2022年版 自動車用フィルム・シート市場の展望と戦略

自動車用フィルム・シートメーカーはE-CASE(Connected、Autonomous、Shared & Services、Electric + Environment)を主軸とした開発・投資を進めると共に、自社の保有する技術について、既存の自動車業界だけにとどまらず、次世代自動車に参入する新たなプレイヤーに向けても積極的な情報発信を行い、製品の開発・提案の幅を拡大し事業のフィールドを広げていくことが求められています。今後は各社の技術を新市場での展開の中で得られる新たな発想と組み合わせ、既存の自動車のテーマであるE-CASEの先にある枠を飛び越えた「次世代モビリティ」の共創の実現と、そこに貢献する技術開発・提案をいかに進めていけるかが注目されます。

発刊日
2022/09/29
体裁
A4 / 181頁
資料コード
C64113500
PDFサイズ
24.1MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 181頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の自動車用フィルムメーカー、シートメーカー各社の現在の動向と今後の事業施策を調査し、自動車用フィルム・シート市場における現状と今後の動向を把握する。
調査対象:内装用加飾フィルム(水圧転写フィルム、IMR転写箔、IMF用フィルム、OMF)、外装用加飾フィルム、ウィンドウフィルム、合わせガラス中間膜、車載ディスプレイ前面板用樹脂シート
調査方法:弊社専門調査員による直接面接取材をベースに、文献調査を併用。
調査期間:2022年7月~2022年9月

調査結果サマリー
Close

自動車用フィルム・シート市場に関する調査を実施(2022年)
2022年の自動車用フィルム・シートの出荷量は前年比98.7%の1億3,734万㎡の見込
~自動車用フィルム・シートメーカー各社は、既存のクルマの外側に目を向けた開発・提案で次世代モビリティの共創を目指せ!~

資料ポイント
Close

前回版との違い:車載ディスプレイ前面版に関する内容を追加

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 自動車用フィルム・シート市場の展望と戦略

既存のクルマの枠組みの外に目を向けた開発・提案で
「E-CASE」の先にある「次世代モビリティ」の共創を目指せ!
CASEはフィルム・シートメーカーにとって期待された規模での需要創出には至らず
  (図・表)自動車生産台数推移
  (図)主要自動車フィルム・シートのコロナ後の成長動向
自動運転の最終段階であるレベル5の実現を見据えた
製品開発とサービスの提案が需要・事業の拡大につながる
技術・信頼性の蓄積が超小型モビリティ、空飛ぶクルマなど次世代の車の実現に貢献
新市場ではサプライヤーからパートナーへのポジションチェンジを
  (表)E-CASEの実現に伴い発生する樹脂・フィルム・シート市場に関連する需要変化

第2章 自動車用フィルム・シート市場の動向

1.自動車内装用加飾フィルム市場の動向
  電装機能との一体化やCO2排出削減への貢献など
  意匠の枠を超えた加飾フィルムの価値の訴求が求められる
  主要4地域の自動車生産台数に占めるフィルム加飾採用比率は微減傾向で推移
  水圧転写や塗装などウェットプロセスからIMR、IMF等ドライプロセスへのシフト進む
    (図・表)主要地域の自動車生産台数における内装フィルム加飾の採用動向
    (表)主要地域別自動車生産台数に占める内装フィルム加飾の動向
    (図)地域別自動車内装フィルム加飾台数推移
    (表)主要地域における内装フィルム加飾工法別採用動向(2019年~2024年予測)
    (表)自動車内装加飾(フィルム使用)市場規模推移(台数ベース)(2019年~2024年予測)
    (表)自動車内装用加飾フィルム市場規模推移(面積ベース)(2019年~2024年予測)
  1.水圧転写
    排水処理やVOC排出規制が厳しさを増す中国を中心に日本や韓国でも需要は減少傾向
    一方、東南アジア地域では中国からの需要シフトにより水圧転写は右肩上がりで推移
    (図)水圧転写プロセス
    (図・表)水圧転写フィルム 市場規模推移(2019年~2023年予測)
    (表)自動車用水圧転写フィルム地域別市場規模推移(2019年~2023年予測)
    (表)水圧転写フィルムメーカーシェア推移(2019年~2023年予測)
    (表)主要自動車メーカーの水圧転写採用状況
  2.成形同時加飾
    (図)IMRのプロセス
    (図)IMFのプロセス
    2-1.IMR転写箔
    コロナ過の影響を受け一時は大きく縮小も自動車生産台数回復とともに復活
    中国市場で強みを見せるNISSHAのシェアが拡大
    (図・表)IMR転写箔市場規模推移(2019年~2024年予測)
    (図・表)IMR転写箔 主要地域別市場規模推移
    (図・表)IMR転写箔 主要メーカー別販売量推移
    2-2.IMF用フィルム
    車載電装品搭載拡大に加え、光透過型インテリアやステルススイッチの普及を追い風に成長
    デコレーション用/電装用の境界がなくなる傾向に
    (図・表)自動車内装用IMF加飾フィルム市場規模推移(2019年~2024年予測)
    (図・表)自動車内装用IMF加飾フィルム主要地域別市場規模推移
    (2019年~2024年予測)
    DNP、NISSHAの上位2社を、電装とインテリア双方で採用を拡大する三菱ガス化学が猛追
    マクダーミッド、東山フイルムはAR・LR機能付与で差別化図る
    (図・表)自動車内装用IMF加飾フィルム主要メーカー別販売量推移
    (2019年~2024年予測)
    (図・表)自動車内装用IMF加飾フィルム(デコレーション向け)
    主要メーカー別販売量推移(2019年~2024年予測)
    (図・表)自動車内装用IMF加飾フィルム(電装部品向け)主要メーカー別販売量推移
    (2019年~2024年予測)
    射出成形プロセスで加飾と電装化を同時に行うIMEの採用が始まる
  3.OMF
    転写やトリミング工程の自動化によりコストダウンを図る一方で
    「OMFでしか表現できないデザイン」の訴求による採用拡大を目指す
    塗装代替の拡大に加え、中国を中心に水圧転写プロセスからの置き換えも見られる
    次世代加飾パネル向けに高質感表現と光透過性を両立したフィルム開発が進展
    (表)OMF用加飾フィルム 市場規模推移(2019年~2023年予測)
    (表)OMF用加飾フィルム 主要地域別市場規模推移(2019年~2023年予測)
    (図)3次元加飾工法の比較
2.自動車外装用加飾フィルム市場の動向
  フィルム加飾による付加価値の訴求により単純な塗装代替にとどまらない提案を!
  金属調による高級感の演出や電波透過性ニーズへの対応により
  ボディ向け、パーツ向けともに金属調加飾フィルムの需要が増加
    (図・表)自動車外装用フィルム部位別需要動向(2019年~2023年予測)
  自動車の製造方法の変化を視野に入れ、外装の塗装代替を目指す
    (図・表)ボディ用加飾フィルム需要動向推移(2019年~2023年予測)
  安全性向上によるレーダーの搭載やコネクテッドカーの実現に向けて
  電波透過ニーズが拡大
    (図・表)外装パーツ用加飾フィルム需要動向推移(2019年~2023年予測)
3.自動車用ウィンドウフィルム市場の動向
  紫外線や赤外線の透過抑制と高透明性の両立により
  フロント・フロントサイドガラスに施工範囲を拡げ、市場拡大を図る
  中古車向けの施工需要が新車需要の減少を下支えしたことで
  コロナ禍でも安定した需要推移
    (表)自動車用ウィンドウフィルム市場規模推移(国内販売量+輸出量)
    (2019年~2023年予測)
    (表)自動車用ウィンドウフィルムメーカーシェア推移(国内販売量+輸出量)
    (2019年~2023年予測)
  高い遮熱性能に加え、電波透過性の付与により
  コネクテッドカーへの対応を見据えた開発進む
4.自動車用合せガラス中間膜市場の動向
  EV化の進展や安全性向上を背景に遮音膜、HUD用くさび膜の需要が大幅増加
  クラレは2019年9月よりチェコ共和国でアイオノマーフィルムの生産を開始
  積水化学は遮音膜、くさび膜の新ライン稼働後、
  2021年夏にはオランダで新樹脂ライン稼働
    (表)主要メーカーによるPVB生産拠点一覧
  合わせガラスはサイドガラスやルーフなど新たな箇所への採用進む
  積水化学はメキシコ、オランダ、クラレは韓国の製膜ライン稼働によりシェアが伸長
    (図)自動車用合わせガラス中間膜市場規模推移(2019年~2023年予測)
    (図・表)自動車用合わせガラス中間膜地域別販売量(2022年見込み/重量ベース)
    (図・表)自動車用合わせガラス中間膜地域別販売量(2022年見込み/面積ベース)
    (表)自動車用合わせガラス中間膜メーカーシェア推移(重量ベース)
    (2019年~2023年見込み)
    (表)自動車用合わせガラス中間膜メーカーシェア推移(面積ベース)
    (2019年~2023年見込み)
  くさび膜は中間膜市場の8~11%程度、今後は欧州のHUD搭載義務化による成長を期待
  日本化薬はより広い画角が求められるAR-HUD向けゴースト対策フィルムを展開
    (表)HUD用くさび型中間膜市場規模推移(2019年~2023年予測)
    (図・表)参考資料:HUD市場規模推移(2020年~2024年予測)
5.車載ディスプレイ前面板用樹脂シート市場の動向
  OEMによるガラスカバー採用が拡大も、3D、異形、スモーク対応では
  樹脂カバーが依然として強みを発揮
  日系OEMのガラスシフトとOLEDの平面化で前面板市場のガラス採用率は70%以上に
  樹脂前面板のシート採用率は75%前後と推計
    (図・表)車載用前面板市場規模(枚数ベース)(2019年~2024年予測)
    (図)樹脂前面板 シート:成形品の構成比
  前面板用樹脂シートは3D、異形、スモークなどガラスでの対応に限界がある用途を中心に
  70万㎡/年前後の需要量を確保
    (表)車載ディスプレイ及びTP用樹脂カバーの製造プロセス別メーカー一覧表
    (表)車載ディスプレイ及びTP用樹脂シート(AR、AG、AFR等HC加工済)
    メーカー別出荷量推移(2019年~2024年予測)

第3章 自動車用フィルム・シートメーカーの展望と戦略

NISSHA株式会社
  内外装フィルム加飾、フィルムタッチセンサー、加飾×機能モジュール等
  モビリティ市場での成長につながる製品群での展開に注力
  トップシェアを維持する内装加飾に加え、外装パーツ向け加飾フィルムの開発も推進
  塗装代替によるCO2排出削減など、OEM、Tier1のカーボンニュートラルに貢献
  高透明COPベースのF2センサーは大画面・曲面・高精細のハイエンド車種で強みを発揮
  大型・シームレス・3Dの次世代樹脂カバーの開発も推進
  加飾成形とセンサー・ヒーター・ライティングなどの機能を組み合わせた
  次世代の機能モジュールの開発に取り組む
 
DICデコール株式会社
  企画・デザインから機能付加まで一貫した体制により幅広い意匠ニーズを実現
  凹凸によりエンボス調の表現を可能にした「アクアトランサE」は、国内外で採用が進む
  深絞り対応や小ロット生産による試作対応など水圧転写でしか出来ない価値を訴求
 
三菱ガス化学株式会社
  CID、クラスターなど電装品カバー向けに止まらず
  内装部品、外装パーツなど新たな領域での需要拡大に期待
  ディスプレイカバー用「ユーピロン・シート」は高位相差で虹ムラの無い視認性に強み
  ガラスカバーが対応しにくいサイズ・形状での引き合いが増加
  成形同時加飾向け「MRフィルム」はアフターキュアハードコートグレードを新たに投入
  4Hの高硬度と成形自由度の高さからドアパネルなどにも提案を広げる
 
マクダーミッド・パフォーマンス・ソリューションズ・ジャパン株式会社
  独自の技術サポートプログラム「XMAPP」、加飾+機能を一体化した
  IME(In Mold Electronics)など、ユーザーへの貢献で差別化
  FIM加飾フィルム「XtraForm」は用途、形状に最適な基材とハードコート層の組合せを提案
  図面解析から設備、作業環境などプロセス全体での問題点を抽出し改善を図る
  独自の技術サポートプログラムXMAPPが国内外のOEMから高く評価される
  射出成形部品にセンサーやLEDを組み込み、加飾と機能を一体化したIME
  成形部品の薄型・軽量化と工程省力化で部品メーカーのScope3対応にも寄与
 
株式会社ウェーブロック・アドバンスト・テクノロジー
  ディスプレイ・加飾フィルム・シート事業の統合により
  100年に一度の大変革期を迎えた自動車業界の変化に対応
  「スーパーテクミラー®」は米RivianのSUVや米GMが展開するCadillac初のEVに採用
  2022年4月に既存タイプの追従性・加工性を高めた新グレードを投入、同年6月以降採用進む
  透明性や光学特性に優れる「ShineTech®」はHUD用として独VolkswagenのEV向けに納入
 
名阪真空工業株式会社(MSK)
  樹脂カバー向けプラスチックシート、反射防止・飛散防止フィルムを揃え
  ディスプレイカバーの材料変化に対応
  樹脂カバー用シートは大手OEMのガラス採用の影響で2022年以降は縮小傾向に
  ガラスカバー向け反射防止・飛散防止フィルムはコンスタントに20万㎡強の需要を確保
  ミドルクラス車種向けでシェアを押さえる
 
東山フイルム株式会社
  日油の機能性フィルム事業を承継し反射防止フィルムのラインナップを拡充
  ガラスカバーの大型・曲面化とマルチディスプレイ化による
  飛散防止・反射防止フィルムの需要拡大に期待
  成形加飾フィルムではプレキュア型とアフターキュア型をラインナップ
  硬度、光学性能など多様なニーズに対応した製品の開発・提案を推進
  フィルム加工からインサート成形までの各プロセスをサポートするオープンラボを開設
  素材・成形に関わるメーカー同士の協業によるスピーディーな製品開発を目指す
 
住化アクリル販売株式会社.
  高機能フィルム・シート「テクノロイ」を自動車加飾フィルム原反で展開
  デコレーション向けにはPMMA、電装品向けにはPC、PC/PMMAと
  ニーズに合わせたグレードを提案
 
布施真空株式会社
  独自のTOM工法は塗装代替にとどまらない付加価値の創造を訴求
  TOM工法、Neo-TOM工法による新しい市場の創造を目指す
  NGF成形機は主力の「0512-RS」を中心に、Neo-TOM工法に対応した大型機もラインナップ
  塗装設備を持たない新興EVメーカーを中心に積極的な検討が進む
  TOM工法は燃費向上や省エネなど様々な機能性付与を付加価値として訴求
  Neo-TOM工法では乗用車の外装パーツ全般をターゲットに、大型車の塗装代替も視野に検討
 
エヌアイエス株式会社
  培ってきた技術と知識と想像力を駆使して
  ユーザーの持つ多様なデザインニーズの実現を目指す
  NATSではスーパースチームの効果により効率的な全方位加熱と高い品質安定性を実現
  転写箔の使用により、トリミングレスによる後加工コスト削減を訴求
  開発スパンの短い中国系EVメーカーでの展開を優先、実績をもとに国内OEMへの採用も狙う
  ソフトフィール加飾フィルムは自動車メーカーのセンターオーナメント向けに採用
 
株式会社浅野研究所
  「独創的な技術で世界一をめざす」という経営理念のもと
  幅広い製品ラインナップと独自の技術力で顧客ニーズを満たす
  高い位置合わせ精度を誇る「TFH-UD」の大型機種となる「TFH-1211-UD」を開発
  2022年3月に1号機、同年7月に2号機を出荷するなど販売は好調
  2022年5月に大型機種のリニューアルを行い「FKS-0932-50」を上市
  CIDやインパネなどの大型化ニーズに向けて展開
  独自のQRHでは温度制御システムの高精度化により、オペレーターの手動温度調整を自動化
 
龍田化学株式会社
  他社にはないシボ加工技術の確立により
  オーバーレイ加飾市場において唯一無二の製品を展開
  「ASHELER®」の高質感に加え、光透過に対応した「ASHELER® 2way」をラインナップ
  龍田化学のみが実現可能なシボ感表現と光透過機能の両立により次世代加飾パネル向けに展開
 
スリーエムジャパン株式会社
  高い製品開発力ときめ細かいニーズへの対応力により顧客価値の最大化を図る
  「3M™フィルムブラックアウトシステム」は国内需要が微減となるも
  グローバルでは横ばい
  内装加飾はデザイナー機能とセミカスタマイズにより
  中国新興メーカーでの採用拡大を目指す
 
リンテック株式会社
  粘着製品分野におけるリーディングカンパニーとしての知見を活かし
  新規需要の創出によりウインドーフィルム市場の拡大を目指す
  濃色タイプでは「GY-3IR」に続き
  2020年6月にプレミアムシリーズの「HCD-03G」を上市
  窓ガラスへのフィルム施工が主流かつ高価格帯製品が受け入れられやすい
  ASEAN地域に展開
 
積水化学工業株式会社
  2022年に中間膜事業のリブランディングを実施
  社会とのつながりを意識し、より良い未来の構築に役立つ事業を目指す
  HUD用くさび膜「S-LEC™ Film-W」は、HUD搭載車の増加により前年比20%成長を見込む
  通常くさび膜に加え、遮音、遮熱、遮音遮熱の多彩な機能付与を実現し、多様なニーズに対応
 
Eastman Chemical Company
  グローバル化学メーカーとして培ってきたノウハウを活かして
  Saflexのさらなる価値向上により中間膜市場の新たなニーズに応え続ける
  遮音膜、高性能遮音膜のラインナップにより、静かなEVで表面化した騒音低減を実現
  「Saflex® VIEW ST」では可変くさび角により異なる目線高さからの視認画像精度向上を実現
 
株式会社クラレ
  グローバルな顧客ニーズを実現する中で培った技術力を活かし
  中間膜事業における新たな価値の共創と社会的課題の解決を目指す
  機能膜では遮音膜「Trosifol ® Acoustic」やHUD向け「Trosifol® The Wedge」が伸長
  環境対応ニーズから100%リサイクルPVB中間膜「Butacite® G」に再び注目集まる
 
日本化薬株式会社
  オンリーワンの技術を活かした独自製品の開発により社会課題の解決に貢献
  2022年春より世界初となる染料系近赤外線偏光板「NIR Polarizer」の販売を開始
  ドライバーモニタリングシステムで課題となる反射光を抑制し、虹彩認証性の向上を実現
  従来型HUDより広い画角が求められるAR-HUD向けゴースト対策フィルム「DHW」を開発
  HUDの搭載で他地域に先行する欧州OEMへの展開に向けて2025年後半の量産開始を目指す

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 181頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。