2023年版 xEV用キーデバイス/コンポーネント <主要部品・サーマルマネジメント編>

BEVの進展、サーマルマネジメントの転換点
熱の効率的な活用で、BEVの問題を解決

発刊日
2023/06/29
体裁
A4 / 355頁
資料コード
C65104200
PDFサイズ
52.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 355頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:xEVに搭載される主要システムの現状を明らかにし、開発状況や技術動向を踏まえ、今後の市場展望を俯瞰する
調査対象:xEVを構成する主要キーデバイス/コンポーネントの技術動向、市場動向
調査対象先:自動車メーカ、システムサプライヤなど
調査方法:弊社研究員による面談取材、電話取材、文献調査 など
調査期間:2023年4月~2023年6月

調査結果サマリー
Close

次世代車(xEV)用キーデバイス/コンポーネント世界市場に関する調査を実施(2023年)
2025年から統合熱マネジメントが本格普及
~熱の効率的な活用で、BEVの問題を解決~

資料ポイント
Close

  • 2022年のxEV販売台数は約1,706万台、販売台数に占めるxEVに比率は22.0%に
  • EアクスルはDC-DCコンバータ、車載充電器を統合するX-in-1タイプが中国を中心に普及
  • 航続距離/急速充電対応のため、2025年ごろからSiCインバータの本格普及を見込む
  • バッテリは出力密度向上のため、Cell to Pack、バイポーラ構造などの開発が進む
  • 航続距離伸長のため、統合熱マネジメント技術が2025年頃から普及するとみられる
     
  • 調査対象:モータ、インバータ、バッテリ、サーマルマネジメントなど
  • 対象セグメント:乗用車、小型商用車(車両総重量3.5t≦)
  • 予測対象:日本、欧州、米国、中国、インド、その他地域
  • 予測年数:2019~2025年/2030年/2035年

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1章 自動車産業を取り巻く環境

1-1 本調査における対象と定義
1-2 自動車産業を取り巻く環境
  1-2-1 カーボンニュートラルに向けた取り組みの加速
  1-2-2 持続可能な経済成長
  1-2-3 電池の課題とEV社会実現への障壁
1-3 カーボンニュートラルに向けた取り組み
  1-3-1 主要国の動向
  1-3-2 産業別の動向
  1-3-3 代替燃料の動向
  1-3-4 次世代車向けインフラ整備の動向

第2章 自動車市場の現状と将来展望

2-1 自動車市場の現状と将来展望
  2-1-1 需要台数予測に係る要因の整理
  2-1-2 xEVの需要台数予測に関する要因
2-2 ワールドワイド
  2-2-1 環境規制
  2-2-2 xEV普及台数予測
2-3 日本
  2-3-1 人口/経済動向
  2-3-2 環境規制
  2-3-3 xEV普及に向けた動き
  2-3-4 xEV普及台数予測
2-4 欧州
  2-4-1 人口/経済動向
  2-4-2 環境規制
  2-4-3 xEV普及に向けた動き
  2-4-4 xEV普及台数予測
2-5 米国
  2-5-1 人口/経済動向
  2-5-2 環境規制
  2-5-3 xEV普及に向けた動き
  2-5-4 xEV普及台数予測
2-6 中国
  2-6-1 人口/経済動向
  2-6-2 環境規制
  2-6-3 xEV普及に向けた動き
  2-6-4 xEV普及台数予測
2-7 インド
  2-7-1 人口/経済動向
  2-7-2 環境規制
  2-7-3 xEV普及に向けた動き
  2-7-4 xEV普及台数予測
2-8 その他地域
  2-8-1 環境規制とxEV普及に向けた動き
  2-8-2 xEV普及台数予測

第3章 主要コンポーネント別の動向

3-1 主機モータ
  3-1-1 コンポーネント概要
  3-1-2 技術動向/参入各社の動向
  3-1-3 納入マトリクス
  3-1-4 メーカシェア
  3-1-5 市場規模予測
3-2 主機モータ用ポジションセンサ
  3-2-1 コンポーネント概要
  3-2-2 技術動向/参入各社の動向
  3-2-3 納入マトリクス
  3-2-4 メーカシェア
  3-2-5 市場規模予測
3-3 インバータ
  3-3-1 コンポーネント概要
  3-3-2 技術動向/参入各社の動向
  3-3-3 納入マトリクス
  3-3-4 メーカシェア
  3-3-5 市場規模推移
3-4 車載バッテリ
  3-4-1 コンポーネント概要
  3-4-2 技術動向/参入各社の動向
  3-4-3 納入マトリクス
  3-4-4 メーカシェア
  3-4-5 市場規模予測
3-5 電流センサ
  3-5-1 コンポーネント概要
  3-5-2 技術動向/参入各社の動向
  3-5-3 納入マトリクス
  3-5-4 メーカシェア
  3-5-5 市場規模予測
3-6 DC-DCコンバータ
  3-6-1 コンポーネント概要
  3-6-2 技術動向/参入各社の動向
  3-6-3 納入マトリクス
  3-6-4 メーカシェア
  3-6-5 市場規模推移
3-7 車載充電器(OBC)
  3-7-1 コンポーネント概要
  3-7-2 技術動向/参入各社の動向
  3-7-3 納入マトリクス
  3-7-4 メーカシェア
  3-7-5 市場規模予測
3-8 サーマルマネジメント
  3-8-1 コンポーネント概要
  3-8-2 技術動向/参入各社の動向
  3-8-3 納入マトリクス
  3-8-4 メーカシェア
  3-8-5 市場規模予測
3-9 電動ウォーターポンプ
  3-9-1 コンポーネント概要
  3-9-2 技術動向/参入各社の動向
  3-9-3 納入マトリクス
  3-9-4 メーカシェア
  3-9-5 市場規模予測
3-10 電動オイルポンプ
  3-10-1 コンポーネント概要
  3-10-2 技術動向/参入各社の動向
  3-10-3 市場規模予測
3-11 電動コンプレッサ
  3-11-1 コンポーネント概要
  3-11-2 技術動向/参入各社の動向
  3-11-3 納入マトリクス
  3-11-4 メーカシェア
  3-11-5 市場規模予測

第4章 自動車メーカ別の電動化戦略

4-1 日系自動車メーカ
  4-1-1 トヨタ自動車
  4-1-2 日産自動車
  4-1-3 本田技研工業
  4-1-4 スズキ
4-2 欧州系自動車メーカ
  4-2-1 Volkswagen
  4-2-2 Mercedes-Benz
  4-2-3 BMW
  4-2-4 Stellantis
4-3 米国系自動車メーカ
  4-3-1 GM
  4-3-2 Ford
  4-3-3 Tesla
4-4 中国系自動車メーカ
  4-4-1 上海汽車集団
  4-4-2 BYD
  4-4-3 長城汽車集団
  4-4-4 東風汽車集団
  4-4-5 Geely
4-5 アジア系自動車メーカ
  4-5-1 現代自動車
  4-5-2 Tata Motors

図表

図表 1-1 本調査における対象と定義
図表 1-2 主要国における乗用車のセグメント区分
図表 1-3 世界の乗用車保有台数とシェア(2020年)
図表 1-4 主要国におけるカーボンニュートラルに関する目標
図表 1-5 IEA ネットゼロに向けたセクター別ロードマップ
図表 1-6 事業者によるxEV導入目標
図表 1-7 ワールドワイド モビリティに関連する統計の動向まとめ
図表 1-8 世界の人口推移(2001年~2050年)
図表 1-9 世界全体における実質GDPの推移と1人あたり実質GDP
図表 1-10 世界全体における旅客/貨物輸送需要の将来展望
図表 1-11 主要電池メーカ及び自動車メーカのLiB原材料に関する取り組み状況-①
図表 1-12 主要電池メーカ及び自動車メーカのLiB原材料に関する取り組み状況-②
図表 1-13 主要電池メーカ及び自動車メーカのLiB原材料に関する取り組み状況-③
図表 1-14 自動車メーカにおける全固体電池(半固体電池)の取組み事例
図表 1-15 世界のESG投資総額の推移
図表 1-16 GHG総排出量に占めるガス別排出量と世界の年平均気温偏差の変化
図表 1-17 国境炭素調整
図表 1-18 コロナ禍における行動様式と移動の変化
図表 1-19 日本のカーボンニュートラルに関する目標・政策
図表 1-20 グリーン成長戦略「実行計画」の14分野
図表 1-21 日本の電動車導入補助について
図表 1-22 欧州のカーボンニュートラルに関する目標・政策
図表 1-23 欧州グリーンディール(European Green Deal)における政策分野
図表 1-24 Fit for 55の概要
図表 1-25 米国のカーボンニュートラルに関する目標・政策
図表 1-26 米国雇用計画の概要
図表 1-27 米国の電動車購入インセンティブ
図表 1-28 中国のカーボンニュートラルに関する目標・政策
図表 1-29 中国 カーボンニュートラルに関する目標
図表 1-30 中国の新エネ車産業発展計画(2021~2035)草案
図表 1-31 中国のNEV普及に向けた取り組み
図表 1-32 インドのカーボンニュートラルに関する目標・政策
図表 1-33 地域別GHG排出量(2020年)
図表 1-34 ASEAN諸国のカーボンニュートラル目標
図表 1-35 ASEAN諸国のグリーン政策
図表 1-36 世界の分野別GHG排出量(2020年現在)
図表 1-37 運輸部門の輸送モード別CO2排出量推移(2000~2020年)
図表 1-38 日本製鉄 2050年のCN達成に向けたロードマップ
図表 1-39 化学産業におけるCN達成に向けたロードマップ
図表 1-40 トヨタ自動車 LPG-ハイブリッドシステム
図表 1-41 LNG/CNGの特性
図表 1-42 世界のNGV普及台数(2019年時点)
図表 1-43 バイオエタノールの製造過程
図表 1-44 次世代バイオ燃料の定義と位置づけ
図表 1-45 E-Fuelの種類
図表 1-46 バイオエタノール、E-Fuelの課題と特徴
図表 1-47 日本におけるE-Fuel価格のケーススタディ
図表 1-48 日本における水素産業成長戦略ロードマップ
図表 1-49 World Hydrogen Council 主な参加企業
図表 1-50 水素 製造手段の特性比較
図表 1-51 水素 運搬・保管手段の特性比較
図表 1-52 水素エンジンの仕組み
図表 1-53 欧州における水素エンジンを活用したCO2排出削減のシナリオ(商用車)
図表 1-54 電動商用車向けインフラ方式の比較
図表 1-55 BEV充電器の定義
図表 1-56 2022年充電インフラ国別シェア(上)と5地域の整備状況比較(下)
図表 1-57 ABB e-Mobilityの充電器スペック
図表 1-58 ERSの種類別特性
図表 1-59 ダイナミックチャージ方式の概要
図表 1-60 走行中ワイヤレス給電のイメージ
図表 1-61 三一集団 大型トラック用電池交換ステーション
図表 1-62 世界全体での水素ステーション設置数推移
図表 1-63 水素ステーションの構成
図表 1-64 中国 水素産業における基礎インフラ設備発展計画
図表 1-65 主要地域における給油所数推移
図表 2-1 世界 自動車販売台数推移(2019年~2023年Q1まで)
図表 2-2 2023年以降の販売台数に影響を与える要因
図表 2-3 2025年の新興国における1人あたりの名目GDPと都市部人口割合
図表 2-4 自動車1台当たりの資源使用量
図表 2-5 BEV100万台製造時に必要な資源量と2018年の国内総需要量
図表 2-6 主要国の乗用車燃費規制値の推移
図表 2-7 各国の乗用車燃費規制
図表 2-8 主要国の排ガス規制の導入状況(乗用車)
図表 2-9 次世代排ガス規制「Euro7」の提案値
図表 2-10 ワールドワイド パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-11 ワールドワイド パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-12 ワールドワイド パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-13 ワールドワイド パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 2-14 日本 モビリティに関連する指標の動向と将来展望まとめ
図表 2-15 日本の燃費規制の概要
図表 2-16 燃費改善技術及び燃費改善率(乗用車&小型商用車)
図表 2-17 日本の排出ガス規制値
図表 2-18 排出ガス規制に基づく車種・運行規制
図表 2-19 2020~2030年の自動車パワートレイン別普及目標(政府目標)
図表 2-20 日本 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-21 日本 パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-22 日本 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-23 日本 パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 2-24 欧州 モビリティに関連する指標の動向と将来展望まとめ
図表 2-25 欧州グリーンディール(European Green Deal)における政策分野
図表 2-26 欧州の燃費規制の概要
図表 2-27 欧州の排出ガス規制(乗用車)
図表 2-28 欧州の排出ガス規制(小型商用車:GVW1.7~3.5t)
図表 2-29 EUにおける電動商用車の優遇策まとめ(2022年時点)
図表 2-30 欧州のNZIA/CRAMと米国のIRAの比較
図表 2-31 欧州 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-32 欧州 パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-33 欧州 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-34 欧州 パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 2-35 米国 モビリティに関連する指標の動向と将来展望まとめ
図表 2-36 米国におけるCO2排出基準(gCO2/km)
図表 2-37 米国における燃費基準(km/L)
図表 2-38 燃費規制未達のペナルティ/低CO2排出車に対する優遇措置
図表 2-39 米国 乗用車の排ガスに関する規制
図表 2-40 標準試験モード(FTP)/非標準モード(SFTP)の概要
図表 2-41 2018年改定のZEV定義と規制対象の自動車メーカ一覧
図表 2-42 LVMおよびIVMに要求されるZEVクレジット
図表 2-43 ZEV規制で義務付けられる販売台数におけるZEVの割合
図表 2-44 ZEV販売100%に賛同する州のGHG削減目標
図表 2-45 2025年目標達成に向けた具体的処置
図表 2-46 米国におけるxEV購入補助
図表 2-47 IRAのクリーン車税額控除の概要
図表 2-48 日米欧主要OEMのIRA法に対する対応
図表 2-49 米国 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-50 米国 パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-51 米国 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-52 米国 パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 2-53 中国 モビリティに関連する指標の動向と将来展望まとめ
図表 2-54 中国の燃費規制の概要
図表 2-55 中国におけるダブルクレジット規制
図表 2-56 中国の乗用車に対する燃費規制及び企業平均燃費目標(L/100km)
図表 2-57 ガソリン/ディーゼル車における中国の排出ガス規制の概要
図表 2-58 中国のNEV制度の概要
図表 2-59 乗用車の純電動航続距離に対する中央政府の補助金支給額(1台当たり)
図表 2-60 省エネ・NEV技術ロードマップ2.0における乗用車普及目標
図表 2-61 中国の新エネ車産業発展計画(2021~2035)草案
図表 2-62 省エネルギー・NEV技術ロードマップ2.0の概要
図表 2-63 中国のNEV普及に向けた取り組み
図表 2-64 中国 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-65 中国 パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-66 中国 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-67 中国 パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 2-68 インド モビリティに関連する指標の動向と将来展望まとめ
図表 2-69 インドの環境規制の概要
図表 2-70 BS6以降の排ガス規制案
図表 2-71 FAME-Indiaの概要
図表 2-72 インド FAMEⅡ BEV購入に関する補助金
図表 2-73 インド 州ごとのBEV補助金制度
図表 2-74 インド 充電ステーションに関する資本補助金
図表 2-75 インド パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-76 インド パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-77 インド パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-78 インド パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 2-79 ASEAN諸国の環境規制およびxEV普及支援策
図表 2-80 販売台数上位国の規制動向
図表 2-81 その他地域 パワートレイン別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 2-82 その他地域 パワートレイン別の構成比予測(Aggressive予測)
図表 2-83 その他地域 パワートレイン別普及台数予測(Conservative予測)
図表 2-84 その他地域 パワートレイン別の構成比予測(Conservative予測)
図表 3-1 主機モータ 開発の方向性
図表 3-2 機電一体化に対する主要サプライヤの動向
図表 3-3 中国 X-in-1 Eアクスルの採用動向
図表 3-4 駆動モータの種類別特性
図表 3-5 AVL Eアクスルの統合レベルロードマップ
図表 3-6 集中巻と分布巻の比較
図表 3-7 BluE Nexus「eAxle」 搭載技術
図表 3-8 CES2023発表のBosch「eAxle」
図表 3-9  Vitesco technologies  Eアクスル「EMR4」ラインアップ
図表 3-10 BYD「8-in-1」Eアクスルの構造
図表 3-11 主機モータ 納入マトリクス(2022年)
図表 3-12 主機モータ メーカシェア(2022年)
図表 3-13 主機モータ 最大出力別構成比(2022年)
図表 3-14 主機モータ 出力別普及予測(Aggressive予測)
図表 3-15 主機モータ 出力別普及予測(Conservative予測)
図表 3-16 主機モータ 市場規模予測
図表 3-17 主機モータ用VR型レゾルバ「Singlsyn」
図表 3-18 モータポジションセンサ 検知方式別比較
図表 3-19 回路図 ポジションセンサあり(左)、センサレスタイプ(右)
図表 3-20 VR型レゾルバ「Singlsyn」ラインアップ
図表 3-21 HELLA製 電磁誘導式主機モータ用ポジションセンサ
図表 3-22 TDK TMRセンサ配置 Off-Axis(左)、On-Axis(右)
図表 3-23 主機モータ用ポジションセンサ 納入マトリクス(2022年)
図表 3-24 主機モータ用レゾルバ メーカシェア(2022年)
図表 3-25 主機モータ用ポジションセンサ 市場規模予測
図表 3-26 駆動モータ用インバータの構成
図表 3-27 インバータ 開発の方向性
図表 3-28 xEV用インバータのIGBTモジュールのタイプ別概要
図表 3-29 三菱電機におけるxEV用パワーモジュールの製品展開
図表 3-30 Hybrid PACK DRのチップ構成(左:IGBT/FWD 右:SiC-MOSFET)
図表 3-31 ヤリスで搭載しているRC-IGBTパワーカード
図表 3-32 HybridPACK™ DSC
図表 3-33 日立Astemo 新型EV用インバータ/直接水冷両面冷却モジュール
図表 3-34 GaNディスクリートパワーモジュール搭載の3レベルインバータ
図表 3-35 ワイドバンドギャップ材料
図表 3-36 SiCとSiの材料比較
図表 3-37 400/800VシステムのSiC適用効果
図表 3-38 BEVにおけるシステム電圧普及予測(Aggressive予測)
図表 3-39 BEVにおけるシステム電圧普及予測(Conservative予測)
図表 3-40 デンソー 半導体素子両面冷却方式
図表 3-41 デンソー レクサス「RZ」搭載のSiCインバータ
図表 3-42 ZF ディスクリート構造のSiCインバータ
図表 3-43 インバータ 納入マトリックス(2022年)
図表 3-44 インバータ メーカシェア(2022年)
図表 3-45 インバータ 市場規模予測
図表 3-46 主要LiBメーカ LiBセルタイプ、正極材・負極材 採用動向
図表 3-47 車載バッテリ 納入マトリクス(2022年)
図表 3-48 車載バッテリ メーカシェア(2021年)
図表 3-49 車載バッテリ 市場規模予測
図表 3-50 電流センサの方式と性能比較
図表 3-51 磁気比例方式・磁気平衡方式による電流測定
図表 3-52 フラックスゲート方式
図表 3-53 車載分野における電流センサの搭載用途と検出方式
図表 3-54 トヨタbZ4X搭載のインバータ用 コアレス電流センサ
図表 3-55 高圧バッテリ用電流センサの搭載例
図表 3-56 電流センサ 開発の方向性
図表 3-57 検知素子の特性まとめ
図表 3-58 コアレスセンサの構造
図表 3-59 甲神電機の車載用電流センサ(左:7相タイプ、右4相タイプ)
図表 3-60 LEM電流センサ インバータ用(左)、高電圧バッテリ用(右)
図表 3-61 デンソー トヨタ bZ4X搭載の電流センサ
図表 3-62 インバータ用電流センサ 納入マトリクス(2022年)
図表 3-63 バッテリ用電流センサ 納入マトリクス(2022年)
図表 3-64 インバータ用電流センサ メーカシェア(2022年)
図表 3-65 バッテリ用電流センサ メーカシェア(2022年)
図表 3-66 インバータ用電流センサ 搭載箇所別数量規模予測
図表 3-67 バッテリ用電流センサ 搭載箇所別数量規模予測
図表 3-68 電流センサ 市場規模予測
図表 3-69 xEV用DC-DCコンバータの構成
図表 3-70 DC-DCコンバータ 開発の方向性
図表 3-71 豊田自動織機 制御/厚銅一体基板DC-DCコンバータ
図表 3-72 Vitesco Technologies GaN採用のDC-DCコンバータ
図表 3-73  DC-DCコンバータ 納入マトリックス(2022年)
図表 3-74 DC-DCコンバータ メーカシェア(2022年)
図表 3-75 DC-DCコンバータ 市場規模予測
図表 3-76 車載充電器の回路図
図表 3-77 OBC 開発の方向性
図表 3-78 豊田合成が開発した「分極超接合構造(PSJ)」
図表 3-79 三菱電機 2G/2.7G充電器の比較
図表 3-80 Vmax開発のOBC・DC-DCコンバータ・インバータ一体ユニット
図表 3-81 Borgwarner OBC/DC-DCコンバータ一体ユニット
図表 3-82 Valeo 22kW OBC combo DCDC
図表 3-83 OBC 納入マトリクス(2022年)
図表 3-84 OBC メーカシェア(2022年)
図表 3-85 OBC 出力別シェア(2022年)
図表 3-86 OBC 市場規模予測
図表 3-87 カーエアコンシステムの構成(ICE、HEV)
図表 3-88 PHEV・BEV向け暖房技術の特徴
図表 3-89 駆動モータ 冷却方式
図表 3-90 空冷方式のモータ(SGWM 宏光Mini)
図表 3-91 ニデック 油冷構造を採用するEアクスル
図表 3-92 車載バッテリ 冷却方式
図表 3-93 インバータ 冷却方式別の特性
図表 3-94 冷暖房システム 開発の方向性
図表 3-95 BEV向けヒートポンプエアコンシステム
図表 3-96 コンプレッサに使用される冷媒の特性
図表 3-97 デンソー レシーバサイクル採用のヒートポンプシステム
図表 3-98 Hanon Systems 「Modular Heat Pump System」
図表 3-99 BYD ePlatform3.0 サーマルマネジメントシステム
図表 3-100 カーエアコンシステム 納入マトリクス(2022年)
図表 3-101 xEV向けヒートポンプシステム 納入マトリクス(2022年)
図表 3-102 HVAC メーカシェア(2022年)
図表 3-103 xEV向けヒートポンプシステム メーカシェア(2022年)
図表 3-104 xEV用ヒートポンプシステム 普及予測
図表 3-105 主機モータ 冷却方式別普及予測(Aggressive予測)
図表 3-106 主機モータ 冷却方式別普及予測(Conservative予測)
図表 3-107 駆動バッテリ 冷却方式別普及予測(Aggressive予測)
図表 3-108 駆動バッテリ 冷却方式別普及予測(Conservative予測)
図表 3-109 インバータ 冷却方式別普及予測(Aggressive予測)
図表 3-110 インバータ 冷却方式別普及予測(Conservative予測)
図表 3-111 HVACシステム 市場規模予測
図表 3-112 xEV向けヒートポンプシステム 市場規模予測
図表 3-113 EWPの用途と搭載数量
図表 3-114 各コンポーネントに対する冷却方式
図表 3-115 エンジン冷却用EWP 参入各社のラインアップ
図表 3-116 小流量EWP 参入各社の製品ラインアップ
図表 3-117 中流量EWP 参入各社の製品ラインアップ
図表 3-118 EWP 開発の方向性
図表 3-119 参入各社 冷却モジュール
図表 3-120 アイシン 冷却モジュールコンセプト
図表 3-121 HELLA クーラントコントロールハブ
図表 3-122 Bosch フレキシブルサーマルユニット
図表 3-123 EWP 納入マトリクス(2022年)
図表 3-124 EWP メーカシェア(2022年)
図表 3-125 大流量メーカシェア(左)、中流量メーカシェア(右)2022年
図表 3-126 小流量メーカシェア(左)、EWP全体メーカシェア(右)2022年
図表 3-127 EWP出力別普及台数予測(Aggressive予測)
図表 3-128 EWP出力別普及台数予測(Conservative予測)
図表 3-129 電動ウォーターポンプ 市場規模予測
図表 3-130 電動オイルポンプの用途と搭載数量
図表 3-131 xEV冷却用途向け電動オイルポンプ
図表 3-132 電動オイルポンプ 開発の方向性
図表 3-133 不二越 電動式3ポートオイルポンプ(左)と仕組み(右)
図表 3-134 ニデックパワートレインシステムズ 電動オイルポンプ
図表 3-135 KYB Eアクスル向け電動オイルポンプ
図表 3-136 xEV向け電動オイルポンプ 市場規模予測
図表 3-137 電動コンプレッサの構造
図表 3-138 電動コンプレッサ HEV/BEVごとの用途
図表 3-139 電動コンプレッサ 開発の方向性
図表 3-140 参入各社における電動コンプレッサのラインアップ
図表 3-141 豊田自動織機 bZ4X/ARYIA搭載の電動コンプレッサ
図表 3-142 電動コンプレッサ 納入マトリクス(2022年)
図表 3-143 電動コンプレッサ メーカシェア(2022年)
図表 3-144 電動コンプレッサ 市場規模予測
図表 4-1 モビリティメーカーの電動化に関する目標

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 355頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。