2022 音声認識技術の活用実態と展望 ~AI技術調査シリーズ~

近年のディープラーニングなどAI技術の大幅な進展と精度向上に伴い、音声認識技術の利用場面が大きく拡大している。本調査では、コールセンター/コンタクトセンター、議事録作成支援、現場業務向け音声入力を始めとする音声認識の用途別の市場と中長期での活用動向についても分析を行った。
ウィズコロナ・アフターコロナの音声認識市場を把握するAI技術調査シリーズレポート。

発刊日
2021/12/24
体裁
A4 / 98頁
資料コード
C63118720
PDFサイズ
5.1MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
(準備中)の「目次をダウンロード」「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内音声認識市場について、当該市場の動向、プレイヤー動向、ユースケースなどを明らかにし、関連企業及び関係者の企業活動に資することを目的とする。
調査対象:主に日本国内で音声認識技術及び音声認識技術を使った業務ソリューションを開発・提供する企業
調査方法:研究員による直接面接取材、文献調査
調査期間:2021年6月~2021年12月

調査結果サマリー
Close

音声認識市場に関する調査を実施(2021年)
2021年度の音声認識市場は前年度比14.9%増の131億円になると予測、DXを支援する技術として利用が進む見通し

資料ポイント
Close

  • 音声認識市場の推移・予測(2021年~2025年)
  • 音声認識とは
  • 音声認識市場の市場動向
  • コロナ禍が音声認識に与えた影響
  • 2022年以降の市場展望と注目動向
  • 音声認識のユースケースと分野動向

リサーチ内容

調査結果のポイント

1.市場動向
  図表1 音声認識市場の推移(2020年度~2025年度予測)
  図表2 音声認識市場の定義
2.企業動向
  図表3 音声認識市場シェア(2020年度)
3.展望と課題

1章 総論

1.音声認識とは
  1.1.音声認識技術の動向
    1.1.1.音声認識技術の進展
    図表4 音声認識技術の進展
  1.2.音声認識の関連技術
    図表5 音声認識の周辺技術例
    図表6 音声認識に関連する技術例
    音声技術を使ったソリューション例
    図表7 音声認識の利用場面
    図表8 アドバンスト・メディアのソリューション一覧
2.音声認識市場の展望
  2.1.音声認識市場の推移
    2.1.1.音声認識市場の定義
    図表9 音声認識市場の定義
    2.1.2.音声認識市場の推移
    図表10 音声認識市場の推移(2020年度~2025年度予測)
    2.1.3.分野別音声認識市場の推移
    図表12 音声認識市場の分野
    図表13 音声認識市場(分野別)の推移(2020年度~2025年度予測)
    図表14 音声認識市場分野別の比率推移(2020年度~2025年度予測)
  2.2.2021年の市場動向と今後の展望
    2.2.1.コロナ禍が音声認識市場に与える影響
    2.2.2.2022年以降の市場の見通し
3.プレイヤーの概況
  3.1.国内の音声認識ソリューションのプレイヤー
    図表15 音声認識ソリューションの主なプレイヤー
    図表16 音声認識市場シェア(2020年度)
  3.2.海外大手企業の提供サービス
    Google
    Amazon
    マイクロソフト
    IBM

2章 音声認識のユースケース

1.業務分野別のユースケース
  1.1.コールセンター/コンタクトセンター
    図表17 コールセンターサービス市場規模推移・予測
    図表18 コンタクトセンターソリューション市場推移
  1.2.電話(コールセンター以外)
  1.3.議事録作成
  1.4.音声入力
  1.5.機械やアプリケーションの音声操作
  1.6.音声チャットボットによるFAQ
    図表19 対話型AIシステムの市場規模(2019年~2024年予測)
2.業種別のユースケース
  2.1.医療・介護
  2.2.物流、倉庫
    図表20 総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)概要
  2.3.製造業
  2.4.小売業
  2.5.金融業
  2.6.通信業
  2.7.不動産
  2.8.建設業
  2.9.宿泊業、飲食業
  2.10.農業
    図表21 スマート農業とは

3章 取材企業個票

株式会社アドバンスト・メディア
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTTテクノクロス株式会社
株式会社ギークフィード
Kore.ai Japan合同会社
東芝デジタルソリューションズ株式会社
株式会社ネクストジェン
富士通株式会社
丸紅情報システムズ株式会社
株式会社RevComm

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。