人工光合成技術動向(2018年4月調査)

発刊日
2018/08/10
体裁
B5 / 36頁
資料コード
R60201502
PDFサイズ
1.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

32,400
30,000
2,400
64,800
60,000
4,800
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2018年5月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~「人類史上もっともエキサイティングな発明」
  2050年代には人類の主要なエネルギー供給源の一つになると期待~

1.人工光合成とは
2.人工光合成の研究開発経緯とインパクト
    【図1.エネルギー資源の予測と人工光合成】
3.光合成のZ-スキームモデル
    【図2.光合成のメカニズムを示したZ-スキームモデルの模式図】
4.人工光合成の市場規模予測
    【図・表1.水素の用途別WW市場規模予測(金額:2030-2050年予測)】
    【図・表2.人工光合成のWW市場規模予測(金額:2030-2050年予測)】
5.人工光合成のワールドワイド動向
  5-1.米国
  5-2.欧州
  5-3.中国
  5-4.日本
6.人工光合成に係わる企業・研究機関の取組動向
  6-1.公立大学法人大阪市立大学
  6-2.国立大学法人大阪大学
  6-3.国立大学法人岡山大学
  6-4.国立大学法人京都大学
  6-5.国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)
    【図3.可視光を用いた水の完全分解メカニズムの模式図】
    【図4.Z-スキーム型の2段光励起反応】
    【図5.太陽光と光電極による高付加価値な酸化剤およびH2の製造】
  6-6.公立大学法人首都大学東京
    【図6.人工光合成における水の2電子酸化活性化プロセスの模式図】
    【図7.ポルフィリン誘導体分子触媒を用いて、水から過酸化水素を生成する光合成プロセスの模式図】
  6-7.国立大学法人筑波大学
  6-8.国立大学法人東京工業大学
  6-9.国立大学法人東京大学/人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)
    【図8.粉末光触媒シートを作製する方法を模式的に示した図】
    【図9.水分離パネルのテストモジュール】
  6-10.学校法人東京理科大学
  6-11.株式会社東芝
    【図10.東芝が開発した人工光合成技術の原理を示した模式図】
  6-12.株式会社豊田中央研究所
  6-13.株式会社富士通研究所
  6-14.大学共同利用機関法人自然科学研究機構 分子科学研究所
  6-15.学校法人明治大学
  6-16.国立研究開発法人理化学研究所
7.人工光合成の将来展望

関連リンク

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

32,400
30,000
2,400
64,800
60,000
4,800

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。