2022 eラーニング/映像教育ビジネスレポート ~DXが進む教育サービスの最新動向~

コロナ禍以降、eラーニング(PC、タブレット端末、スマートフォンを介して提供される学習サービス)市場は、教育のデジタル化・オンライン化、AIを活用したサービスの広がりなどを背景に市場の拡大を続けている。一方で、企業向けサービスではユーザー層の広がりによる単価下落、個人向けサービスでは再開した対面型教育に対する需要の高まりなど、当該市場全体の課題となる要素も生まれている。当調査レポートは、eラーニング及び映像教育に携わる事業者の事業実態を調査することによって、当該市場の市場動向、市場環境、市場構造を明らかにすることを目的に企画した。

発刊日
2022/03/28
体裁
A4 / 542頁
資料コード
C63121800
PDFサイズ
8.9MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 542頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:eラーニング及び映像教育に携わる事業者の事業実態を実査し、その市場動向、市場環境、市場構造を明らかにすることを目的とする。
調査対象:PC(パソコン)、タブレット端末、スマートフォンを介して提供される学習サービス。学習分野は、ビジネス、ITスキル、教科学習、資格試験対策、語学といった学習要素の強いものから、趣味、教養、雑学等のものまで幅広く含む。
調査対象企業数:詳細個表掲載企業35社/簡易個表掲載企業104社
・eラーニングシステムを開発、構築、販売する事業者
・eラーニング/映像教育コンテンツを開発、製作、販売する事業者
・eラーニング/映像教育を介した研修や講義を顧客に対して提供、運営する事業者
調査方法
(1)当社専門研究員による直接面接取材を中心に、一部事業者や業界に関しては電話取材やFAX/インターネットによるアンケート調査を併用
(2)文献調査その他データ収集
調査期間:2021年11月~2022年3月

調査結果サマリー
Close

eラーニング市場に関する調査を実施(2022年)
2021年度の国内eラーニング市場規模は、前年度から続くコロナ禍によるeラーニング需要の高まりを受け市場拡大の見込

資料ポイント
Close

  • eラーニング/映像教育市場を網羅的に調査したレポート
  • BtoB、BtoC各市場におけるサービス動向と参入事業者の戦略を徹底調査
  • eラーニング/映像教育市場における有力ベンダ137社の企業個表を掲載
  • コロナ禍によって変化が進むマーケット動向を調査・分析
  • 前回版との違い
    市場規模推移などの定量データを2022年度(予測)まで掲載
    有力事業者各社によるポストコロナ・ウィズコロナにおける市場動向に対する見解を調査・掲載

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.eラーニング市場の定義
 
2.市場概況
(1)国内e ラーニング/映像教育全体市場
  ・コロナ禍による需要の高まりが続き、BtoB、BtoC両市場ともに2桁成長
  [図・表] eラーニング/映像教育市場規模推移
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  [表] 2020年度、2021 年度見込、2022 年度予測 カテゴリー別市場規模推移
(2)BtoB のネットワーク・ラーニングサービス市場
  ①LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
  ・コロナ禍による需要の高まりは続くが、
  顧客層の広がりにより顧客単価は下落傾向
  [図・表] LMS市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ②コンテンツ
  ・集合研修の代替サービスとしての需要は高く維持されている
  [図・表] コンテンツ市場規模推移
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ③運用・サービス
  ・コロナ禍による需要増は続いており、
  中でも総合的なユーザーサポートやコンサルティングサービスにニーズが集まっている
  [図・表] 運用・サービス市場規模推移
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ④ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoB)全体の動向
  ・前年度に続きサービス全般に対するニーズが高く維持されるも、価格下落が進行
  [図・表] ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoB)
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
(3)BtoC のネットワーク・ラーニングサービス市場
  ・引き続き遠隔教育の利用機会拡大により市場を拡大、
  サービスの収益性は依然として課題
  [図・表] ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoC)
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
(4)学習ジャンル別市場動向
  ①ネットワーク・ラーニングサービス(BtoB)
  ・コロナ禍による需要向上が続き、全体としては市場が拡大
  [図・表]学習ジャンル別市場規模推移(B to Bネットワーク・ラーニング)
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ②ネットワーク・ラーニングサービス(BtoC)
  ・ほぼ全ての学習ジャンルが市場拡大
  [図・表]学習ジャンル別市場規模推移(BtoCネットワーク・ラーニング)
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  [図・表]学習ジャンル別市場規模推移(BtoB、BtoC合計)
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
 
3.eラーニング/映像教育市場トピック
(1)ポストコロナ・ウィズコロナにおける
  今後のeラーニング市場動向に対する主要事業者の見解
  ・BtoB、BtoCのいずれにおいても今後さらに市場が拡大していく、との見立てが大多数
  〔表〕主要事業者の今後のeラーニング市場動向に対する見解
(2)AI(人工知能)を活用した学習サービスの現状
  ・アダプティブラーニングの領域をはじめ、AIの適用領域が広がっている
  〔表〕AIを活用した学習サービスの事例 〔表〕主要事業者のAI活用の考え方
(3)GIGAスクール構想の動向
  ・「GIGAスクール構想」の概要
  ・コロナ禍を受け計画が前倒し。2021年度内には児童・生徒1人1台端末がほぼ実現
  ・OSはChromeOSが全体の4割程度で最多、
  平常時の端末の持ち帰り学習を実施しているのは25.3%
  ・主要各社の「GIGAスクール構想」による事業への影響
  〔表〕主要各社のGIGAスクール構想による事業への影響

第2章 分野別市場動向

1.ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoB)
  【定義】/【参入事業者の事業領域による分類】
  [表]事業領域別分類/
  [図]ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoB)の市場構造イメージ図
(1)LMS(ラーニング・マネジメント・システム)市場
  【定義】
  [表]LMSの提供形態別分類/
  [図]LMS 市場の市場構造イメージ図(2021年度見込値)
  【市場動向】
  [図・表]LMS市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  【LMS 市場の主要事業者動向】
(2)eラーニングコンテンツ(BtoB)市場
  【定義】/【市場動向】
  [図・表]eラーニングコンテンツ市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  【コンテンツ(BtoB)市場の主要事業者動向】
(3)e ラーニング運用・サービス市場
  【定義】/【市場動向】
  [図・表]eラーニング運用・サービス市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  【e ラーニング運用・サービス市場の主要事業者動向】
  【ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoB)全体の動向】
  [図・表]ネットワーク・ラーニングサービス市場規模(BtoB)
  推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ・e ラーニング/モバイルラーニングによる研修実施率の従業員規模別傾向
  ~一定程度規模が大きい企業は「eラーニング」の実施率が高く、
  「モバイルラーニング」の実施率は従業員規模に比例しない~
  [図]従業員規模別eラーニング/モバイルラーニング実施率(n=1,400)
  ・eラーニングの実施回数・実施規模は「変わらない」が最多だが、
  従業員規模にかかわらず、「増加」が「減少」を上回る
  [図] 前年比でのe ラーニングの実施回数・実施規模の変化
  (従業員数500人以上 n=643・従業員数100人以上500人未満 n=179)
  [表]主要参入事業者一覧(五十音順)
 
2.ネットワーク・ラーニングサービス市場(BtoC)
  【定義】/【市場動向】
  [図]ネットワーク・ラーニングサービス(BtoC)市場規模推移
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ・前年度に続いて市場拡大を続けるものの伸長率は鈍化
  ・学習塾・予備校では「オンライン授業」がサービスの幅を広げる要素となるも、
  通塾再開以降は対面での学習が主流となっている。「映像授業」は引き続き堅調
  ・通信教育サービスは、デジタル教材に対するニーズの高まりや、
  大学入学共通テストの変化等に伴う新たなニーズに対応してサービス領域を広げている
  ・AI(人工知能)を活用した学習サービスの広がり
  ・オンライン語学学習サービスでは子ども向けのレッスンも需要が拡大
  ・個人を対象とするeラーニングサービスは収益性をどこに求めるかが課題
  ・2022年度もBtoCネットワーク・ラーニングサービス市場規模は引き続き拡大を予想
  【主要事業者動向】
  [表]主要参入事業者一覧
 
3.学習ジャンル別市場動向
  【定義】
  【市場動向】
(1)ネットワーク・ラーニングサービス(BtoB)
  ①ビジネス
  [図・表]ビジネス向けeラーニングコンテンツ(BtoB)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ②ITスキル
  [図・表]ITスキル関連のeラーニングコンテンツ(BtoB)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ③教科学習
  [図・表]教科学習関連のeラーニングコンテンツ(BtoB)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ④資格取得
  [図・表]資格取得関連のeラーニングコンテンツ(BtoB)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ⑤語学
  [図・表]語学関連のeラーニングコンテンツ(B to B)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  全体的な市場トレンド
  [図・表]学習ジャンル別市場規模推移
  (B to Bネットワーク・ラーニング)
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
(2)ネットワーク・ラーニングサービス(BtoC)
  ①ビジネス
  [図・表]ビジネス向けeラーニングコンテンツ(BtoC)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ②ITスキル
  [図・表]ITスキル関連のeラーニングコンテンツ(BtoC)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ③教科学習
  [図・表]教科学習関連のeラーニングコンテンツ(BtoC)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ④資格取得
  [図・表]資格取得関連のeラーニングコンテンツ(BtoC)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ⑤語学
  [図・表]語学関連のeラーニングコンテンツ(BtoC)の
  市場規模推移2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  ⑥趣味・その他
  [図・表]趣味・その他のeラーニングコンテンツの市場規模推移
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  全体的な市場トレンド
  [図・表]学習ジャンル別市場規模推移(BtoCネットワーク・ラーニング)
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測
  [図・表]学習ジャンル別市場規模推移(BtoB、BtoC合計)
  2018年度~2020年度・2021年度見込・2022年度予測

第3章 e ラーニング/映像教育ビジネス参入事業者の現況と事業戦略

①プラットフォームベンダー
 
サムトータル・システムズ株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
東芝デジタルソリューションズ株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
富士通株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
②サービスベンダー
 
atama plus株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
KIYOラーニング株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社クシム
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社COMPASS
[eラーニング事業概要・業績概要・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社スクー
[eラーニング事業概要・業績概要・事業体制・課題・市場への見解・トピックス]
 
スタディプラス株式会社
[eラーニング事業概要・業績概要・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社すららネット
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
チエル株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社デジタル・ナレッジ
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社ネットラーニング
[eラーニング事業概要・業績概要・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社manebi
[eラーニング事業概要・業績概要・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
ユームテクノロジージャパン株式会社
[eラーニング事業概要・業績概要・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社ライトワークス
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社リクルート
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社レビックグローバル
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
③学習塾・教育事業者
 
株式会社学研教育みらい
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社学研メソッド
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社河合塾マナビス
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社サイバー大学
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社Z会
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社ベネッセコーポレーション
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
④語学コンテンツ事業者
 
株式会社アルク
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社EdulinX
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社コーリジャパン
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
ソースネクスト株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
合同会社DMM.com
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社ベストティーチャー
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社レアジョブ
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
⑤研修・人材育成事業者
 
NECマネジメントパートナー株式会社(人材開発サービス事業部)
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ株式会社
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略]
 
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]
 
株式会社ビジネス・ブレークスルー
[eラーニング事業概要・業績概況・事業体制・事業戦略・課題・市場への見解・トピックス]

第4章 eラーニング/映像教育ビジネス参入事業者の概要

①サービスベンダー
株式会社葵
アシストマイクロ株式会社
株式会社アスク出版
株式会社イー・コミュニケーションズ
エスエイティーティー株式会社
株式会社ジャストシステム
株式会社シュビキ
株式会社タオ
株式会社テクノカルチャー
株式会社ドコモgacco
株式会社日本経済新聞社
日本電気株式会社
株式会社ネクストエデュケーションシンク
東日本電信電話株式会社
株式会社メディア・ファイブ
モノグサ株式会社
株式会社WARK
 
②学習塾・教育事業者
株式会社市進ホールディングス
株式会社旺文社
学校法人角川ドワンゴ学園
株式会社京進
株式会社グロービス
株式会社さなる
SAPIX YOZEMI GROUP(代々木ゼミナール・学校法人高宮学園)
学校法人駿河台学園
株式会社Z会ホールディングス
TAC株式会社
デジタルハリウッド株式会社
株式会社東京リーガルマインド
株式会社トライグループ
株式会社ナガセ
株式会社浜学園
株式会社バンザン
株式会社ワオ・コーポレーション
 
③語学コンテンツ事業者
株式会社イーコミュニケーション
株式会社 EnglishCentral
株式会社WizWe
NOVAホールディングス株式会社
株式会社Lang-8
 
④研修・人材育成事業者
ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
株式会社日立アカデミー
株式会社富士通ラーニングメディア

第5章 eラーニング/映像教育ビジネス参入事業者データ個表集

アーティス株式会社
株式会社IPイノベーションズ
株式会社アイプロダクト
株式会社アットマーク・ラーニング
アテイン株式会社
株式会社アンフープ
株式会社イーオンホールディングス
株式会社ECC
株式会社イーチャイナ
NPO法人eboard(イーボード)
株式会社イーラーニング
株式会社イオマガジン
インタラクトテクノロジー株式会社
SATT AI ラボ株式会社
株式会社FCEトレーニング・カンパニー
株式会社NHKエデュケーショナル
NJCネットコミュニケーションズ株式会社
株式会社キバンインターナショナル
木村情報技術株式会社
株式会社キャニオン・マインド
株式会社QQ English
株式会社CLEARNOTE
コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社
サイバックス株式会社
株式会社サインウェーブ
株式会社シェアウィズ
株式会社ジェイ・キャスト
一般社団法人しかく
株式会社秀英予備校
ジョイズ株式会社
株式会社城南進学研究社
株式会社ジョリーグッド
株式会社スタディラボ
株式会社スピークバディ
株式会社SPLYZA
株式会社スプリックス
株式会社スマートエデュケーション
株式会社スモールブリッジ
テイエス企画株式会社
TIS株式会社
株式会社Digika
株式会社テラ
株式会社テンダ
トライオン株式会社
トレノケート株式会社
株式会社ナノコネクト
ナレッジサーブ株式会社
株式会社日本コンサルタントグループ
日本ユニシス株式会社
ネットスクール株式会社
パナソニックソリューションテクノロジー株式会社
ビナヤマト株式会社
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
株式会社プロアシスト
株式会社プロンテスト
株式会社明光ネットワークジャパン
メディアサイト株式会社
株式会社ラーニングエージェンシー
株式会社Lacicu
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
ロゴスウェア株式会社
株式会社Works Human Intelligence

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 542頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。