2030年のアグリテック・フードテックの展望 ~アグリ&フードテックで実現する持続可能な農業・食の未来~

農業においては、食品廃棄・ロスの削減が急務とされている一方、2050年には世界人口が90億人に達することが予測され、食糧不足が懸念されている。水産物の場合、日本人一人あたりの水産物消費量は減少していることに対し、世界の一人あたりの年間水産物消費量は、この50年間で約2倍に増加している。さらに、FAO(国際連合食糧農業機関)によれば、1961年から2011年までの50年間で世界人口が約2.3倍になった一方、動物性食品の消費は約5倍に増加した。FAOは、世界の食肉消費はこの先2050年までにさらに73%増えるだろうと予測している。飼料用・食用の穀物需要の増大が予想されるが、気候変動の影響、ひっ迫する水需給、土壌劣化が不安材料となっている。加えて、日本国内では、高齢化・後継者不足による農業人口の減少が課題となっている。
世界の食料事情が不安定さを増す中、スマート農業、植物工場、次世代型養殖技術、代替タンパク質(植物由来肉・植物由来シーフード、培養肉・培養シーフード、昆虫食、等)といった、アグリテック・フードテック関連の市場が注目を集めている。広がりをみせる市場の需要を明らかにし、2030年の市場を展望することを目的として、企画した。

発刊日
2023/03/29
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C64131600
PDFサイズ
18.0MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 242頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査はスマート農業、植物工場、次世代型養殖技術、代替タンパク質(植物由来肉・植物由来シーフード、培養肉・培養シーフード、昆虫食、パーソナルミールソリューション、等)等の取り扱い実態、販売状況、参入各社の市場戦略を調査・分析することにより、アグリテック・フードテック関連市場の需要を明らかにし、2030 年の市場を展望することを目的として実施した。
調査対象商品
・スマート農業(栽培支援ソリューション、販売支援ソリューション、経営支援ソリューション、精密農業、農業用ドローン ソリューション、農業用ロボット)
・植物工場(完全人工光型植物工場での生産野菜、完全人工光型植物工場の建屋および関連資材)
・次世代型養殖技術(スマート水産、陸上養殖システム、低魚粉飼料、昆虫タンパク質飼料)
・代替タンパク質(植物由来肉・植物由来シーフード、培養肉・培養シーフード、昆虫タンパク)
・パーソナルミールソリューション(パーソナライズフード、献立(レシピ)提案アプリ、スマートキッチン家電、フードデリバリーサービス(在宅配食、食材宅配、生協個配、ネットスーパー))
調査対象先
・アグリテック・フードテック市場(スマート農業、植物工場、次世代型養殖技術、代替タンパク質、パーソナルミールソリューション)の参入事業者
・農林水産省、業界団体、業界誌
調査方法:本資料は、下記弊社自主企画調査資料を再編集したものである。
・「2022年版 スマート農業の現状と将来展望」(2022年12月26日発刊)
・「2021年版 養殖ビジネスの市場実態と将来展望」(2021年7月29日発刊)
・「2022年版 植物工場の市場実態と将来展望」(2022年06月30日発刊)
・「2022年版 代替タンパク質 <代替肉(植物由来肉・培養肉)・昆虫食>の将来展望」(2022年2月17日発刊)
・「2022年版 パーソナルミールソリューション市場の展望」(2022年2月28日)
各資料は、弊社専門研究員による直接面接取材及び、電話、メール、アンケートによる間接調査等により調査を実施した。
調査期間:2023年1月~2023年3月

調査結果サマリー
Close

アグリテック・フードテック市場に関する調査を実施(2023年)
日本国内における2021年度のアグリテック・フードテック市場規模(スマート農業、植物工場、次世代型養殖技術、代替タンパク質の4市場計)は718億4,700万円と推計
~気候変動や生産環境の変化を受け、アグリテック・フードテックの技術を活用した食料生産に注目~

資料ポイント
Close

  • アグリテック・フードテック市場(スマート農業、植物工場、次世代型養殖技術、代替タンパク質)の、日本国内有力企業の現状の取り組みを紹介
  • 海外情報として、グローバルの概況・参入企業動向を紹介
  • アグリテック・フードテック市場(スマート農業、植物工場、次世代型養殖技術、代替タンパク質)の、2021年、2025年、2030年の中期展望を明らかに

リサーチ内容

第Ⅰ章 日本国内・海外の農業・食料の概況

1.国内農業の現状
  (1)農業総産出額と生産農業所得推移(1984、2013~2020年)
  (2)農作物の作付面積推移(2013~2021年)
  (3)農業就業者の人口および平均年齢の推移 ~農業就業人口の平均年齢は68.4歳~
  (4)新規就農者数の推移
  (5)全国の農業経営体における経営耕地面積規模別耕地集積割合の変化
  (6)農業経営体あたりの経営耕地面積
2.日本の漁業・養殖業の概況
  (1)漁業・養殖業の国内生産量の推移(2010~2021年)
  (2)漁業・養殖業の国内生産金額の推移(2010~2020年)
  (3)海面養殖 魚種別収穫量推移(2010~2021年)
  (4)海面養殖魚種別生産額推移(2010~2020年)
  (5)都道府県別 海面養殖魚収穫量(2021年)
  (6)都道府県別 海面養殖魚種別収穫量(2021年)
  (7)都道府県別 種苗養殖販売量(2021年)
3.世界の水産・養殖の動向
  (1)世界の漁獲量・養殖生産量(2016~2020年)
  (2)主要漁業国における海面漁業漁獲量(2017~2020年)
  (3)世界における養殖生産量の推移(1950~2020年)
  (4)主要国における養殖生産量(2020年)
  (5)世界の地域別漁業者・養殖業従事者(2020年)
  (6)世界の水産物の輸出入の動向(2020年)
  (7)世界の魚介類の消費量の推移
4.世界の食料需給見通し
  (1)世界の食料需要量見通し
  (2)世界の畜産物需要量見通し(所得階層別)
  (3)世界の畜産物需要量見通し(牛肉・豚肉・鶏肉)
  (4)畜産の環境への影響
    ①畜産物1㎏の生産に必要な資源量
  (5)日本人の食に関連するカーボンフットプリント及び物的消費量の割合
  (6)農林水産分野の温室効果ガス排出量

第Ⅱ章 日本国内・海外におけるアグリテック・フードテックの動向

1.スマート農業 ~化学肥料の価格高騰に伴い、肥料の施肥量を低減する可変施肥対応の田植機、ドローンや衛星画像によるリモートセンシングが普及拡大~
  (1)市場概況
    ①スマート農業とは
    ②スマート農業が求められている背景
    ③データを活用した農業を行っている農業経営体数推移(2020~2022年)
    ④持続可能な農業を目指し、農林水産省が「みどりの食料システム戦略」を策定
  (2)参入企業の動向
    ①農業クラウド
    ②複合環境制御装置
    ③スマート水管理システム
    ④販売支援ソリューション
    ⑤経営支援ソリューション
    ⑥精密農業
    ⑦農業用ドローン
    ⑧農業用ロボット
    ⑨主要参入企業におけるスマート農業カオスマップ
2.植物工場 ~天候不順の激化により露地野菜の調達相場は乱高下、供給量・品質の安定した植物工場産野菜の需要が拡大~
  (1)市場概況 ~季節や天候を問わず、野菜などの植物を計画的に安定生産~
  (2)参入企業の動向
    ①稼働状況 ~大規模植物工場が全国各地で稼働~
    ②今後の主な植物工場計画
     ~葉物野菜のほかイチゴやホウレンソウの計画も~
    ③植物工場における法規制
     ~一部用途で植物工場の建設緩和~
    ④植物工場建設の際、利用可能な主な助成制度
     ~新規事業に対する手厚い負担も~
    ⑤認証制度
    ~植物工場にJAS 品質管理を認証、GLOBAL G.A.Pの認証取得が加速~
    ⑥コンビニエンスストア・外食で拡大する業務用需要
    ⑦スーパーやレストランで「店産店消」の需要が好調
     ~施設内で栽培した新鮮な野菜を提供~
    ⑧植物工場産野菜の利便性が外食産業でも好評
     ~メニューへの導入活発化を想定~
    ⑨農福連携
     ~障がい者雇用の創出で関心を集める植物工場~
  (3)現状の栽培品目動向 ~完全人工光型ではレタス類が最多~
  (4)カット野菜等の消費動向 ~生活の変化によって高まるカット野菜需要~
  (5)植物工場野菜における販売動向
    ①植物工場産野菜(リーフレタス)の店頭価格の変化
    ②コンビニのサンドイッチやサラダ惣菜など業務用需要が伸長
    ③国内の植物工場事業者の海外展開動向
     ~国内事業者へは各国からの問い合わせも~
  (6)海外における主な植物工場事業者の動向
  (7)植物工場関連資材・システム市場の動向
    ①植物工場プラントにおける導入フロー
    ②省エネ・低コスト資材
    ③環境制御システム
    ④植物用LED照明
  (8)自動化システム市場の動向
    ①自動化システムが求められている背景
    ②自動化システムの導入効果
    ③資材・コンサルティング事業者における標準化の動向
    ④資材・コンサルティング事業者における海外展開の動向
3.次世代型養殖技術 ~今後の大規模養殖事業者の参入により、次世代型養殖技術の普及拡大に期待~
  (1)市場概況
    ①日本・海外における水産業を取り巻く背景
    ②養殖業成長産業化総合戦略のポイント
  (2)参入企業の動向
    ①スマート水産
    ②スマート水産を展開している国内メーカー
    ③陸上養殖
    ④陸上養殖システムメーカー(国内)
    ⑤国内における陸上養殖を展開している主な取組み
    ⑥低魚粉飼料
    ⑦農林水産省「みどりの食料システム戦略」にて、魚粉代替の利用や低魚粉化を加速化
    ⑧主要メーカーにおける低魚粉飼料の取組
    ⑨新たな魚粉代替飼料原料
4.代替タンパク質 ~大手企業・スタートアップ企業の参入が活況、市場をけん引~
  (1)市場概況
    ①代替タンパク質とは何か
    ②代替タンパク質需要の背景
  (2)参入企業の動向
    ①植物由来肉・植物由来シーフードの原材料と製造工程
    ②植物由来肉・植物由来シーフードの製品カテゴリーと販路の拡大
    ③植物由来肉・植物由来シーフードのターゲット層の拡大
    ④海外企業の取り組み ~Impossible Foods インポッシブルフーズ(アメリカ)~
    ⑤海外企業の取り組み ~Beyond Meatビヨンドミート(アメリカ)~
    ⑥植物由来代替食品の広がり ~代替シーフード、代替卵など~
    ⑦培養肉・培養シーフードの原材料と製造工程
    ⑧培養肉 ~スタートアップの市場参入が活発化~
    ⑨培養肉の名称
    ⑩昆虫由来タンパク質の原材料と製造工程
    ⑪昆虫由来タンパク質の加工食品への広がり
    ⑫その他の代替タンパク質
5.パーソナルミールソリューション
  (1)市場概況
    ①パーソナルミールソリューション市場の概況
    ②トピックス:海外動向 キッチンテック
     ~ショッパブルレシピの提案からハンズフリークッキングまで
      キッチンテックでつながる新しい料理体験を!~
    ③トピックス:海外動向 3Dフードプリンター
     ~高齢者食や代替肉での活用が進む~
  (2)参入企業の動向
    ①パーソナライズフード市場の参入企業
    ②パーソナライズフード市場の製品・サービス概要
    ③献立(レシピ)提案アプリ市場
    ④献立(レシピ)提案アプリ市場の製品・サービス概要
    ⑤スマートキッチン家電市場
    ⑥スマートキッチン家電市場の製品・サービス概要
    ⑦フードデリバリーサービス市場(在宅配食/食材宅配/生協個配/ネットスーパー)

第Ⅲ章 アグリテック・フードテックの市場動向

1.スマート農業 市場規模推移と予測
  (1)スマート農業 市場規模推移と予測(2021年度、2025年度、2030年度)
  (2)スマート農業の今後の方向性
2.植物工場 市場規模推移と予測
  (1)植物工場 市場規模推移と予測(2021年度、2025年度、2030年度)
    ①運営事業者(生産者出荷・金額ベース)(2021年度、2025年度、2030年度)
    ②運営事業者(生産者出荷・重量ベース)(2021年度、2025年度、2030年度)
    ③植物工場・建設工事市場<ストックベース(建屋+屋内関連資材)>
    <2021年度、2025年度、2030年度>
  (2)植物工場市場の今後の方向性
3.次世代型養殖技術 市場規模推移と予測
  (1)次世代型養殖技術市場規模推移と予測(2021年度、2025年度、2030年度)
  (2)次世代型養殖技術市場の今後の方向性
4.代替タンパク質市場 市場規模推移と予測
  (1)代替タンパク質市場規模推移と予測(2021年、2025年、2030年)
    ①代替タンパク質 日本総市場規模予測(2021年、2025年、2030年)
    ②代替タンパク質 世界総市場規模予測(2021年、2025年、2030年)
  (2)代替タンパク質市場の今後の方向性
    ①日本市場
    ②海外市場
5.アグリテック・フードテック総合市場 市場規模推移と予測
  (1)アグリテック・フードテック総合市場規模推移と予測(2021年度、2025年度、2030年度)
  (2)アグリテック・フードテック市場の今後の方向性

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 242頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。