2022年版 空飛ぶクルマ市場の現状と将来展望

発刊日
2022/03/29
体裁
A4 / 198頁
資料コード
C63124000
PDFサイズ
17.3MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 198頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:空飛ぶクルマメーカーや事業化に向けた取り組みを進めている企業、団体、行政等の現在動向と今後の事業化施策を調査することで、空飛ぶクルマ市場の現状と事業化に向けた今後の動向を把握することを目的とする。
調査対象品目:<空飛ぶクルマ>本レポートでは空飛ぶクルマの定義を eVTOL と同様「電動」で「自動飛行」を行い、「垂直離着陸」が可能な機体と定めている。しかし本文中にはこれに近いものを空飛ぶクルマと指す場合もあるが、市場推計値には上記定義を前提とした空飛ぶクルマ(メーカー出荷ベース)のみが該当する。
調査対象企業:上記対象品目を扱う企業や団体、行政等
調査方法:弊社専門調査員による直接面談、または Web 面談取材による
調査期間:2021年11月~2022年3月

資料ポイント
Close

  • 現有技術に限界あり 空に特化した変化球プラスの攻め方
    ・四半世紀で空の移動は日常に、3次元空間活用は既にオンザレール
    ・2050年までには120兆円超市場と大化けに、テンバガーも続出か
    ・アツいのは欧州と北米、事業開始5年間で20倍と大幅成長
  • 国内状況
    ・スタートは2025年大阪・関西万博、そして本格始動の2030年代へ
    ・一丸となった関連事業の発展と制度調整は必至
    ・地方・都市部の移動はもちろん、災害や観光と多岐に渡る活用案が続出

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 空飛ぶクルマ市場の現状と将来展望

空飛ぶクルマとは
  空を飛ぶ「クルマ」?「車」? まだまだ浸透されていない新たな移動手段
  100年前から陸の移動と一緒に空での移動も切望していた先人たち
  日本でも例外なく3次元移動を夢見た具現化に成功
  表.日本初の空飛ぶクルマ「ミラクルビークル」機体関連値
  おもちゃから始まった原理を人が乗れる製品へ
  図.ヘリコプターの歴史一例
  もう一つの新規空革命は戦地から民間へアップデートされて普及
  図.ドローンの歴史一例
  人が乗れるモビリティへと進化
  数々の先人の夢を実現するため世界で賑わいを見せる
  図.空飛ぶクルマの原型製品開発から開発に至る企業動き
  図.航空機の種類一覧
  どんな製品もデメリットはつきもの
  技術アップはもちろん、いかに工夫して適材適所で活用できるかがカギ
  表.ヘリコプターと空飛ぶクルマ2種類の基本機体性能と
  メリット・デメリット比較
  翼とプロペラの巧みな動き、性能を見極めて最大限発揮できるチャンスあり
  図.空飛ぶクルマの詳細種類と固定翼付きタイプの仕様
 
空飛ぶクルマ市場の現状と将来展望
  欧州で50兆円、北米では40兆円と開発2大地域へ
  2050年には120兆円を超える期待の市場へと成長していく
  図表.2025年から2050年の空飛ぶクルマ世界市場規模予測(販売価格ベース)
  1台2,000万円以下に? 事業開始から25年で個人でもなんとか手が届く範囲に
  図.「ティルトロータータイプ」の空飛ぶクルマ販売価格 2025年から2050年予測
  長距離型が70%、ドローンと同系型が30%
  用途を考慮しまだ少ないタイプの機体も開発の可能性あり
  図.2025年時点での空飛ぶクルマ機体タイプの開発比率(開発種類ベース)
  国内では最初は慎重、後に急成長 2025年には3兆円近い規模と期待が高まる
  図表.2025年から2050年の空飛ぶクルマ日本国内市場規模と研究開発費予測
  図表.2025年から2050年の空飛ぶクルマ日本国内市場規模と研究開発費比率予測

第2章 空飛ぶクルマ実現に向けての取り組み

空飛ぶクルマの活用方法
  輸送サービス-都市内の活用
  様々な交通手段のデメリットを回避できる新たな乗り物へ
  写真、図.大阪市街地(上写真)と実証実験での飛行ルート(下図)
  輸送サービス-地方
  普段の生活に手軽で短時間な空の移動をプラスし生活をより豊かに
  写真.三重県の離島地域 志摩半島
  輸送サービス-都市から地域へ
  場所を問わず日本中どこでもつながるシームレスな移動を目指して
  その他サービス
  移動だけではない!アトラクションとしての一面も併せ持つマルチな製品
  写真.Lift Aircraftが開発した一人乗りの空飛ぶクルマ「HEXA」
  災害・緊急
  日本の安全活動も網羅可能
  需要が想定されるシステムと一緒に速さを活かして大活躍の予感
  図.D-Call Netシステム詳細
  使い方は無限大 どんな用途にも化ける新規手段を使ってどう楽しむか夢が広がる
  図.空飛ぶクルマのユースケース一覧
 
空飛ぶクルマ事業化に向けた機体開発や周辺の動き
  機体の開発-バッテリー
  今のままでは重くて飛べない?画期的な解決法はなく模索中
  図.空飛ぶクルマに求められるバッテリー条件
  移動と引き換えに環境汚染が進む
  そのような状況を打破する画期的な移動手段が生み出されるのでは
  図.2020年度日本国内の二酸化炭素排出量内訳(速報値)
  肝となる「電動化」技術を磨くことが空の移動実現を可能にする
  一番危険なのは人? ヒューマンエラーを避けた自律化は事故を起こさない近道
  図.地上、空中の手動運転の懸念点と自律運転による可能性
  地上インフラや管制システム
  3次元は空域設定が必要不可欠 ヘリコプターと同じ高度で空へデビューか
  図.既存航空機の規制と空飛ぶクルマ規制範囲の推測
  地上インフラや管制システム
  先進技術を駆使した空の管理により地上と変わらない安全運航を促す
  図.エアモビリティの作成するプラットフォーム(ASCP)(上図)と
  開発しているAirNavi(下図)
  起点場所となる離発着場
  ヘリポートをベースに技術開発を行い地上や高層ビルどこからでも空へ向かう環境を
  図.バーティポート設置案の一例
 
空飛ぶクルマ活用に向けた日本の動き
  新規モビリティを国内へ 空飛ぶクルマの幕開けとなった一歩目の動き
  図.「未来投資戦略2018」内の第4次産業革命技術がもたらす変化/新たな展開
  (上)と重点分野とフラッグシップ・プロジェクト(下図)
  世界に追いつきその一歩先へ 関係者の意見を汲み取り計画を可視化
  図.空飛ぶクルマの検討体制(上図)と
  2022年3月に改訂された空飛ぶクルマのロードマップ(下図)
  次の流行りをいち早くキャッチ 
  地元の空を活性化させるべく国レベルの制度を整え事業化に備える
  図.空飛ぶクルマ三重県版ロードマップ(上図)と大阪版ロードマップ(下図)
  「いのち」を掲げ、新たなつながりや創造促進になるような
  将来の展望を示していく
  図、写真.2025年大阪・関西万博開催概要(上図)と
  開催予定地夢洲のイメージ(下図)
  図.大阪・関西万博時に想定されている路線案
  未来に向けた博覧会開催のために拠点大阪で着々と進む準備
  図.大阪府庁が設置した「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」
 
空飛ぶクルマの実装に向けた課題と今後の動き
  何をするにも理解が必要、認知度アップと協力の拡大に努める
  100km先の目的地へは70kWh以上のパフォーマンスが求められる
  性能アップに向けて始まったばかりのバッテリーはこれからの伸びしろに期待
  空へ向かう出発場所と空から迎える到着場所を確立しスタートに備える
  認知度、機体、環境、法律が空の移動に必要なパーツ
  海外との連携を活用し着実に規制の詳細化を進めていく
  表.空飛ぶクルマの事業化実現に対する4第課題と今後の動き
  空を気軽に移動するには基本の戦略と変化球プラスで市場を大きくしていく
  黎明期に問題点はつきもの 難しいからこそスタートさせる価値がある
  空の移動を支えるバッテリーは飛行しながら充電が当たり前?
  電池交換、充電時間から解放されるのでは
  図.次世代モビリティにて実用が期待されているワイヤレス給電方式
  環境の変化により出てきた二拠点生活 新しい生活様式の利便性アップにつながる
  表.ワーケーション、二拠点生活での空飛ぶクルマ活用案
  映画でしかありえなかった空を題材にした世界も現実で体験できるかもしれない
  図.従来のエアレースと将来空飛ぶクルマを活用した競技用レース予想図
  空想や夢物語で終わらないためには
  今ある技術を最大限に活用し新たな発展へとつなげることが必須

第3章 国内海外関連企業動向

海外企業の空飛ぶクルマメーカー
  表.海外における空飛ぶクルマ紹介の関連単語一覧
  図.空飛ぶクルマ開発企業の機体タイプ一覧
Joby Aviation
BELL(Bell Textron)
Wisk Aero
LIFT Aircraft
New Future Transportation, Inc.
Moog
Terrafugia
Kitty Hawk(旧名:Zee.Aero)
Opener
Archer Aviation
Jaunt Aviation(Jaunt Air Mobility)
Vertical Aerospace
Aston Martin
VRCO(Vehicle Redesign Company)
Volocopter
Lillium
Klein Vision
AeroMobil
Airbus
Ehang(Guangzhou EHang Intelligent Technology)
Hyundai Motor Group
 
株式会社SkyDrive
  日本国内の先頭を切って空の移動を革命していく
  次世代に夢を実現し提供するため一歩ずつ進んでいく
  図.SkyDriveの2事業とその詳細
  航空技術の知見を持ったエンジニアによって
  日本だけでなく世界に認められる機体を造っていく
  写真.SkyDriveが開発したSD-03(上図)とコンセプトモデルSD-XX(下図)
  表.SkyDriveにて開発されている機体一覧(2014~2030年(目標))
  事業化直前のお披露目に向けた準備も同時に進行中
  型式証明を確実に取得し日本の未来の移動手段として技術を飛躍していく
 
テトラ・アビエーション株式会社
  1人乗りの機体から民間と社会ユースへの拡大を図る
  国内でも早い段階で空への改革に着手し実績を重ねる
  写真.予約販売されているMk-5
  コンテストに向けた技術を事業化へも際限なく発揮していく
  写真.テトラ・アビエーションが開発した空飛ぶクルマMk-3
  海外の新規モビリティへの熱量が功を奏して開発スピードをより加速させていく
  個人利用をベースに企業での活用も期待される
  更なる移動革命を目指し2027年には自動運転化へ
  写真.カリフォルニア州での飛行試験(上写真)と
  開発段階のMk-5設計図(下写真)
  開発だけでなく受容性を考慮した別視点からの活動も欠かさない
  写真.テトラ・アビエーションにて執筆される
  「マンガでわかる!空飛ぶクルマ」
 
有志団体Dream On
  未来を体感し、より良い世界への一歩を踏み出す手助けをする
  発端はモビリティ分野の希望となる空飛ぶクルマの具現化
  空飛ぶクルマの仮想体験等を通じ、未来の生活を思い描き、
  夢を共有・共創する場と仕組みを提供する
  空想の世界から未来における現実へと着実に繋げていく
  図.Dream Onプロジェクト紹介
  ビジネスだけでは成り立たない、純粋な「やってみたい」を追求した活動を
  続けていく
 
エアモビリティ株式会社
  機体以外はすべてお任せ
  次世代移動手段に相応しいインフラのプラットフォームで攻める
  参入事業を見極め、インフラに特化した日本一のプラットフォームを目指す
  図.エアモビリティ社創立からの事業一例
  空飛ぶクルマの安全運航に必要なものを全て詰め込んだプラットフォーム
  図.エアモビリティ社の作成するプラットフォーム(ASCP)(上図)と
  開発しているAirNavi(下図)
  写真.エアモビリティ社が推測する空飛ぶクルマ飛行イメージ
  図.エアモビリティ社のeVTOL販売形態プラットフォーム
  エアモビリティ社だからこそ企業を分け隔てなく繋いでできたインフラシステム
  国内国外関係なくどんな機体にも準備万端の自信あり
 
日本航空株式会社
  エアラインの知見を武器に新規移動手段にも臆することなくチャレンジしていく
  環境変化に応じた事業を掲げ次の目標へ進む
  図.JAL事業構造の4大別
  新規参入の移動手段は確実に網羅
  機体にあわせた使い方を考案、業界を超えたニーズに応える
  図.JALエアモビリティ創造部で取り扱う活動
  写真.実証実験にて隅田川上空を飛行するドローン(上図)と
  別実験時のドローンのシステム画面(下図)
  空のプロフェッショナルとしてインフラ整備の技術を発揮
  海外機体メーカーと協力して日本を盛り上げていく
  図.三重県実証実験での飛行ルート
  写真.JALが業務提携している各社の機体
  これからの環境にも配慮した戦略で次の移動革命に確実に参入する
 
ANAホールディングス株式会社
  市場黎明期から中心企業となるべく名乗り出る
  90%を占める航空を軸とするも、人材やITと多面な事業をワールドワイドで展開
  図.ANAホールディングス事業概要
  世界の勢いの波に乗り民間事業としての活用想定 ファーストステージは都市部へ
  掲げる必須項目は現状5つ、この同時進行を行いゴールに向かう
  表.空飛ぶクルマ事業化に向けた必須項目と
  各項目へのANAホールディングス取り組み一例
  日本が一同となり2025年スタートのマイルストーンへ
  直近の実証実験では確実なポート設置に取り組む
  移動手段が変化する中、変わらぬ価値を顧客に届け続ける挑戦は続く
 
日本電気株式会社
  既存の技術を武器に事業の空を繋げていく
  100年以上前から常に最先端の技術を用いた製品を世界へ提供する等
  インフラ産業へのソリューション提供に強みを持つ
  図.2020年度のNEC売上収益比率
  図.NEC主要事業の詳細
  実証機開発や他企業への支援、検討会参加と
  様々な方向から事業化を盛り上げていく
  写真.2019年にNECで開発された試作機(全長約3.9m・幅3.7m・高さ約1.3m)
  万博でのスタートを目標に余念なく準備を進める
  知見と得意を発揮したそれぞれの分野を開発、今後の活用範囲拡大へ繋げていく
 
丸紅株式会社
  広大なネットワークを運航へ活用し海外機体メーカーを国内へ羽ばたかせる
  全産業を網羅し航空知識を次世代モビリティへ遺憾なく発揮
  図.丸紅事業内容と社会産業・金融グループ一部詳細
  英国の航空企業トップ層が協力し磨かれた技術が光る
  図写真.Vertical Aerospaceの開発機体「VX4」飛行イメージ(上写真)と
  「VX4」の開発詳細(下図)
  国内の海に面した地域を筆頭に速くて手軽な移動を提供
  概念から離れた機体を用いて新しい旋風を巻き起こす
  写真.Lift Aircraftが開発した「HEXA」飛行時
  世界にも負けない空の移動を先ずは国内で確実に始動していく
 
エアロファシリティー株式会社
  ヘリポートの経験とノウハウを武器に新事業展開
  ヘリポートのプロフェッショナルとして国内の先頭を走る
  写真.エアロファシリティーがトータルプロデュースしたヘリポート一例
  蓄積した技術とノウハウを広く業界に紹介するために官民協議会へ参画
  日本の空飛ぶクルマ用バ―ティポートは地上インフラから始まる
  課題は山積みだがこれまでの経験とノウハウをもとに解決策を提案
  表.エアロファシリティーが考えるビル屋上設置時のヘリポートと
  バーティポートの違い
  図.バーティポート設置案の一例
  着実に進んでいる屋上Vポートの新提案
  更なる拡大に繋がるよう設計基準と環境を整えていく
 
共創活動Thinkcar
  市場を超えた影響力を秘めた2社による空の移動革命が始まる
  培った技術を遺憾なく発揮し各方面の「シンカ」を目指す
  図.自動車関連の開発技術を武器に東レ・カーボンマジックと
  東京アールアンドデー共同で活動するThinkcar
  自動車から航空へ 次の世界に先手を打つため対策を怠らない構えを持つ
  表.Thinkcarが航空輸送分野での技術開発を行う際に直面している課題
  自主開発のハイブリッドドローン 国の規定とニーズを十分配慮
  2024年には業界の空へ貢献していく
  写真.東京アールアンドデーが開発中のハイブリッドドローン
  産業の整備と航空法改正への貢献
  コンソーシアム 今後の展望 自動車、航空機、ドローン技術
  2社の強みを最大限に活かしたノウハウを武器にこれからの移動革命へ参画する
  図.Thinkcarの空飛ぶクルマコンセプトモデル
 
株式会社プロドローン
  産業用に特化したドローンメーカーとしての技巧を持つ
  地域から一番信頼されるドローンカンパニーになる
  図.プロドローン技術力紹介
  圧倒的な中国企業と並んで日本国内の要求を追求し柔軟に対応していく
  空という三次元を活用し緊急時の新しい避難方法を具現化する
  写真.プロドローン開発の対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」
  ドローン含めた新しい航空機への社会受容性を高めるために
 
経済産業省 製造産業局 産業機械課 次世代空モビリティ政策室
  次世代モビリティの確立に向け調整していく
  陸から空へ、国として移動可能手段の確立と未来の創造に挑戦する
  図.空モビリティ関連を扱う経済産業省の組織図 略図
  関係事業者の意見を汲み取り形にしていく
  図.空飛ぶクルマの検討体制(上図)と
  2022年3月に改訂された空飛ぶクルマのロードマップ(下図)
  55年ぶりの晴れ舞台に向けて本格的な準備も進んでいる
  認知度向上と社会貢献を意識し、
  一歩ずつ思い描いた空飛ぶクルマ活用に近づいていく
 
国土交通省 航空局 次世代航空モビリティ企画室
  安全基準等の制度整備を通じ世界に先駆けた実現を目指す
  日本と海外の空の安全に携わる、なくてはならない存在
  図.国土交通省組織図略図と航空局概要
  物資輸送革命と移動革命のディスカッションを通じた黎明期脱出を図る
  次世代航空モビリティはクルマだけではない!
  制度がさらに整いつつあるドローン界にも注目
  図.無人航空機のレベル4解禁に向け国土交通省が示す飛行形態と
  創設した制度一例
  国内発の機体へ第一関門の認証取得に全面協力
  図.型式証明手順とそれによる機体メーカー動向一例
  スタートダッシュはもちろんのこと、
  そこからの事業拡大に向けた土台を固めていく
 
三重県庁 デジタル社会推進局 デジタル事業推進課
  県の魅力拡大に向けどこよりも早く空移動の土俵を整えていく
  自然を満喫でき多岐に亘る観光地であふれた土地
  図.三重県庁内の「デジタル事業推進課」位置
  三重県が抱える問題点と次のモビリティに求められる解決策
  図.三重県の地域別と全国の平均人口減少率(2015年と2020年比較)
  ヘリコプター、ドローン、空飛ぶクルマと2020年代半ばからの事業スタートへ
  図.空飛ぶクルマ三重県版ロードマップ
  避けては通れない課題に向き合い移動革命に向けて確実に歩を進めていく
 
大阪府庁 商工労働部 成長産業振興室 産業創造課 産業化戦略グループ
  国際博覧会を皮切りに大阪から新規空移動を拡大、貢献していく
  細分化された組織による府民への細やかな対応を心掛ける
  図.大阪府庁内の産業化戦略グループ位置
  大阪版官民協議会として主役となる民間企業の「生の声」を収集
  先を見据えた協議から議論の密を高めていく
  図.大阪府庁が設置した「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」
  図.2022年3月に公表された空飛ぶクルマの実現に向けた大阪版ロードマップ
  全国から続々と集まる調査に補助制度で力添えをしていく
  表.大阪府庁による令和3年度の空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験補助事業
  バージョンアップしていく大阪と空の移動を組み合わせた圧倒的魅力を誇る観光地へ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 198頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。