2017 専門店チェーン市場白書

本調査レポートは、日本の小売総市場6割強を占める専門店企業の現状把握、分析並びに予測を行い、事業戦略立案の基礎資料とすることを目的とした。調査対象約550社は、専門店市場における46業種を選定。基本的に直近売上高100億円超企業を対象に、大手専門店チェーン企業を中心としつつ、市場への影響力がある中小企業についても分析対象とした。

発刊日
2016/11/30
体裁
A4 / 455頁
資料コード
C58118300
PDFサイズ
7.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

173,800
158,000
15,800
173,800
158,000
15,800
206,800
188,000
18,800
347,600
316,000
31,600
380,600
346,000
34,600
521,400
474,000
47,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:専門店市場における46業種を選定、基本的に直近売上高100億円超企業を対象に、大手専門店チェーン企業を中心としつつ、市場への影響力がある中小企業についても分析対象としている。
調査方法:公的データの収集、文献調査、インターネット調査 他
調査期間:2016年10月~2016年11月

資料ポイント
Close

  • 業態専門店
    ①ドラッグストア②ホームセンタ③¥100ショップ④ディスカウント⑤リユース⑥アウトレット⑦ネット通販
  • 業種別専門店
    <Ⅰアパレル>①カジュアルショップ②セレクトショップ③レデイスショップ④子供ベビー⑤紳士服⑥呉服
    <Ⅱ書籍ゲームソフト>①書店②CDゲーム③中古ソフト④ソフト複合店
    <Ⅲ趣味娯楽スポーツ>①楽器②玩具キャラクター③手芸用品④カメラDPE⑤チケット⑥カー用品⑦中古自動車⑧自転車バイク⑨スポーツ用品⑩ペット・用品⑪花卉園芸
    <Ⅳ家電家具雑貨>①家電②PC③携帯電話④家具⑤生活雑貨⑥文具
    <Ⅴ宝飾・化粧品・服飾雑貨>①宝飾アクセサリ②メガネ③鞄④靴⑤服飾雑貨⑥化粧品
    <Ⅵ食品関連>①酒類②生鮮食品・ディスカウント③持ち帰り弁当・総菜店④宅配ピザ・寿司⑤食材通販・健康食品⑥ベーカリ和洋菓子店

 

資料概要
Close

第1章 専門店市場の概要
第2章 専門店チェーンの動向
第3章 業態専門店市場動向
第4章 業種別専門店市場動向
第5章 7分野46市場・有力専門店企業 個表

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 専門店市場の概要

1.小売総市場における専門店のポジショニングと現勢
  (1)日本の小売総市場規模の推移
  (2)小売総市場での専門店業態
2.各専門店市場をけん引する上位企業群
  (1)各専門店市場別にみた上位3企業一覧
  (2)専門店企業 店舗数上位100社

第2章 専門店チェーンの動向

1.専門店チェーンの出店戦略
  (1)専門店の出店変遷・流れ
  (2)ショッピングセンターの直近動向
  (3)百貨店への専門店出店
  (4)トラフィックチャネルへの専門店出店
2.ネット通販市場の拡大と専門店市場
  (1)ネット通販市場の規模と推移
  (2)専門店企業のネット通販
  (3)共通ポイントサービスの拡大
  (4)多様化するEC配送と再配達問題
3.専門店企業の海外進出、インバウンドの状況
  (1)日本小売企業の海外市場への進出状況
  (2)専門店の海外進出動向

第3章 業態専門店市場動向

1.ドラッグストア
  ・2014年度6.1兆円市場、市場の成長鈍化、店舗数の増加続き飽和、1店舗当たり売上高は減少
2.ホームセンター
  ・市場規模3.9兆円で10年以上横ばい、店舗数は増加で停滞、上位10社で市場シェア6割強
3.100円ショップ(プチプライスショップ)
  ・市場は成熟も雑貨・DIY人気、季節商品が好調、大都市圏SCや駅ビル、百貨店にも展開
4.総合ディスカウントストア
  ・低価格商品の豊富さが強み、節約志向が高まる局面でこそ競争力が増す業態、上位は好調
5.リユースショップ
  ・市場規模1.6兆円で5年連続の拡大、手軽に売買できるフリマアプリ台頭でCtoCけん引
6.アウトレットモール
  ・アウトレットモール38施設、三井13、プレミアム9 上位2社で半数超、ホテルや温泉施設併設も
7.ネット通販
  ・BtoCのEコマース規模13兆7,746億円、EC化率4.75%、前年比7.6%増、首位アマゾン独走

第4章 業種別専門店市場動向

1.アパレル
  1-1.ジーンズ・カジュアルショップ
    ・4年連続のプラス成長を確保も、最大手ユニクロが年後半より失速
  1-2.セレクトショップ
    ・主要セレクトショップ6社の2015年度売上高合計は前年比9.6%増
  1-3.レディスショップ
    ・しまむら好調で増収増益、ストライプインター衣服のレンタルサービス、雑貨、食品などに事業拡大
  1-4.子供・ベビー服専門店
    ・上位企業による寡占化、市場の二極化傾向がより顕著、上位企業は好調を維持
  1-5.紳士服専門店
    ・機能性商品やビジネスカジュアル商品の拡充、SC内への出店とレディス強化に活路
  1-6.呉服専門店
    ・ローカルチェーンが店舗拡大、メンズきものを始めとした特化型の新業態開発が活発化
2.書籍・CD/DVD・ゲームソフト
  2-1.書店(書籍専門店)
    ・中小書店の脅威が書籍のネット通販、大手書籍専門店はネット通販事業への進出活発化
  2-2.CD・ゲームショップ
    ・家庭用ゲーム苦戦の一方で全体のゲームユーザー増加、スマホ向けアプリゲームがけん引
  2-3.中古ソフト専門店
    ・買取査定から在庫管理、販売、出荷までITシステムが一貫サポートするネット型の成長続く
  2-4.ソフト複合店市場
    ・DVD/BDレンタル以外のサービス、近年は書籍・コミック・販売の兼業が増加傾向
3.趣味・娯楽・スポーツ
  3-1.楽器専門店
    ・楽器市場低迷、楽器専門店市場は最盛期の3割、カルチャー教室・音楽教室が経営の中核に
  3-2.玩具・キャラクターショップ
    ・定番商品が好調、玩具販売チャネルは家電量販店、eコマース、雑貨店など多様に
  3-3.手芸用品専門店
    ・「かわいい」文化やコスプレで市場に新しい流れ、「教え」て「購入」につなげるビジネスモデル
  3-4.カメラ・DPE専門店
    ・デジタル化の進行、スマホの普及など逆風続く、最大手キタムラは写真プリントとECを強化
  3-5.チケットショップ
    ・エンタメ系チケット販売がECを中心に好調も、チケット転売が社会問題化
  3-6.カー用品専門店
    ・カー用品専門店の売上は減少傾向も、タイヤホイール専門店は増加傾向
  3-7.中古自動車専門店
    ・業態間での競争が活発、良質な中古車の確保が課題
  3-8.自転車、バイク専門店
    ・スポーツサイクルと電動アシスト自転車が好調、自転車に乗りやすい環境整備も追い風
  3-9.各種スポーツ用品店
    ・スポーツ用品小売市場規模は2兆円規模で拡大基調、メーカーは直営店事業を強化
  3-10.ペット・ペット用品店
    ・2015年度ペット関連総市場規模14.7兆円 しつけ、病院、介護など総合化と差別化が進む
  3-11.花卉・園芸店
    ・市場規模縮小、最大手日比谷花壇はホテル・百貨店・駅ビルに出店し業績は安定推移
4.家電・PC、家具・生活雑貨
  4-1.家電専門店
    ・各社ネット価格対応や即日配達等きめ細かな店頭接客によりネット通販躍進に対応
  4-2.パソコン専門店
    ・低価格化、タブレット端末やスマホの伸長により、PC出荷台数の減少傾向続く
  4-3.携帯電話専門店
    ・携帯電話契約数は1億契約を突破後も増加持続、格安スマホの進化も続く
  4-4.家具専門店
    ・市場は減少トレンドも大手企業は業績好調、住空間の総合提案が鍵
  4-5.生活雑貨専門店
    ・生活雑貨堅調、ストアブランド人気の高まりによりホームファニチュアが好調に推移
  4-6.文具専門店
    ・デジタル化の進展、オフィス環境変化や経費削減等、法人需要停滞に影響
5.宝飾・服飾雑貨・化粧品
  5-1.宝飾品・アクセサリー専門店
    ・2015年はインバウンド需要活況も国内消費低迷、中間層を中心に購買意欲減退
  5-2.眼鏡専門店
    ・新しい市場の創出や度付きメガネのネット販売拡大などが追い風となり回復基調
  5-3.鞄専門店
    ・インバウンド消費好調、訪日外客に人気の日本製商品、日本限定商品を拡充
  5-4.靴専門店
    ・スポーツブランドのスニーカー需要拡大、訪日外客への対応強化
  5-5.服飾雑貨専門店
    ・リアル店舗苦戦の一方で、ファッション・インテリア・雑貨のネット通販が伸長
  5-6.化粧品専門店
    ・訪日外客を意識した売場作りやサービスを強化、インバウンド需要の取り込みが進む
6.食品関連
  6-1.酒類専門店
    ・カクヤス、無料宅配・1時間配送でサービス差別化 自社の宅配部門が強み
  6-2.生鮮食品専門店、食品ディスカウント店
    ・生鮮食品専門店全体で2兆円の巨大市場も、減少傾向に歯止めかからず
  6-3.持ち帰り弁当、惣菜専門店
    ・小幅ながら年次堅調な拡大推移を持続、コンビニ、量販店との競争激化
  6-4.宅配ピザ・寿司
    ・宅配ビザは低迷、宅配寿司は低位ながら安定、「銀のさら」が市場シェア5割強
  6-5.食材通販、健康食品
    ・市場規模プラス成長が継続、生協による個配活況、GMSや食品スーパーもネットスーパーに注力
  6-6.ベーカリー、和・洋菓子専門店
    ・パン小売業、小幅ながら拡大、パン食で育ってきた高齢者の増加なども拡大要因

第5章 7分野46市場・有力専門店企業 個表

1.全企業名 五十音順 索引
  A個表 173社
  B個表 380社

<個票収録項目>
1.企業名、2.本社、3.代表者名、4.事業構成比、5.主な株主、6.設立年、7.資本金、
8.従業員数、9.業績推移(直近5年分または2年分)、10.売上高(売上高前期比)、
11.営業利益(売上高営業利益率)、12.経常利益(売上高経常利益率)、
13.当期利益(売上高当期利益率)、14.業績推移グラフ(直近5年分・売上高と経常利益)、
15.直近店舗数
※上記項目は各企業の公表状況により異なる

2.専門店チェーンデータ
  (1)主要専門店企業 売上高ランキング (決算一覧表)
  (2)大店立地法届出情報一覧「新設」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

173,800
158,000
15,800
173,800
158,000
15,800
206,800
188,000
18,800
347,600
316,000
31,600
380,600
346,000
34,600
521,400
474,000
47,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています