2022 音声認識技術の活用実態と展望 ~AI技術調査シリーズ~

近年のディープラーニングなどAI技術の大幅な進展と精度向上に伴い、利用場面が大きく拡大している音声認識技術。ウィズコロナ・アフターコロナの音声認識市場を分析する、AI技術調査シリーズレポートです。

発刊日
2021/12/下旬
体裁
A4 / 約100頁
資料コード
C63118720
PDFサイズ
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 音声認識市場の推移・予測(2021年~2025年)
  • 音声認識とは
  • 音声認識市場の市場動向
  • コロナ禍が音声認識に与えた影響
  • 2022年以降の市場展望と注目動向
  • 音声認識のユースケースと分野動向

リサーチ内容

2021年11月26日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

【業務別】

コールセンター / 電話通話記録・分析 / 
議事録作成支援、文字起こし / 
音声自動対話、対話型AI /
音声入力、音声記録作成 / 音声操作 など

【業種別】

金融 / 不動産 / 通信 / 製造業 / 建設業 / 物流業 /
公共・自治体 / 小売業 / 業種共通 など

<調査企業個票(50音順)>

アドバンスト・メディア、NTTコミュニケーションズ、
NTTテクノクロス、ギークフィード、Kore.ai、
東芝デジタルソリューションズ、ネクストジェン、
富士通、丸紅情報システムズ、レブコム

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。