2015年版 リテールソリューション市場レポート ~ビッグデータソリューションの市場動向~

本調査レポートでは、特に近年注目されているビッグデータソリューションに対する各ソリューションベンダーの戦略と、小売業者のニーズを明らかにする。その上で、小売業界において求められるビッグデータソリューションのあり方を探った。

発刊日
2015/12/28
体裁
A4 / 199頁
資料コード
C57119100
PDFサイズ
40.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査方法:ベンダー企業に対しては、専門調査員による直接面接取材/ユーザー企業に対しては、専門オペレータによる電話ヒアリング
調査期間:2015年10月~2015年11月

調査結果サマリー
Close

小売業のビッグデータ活用に関する調査結果2015 
 ~課題とは認識しつつも、遅れている小売業のビッグデータへの取り組み~
・小売業者がITを利用し、データ活用して実現したいのは「既存客の来店頻度向上」
・ビッグデータ活用へ積極的に取り組んでいる小売業者は6.9%に留まる

資料ポイント
Close

  • 小売業にはPOSデータというビッグデータが存在しながら、データ活用がそれほど有効に進んでこなかったという経緯がある
  • しかし、従来のリアル店舗を主な収益源とする小売業にとって、情報武装で戦いを挑んでくるECサイト事業者が強力なライバルになりつつある
  • また、国内市場がシュリンクするなか、今まで通りの対応では従来の売上規模を維持できなくなってきている
  • 当レポートは、特に近年注目されているビッグデータソリューションに対する各ソリューションベンダの戦略と、小売業者のニーズを明らかにする
  • その上で、小売業界において求められるビッグデータソリューションのあり方を探っていく

資料概要
Close

総論
第1章 小売業とビッグデータ
第2章 小売業向けビッグデータソリューション市場の動向
第3章 小売業界におけるビッグデータへの 取組状況とユーザーニーズ
第4章 主要参入企業の取組動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

総論

1.ソリューションベンダーの取組状況
2.小売業者の意識
3.市場の課題と将来展望

第1章 小売業とビッグデータ

1.小売業におけるビッグデータ
2.小売業におけるデータ活用事例
3.小売業におけるIT戦略の方向性
  (1)各施策のネット移行とO2O対策
  (2)非構造化データへの取組
  (3)オムニチャネルの展開

第2章 小売業向けビッグデータソリューション市場の動向

1.参入企業動向
2.各社が展開するビッグデータソリューション
3.主な導入事例
4.小売業界の反応
5.ビッグデータ活用の課題
6.今後の市場の見通し

第3章 小売業界におけるビッグデータへの 取組状況とユーザーニーズ

調査概要
(1)調査対象
(2)調査期間
(3)調査方法
(4)回答率
(5)アンケート協力企業名
  1.POSの導入と採用ベンダー
  2.カードの導入状況
  3.POSデータのうちID-POSの比率
  4.データ活用の状況
    (1)POSデータ
    (2)ID-POSデータ
    (3)顧客データ
    (4)ECサイトの購買データ
    (5)ソーシャルデータ
    (6)顧客の位置データ
    (7)カスタマーセンターのデータ
  5.データ活用をさらに進めたい領域
  6.ビッグデータ活用に対する考え
  7.ビッグデータで実現したソリューション例
  8.ビッグデータを活用して実現したいこと
  9.ビッグデータ活用に取組まない理由
  10.ビッグデータ活用に向けての課題
  11.ビッグデータ活用人材育成の方針
  12.ビッグデータ活用を進めるための経営課題
  13.注目している小売業者や業界
  14.分析協力ベンダー
  15.ITベンダーに期待すること
  16.EC事業者に対する考え
  17.ECサイトの構築状況
  18.EC事業拡大の方針
  19.オムニチャネルへの取組

第4章 主要参入企業の取組動向

株式会社ヴィンクス
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
カスタマー・コミュニケーションズ株式会社
データコム株式会社
トレジャーデータ株式会社
日本オラクル株式会社
日本テラデータ株式会社
株式会社日立システムズ
株式会社日立製作所
株式会社日立ソリューションズ
富士通株式会社
公益財団法人流通経済研究所

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

209,000
190,000
19,000
209,000
190,000
19,000
242,000
220,000
22,000
418,000
380,000
38,000
451,000
410,000
41,000
627,000
570,000
57,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。