2022年版 放射線治療市場の中期展望

がん対策基本法、放射線治療機器緊急整備事業、がん対策推進基本計画などの国策により、放射線治療機器の普及と治療実績は、がん診療連携拠点病院や大学病院を中心に格段に成長してきており、第三次がん対策推進基本計画の中間評価報告では放射線治療に対して、『がん診療連携拠点病院等のうち、外来放射線照射、直線加速器による定位放射線治療、IMRTを行っている割合、放射線治療専門医が常勤で配置されている拠点病院等の割合は増加傾向であり、評価できる』としている。さらに、IMRT、IGRT、VMATの高度放射線治療や粒子線・重粒子線治療施設などの一連の報道が増えたことで、がん患者の放射線治療に対する認知と意識は大きく変わっている。

発刊日
2022/03/28
体裁
A4 / 494頁
資料コード
C63122600
PDFサイズ
6.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 494頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査結果サマリー
Close

放射線治療市場に関する調査を実施(2022年)
放射線治療施設へのアンケート調査結果では、2020年調査で継続使用されていた治療装置の約7割がそのまま継続使用と回答
~2022年以降はがん患者数の増加も想定され、放射線治療の確立と普及が進む見通し~

資料ポイント
Close

2020年版との違い

  • 「放射線増感剤併用治療」の特集
  • 「温熱療法と放射線治療の併用治療」の特集
  • リニアック、放射線治療計画システム 2022年2月末日現在最新稼働(導入)シェア
  • 新型コロナウイルス感染症における放射線治療件数への影響(治療施設向けアンケート調査)

リサーチ内容

Summary

第1章 放射線治療市場の実態

1.放射線治療の概要
  (1)放射線の種類
  (2)放射線治療の分類
  (3)放射線治療の目的
  (4)放射線治療の実際
2.放射線治療の市場動向
  (1)放射線治療機器市場の動向
  【外部照射】
    1)リニアック(直線加速器)
    ①リニアック(直線加速器)の概要
    ②リニアック(直線加速器)市場の動向
    2)サイバーナイフ
    ①サイバーナイフの概要
    ②サイバーナイフ市場の動向
    3)ガンマナイフ
    ①ガンマナイフの概要
    ②ガンマナイフ市場の動向
    4)粒子線治療
    ①陽子線治療の概要と動向
    ②重粒子線治療の概要と動向
    ③ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の概要と動向
  【内部照射】
    5)小線源治療
    ①小線源治療の概要
    ②小線源治療の動向
    <企業個票>
    ・アキュレイ
    ・伊藤忠商事
    ・エム・シー・メディカル
    ・エレクタ
    ・バリアンメディカルシステムズ
    ・日立製作所
    ・ブレインラボ
  (2)放射線治療システム市場の動向
    1)治療計画システム
    ①治療計画システムの概要
    ②治療計画システム市場の動向
    ③企業動向
    2)線量検証システム
    ①線量検証システムの概要
    ②治療計画システム市場の動向
    ③企業動向
    <企業個票>
    ・東洋メディックス
    ・ユーロメディテック
    3)治療RISシステム
    ①治療RISシステムの概要
    ②治療RISシステム市場の動向
    ③企業動向
  (3)放射線治療関連市場の動向
    1)患者固定具
    ①患者固定具の概要
    ②患者固定具市場の動向
    ③企業動向
  (4)放射線治療市場の動向
    1)国策によるがん対策
    ①がんゲノム医療の拠点病院の整備
    ②小児がん・AYA世代のがんの診療体制の検討
    2)新型コロナウイルス感染症の影響
    3)放射線治療件数の考察
    4)放射線治療市場規模(2021年度)の考察

第2章 放射線治療市場の中期展望

1.放射線治療市場における問題
  (1)更新需要の進捗
  (2)放射線治療専門医の不足
  (3)免疫放射線治療の実態
  (4)エリアマーケティング
    ①二次医療圏から見たIMRT 高精度放射線治療器
    ②IMRT 高精度放射線治療器と高齢者人口
2.放射線治療の最新動向
  (1)温熱療法と放射線治療の併用治療
  (2)放射線増感剤併用治療
    <企業個票>
    ・KORTUC
    ・エム・ティー・スリー
  (3)放射線治療市場の中期展望
    1)高精度放射線治療器の需要予測
    2)放射線治療市場の中期展望

第3章 放射線治療施設の動向

1.放射線治療専門施設
  (1)ガンマナイフ専門施設
  (2)サイバーナイフ専門施設
  (3)複合型施設
  (4)粒子線治療施設
  (5)中性子治療施設
2.放射線治療の中止・廃止

第4章 放射線治療に関するアンケート調査

1.調査要綱
2.アンケート回収先属性
3.アンケート結果
 
<設問>
【問1】治療計画で使用している画像診断装置は何を使用していますか
【問2】放射線治療のスタッフ構成をお答え下さい
【問3】放射線治療部門システムについて、導入有無と、導入している場合そのベンダーとシステム名を教えてください
【問4】直近の院内がん登録者数を教えてください(単一回答)
【問5】貴院のがん疾患における2021年(2021/1~2021/12)の新患者数はどのくらいですか。(単一回答)
【問6】年間がん新患者数は、前年と比較してどのよう変化していますか
【問7】新型コロナウイルス感染症によって、がん放射線治療への影響はありましたか(複数回答)
【問8】2021年のがん新患者の内、他病院/診療所等からの紹介患者はおおよそ何%くらいですか(単一回答)
【問9】2021年のがん新患者の内、放射線治療を行ったのはおおよそ何%くらいでしたか(放射線治療適用率)(単一回答)
【問10】2021年の放射線治療件数(実照射人数(新患+再患))をお答え下さい(単一回答)
【問11】年間実照射人数の内、部位(症例)別の割合と部位ごとの治療目的別の割合をおおよその比率でお答えください(それぞれ合計100%)また、部位ごとの治療件数の増減傾向を教えてください
【問12】実施している放射線治療を教えてください(複数回答)
【問13】患者固定についてお答え下さい
【問14】貴院で実施されている品質保証/品質管理についてお答え下さい
【問15】放射線治療の決定は、どのようになされていますか(単一回答)
【問16】貴院では、前立腺がんに対する治療はどのようになっていますか(複数回答)
【問17】乳がん治療に対するコータック治療(増感剤併用治療)は、どのようになっていますか(単一回答)
【問18】放射線治療と温熱療法(ハイパーサーミア)の併用治療は、どのようになっていますか(単一回答)
【問19】放射線治療計画の立案開始から治療実施(照射開始)までの平均的な所要日数を教えてください(単一回答)
【問20】放射線治療適用率は、貴院にとってどの程度が適切とお考えでしょうか(単一回答)
【問21】2021年度の年間実照射人数を100とした場合、3年後、5年後は何%程度になっていると考えられますか(単一回答)
【問22】今後貴施設の運営を円滑に行っていく上での課題を教えてください(複数回答)
【問23】放射線治療器の各メーカの機器、営業マン、保守サービス員の評価を行ってください(それぞれ単一回答)
【問24】放射線治療に関連する機器で、更新や増設・新設に対してどのように感じていますか
【問25】もし、放射線治療器を更新・導入するとしたら、メーカや機器に何を求めますか(複数回答)

第5章 放射線治療施設個票(892施設)

図表一覧

図表1-1 放射線の定義
図表1-2 放射線の種類
図表1-3 照射方法による放射線治療の分類
図表1-4 放射線治療の目的
図表1-5 高精度放射線治療の内容
図表1-6 放射線治療の市場セグメント
図表1-7 リニアック 国内の販売状況
図表1-8 2020~2021年度(予)リニアック販売システム数・金額【表】
図表1-9 2020、2021年度(予)リニアック販売システム数シェア【グラフ】
図表1-10 2022年リニアックメーカ別稼働台数シェア(サイバーナイフ除く)【表】
図表1-11 2022年リニアックメーカ別稼働台数シェア(サイバーナイフ除く)【グラフ】
図表1-12 2022年機種別稼働台数シェア(サイバーナイフ除く)【表】
図表1-13 2022年サイバーナイフ機種別稼働台数・シェア【グラフ】
図表1-14 2022年サイバーナイフ機種別稼働台数・シェア【グラフ】
図表1-15 2022年サイバーナイフ導入施設
図表1-16 2022年ガンマナイフ機種別稼働台数・シェア【表】
図表1-17 2022年ガンマナイフ機種別稼働台数・シェア【グラフ】
図表1-18 2022年ガンマナイフ導入施設
図表1-19 粒子線治療の保険診療、先進医療の適応症
図表1-20 2022年 陽子線治療施設
図表1-21 2022年 重粒子線治療施設
図表1-22 BNCT治療の現況
図表1-23 小線源治療の線源と対象がん疾患
図表1-24 小線源治療機種別稼働台数シェア【表】
図表1-25 小線源治療機種別稼働台数シェア【グラフ】
図表1-26 2022年小線源治療実施施設
図表1-27 治療計画シュミレーション用画像診断機器
図表1-28 治療計画システムメーカー・製造販売会社別稼働シェア【表】
図表1-29 治療計画システムメーカー・製造販売会社別稼働シェア【グラフ】
図表1-30 治療計画システム製品別稼働シェア【表】
図表1-31 治療計画システム製品別稼働シェア【グラフ】
図表1-32 線量検証の実施について
図表1-33 線量検証時に使用する検出器
図表1-34 予)2021年度 放射線線量検証システム市場の市場規模とシェア【グラフ・表】
図表1-35 第三者評価の実施有無
図表1-36 第三者評価委託先
図表1-37 2020年度 放射線治療RISの国内メーカー(発売元)別台数シェア【グラフ】
図表1-38 2020年度 放射線治療RISの国内メーカー(発売元)別金額シェア【グラフ】
図表1-39 固定具を使用する部位
図表1-40 予)2021年度 放射線治用患者固定具の国内金額シェア【グラフ・表】
図表1-41 がんゲノム医療 中核拠点/医療連携病院及び小児症例の依頼先一覧
図表1-42 がんゲノム医療 医療拠点/医療連携病院及び小児症例の依頼先一覧
図表1-43 小児・AYA世代:がん罹患データ(2009年~2011年)
図表1-44 小児がん中央機関と小児がん拠点病院
図表1-45 地域がん・生殖医療ネットワークの構築状況
図表1-46 5がんおけるがん診断者数の2019年から2020年の減少率
図表1-47 新型コロナウイルス感染症による放射線治療への影響
図表1-48 医科診療件数(放射線治療)
図表1-49 がん罹患数
図表1-50 放射線治療の割合比較(厚生労働省VS 弊社アンケート)
図表1-51 予)2021年度 放射線治療市場 市場規模
図表2-1 更新した放射線治療機の販売メーカーシェア【グラフ】
図表2-2 更新した放射線治療装置の販売メーカーシェア【表】
図表2-3 更新対象の放射線治療装置の更新状況
図表2-4 更新対象の放射線治療装置の継続利用状況
図表2-5 放射線治療施設のIMRT実施施設と施設基準取得状況
図表2-6 二次医療圏におけるIMRT 高精度放射線治療器空白地域
図表2-7 二次医療圏別IMRT 高精度放射線治療器台数
図表2-8 二次医療圏別IMRT 高精度治療器台数と2030年高齢者人口(不足傾向)
図表2-9 二次医療圏別IMRT 高精度治療器台数と2030年高齢者人口(充足傾向)
図表2-10 ハイパーサーミアを導入している放射線治療施設
図表2-11 放射線治療と温熱療法(ハイパーサーミア)の併用治療の状況
図2-12 放射線増感物質の作用機序からの分類
図表2-13 主な放射線増感効果化合物の研究
図表2-14 KORTUC治療実施施設(過去実績含む)
図表2-15 乳がん治療に対するコータック治療(増感剤併用治療)の状況
図表2-16 高精度放射線治療器の販売台数の需要予測
図表2-17 がん罹患数(男女計:2015-2039年の年平均)
図表2-18 放射線治療市場 市場規模推移(2020-2026 年度) 【表とグラフ】
図表3-1 放射線治療専門施設の分類放射線の種類
図表3-2 ガンマナイフ専門施設
図表3-3 サイバーナイフ専門施設
図表3-4 複合型施設
図表3-5 粒子線治療稼働施設
図表3-6 中性子治療施設(BNCT治療施設)
図表3-7 主な放射線治療の患者の受け入れを中止した施設

Excel商品 商品説明
Close

Excel商品の内容説明
「2022年版放射線治療市場の中期展望」 第4章 放射線治療に関するアンケート調査のグラフと表を掲載
2022年版放射線治療市場の中期展望 アンケートデータ / 基本属性 / 調査要綱、アンケート回収先属性

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 494頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。