2030年のモビリティマーケット総覧 ~xEVの最新動向~

2022年のxEV四輪車の販売台数は1,690万台、構成比は20.4%に拡大。
カーボンニュートラル対応の加速により2035年には4,814~7,007万台まで拡大。

発刊日
2023/03/30
体裁
A4 / 259頁
資料コード
C64131200
PDFサイズ
66.8MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 259頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:モビリティマーケットの動向を明らかにするとともに、電動化といった最新トレンドを踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:モビリティ市場の全般の動向と将来展望
調査対象先:モビリティメーカー、システムサプライヤ、業界団体など
調査方法:弊社研究員による面談取材、電話取材、文献調査 など
調査期間:2023年1月~2023年3月

調査結果サマリー
Close

電動四輪車の世界市場に関する調査を実施(2023年)
四輪車の世界販売台数は2030年に9,857万台、電動化比率は最大約50%までの成長を予測
~電動化の促進で全社の戦略は一致するが、BEVが唯一解ではない~

資料ポイント
Close

  • 乗用車はBEVが2022年の世界販売台数が初めてHEVを超えた。
  • 商用車はバス・小型商用車を中心にBEV化は進んでいるが、販売台数に占める割合はまだ。トラックではxEVだけでなく、代替燃料や水素の活用も進むとみられる。
  • 二輪車は小型車を中心に電動化が進むが、中大型車は趣味性が高く、電動化が進みにくい領域となる。
  • 農機は小型車、建設機械は小型~大型車で電動化が進んでおり、企業におけるカーボンニュートラル戦略の一環として電動車の需要が増加するとみられる。
  • 次世代モビリティは市場規模が小さいが、軽量、短距離使用が多いことからBEV化しやすい。また、MaaSとの親和性も高い。

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 モビリティマーケット概論

1-1 本調査における対象と定義
1-2 モビリティマーケットを取り巻く環境
  1-2-1 カーボンニュートラルに向けた取り組みの加速
  1-2-2 持続可能な経済成長
  1-2-3 人材不足に関する諸問題
1-3 カーボンニュートラルに向けた取り組み
  1-3-1 主要国の動向
  1-3-2 産業別の動向
  1-3-3 代替燃料の動向
  1-3-4 次世代車向けインフラ整備の動向

第2章 2030年のモビリティマーケット展望

2-1 2030年のモビリティマーケット展望
  2-1-1 各モビリティの現状と将来展望
  2-1-2 需要台数予測に係る要因の整理
  2-1-3 xEVの需要台数予測に関する要因
2-2 乗用車
  2-2-1 市場を取り巻く環境
  2-2-2 技術動向
  2-2-3 需要台数予測
  2-2-4 xEV普及台数予測
2-3 商用車
  2-3-1 市場を取り巻く環境
  2-3-2 技術動向
  2-3-3 需要台数予測
  2-3-4 xEV普及台数予測
2-4 二輪車
  2-4-1 市場を取り巻く環境
  2-4-2 技術動向
  2-4-3 需要台数予測
  2-4-5 xEV普及台数予測
2-5 オフハイウェイ車
  2-5-1 市場を取り巻く環境
  2-5-2 技術動向
  2-5-3 トラクター需要台数
2-6 次世代モビリティ
  2-6-1 市場を取り巻く環境
  2-6-2 技術動向

第3章 地域別モビリティマーケットの展望

3-1 ワールドワイド
  3-1-1 環境規制
  3-1-2 xEV普及台数予測
3-2 日本
  3-2-1 人口/経済動向
  3-2-2 環境規制
  3-2-3 xEV普及に向けた動き
  3-2-4 xEV普及台数予測
3-3 欧州
  3-3-1 人口/経済動向
  3-3-2 環境規制
  3-3-3 xEV普及に向けた動き
  3-3-4 xEV普及台数予測
3-4 米国
  3-4-1 人口/経済動向
  3-4-2 環境規制
  3-4-3 xEV普及に向けた動き
  3-4-4 xEV普及台数予測
3-5 中国
  3-5-1 人口/経済動向
  3-5-2 環境規制
  3-5-3 xEV普及に向けた動き
  3-5-4 xEV普及台数予測
3-6 インド
  3-6-1 人口/経済動向
  3-6-2 環境規制
  3-6-3 xEV普及に向けた動き
  3-6-4 xEV普及台数予測
3-7 その他地域
  3-7-1 環境規制とxEV普及に向けた動き
  3-7-2 xEV普及台数予測

第4章 モビリティメーカーの展望

4-1 乗用車メーカー
  トヨタ自動車
  Volkswagen
  Tesla
  BYD
4-2 商用車メーカー
  いすゞ自動車
  Daimler Truck
  東風汽車
4-3 二輪車メーカー
  ホンダ
  Hero MotoCorp
4-4 オフハイウェイ車メーカー
  クボタ
  コマツ
  Caterpillar
  Deere & Company
4-5 次世代モビリティメーカー
  トヨタ自動車
  上汽通用五菱汽車

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 259頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。