことができます。
またExcel商品のみのご購入は出来ません。
242,000
220,000
22,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
484,000
440,000
44,000
517,000
470,000
47,000
726,000
660,000
66,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

0
0
0
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。