2022 テレワーク時代の経費精算と複合機連携

日本ではコロナ禍を契機としてテレワークが急速に普及しており、テレワークを制度化し本格的に運用する企業が増加している。オフィスにおける複合機の在り方が見直される中、スキャン機能などを活用して紙を電子化する複合機連携ビジネスに注目が集まっている。また、経費精算ソリューションはペーパレス化の加速や電子帳簿保存法の改正などに伴い、市場が好調に推移している。
本レポートでは、複合機メーカと経費精算ソリューション提供事業者へのヒアリングを通じて、テレワーク時代の経費精算と複合機連携に関する現状と将来展望を分析している。

発刊日
2021/12/22
体裁
A4 / 127頁
資料コード
C63124720
PDFサイズ
6.1MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本国内における経費精算ソリューション及び複合機連携ソリューションの実態を調査・分析することで、当該市場関連企業および関係者のマーケティング活動に資することを目的とする。
調査対象:弊社が独自に選定した企業 計9社(経費精算ソリューション提供事業者5社、複合機メーカ4社)
調査方法:研究員による直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2021年8月~2021年12月

調査結果サマリー
Close

経費精算ソリューション市場に関する調査を実施(2021年)
2021年度の経費精算ソリューション市場は219億3,000万円で前年度比42.0%増の予測
~テレワーク環境への対応ニーズに加え、改正電子帳簿保存法の施行が市場の追い風となる見込~

資料ポイント
Close

  • テレワークに関連した複合機市場や経費精算ソリューション市場の動向を解説。
  • 経費精算ソリューション市場の市場規模推移(2019年度~2022年度予測)及びシェア(2020年度、2021年度予測)を掲載。

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.経費精算ソリューション市場規模推移(2019年度~2022年度予測)
  図表1 経費精算ソリューション市場規模推移(2019年度~2022年度予測)
2.企業動向
  図表2 経費精算ソリューションベンダの動向
  図表3 複合機メーカの動向
3.展望と課題

第1章 テレワーク時代の経費精算と複合機連携

1.テレワークの普及による変化
  1.1.コロナ禍とテレワーク
    政府の強力な推進によるテレワークの実施
    図表4 「新しい生活様式」における働き方の新しいスタイル
    テレワークが急速に普及した2020年
    図表5 企業のテレワーク導入率及び導入予定率の推移
    図表6 テレワーカーの割合(2016年~2020年)
    2021年も20%前後のテレワーク実施率を維持
    図表7 テレワークの実施率
    テレワークを実施する中での課題
    図表8 テレワークの課題
  1.2.テレワークの普及により生じた企業活動の変化
    各種業務のデジタル化/オンライン化
    事業変革の必要性認識によるDX推進
    従業員の心身の健康管理
    コミュニケーション体制の再構築
  1.3.テレワークと経費精算ソリューション
  1.4.テレワークと複合機事業
2.経費精算と複合機連携の展望
  2.1.経費精算ソリューションから見た複合機連携の価値
    図表9 経費精算ソリューションにおける主な申請手段
  2.2.複合機連携から見た経費精算ソリューションの価値
    図表10 複合機メーカによる複合機連携の製品ラインナップ
  2.3.今後の展望

第2章 経費精算ソリューション市場の実態と展望

1.市場規模と将来予測(2019年度~2022年度予測)
  コロナ禍の中、前年度比130.2%の高成長
    図表11 経費精算ソリューション市場規模推移(2019年度~2022年度予測)
    図表12 経費精算ソリューション市場におけるコロナ禍の影響
  2021年度は前年度比142.0%の219億3,000万円と予測
    図表13 電子帳簿保存法上の電子データによる保存区分
    図表14 改正電帳法における主な改正事項
2.参入ベンダの市場シェア
    図表15 経費精算ソリューションの売上高シェア(ベンダ売上高ベース)
    (2020年度、2021年度予測)
3.各社の強みと差別化ポイント
4.注力する業種
5.ユーザの企業規模
    図表16 ユーザの企業規模に対する各社の方向性
6.販売体制
7.協業の方向性
8.複合機連携の方向性
    図表17 経費精算ソリューションの複合機との連携状況
9.今後の事業展開と基本戦略

第3章 経費精算ソリューションベンダの調査個票

1.株式会社コンカー
  会社概要
  ソリューションの特長・差別化ポイント
  図表18 Concur Expenseの主要な特徴
  ビジネス概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  販売体制
  協業の方向性
  図表19 コンカー社が実施するデータ連携サービスの全体像
  複合機連携の方向性
  競合状況と対策
  今後の事業展開と基本戦略
2.jinjer株式会社
  会社概要
  ソリューションの特長・差別化ポイント
  図表20 jinjer経費の概要
  ビジネス概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  販売体制
  複合機連携の方向性
  競合状況と対策
  今後の事業展開と基本戦略
3.freee株式会社
  会社概要
  ソリューションの特長・差別化ポイント
  図表21 freee社が提供する製品の全体像
  ビジネス概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  販売体制
  協業の方向性
  複合機連携の方向性
  競合状況と対策
  今後の事業展開と基本戦略
4.株式会社マネーフォワード
  会社概要
  ソリューションの特長・差別化ポイント
  図表22 Money Forwardのラインアップ
  ビジネス概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  販売体制
  協業の方向性
  複合機連携の方向性
  図表23 マネーフォワード クラウド経費とスキャナの連携
  競合状況と対策
  今後の事業展開と基本戦略
5.株式会社ラクス
  会社概要
  ソリューションの特長・差別化ポイント
  図表24 楽楽精算の主な機能
  ビジネス概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  販売体制
  複合機連携の方向性
  今後の事業展開と基本戦略

第4章 複合機メーカの事業動向

1.複合機メーカを取巻く環境の変化
  1.1.コロナ禍以前より続くペーパレス化を背景とした逆風
    図表25 レーザ複合機の出荷台数及び売上高(2018~2023年度予/国内)
  1.2.コロナ禍による事業環境の変化
    図表26 複合機メーカにおけるコロナ禍の影響
    図表27 主要各社の業績動向
  1.3.複合機メーカの今後の方向性
2.複合機連携ソリューションのラインナップ及び特長
    図表28 各社の製品ラインナップ
    図表29 各社の提供体制
3.複合機連携ビジネスの概況
4.今後の事業展開と基本戦略

第5章 複合機メーカの調査個票

1.キヤノンマーケティングジャパン株式会社
  会社概要
  複合機連携ソリューションのラインナップ及び特長
  図表30 uniFLOW Onlineの機能一覧
  図表31 料金プランと提供サービス
  複合機連携ビジネスの概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  複合機連携ソリューション提供の体制
  カスタマーサポートの方向性
  競合状況と対策
  今後の事業展開と基本戦略
2.シャープ株式会社
  会社概要
  複合機連携ソリューションのラインナップ及び特長
  複合機連携ビジネスの概況
  注力する業種
  ユーザの企業規模
  複合機連携ソリューション提供の体制
  カスタマーサポートの方向性
  競合状況と対策
  今後の事業展開と基本戦略
3.富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
  会社概要
  複合機連携ソリューションのラインナップ及び特長
  図表32 主要な複合機連携ソリューション
  図表33 Cloud Service Hubの概要
  複合機連携ビジネスの概況
  今後の事業展開と基本戦略
4.リコージャパン株式会社
  会社概要
  複合機連携ソリューションのラインナップ及び特長
  図表34 リコーの主要な複合機連携ソリューション(他社連携)
  複合機連携ビジネスの概況
  今後の事業展開と基本戦略

第6章 関連市場の動向

1.テレワーク関連業務アプリケーション市場
  図表35 テレワーク関連業務アプリケーション市場規模推移・予測(2019年度~2025年度予測)
  市場概況
  注目トピック 仮想オフィスツール市場が本格的に立ち上がる
  図表36 仮想オフィスツール市場規模推移・予測(2019年度~2025年度予測)
  将来展望
2.国内民間IT投資市場
  図表37 国内民間IT市場規模推移予測(2017年度~2023年度予測)
  市場概況
  注目トピック
  図表38 コロナ禍によるデジタル化への取組み状況の変化
  将来展望

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。