2023 アパレル産業白書

メーカー、ブランド、小売、消費の各市場別に調査・編集したアパレル業界の新マーケティング資料。戦略立案、再構築のためのアパレル関連企業必携!

発刊日
2023/09/29
体裁
A4 / 367頁
資料コード
C65113600
PDFサイズ
8.7MB
PDFの基本仕様
Adobe Reader 7.0以上/印刷不可・編集・加工不可/検索・テキスト・図(グラフ)の抽出等可/しおり機能無し 詳細はこちら
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 367頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

(準備中)の「内容見本をダウンロード」は、資料発刊後のご提供になります。
オンライン試読サービスとは 詳細はこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本のアパレル産業の現状把握,分析並びに将来予測を行い,事業戦略立案の基礎資料とすること目的とした。
調査対象
①アパレルメーカー(総合アパレル,メンズアパレル,レディスアパレル,ベビー・子供アパレル他)
②小売業(百貨店,量販店,専門店,その他)
調査項目:企業売上高/各商品別市場規模/輸出入高/家計消費支出/各商品別市場における企業シェア/企業動向/商品動向/消費動向 他
調査方法:個別企業に対する弊社研究員による面談、Web 取材/郵送によるアンケート調査/公的データの収集、分析など文献調査 他 
調査期間:2023年7月~2023年9月

調査結果サマリー
Close

国内アパレル市場に関する調査を実施(2023年)
2022年の国内アパレル総小売市場規模は8兆591億円、前年比105.9%
~2年連続で前年を上回り、回復基調に~

資料ポイント
Close

  • アパレル産業の現状と課題、最新動向を網羅
  • 主要企業にアンケート調査を実施し、主業種別アパレル関連企業の売上高ランキング、好調企業の分析等を掲載
  • アイテム別(スーツ、ジャケット、コート、シャツ等)など市場規模(金額と数量)、チャネル別を独自算出
  • チャネル別に(百貨店、量販店、紳士服専門店、婦人服専門店、ECなど)市場動向を分析
  • 前回版との内容の違い
    ・グローバルメガトレンドである循環型ファッションの国内の現状と課題を整理
    ・国内の廃棄衣類の現状とEU、米国での不要衣類の動向を調査
    ・アパレル企業の不要衣類回収、リユース、リサイクルの取組状況と課題を分析

リサーチ内容

調査結果のポイント

第1編 アパレル産業の市場動向

■アパレル総小売市場と予測
  ◆2022 年のアパレル製品・洋品の総小売市場規模
    (1)2022 年紳士服市場の動向
    (2)2022 年婦人服市場の動向
    (3)2022 年ベビー・子供服市場の動向
  ◆アパレル製品・洋品の総小売市場規模推移
  ◆アパレル製品・洋品の総小売市場規模予測
■アンケート調査に見るアパレル関連企業の現状
  アパレル関連企業総売上高ランキング
  メンズアパレル売上高ランキング
  レディスアパレル売上高ランキング
  ベビー子供服売上高ランキング
■繊維・アパレル産業の現状と課題
  1.衰退する国内繊維産業
  2.国内市場における衣類の輸入浸透率と貿易収支
  3.国内供給数量と衣料品消費支出額の推移
  4.国内繊維・アパレル産業の現状と課題
  5.国内繊維・アパレル企業の方向性
◇2022 年アパレル製品輸入動向
  1.2022 年アパレル製品輸入の全体動向
  2.過去 10 年間の品目別輸入実績推移
  3.主要国別の輸入実績推移と中国からの品目別輸入実績
■アパレル産業の現状と展望
  1.国内アパレル産業の現状と課題
    (1)アパレルメーカーの取り組みと方向性(2)小売業の取り組みと方向性
  2.アパレル産業の展望
    ◆主要アパレルメーカーの取り組みと課題
    ◆主要小売業の取り組みと課題
    ◆アパレルメーカー ヒアリングレポート
    ①オンワードホールディングス
    ②クロスプラス
    ③TSI ホールディングス
    ④ワールド
    ◆小売業 ヒアリングレポート
    ①青山商事
    ②バロックジャパンリミテッド
    ③ユナイテッドアローズ
    ④ワークマン
■循環型ファッションの現状と課題
  手放される衣類のうち、47 万トンが廃棄され、64.3%を占める国内の現状
■循環型ファッションに関する国内アパレル企業の現状と課題
  不要衣類の回収→リユース or リサイクルの取り組みに関するアンケート調査結果

第2編 アパレル小売市場の動向

■2022 年百貨店衣料品販売動向
  1.商業動態統計にみる 2022 年全国百貨店の総売上高と衣料品売上高
  2.大手百貨店の売上動向と近況
  3.2022 年全国有力 24 百貨店の衣料品販売動向
  4.主要百貨店の 2022 年度動向
    ・三越伊勢丹ホールディングス
    ・J.フロント リテイリング
    ・髙島屋
    ・そごう・西武
    ・エイチ・ツー・オー リテイリング
■2022年SC販売動向
  2022 年ショッピングセンターの売り上げ動向
    ◇2022年 オープン SC
    ◇2023 年オープン予定 SC
■2022 年量販店衣料品販売動向
  1.量販店販売額の推移
    (1)商業動態統計にみる量販店販売額の推移
    (2)日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店月別売上高
    (3)日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店商品別売上高
    (4)日本チェーンストア協会発表数字にみる量販店の店舗当たり、面積当りの販売額
  2.主要量販店の 2022 年度動向
    (1)大手 GMS の 2022 年度業績
    (2)大手 GMS の衣料品販売額の推移
    ◆大手各社の衣料品関連の動き
    ・イオンリテール
    ・ライフコーポレーション
    ・イトーヨーカ堂
    ・イオン九州
    ・ヨークベニマル
    ・イズミ
    ・平和堂
    ・フジ・リテイリング
    ・イオン北海道
    ・サンエー
■2022 年婦人服専門店の動向と方向性
  1.2022 年度婦人服専門店の動向
    (1)婦人服専門店市場の全体動向
    (2)主要婦人服専門チェーン店の業績と今期の戦略
    ・アダストリア
    ・パルグループホールディングス
    ・ストライプインターナショナル
    ・ハニーズホールディングス
    ・コックス
    ・ファーストリテイリング
    ・しまむら
    ・良品計画
    レディス主力専門店総売上高ランキング
■2022 年紳士服専門店、セレクトショップの動向と方向性
  1.2022 年度紳士服専門店の動向
    (1)紳士服専門店市場の全体動向
    (2)主要紳士服専門店の 2022 年度動向
    ・AOKI ホールディングス
    ・はるやまホールディングス
    ・コナカ
    ・タカキュー
    ・オンリー
  2.2022 年度紳士オーダースーツ専門店の動向
    (1)紳士オーダースーツ専門店市場の全体動向
    (2)主要紳士オーダースーツ専門店の 2022 年度動向
    ・銀座山形屋
  3.2022年度セレクトショップ市場の動向
    (1)セレクトショップ市場の全体動向
    (2)主要セレクトショップの 2022 年度動向
    ・ビームス
    ・ベイクルーズグループ
    ・アーバンリサーチ
    ・TOKYO BASE
    メンズ主力専門店総売上高ランキング
■2022 年ジーンズカジュアル小売業動向
  1.ジーンズカジュアル専門店の業績動向
  2.近年のジーンズカジュアル専門店の動向
    ・ライトオン
    ・マックハウス
    ・REXT(旧ジーンズメイト)
■2022 年アパレル EC(E コマース)の動向と方向性
  2022 年国内 EC 市場の動きと、衣類・服飾雑貨等の推移
  (1)国内 EC 市場の動向
    EC 市場の動向
    分野別の衣類・服飾雑貨の EC 市場の動向
  (2)主要アパレル EC 企業の 2022 年度動向
    ・ZOZO
    ・クルーズ
    ・ファッション・コ・ラボ
■2022 年インポートブランドマーケット動向
  1.市場規模と全体動向
    □アイテム別マーケット動向
  2.アイテム別マーケット動向
    (1)インポートレディスウェアマーケット
    (2)インポートメンズウェアマーケット
    (3)インポート子供・ベビーウェアマーケット
■アイテム別マーケット
  1.メンズスーツ
  2.メンズジャケット・ブレザー
  3.メンズコート
  4.メンズスラックス・パンツ
  5.メンズシャツ
  6.レディススーツ
  7.レディスワンピース
  8.レディスジャケット・ブレザー
  9.レディスコート
  10.レディスボトム
  11.レディスシャツ・ブラウス
  12.セーター類
  13.Tシャツ類
  14.ポロシャツ類
  15.ジーンズ製品
  16.ベビー・子供服
  17.メンズインナーウェア類
  18.レディスインナーウェア類

第3編 関連資料

■家計調査に見る衣料品消費支出の動向
  1.2022年家計消費支出の概要
  2.2022年の衣料品主要品目における消費動向
◆アパレル製品の輸入統計表
  ◇衣類総合計
    衣類(ニット類+布帛製)計
    ニット製衣類計
    ニット製外衣計
    ニット製下着計
    布帛製衣類計
    布帛製外衣計
    布帛製下着計
    その他衣類(ハンカチ、ネクタイ、スカーフ、ファンデーション等)

購入商品の価格を選択し「購入のお申込み」をクリックしてください。

商品形態
商品種類
ご利用範囲
価格(税込)
下段:本体価格
書 籍
A4 / 367頁
セット
PDF書籍
PDFプレミアム(法人グループ内共同利用版)
         お問い合わせください

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら
書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。
申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。